WebCamp・WebCampProを運営する株式会社インフラトップのオウンドメディア【スキルマ】。プログラマー・エンジニア・Webデザイナーを目指す初心者の方に向けた記事や、就職・転職を考えている方向けの記事を発信しています。

【初心者向け】ゲームプログラミングができるようになるまでの手順

プログラミング教室・人気ランキング

順位 スクール名 こんな方におすすめ 公式サイト
   TechAcademy ★雪でも大丈夫★自宅でプログラミング・デザイン・アプリ開発を学びたい方  公式サイト
  Web Camp 【業界最安値】1ヶ月通い放題/Webサービスなど作りたい方 公式サイト
Tech Camp Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方! 公式サイト
▼本記事について
本記事は、『たった1ヶ月で未来を変えられる』初心者向けプログラミングスクール「WebCamp(ウェブキャンプ)や、未経験者でも3ヶ月の学習でエンジニアに転職・就職ができる「WebCampPro(ウェブキャンププロ)」を運営してる株式会社インフラトップが提供しています。

皆さんは「プログラミングを学び始めたのでゲームをつくってみたい」「簡単でもいいからゲームをつくるためにプログラミングを学んでみたい」と、そんな風に思っている方もいるのではないでしょうか。

今回は、そんな人に向けて、プログラミングでゲーム開発をするにはどのようなステップがあるのかご紹介します。

ゲームプログラミングとは何か?

ゲームプログラミングとは、「ゲーム」「コンピュータ」というような機械ではプログラミングが必要になります。また「プログラミング」という言葉は、動作を定める活動の事を指しています。またゲームプログラミングは、その名の通りゲームをプログラミングするというような事を指しています。またゲームプログラミングは、ゲームだけではなく、ゲーム制作の補助ツールといったようなものまで扱う事が多く、「ゲームプログラミング」と連想されるのは目立つような事ばかりだと思いますが、実際は目立たない役割も多いです。またゲームプログラミングをしている人の事を「ゲームプログラマー」とも呼びます。

ゲームプログラミングに必要な「スキル・言語」とは?

ゲームプログラミングに必要な「スキル・言語」とは何だと思いますか?ここでは、ゲームプログラミングに必要なスキルや言語について紹介をさせて頂きます。

ゲームが好きである!

ゲームプログラミングで必要な事は「ゲーム好き」でなければプログラミングをする事が苦痛になる事があります。また楽な仕事ではないためゲームをするのが好きという事や作るのが好きでなければ続かない可能性があります。ゲーム好きであれば誰でも出来る職業なので、難易度などは特にありません。

使い手を楽しいと思わせるためには自分も楽しいと思えるほどの「遊び心」がある!

ゲームをするのは購入して使う人です。しかし、それ以上に大切なのは作ってみて自分自身も楽しいと思えなければ、他の人を楽しませる事は出来ません。またそういった「遊び心」が必要となります。この「遊び心」はゲームプログラミングにはかなり重要です。

他人に合わせられる協調性が必要!

ゲームというのは「ゲームプロデューサー」「ゲームクリエイター」「ゲームデザイナー」「サウンドクリエイター」「ゲームプログラマー」などそれ以外にも様々な方が一緒にしています。またそのチームで作成されるゲームに最も求められるのが「協調性」です。協調性が無ければ方向性が決まらず、好き勝手に作られてしまうため完成が出来ません。ゲームプログラミングをする上で協調性が求められます。そのためプログラミングをする上で協調性がかなり必要とされるので他人の事をきちんと聞ける必要があるので難易度としては普通だと言えます。

好奇心旺盛で論理的に考えられる思考を持つ事が大事!

プログラムというのは「数学」「物理」といった理数系が求められます。またコンピュータなどは新しい技術が常に出てくる業界です。そのため、新しい知識を取り入れなければいけません。またそういった時に向上心や好奇心が無ければ仕事に対して向き合う事が出来ません。それだけではなく論理的に物事を考えられる思考を持っている必要があると言えます。論理的に物事を考えるようになるためにはかなりの経験を積まなければいけません。そのためとても難しいと言えます。

ゲームプログラムのスキルレベルがあがるとどんなゲームができる?

