WebCamp・WebCampProを運営する株式会社インフラトップのオウンドメディア【スキルマ】。プログラマー・エンジニア・Webデザイナーを目指す初心者の方に向けた記事や、就職・転職を考えている方向けの記事を発信しています。

フリーターからプログラマーとして就職する方法を解説

プログラミング教室・人気ランキング

順位 スクール名 こんな方におすすめ 公式サイト
   TechAcademy ★雪でも大丈夫★自宅でプログラミング・デザイン・アプリ開発を学びたい方  公式サイト
  Web Camp 【業界最安値】1ヶ月通い放題/Webサービスなど作りたい方 公式サイト
Tech Camp Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方! 公式サイト
▼本記事について
本記事は、『たった1ヶ月で未来を変えられる』初心者向けプログラミングスクール「WebCamp(ウェブキャンプ)や、未経験者でも3ヶ月の学習でエンジニアに転職・就職ができる「WebCampPro(ウェブキャンププロ)」を運営してる株式会社インフラトップが提供しています。

フリーターからプログラマーとして就職する方法を解説フリーターであることは関係なく、誰でもプログラマーに就職することは可能です。

プログラマーはやる気さえあれば、学歴や経歴などは問われない競争主義の部分があります。

今回、フリーターの方からプログラマーに就職するために必要な方法を分かりやすく解説していきたいと思います。

フリーターからプログラマーに就職できる理由とは?

プログラマーは常に人手不足です。そのため、どの開発案件であっても求人募集はあります。更にはプログラマーが目指しやすい理由は以下のとおりです。

プログラムを作るために資格や免許はいらない

情報系の国家資格には「基本情報技術者」や「ITパスポート試験」があります。しかし、調理師や介護士といった職業と異なり、特定の資格がないと仕事ができない、ということがありません。中小企業だと資格だけでなく、学歴不問の未経験求人があります。これは自分のやる気次第で、誰でもプログラマーを目指すことが可能ということです。裏を返せば、ライバルもまた多くいる、ということです。

ライバルと差別化するには、はっきりとした目標を持つことです。

まずは自分がどんな業界に行きたいか、明確な希望を持つこと

プログラマーの仕事は多業種に渡ります。そのため、ただ漠然とプログラマーになるより具体的にどのようなシステムを作りたいかを明確な希望を持ちましょう。代表的なシステム開発は以下のとおりです。

Web系開発業務

「Internet Explorer」や「Google Chrome」のようなブラウザを使って操作するシステムが該当します。

求人はかなり多く狙い目の開発

具体的な希望を絞ることが難しい業務ですが、求人も含めて仕事はたくさんあります。未経験者が初めて開発に携わることが多い開発業務になります。

オープン系開発業務

フリーターの方で馴染みがあるシステムだと、コンビニの在庫管理や売上管理といった業務を支援するシステム開発はオープン系開発業務に該当します。

オープン系開発も未経験者が初めて開発に携わることが多い

Web系開発と同じく未経験者が初めて開発に携わることが多く、ほとんどの未            経験者はWeb系またはオープン系での開発をすることになります。

スマートフォンアプリ開発

オープン系の中でもスマートフォンアプリ開発は目指しているプログラマーが多いのではないかと思います。身近にあってシステムのイメージもしやすく、特にゲーム開発などは分かりやすい目標です。

イメージしやすい反面、未経験者にはかなりハードルが高い

スマートフォンアプリ開発は初心者には覚えることが多すぎて、やる気がなくなってしまうのです。未経験者でも歓迎の企業はありますが、相当のやる気がないと厳しいです。最終的な目標としては良いと思いますが、ステップアップしてからでも遅くはないでしょう。

汎用系システム開発

銀行のATMシステムや株式証券のシステムのような、膨大なデータをリアルタイムで処理することが求められるシステムが多いです。汎用機(メインフレーム)と呼ばれる、もの凄いスペックのコンピュータに載せるシステムの開発になります。

