• WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、エンジニアとしてチームラボグループに転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15

◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
12月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月生は満員となっております。12月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

近年、働き方改革という形で人々の働き方が見直されています。多様な働き方が認められつつある社会の中で、会社勤めという働き方で、在宅でお仕事をしたい方も多いのではないでしょうか。今回はプログラミングのお仕事は在宅でもすることができるのかについて解説していきます。

プログラミングで在宅の仕事はできるのか

パソコンさえあれば、プログラミングはどこでもできる

プログラミングはパソコン一台さえあればできるので、単純にプログラミングをするということであれば、在宅だけでなく旅行中にも行うことができます。今の時代のプログラムはパソコンを使って作成し、単体でのプログラムのチェックは自分の端末の中で行うことがほとんどです。

インターネット上にあるWebのプログラムの動作確認をするときでも、他のプログラムと結合や連携をさせて全体としての動作確認をするまではパソコンの中に疑似環境としてWebサーバーを作っておくことで十分にテストをすることができます。

あとはWifi環境があれば納品も可能です。常にポケットWifiなどを持ち運ばなくても、一時的にインターネットを利用することさえできれば、開発のためにみんなで共有している共通の格納場所から作成したプログラムをアップロードしたり、テストデータや関連プログラムをダウンロードしたりすることができます。在宅にかぎらず、場所を選ばずプログラミングの仕事をすることが可能です。

連絡手段も個人なら無料で使用できるツールが多い

納品形式も、メッセンジャーのような仕組みでファイルのやり取りをできるものを使って設計書や仕様書、プログラムやテスト結果報告書などをやり取りすることも多いです。

もともとはこういった作業はメールやFTPを使って行われてきたのですが、作業環境が変わっても使いやすいようなメカニズムやソフトウェアが近年たくさん増えています。

しかも、これらのソフトウェアの多くは大規模な利用などの有償版を備えながら、個人使用においては無償で提供されているものが多いのです。

在宅エンジニアが増えている

日本国内でも在宅で開発作業をしているITエンジニアはたくさんいます。もちろん、海外でもそういった事情については同様で、しかも日本よりはるかに進んでいます。

その最も大きな理由は高速なインターネット回線の普及と開発環境の手に入れやすさにあるといえます。

日本の地方部では行政の意識が低いためにADSLや光回線がまだ引かれておらず、インターネットは地方のケーブルテレビ局にお任せというところもあります。そのため、そういった地方での在宅作業ではかなりな工夫が必要かもしれません。ですが、そいった例を除けば基本的にはインターネット環境は快適な世の中になってきています。在宅エンジニアはこれから増えていくでしょう。

時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
2018-01-26 13:03
今回の記事では、WebCampに1ヶ月間通い、未経験からエンジニアとして転職した星野さんにお話を伺いました。 <プロフィール> 星野 智洋 さん(25) 学生時代は日本大学芸術学部...

どのようにして仕事をもらってくるのか

在宅ワークOKな職場に応募する

最近の企業では、働き方を工夫している会社も多く、在宅ワークOKな職場もありますので、そのような募集を見つけて応募するのもいいでしょう。

働いていた企業から案件をもらう

仕事をもらう上で確実な方法は勤務していた企業を円満退社したのちにそこから受注をもらうという方法が有効です。例えば起業するので支援してもらうとか、体調が悪く療養するので仕事を回してもらうとか、出産や育児のために出勤できないので在宅契約にしてもらうなどの状況が考えられます。

あるプログラミングをするときに、一人で完結する案件もありますが、大きい行の案件になるとプログラムのパーツだけ発注することもあります。そるなると、その人がどの程度のプログラムを作成する能力があるのか、人間的に心配はないのかなどの問題が出てきます。ある程度の発注者との間の信頼関係も重要です。