ゲームプログラムのスキルレベルがあがる事によって様々なゲームに関わる事が出来ます。ゲームプログラムのスキルを上達させる方法としては「言語を学ぶ」「数をこなす」という事が大事になってきます。段階別で紹介させて頂きます。

初心者が家庭用ゲーム機に関わるためには?

家庭用ゲーム機のゲームプログラミングに関わりたい方は上記で説明させて頂いたスキルをまず持つ必要があります。またそれだけではなくプログラミングを学ぶためにはかなりの時間を要します。大手ゲーム企業が作っているゲームなどに関わるためには、中小企業で更にスキルを磨く必要があります。なので時間としてはかなり必要とされます。また時間などは人それぞれですが、半年ほどはスキルを磨かなければいけません。

初心者がスマホアプリに関わるためには?

初心者がスマホアプリなどのゲームプログラミングに関わるためには、少なくとも1ヵ月以上は時間を要します。自作のスマホアプリを作るにしてもかなりの能力が必要とされるためです。またスマホアプリなどはバグなども多くなるため、そういった点でも時間がかかります。逆に言えば1ヵ月ほどあればスマホアプリを開発することは可能となっています。

私が実際に要した時間ですが、プログラムといっても一つだけではなく幾つものプログラムがあります。またその中で1単元に早くて2時間程となります。また独学でやる際に必要とされる本などの内容であれば1ヵ月ほどで内容は覚えられます。しかし、その中でゲームを作るとなると更に時間を要することになります。上記で説明させて頂いた期間というのは、基礎レベルがある人が対象となっており全くの無知から始めた場合だとそれ以上の時間を要することになります。また上記で説明させて頂いたようにコンピュータのプログラムは新しい事が沢山出てくるため一生終わる事がありません。常に新しい事を覚えながらやるためには更に時間が必要となりますので、そういった中でゲームを作るためにはかなりの根気が必要とされます。

学習方法は何がある?

学習方法としては、プログラムに関係のある学校に通ったり独学で学習をしたりなど様々あります。またそういった人の中でも必ず使うのが「本」です。ここでは本と学習方法についてまとめさせて頂きます。

コンピュータを使ってプログラミングに関係のあるゲームをする!

まずプログラミングを使う際に必ず必要なるのが「コンピュータ」です。最近ではプログラミングの学習サイトもかなり充実しており、独学でプログラミングを学べます。また多くのサイトが初心者に対して作られているためわかりやすくなっています。また環境設定を変えなくてもプログラミングがすぐにできます。応用などすべてを理解するのは難しいですが、楽しく基礎を学習するには良いサイトを3つ紹介します。

ドットインストール

http://dotinstall.com/

動画を見ながら楽しくプログラミング学習ができるサイトです。扱っている言語の数、動画の数が圧倒的に多く、一番有名なプログラミング学習サイトです。無料でも使えますが、プレミアムサービスを活用することで、より多くの動画を見ることができます。

paizaラーニング

https://paiza.jp/works

paizaラーニングは、インターネット上のプログラミング入門学習コンテンツです。プログラミング環境の構築が必要ないので始めやすく、動画レッスンを見ながら学習することができ、不明点はエンジニアに質問ができるので初心者におすすめです。

Code.org – フラッピーバード

http://studio.code.org/flappy/1

フラッピーバードというゲームに出てくる鳥をカスタマイズしてプログラミングの方法を学ぶことができます。自分でコードを書くのではなく、指示が書かれたブロックを移動させて行くので初心者の方でも「機械に指示を出して動かす」という経験を積むことができます。楽しいのでおすすめです!

書籍などで勉強をする!