2017年現在、新規開発はほとんどない

既存システムへの機能追加や修正の案件になります。

プログラム言語が古く、未経験者ではかなりハードルが高い

プログラム言語は「C」と「COBOL」というものを使っています。これらの言語は汎用機と後述する組み込み系のシステム開発以外ではほとんど使われていません。

需要は縮小気味

汎用系システムからオープン系に移行しているシステムもあり、今から目指すメリットは少ないと思います。

組み込み系システム開発

自動車や航空機などの動作制御や、電子炊飯器などのマイコンに組み込むシステムが該当します。

未経験者がいきなり組み込み系のプログラマーになるのはかなり難しい

組み込み系システムのプログラマーは、電子回路の知識やテストするための専門知識が必要です。

まずはテスターから始めてプログラマーを目指す

組み込み系プログラマーの場合、必要となる前提知識がプログラム言語以外にも他のシステム開発にはない、独特のものが多いです。そのため、まずは作られたプログラムのテスターから始めて知識を深めてからプログラマーになることが多いです。

若手エンジニアが少なく、ものづくりをしたいならオススメ

Web系とオープン系に若い人が行ってしまい、後進の育成に悩んでいる業界です。ミニ四駆や家電を分解して構造に興味がある方には、非常に魅力的な開発になります。以上がプログラマーとして就職する場合の選択肢になります。まずは自分の働く開発システムがどのようなものになるか、考えましょう。方向性がまだよく分からない場合は、Web系かオープン系の開発を目指しましょう。覚えた知識や経験が次に活かしやすくなります。

就職活動をする時に気をつけること

未経験でも大丈夫!大事なのは面接時に熱意を示すこと

フリーターの方がプログラマーとして就職しようと思った場合、正直なところ企業側は即戦力として期待していません。プログラミングの研修やOJT(*)を通じてプログラマーとして成長するのか、という部分に期待しています。

*OJT…On-The-Training:職場で実務経験を積ませて覚えてもらう教育方法のこと

受け身ではなく積極的に何でも貪欲に取り入れる姿勢を見せて、是非ともプログラマーになりたいという熱意を伝えましょう。

勤務先についてはしっかりと確認しよう

プログラマーの場合、ほとんどが社外に常駐して作業をします。所属するプロジェクトごとに勤務先が変わるため、具体的な勤務先の候補については事前に確認しておきましょう。

最初のイメージが肝心。清潔感のある身だしなみを心がけよう

プログラマーとして、というより社会人としての常識をわきまえていることは重要です。面接時に服装自由と記載があっても、身だしなみを整えスーツで行きましょう。

何事にも丁寧に対応しよう

挨拶や話し方など穏やかにしましょう。緊張するくらいならまだ大丈夫ですが、プログラマーは忍耐力の必要な職業です。根気強く延々とソースコードを見ることもありますし、膨大な量のテストを消化することもプログラマーなら避けて通れない道です。辛抱強いことはプログラマーの大事な素質なので、アピールしましょう。

基本的に質問に対しては正直に答えよう

面接時に少なくとも志望動機やプログラミングの経験の有無、履歴書の空白については間違いなく聞いてきます。これらの質問については、企業の合う合わないがありますので正直に話して構いません。

履歴書の空白だけはあらかじめ回答を用意しよう

ただし、履歴書の空白についてはそれなりの理由を用意しておくことが必要です。プログラマーは過酷な労働条件の企業も多く、フリーターからプログラマーへ就職しても、その環境に耐えられないと思われがちです。

分からないことは正直に言おう

質問の中で分からない単語があったら、正直に言いましょう。未経験なのに知っていることが不自然な単語を投げてくる面接官もいます。特に中小企業だと、現場のリーダーが面接時に同席していることが多く、採用されたらその人の下で働くことになります。 今後も話すこと機会が多いため、正直に話せることはプラスになります。

