【初心者向け】子供がプログラミングの問題・課題をたくさん解ける練習サイト10選 | WEBCAMP NAVI
【5月の受講枠も残りわずか】

【初心者向け】子供がプログラミングの問題・課題をたくさん解ける練習サイト10選

プログラミングの勉強を続けていると、自分がどのくらいできるようになったのか知りたくなるものですよね。

プログラミングの基本が頭に入ったら、今度はプログラミングの問題を解いて自分の実力をチェックしてみたいという方も多いのではないでしょうか。

今回は、そのような方に向けてプログラミングの問題が解けるインターネット上のサイトをご紹介します!

Rubyがミニツク

http://www.minituku.net

こちらはRuby専用の学習サイトになります。「Ruby入門コース」「Ruby演習コース」「Ruby on Rails入門コース」「Ruby技術者認定試験(Silver)対策コース」の四つのコースがあります。最後の「Ruby技術者認定試験(Silver)対策コース」は英語版のコースもあります。Rubyの学習を終えたらまずは「Ruby演習コース」をやってみるといいでしょう。もし「「Ruby演習コース」をやって見て実力が足りないと思ったら「Ruby入門コース」で復習すると良いと思います。「Ruby入門コース」ではRubyの文法について文字で解説しているのですが、ただ文字で説明するだけでなく最初にビデオでの解説があるのでとっつきやすいです。また「Ruby演習コース」では模範解答の解説が非常に充実しているのが嬉しいです。難しい問題だとつい理解が曖昧になりがちですが、このくらい充実した解説を読んでいけば理解も深まっていくことでしょう。またRubyのフレームワークとして定番のRuby on Railsの入門コースもある他、Ruby技術者認定試験対策コースまであり、Ruby学習者にとってはまさに至れり尽くせりです。Rubyの学習はこのサイト一つで十分といっても過言ではありません。


DMM WEBCAMP】は受講生の97%が未経験からのスタート!
ライフコーチによる手厚い学習サポートで基礎から確実に習得できます。
短期間で効率的にプログラミングスキルを身につけたい
おうち時間でスキルアップしたい
✔プログラミングを独学で進めていくのが不安
といった方におすすめです!

経済産業省認定の圧倒的カリキュラム
受講内容の詳細はこちら

Pocket Programming

Ruby/Rails編

http://rails.pocket-programming.com/ja

Java/Android編

http://ffab0.com/ja

こちらはスマートフォンのアプリになります。現在はRuby/Rails編がAppStoreとGoogle Playでリリースされており、Java/Android編がGoogle Playのみでリリースされています。「チュートリアルをやったけどいまいち理解できている気がしない」「チュートリアルの次に何をやったらいいのか迷っている」という人に向けて作られたアプリです。1日10問ずつ、合計で4週間で終わるプログラムになっています。問題はすべて一問一答形式で三択問題です。コードを打つ問題は一つもありません。嬉しいのは苦手ジャンルの分析と対策をしてくれるところですね。プログラミング初心者だと、自分には何が苦手なのかがそもそもわかっていないということがありがちです。自分が何ができないのか、何が苦手なのかわからないから次に何をやったらいいのかもわからなくなってしまいます。このアプリでは自分の苦手ジャンルを分析して対策もしてくれるので、プログラミング初心者が今後の学習の方針を立てていく手助けとなるでしょう。さらに今度はSwift/Xcode編もリリースされる予定なので、楽しみですね。

Code.org

https://code.org

こちらのサイトはアメリカで制作された子供向けのプログラミング学習サイトです。日本語版もあるので安心してください。サイト内の動画にも日本語字幕があります。このサイトでは4歳以上の子供なら誰でも学習することができます。もちろん子供だけでなく全年齢向けなので大人でも学習可能です。学習に使われているゲームにはアングリーバードや穴と雪の女王、スターウォーズなど人気のコンテンツが使用されているので楽しくプログラミングを学ぶことができます。子供向けなので難易度は非常に低く、プログラミングの基礎を学び終えた人には簡単すぎて退屈に感じてしまうかもしれません。しかし学習用のゲームだけでなくサイト内の動画も魅力的です。動画ではマイクロソフトのビル・ゲイツやフェイスブックのマーク・ザッカーバーグのインタビューを見ることができ、彼らのプログラミングを初めたきっかけなどを知ることができます。こういったIT業界のスターたちのインタビューを見ることでプログラミング学習のモチベーションも上がりそうです。


国内最大級のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】では
✔受講生の97%が未経験者!
✔ライフコーチによる手厚いサポートで基礎からしっかり学べる!
✔未経験者のために開発された独自のカリキュラムを用意!