このため、企業としては在宅の仕事をしてもらう前に面接などを行ったり、裁量労働制の契約社員のような形での契約をしたりすることもあります。

自分で営業していく

自分で個人のお仕事の獲得のために営業活動をしていくのも一つの手です。まずは、提案をする場が必要です。自分のブログやサイトを公開し、そこからお問い合わせを待つやり方もあります。また、初心者向け勉強会などに出席し、「開発を外注したいが値段が高いので自分でやれるようになりたい」という方もいる可能性があるので、そういった方に「普通に外注するより値段が安いです」などのアピールをして営業をするのも手です。また、提案をするときに自分がどのようなエンジニアでどういったことができて、今回の受注に対して何が提供でき、その結果どうなるのかといったプレゼンテーションを行い、また場合によっては企画提案書を作成するのもいいでしょう。自分の好きを示すためにポートフォリオ(自分の作品)を用意しておくことも大事です。

こういった場合は、プログラミングの作業だけでは済まないのは当たり前で、しっかりとしたサイトやシステムを丸ごと作ることができるだけの知識や経験と力量が必要です。

クラウドソーシングを活用する

紹介や営業で案件を獲得するのは最初はなかなか大変です。一番最初に在宅ワークをする場合は、クラウドソーシングで募集中の案件に応募するのが一番ハードルが低いでしょう。そこで高評価を得ることで、自分宛てに依頼が来ることや、クライアントから紹介で他の方からのお仕事が入ることもあります。

在宅プログラミングで用意しておくもの

Wifiなどのインターネット環境

在宅なので、まず外部と連絡を取り合うための手段が必要となります。

プログラミングを行うための資料やデータ、出来上がりのプログラムなどの送受信を行うことを考えるとインターネット回線は必須で、高速通信を確保するためにはできる限り光回線やADSLで最も早い回線を引くようにします。

作成したWebサイトやシステムは往々にしてファイルが大きいです。送受信の際に、ファイルが重いと回線によってはとんでもない時間がかかってしまうこともあるので、早い回線を使用するに越したことはないでしょう。

場合によっては持ち運べるwifiを

ずっと在宅で仕事をするだけでなく、気分転換や用事のついてで外に出た時にも使えるように、携帯電話のテザリング機能かモバイルwifiなどの契約をしておくこともおすすめです。フリーwifiスポットが多い地域なら無理に契約する必要はありません。

スペックの高いパソコン

一番大事なのが、パソコンです。

メインメモリーはできる限り多く積んだパソコンを開発用に用意することが望ましいです、技術的な知識が身についてくるまではOSは開発対象と同等のものを準備しておくと良いのですが、LinuxやWindows Serverが使える環境なら仮想環境を作って、そこで作業をするなどの知識も持っておくと良いかもしれません。

また、可能であれば通信専用のPCやプログラムの動作テスト用に動作条件のCPUやメインメモリー。OSを搭載したパソコンを用意しておくのも良いでしょう。

このような作業では周辺機器も考えてそろえておくようにしましょう。ノートパソコンは機動性は良いですが操作性や作業性が悪いと感じる場合はマウスや外部キーボードが必須ですし、画面のサイズが気になるようであれば外部ディスプレーをつなぐなどの工夫が必要です。

ビデオチャットのツール

遠隔地などに住んでいる方や、地方のクライントの場合は気軽に対面で打ち合わせができることは多くありません。そういう場合には電話で打ち合わせしたり、場合によってはビデオチャットをすることも多くあります。システムの説明や不明点のレクチャー等で話をする時間や、お互いのパソコンの画面を見ながらのやり取りや、エラーの状況の画面を共有して相手に見てもらうような状況も考えられます。なのでビデオチャットができると便利です。

開発環境を作ることができるか

開発環境は、指定の言語の開発環境をダウンロードしてインストールをします。インストールが困難な事態に遭遇したら発注元の担当者に聞いてサポートしてもらうこともありますが、その場合でも通常は自分の力で調べて解決を試み、聞くのはそのあとなどといった相手へのプロとしての配慮をする必要があります。

開発環境にはEclipseをはじめとするワークベンチとかプラットフォームなどと呼ばれてきたものがあります。さらに進化したそれぞれの開発向けの環境をまとめたIDEと呼ばれる統合開発環境を使うことも多くなりました。例えばマイクロソフト社の開発製品群やAndroid端末のプログラムなどを初めとして様々なものがあります。これらはエディターやツール類、コンパイラやデバッガなどをまとめたものです。