以上が面接時に注意する点になります。

せっかく一念発起して入る会社ですので、自分に合った会社を根気よく探すことが大事です。

独学でもいいのでプログラミングを勉強しよう

就職活動中もプログラミングについて勉強する

就職活動中は気持ちに余裕がない状態だと思います。しかし、いくらやる気をアピールしても中身が伴っていないのでは説得力がありません。

今が踏ん張りどころだと考えて、プログラミングについて勉強しましょう。

勉強方法が分からない場合はITパスポート試験の勉強をしよう

「プログラミングの勉強と言われても何を勉強すればいいか分からない…。」その場合は国家資格であるITパスポートの勉強をしましょう。ITパスポートは情報系資格の入門編の資格です。

IT系で使われる単語やアルゴリズムについて手広く学習できる

「TCP/IP」や「ディレクトリ構造」など基本的な単語や、プログラミングをする上で必要な考え方であるアルゴリズムなど学習することができます。面接時にWebまたはペーパーテストを実施する企業がありますが、ITリテラシーを調べるためにこのあたりが出ることが多いです。資格取得することで、未経験でもやる気があることをアピールできます。

プログラミングはまずはお手本通りに書いてみよう!

プログラミングは様々な初心者向けサイトがあります。それぞれのサイトは人それぞれ好みがあると思いますので、自分が分かりやすいと思ったサイトを参考にするといいでしょう。しかし、初心者の方がプログラミングを挫折してしまう大きな理由は開発環境の構築ができないことです。

プログラムが動かせない!そんな人には「Progate」がオススメ!

プログラムを書こうしても、動かせない!開発環境を調べてみても英語だったり、専門的すぎて分からない…。プログラミングは叩いて覚えるのが一番です。そこで「Progate」というオンラインサービスをご紹介します。

日本語で分かりやすく手軽に使える「Progate」とは?

https://prog-8.com/

FacebookまたはTwitterアカウントがあれば、すぐに使用できる「Progate」。JavaやPHP、Ruby、Pythonといった人気のある言語がすぐに実行できる環境が用意されています。

各言語のレッスンも日本語で紹介されており、非常に分かりやすい

プログラミングの醍醐味は実際にコードを叩いて動かすところだと思います。「Progate」では言語ごとにレッスンがあり、具体的にプログラムが動かしながら学習ができます。プログラマーとして就職したいなら、まずはコードを叩いて動かしてみましょう。楽しさを感じるならあなたはプログラマーに向いていますよ!

未経験からの転職保証のあるスクールに通う

資金のある方は転職保証のあるスクールに通うのが近道かもしれません。転職保証のあるスクールは値段こそ高いですが、転職できない場合は全額返金の制度があるスクールも増えています。スクールではプログラミングスキルを高めることができるのはもちろん、キャリアエージェントによる面接対策や自己PRの補助などの転職サポートもあります。また、インターネット上で完結するスクールは場所を選ばないというメリットがあり、また教室に通うタイプのスクールは講師や他の生徒との繋がりができるというメリットがあります。就職活動では会社にスキルだけでなくパーソナリティも大きく見られるので、リアルでの人とつながりがあるスクールだと人との関わり

まとめ

今回はフリーターの方がプログラマーとして就職するために、具体的にどのようにすればいいか、開発システムの特徴や面接時の心構え、簡単にプログラミングを実行できるサービス「Progate」をご紹介されていただきました。 昔に比べるとプログラマーになるためのハードルはグッと下がったと思います。インターネットの普及とともに検索して情報収集することができるようになり、プログラマー向けのサイトも随分多くなりました。未経験者向けのスクールも増加しています。フリーターの人がプログラマーに就職することも、本人のやる気次第で可能な時代です。是非この機会にチャレンジしてみてください。

WebCamp・Webスクについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。Webスクは半年間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保証付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログライミングを学びたい方はこちら!

▼IT未経験からエンジニアに就職・転職したい方はこちら!