経済産業省認定の圧倒的カリキュラム
受講内容の詳細はこちら

コードガールこれくしょん

 

https://paiza.jp/cgc

こちらのサイトは三人の女の子の中から一人を選び、その女の子と冒険しながらプログラミングを学習していくというゲームタイプの学習サイトです。行動するのに体力を消費したり、ガチャがあったり、ダンジョンをクリアすると探索できるダンジョンが増えたりなど、ソーシャルゲームと全く同じようにプレイすることができます。一つ前に紹介した「Code.org」はスターウォーズやアングリーバードやアナと雪の女王などアメリカ製のコンテンツでしたが、こちらは日本製の美少女キャラが出てくるので、日本のアニメが好きな方はこちらのサイトがおすすめです。学習内容としては制限時間内に簡単な問題をたくさん解いていくというものです。難しいプログラミングの問題を時間をかけて解くのではなく、簡単な問題をいかに素早く解けるかで評価されます。問題は簡単ではあるもののプログラミングをするなら反射的に解けないといけない問題ばかりです。こちらのサイトで学習を続けることで基礎的なコードを反射的に判断できるようになります。使用する言語はPHP、Ruby、Java、Python、C、C++、C#、Javascriptの中から選ぶことができます。

ロジックサマナー〜閃光の召喚プログラマ〜

https://paiza.jp/logic_summoner

こちらのサイトはRPGをしながらプログラミングを学べるサイトになります。一つ前に紹介した「コードガールこれくしょん」と同じくソーシャルゲームのように操作でき、一つのダンジョンをクリアしていくとMAP上に新しいダンジョンが出現します。主人公はプログラミングの問題を解くことで召喚の書を手に入れることができます。召喚の書を手に入れることで新たな召喚獣が仲間に加わり、冒険を進めていくというゲームです。こちらのサイトでは「Hello,World」から出力するような問題はありませんが、プログラミングの基礎を一通り終えた人が解くのにぴったりです。プログラミングの基礎を学んだので実力を試してみたい人、ファンタジー系のRPGが好きな人にはおすすめです。

もし次の常駐先が女子エンジニアばっかりだったら

https://paiza.jp/moshijo/

こちらのサイトは「コードガールこれくしょん」のような美少女キャラばかりのゲームです。主人公のプログラマが常駐先で開発を行いますが、プログラムの問題を解くことで助っ人キャラを仲間にすることができます。問題の難易度としては「ロジックサマナー〜閃光の召喚プログラマ〜」と同じくらいです。ゲームの進行としては、納期までに進捗度100%を目指して開発を進めていくというものです。開発の進め方も「進捗重視」か「品質重視」を選択できるようになっており、プログラマでない方もプログラマの仕事がどんなものなのか大まかな雰囲気を掴めるようになっています。こちらもプログラマの基礎を学んだので実力を試して見たい人におすすめです。

AIZU ONLINE JUDGE

http://judge.u-aizu.ac.jp/onlinejudge/index.jsp

こちらのサイトはランキング形式のプログラミングサイトになります。日本だけでなく世界中のプログラマーが参加しており、定期的に開催されているコンテストで問題を解くと自分のスキルが世界ランクでどのくらいなのかを知ることができます。サイトは日本語に切り替えられるので、英語が苦手な人でも利用することができます。問題そのものは「Hello,world」の出力をするものから始まるので、まったくのプログラミング初心者でも利用することができます。ただ問題の解説に使用される言語がC/C++、Javaなのでこれらの言語の基礎だけは一応やっておいた方がいいかもしれません。ちなみにAIZUという名前でピンときた方もいるかもしれませんが、こちらのサイトは「AIZU UNIVERSITY」つまり日本の会津大学が運営しています。そのためかランキングの上位を見てみると日本の大学に所属している人が多く見られます。