初心者が学習をする際に必要とする本があると思います。しかしどの本を見ればいいのかわからない方もいらっしゃると思います。そこで今回紹介させて頂くのは初心者にわかりやすい本についてまとめましたので是非ご覧ください。

アイディアを実現させる最高のツール プログラミングをはじめよう

著者:池澤 あやか

プログラミングに全く触れたことのない人、難しそうだと嫌煙しがちな人に向けて、何から始めたらいいのか、どんな心がまえで挑めばいいのかを説明した本です。

「難しそうだけど・・・なんとなく興味はある」という方へ、一歩踏み出すためのおすすめの一冊です。

 

[改訂新版] これからはじめるプログラミング基礎の基礎

著者:谷尻 かおり

ロングセラーの定番プログラミング入門書です。

基礎の基礎から説明しているので、土台作りに適しています。

スポーツでいうと筋肉トレ・基礎練習をするなら、この本がおすすめです。

おうちで学べるプログラミングのきほん

著者:河村 進

あなたは、「ハードウェアとプログラムの関係」「OSとプログラムの関係」「言語の違い」と聞いてピンときますか?バグはなぜ発生するのか知っていますか?

どんな仕組みになっているのか俯瞰的に初心者でも理解できるように書かれた一冊。

Unity5の教科書 2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座 (Entertainment&IDEA)

著者:北村 愛実

「ゲームプログラミングをしたい!」という人にはこちらがおすすめです。

ゲームプログラミングをするのに欠かせないUnity。初心者編から徐々にステップアップしていく構成です。はじめてUnityを学ぼうとする人でも、つまづくことなく学べるように丁寧に書かれています。

ゲームの作り方 改訂版 Unityで覚える遊びのアルゴリズム

著者:加藤 政樹

ゲーム開発者カンファレンス「CEDEC 2013」で著述賞を受賞した『ゲームの作り方』をUnity5対応し再編された本書。ゲームに必要なアルゴリズムを解説しています。

Unityでゲームを作ろうと考えている人の入門書としておすすめです。

遊んで作るスマホゲームプログラミングfor Android (Game developer books)

著者:西田 竜太

「ゲームプログラミングを趣味として始めたい!」というあなたには、こちらの本はいかがでしょうか?パソコンがあれば始められます。また、Android版のゲームアプリはGooglePlayStoreから比較的簡単に配信できるので、「好きなものを作ってみんなに公開してみたい!」という人にもおすすめですよ。

[改訂版]Android Studioではじめる 簡単Androidアプリ開発

著者:有山 圭二

「趣味として」という人にはこちらもおすすめです。

新しいAndroidアプリケーション開発用ソフトウェア“Android Studio”を使った入門書です。

「Androidアプリとは?」「Androidアプリを配信するには?」から始まり、「天気予報」「シューティングゲーム」などの作成方法を解説しています。

SpriteKitではじめる2Dゲームプログラミング Swift対応 (Smart Game Developer)

著者:村田 知常

SpriteKitは、「アニメーションや物理演算を比較的簡単に実現できるフレームワーク」と言われています。本書は、SpriteKitとSwiftを駆使し、2Dゲーム開発の基本と定番テクニックを学べる一冊。

「スマートフォンゲームを作りたい」という初心者にぴったりです。

初心者が目指すべき場所とは?

上記で説明させて頂いた事を実際にやるのは難しいと思います。しかし時間をかけてしっかりと理解をすれば出来ない事はありません。実際に私も最初は無知で独学で学びました。またそこから今では応用が出来て様々な所で便利に利用させて頂いています。またそんな初心者の方が最初に目指すべき場所に関してですが、これはゲームプログラミングをしようとしているあなた自身がどのレベルまでやりたいのかによって変わってきます。軽いプログラミングであれば数カ月で出来ますが、大手のゲームプログラミングであれば数年はかかると思います。なので自分の目標地点を明確にして勉強をすることが大事です。

まとめ

いかがでしたか?今回はゲームプログラミングについてまとめさせていただきました。これから学ぶ人にとってはとても大切な情報です。また上記で紹介させて頂いた勉強法を使う事によって、更に上を目指す事は可能ですので頑張ってください。

WebCamp・Webスクについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。Webスクは半年間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保証付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログライミングを学びたい方はこちら!

▼IT未経験からエンジニアに就職・転職したい方はこちら!