インストールするにはそれなりに大きなディスク容量を必要とするのでハードディスクは可能な限りゆとりを持った容量の大きなものを使うようにしたほうが良いでしょう。

セキュリティソフト

作成されたソフトウェアの安全と客先に迷惑をかけないための対策として必ず入れておきたいのがセキュリティソフトです。

セキュリティソフトはウィルスの駆除というよりもスキャナとして使うことがほとんどです。感染したから使うというのではなく、あらかじめ感染しないように防疫するために使用します。

外出するなら他プレットPCをサブPCもあり

外出時にプログラムをする機会が多い人は、キーボード付きのタブレットPCなどをサブマシンとして活用することも良いと思います。

また、マイクやスピーカー、WEBカメラなどは必要になるならちゃんと準備しておくようにしましょう。

作成されたプログラムやドキュメントはUSBで外部接続されたUSBメモリーかSDカードなどをハードディスク代わりにセットしてそこに保管しておくことと、作業の終了後には2つのメモリを最新状態に同期して作業の履歴とプログラムの複製を作っておくことが望ましいのでそういったハードウェアも用意しておくと良いでしょう。

在宅でプログラミングする場合の注意点

セキュリティには気をつけよう

何よりもセキュリティインシデント(事業に影響を与えたり、情報セキュリティを脅かしたりする出来事)を起こさないように気を付ける必要があります。ウイルス感染だけでなく、データの喪失や紛失・外部からの侵入などが考えられます。

そのようなセキュリティインシデントを回避するために、チェックリストを作成するくらいの気持ちで対応することが大切です。家族と共用であるとか他の人に使わせる、などは避けましょう。

基本的な事項を守ることでクライアントを守り、ひいては自分自身を守ることにほかなりません。情報漏洩には気を付けるようにしましょう。

契約書などのやりとりも

実際の仕事となると、契約書類のやり取りと受注時の書類のやり取りなどもあります。そこで不備が起きて契約に大きな影響が出ることもあります。また、開発完了後の納品・検収、請求処理と入金処理が確実にできるようにしておく必要があります。それがクリアできて、作業環境を整えて仕事さえもらえれば。在宅でのプログラミングの仕事はとても快適のものとなるでしょう。

クライアントとのコミュニケーション

開発中の疑問点の質問が効率よく行えることや、質問時のサポート体制や作業の進捗報告がスムーズにできるようにクライアントとは良好な関係をつくっておきましょう。

【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
2018-01-15 17:24
今回の記事では、WebCampでプログラミングを学んだ後に起業し、現在は株式会社 結.JAPANの代表を務めるを中山さんへのインタビューです。 <プロフィール> 中山 雅久里 さん...

在宅でもプログラミングができるために

これから在宅ワークは増えていく

これからの社会を考えるとIT業界では在宅勤務が有利な状況があることがわかります。

プログラミングの在宅勤務では、いわば遠隔地にある営業マンが営業車を自前で所有し、車庫もあり、ガソリン代も個人負担で賄って営業活動をするといった状況と同じような感覚で、事務所も机も必要なく、パソコンも通信回線も電気代も開発担当者もちで、通勤費もかからず作業をしてもらえる担当者がいることは、どう考えても会社にとっては大きなメリットがあります。

今の時代はインターネット回線さえあればコミュニケーションをとるための手段もたくさんの方法があります。企業は在宅勤務者を増やすことで利益率を上げることもできます。

とはいえ、初心者にはハードルが高い。

しかし、実際にはスキルや開発の品質などについての問題もあり、最初に面接や研修などを受けなければいけないことも多くあり、打ち合わせのために直接出向かないといけないこともあります。そのため、システム開発の初心者がいきなり在宅勤務をするのは難しいと考えたほうが良いかもしれません。