CheckiO

https://py.checkio.org

こちらは海外のサイトになりますが、日本語版もあるので安心してください。プログラミングの問題を解きながらマップ上の浮島を移動していくゲームです。最初は簡単な問題から解いていって、浮島を移動するにつれて徐々に問題が難しくなっていきます。ただ問題を解くだけでなく、その問題がプログラミングの中でどう使われるのかも解説されているのが嬉しいです。ただゲーム的に解くだけでなくそのアルゴリズムやロジックが実際のプログラミングでどのように使われるかを理解しながら解くことができるので実践的な知識が身につきます。問題の難易度は「Hello,World」から始まるものではないので、プログラミングの知識が全くない人が解くのは難しいと思います。プログラミングの勉強を始めてからある程度経験を積み、基礎は一通り理解している人が腕で試しに解いてみるといいでしょう。

北ソフト工房

http://kitako.tokyo/Default.aspx

こちらは日本人のソフトウェア開発者が運営しているサイトで、Java、C、C#、VB.NETの問題を解くことができます。これまでに紹介してきたようなゲームタイプのサイトではなく、ただテキストで問題を出されるだけのサイトです。それでは物足りないという方はゲームタイプのサイトを使えばいいと思いますが、ゲームタイプのサイトがどうしても苦手という方はこういったサイトもおすすめです。ゲームタイプのサイトは確かに楽しいのですが、プログラミング学習以外の部分に気がいってしまいがちです。BGMやグラフィックなどプログラミングに関係ない要素を一切排除してプログラミングだけに集中したいという方にはこういったサイトはおすすめできます。テキストによる模範解答もあれば、実際のコンソールを使用したデモによる解答もあります。

【初心者向け】勉強になるJava入門まとめ

https://eng-entrance.com/category/java/java-question

こちらはJava専用の学習サイトで、ゲームタイプのものではありません。北ソフト工房と同じくテキスト型のサイトで、問題と解答・解説がセットになっています。アルゴリズム編、構文編、知識編、オブジェクト指向編とジャンル別に分けられています。このサイトには練習問題だけでなく、Javaの知識が全くない人に向けた解説もあります。「Java入門」をクリックすると「【Java入門講座】初心者からステップバイステップで学べる!」というページに飛ぶことができます。このページではJavaで作れるもの、Javaの歴史といった基礎の基礎に関する知識や、Javaのインストール方法についても解説されています。これからJavaを始めたいという方や、Javaを勉強したけど記憶や理解が曖昧になっているという方でも復習できるようになっています。Javaの練習問題では、実行例、入力例、出力例が記され、解答では非常に細かい解説が行われています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

プログラミングをできるだけたくさんの人に学んでもらおうと、多くの団体がプログラミングの学習支援を行なっています。それは日本だけでなく海外でも同様であることは、これまでのサイト紹介でお分りいただけたかと思います。

プログラミングというと難しいイメージがあって多くの人は敬遠してしまうので、できるだけみんなが楽しく学べるようにゲームタイプの学習サイトを運営しているところは少なくありませんでした。

ゲームタイプであればとっつきづらさを感じることもなく、毎日楽しく学習することができます。しかしゲームタイプのサイトにはデメリットもあり、プログラミングとは関係ないゲーム部分に気がいってしまう、プログラミングに集中できない、グラフィックやBGMだと感じる人もいるはずです。プログラミングの問題・課題を解くのにゲームタイプでなくていい、ゲームタイプじゃ嫌だという人はテキストタイプのサイトを利用することをおすすめします。テキストタイプならプログラミングの学習だけに集中することができ、ゲームタイプとは違って解説の細かさが充実しています。

ゲームタイプかテキストタイプか、ゲームタイプならどういうゲームがいいかなど、自分に合ったサイトを選びましょう。