在宅案件を受注することができるようになるためには、ある程度の期間はどこかの企業で働いてスキルアップをすることが大事です。仕事的には、Web関連の仕事の需要はありますし、スマートフォンのアプリ開発者は人手不足が続いています。初心者がこういった仕事をするには、単にスクールに行くだけでなく、実際の開発会社でスキルを積んで技術と経験を身に付けることで道が拓けてきます。

その他、在宅型の仕事で気をつけること

継続的に仕事を獲得できるようにしよう

一つの仕事を獲得してこなすだけでなく、継続的に仕事を獲得しましょう。そのためには仕事をもらうためのルートを確保することです。できれば複数のルートを持っておいて、仕事が切れないようにすることと、それらのルートとのお付き合いを通してしっかりと受注のための顧客管理をしておくと良いでしょう。自分のWebデザイナー・プログラマーとしての評判があがれば、クライアントから別クライアントの紹介もあります。人の縁を大切にしましょう。

自己管理する事項が多いので気をつけよう。

契約関連は気をつけよう

在宅プログラマとして仕事をするときには様々な契約を交わす必要があります。業務の委託を受ける場合の受託契約書や守秘義務契約書、そして開発費の請求金額を取り決めた注文書、開発条件を定めた条件書や納品時の必要十分条件を記載した検収条件書などです。

保険なども考慮しよう

いただける金額は作業費用となるため、社会保険などはそこから自分で払わなくてはいけないことや、受注の状況によっては入金が不安定になることも想定しておく必要があります。在宅でのプログラマというのは税務署から見た場合は個人事業主だと指摘されることもあります。そうでなくても収入が入ってくるわけですから確定申告もする必要があります。

たくさん勉強をすることも増えるとともに、自己管理も大切になってきます。

「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
2017-07-20 18:29
こんにちは、WebCamp(ウェブキャンプ)です。 今回はWebCampママコースの卒業生の田中いづみさんにお話を伺いました。 これまでのキャリアについて教えてください 大学では建...

おわりに

いかがでしたか?在宅でプログラミングの仕事ができるのか、について解説していきました。実力があれば、在宅でのお仕事は可能です。ただ、いきなり在宅のお仕事からスタートするのは難しいので、どこかの企業に属してスキルを磨きながら人脈も広げていきましょう。どこかのタイミングで個人のお仕事の案件が回ってきたり、自分で案件を獲得できるタイミングがきますので、その時に自信があれば在宅ワークに切り替える、または副業として負担の少ない案件をこなしていくのがいいでしょう。その後、本格的に在宅に切り替えるのをおすすめします。

プログラミングを在宅でできるということは、自分の可能性への挑戦と自由な時間を手に入れることができるチャンスですので、将来的に在宅でのお仕事を目指す方は是非この機会に学んでみてはいかがですか?

WebCamp・Webスクについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。Webスクは半年間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保証付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

弊社では人材紹介としてインターン先の紹介や選考対策も行っています。学生は受講料半額ですので、この機会に是非一度説明に足を運んでみてください!

12月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月受入枠は満員となっております。12月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

【インタビュー】未経験から上京し、テレビでも話題のIT企業に転職

「ものづくり」をしたいという思いからITエンジニアを目指し、見事第一希望会社に内定したWebCampPro受講生にお話を伺いました。

「本当に未経験からITエンジニアになれるのか?」

「転職サポートは、どの程度のことをしてくれるのか?」

と疑問に思っている方は、是非この記事を読んでみてくださいね!

未経験から上京し、エンジニアとしてチームラボグループに転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
2018-03-10 14:42
今回の記事では、たまたま見たテレビ番組がきっかけでエンジニアに興味を持ち、WebCampProを受講して見事転職を決めた中村さんにインタビューしました。 <プロフィール> 中村 駿...
関連キーワード
学習の関連記事
  • 【誰でもわかる!】エンジニアの仕事内容を徹底解説
  • 初心者でも一瞬でわかるプログラミングの考え方・思考法
  • エンジニア必見!エンジニアが成長できるブログ紹介
  • エンジニアとは?仕事内容、年収、将来性を徹底解説
  • 【Rails入門説明書】find、find_byについて解説
  • プログラミング未経験者でも出来る開発環境構築
おすすめの記事