◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

DMM WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
TECH::CAMP教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
DMM WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月生は満員となっております。1月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

PHPのフレームワークはCakePHP、CodeIgniter、Symfony、ZendFrameworkの古参からLaravelまで様々なものが存在します。

今現在も、新しいPHPフレームワークが次々と誕生し、盛況な状況が続いています。

そうなるとやはり悩ましいのは、数が多くなった分、プログラマーからするとどのフレームワークを使えばいいのか解らないのではないでしょうか。

どのPHPフレームワークがいいのかの参考になるように、ここではいくつかフレームワークについて取り上げてご紹介していきます。選択する際のご参考になるかと思います。

PHPフレームワーク紹介

代表的なものも含めて、PHPフレームワークを以下に紹介いたします。

CakePHP

https://cakephp.org/jp

CakePHPは歴史があるフレームワークとして知られています。最も有名なPHPフレームワークのひとつと言えるでしょう。
名前からわかるように「ケーキを焼くみたいに手軽にできる」ということからCakePHPとなっています。その理念通り、とにかく簡単に使えるのでとても人気があります。そのままでもほぼ動作するほど導入は簡単です。

プロトタイプを素早く構築するためのコード生成機能であったりも有用です。

Bakeコマンドという名前のコマンドがあり、命名も一貫性があって面白いです。
逆にいえば、このフレームワークはクラス名、ファイル名、データベース名に特徴があり、その名前により構造が作られることを学ぶ必要はあります。

根強い人気があるフレームワークです。現在最新のCakePHP3.2はPHP7上で動作します。

Symfony

https://symfony.com/

SymfonyもCakePHPと同じく歴史あるPHPフレームワークです。
Symfonyには未だに多くの方が使用しています。

発祥は、古い「Mojavi」というMVCモデルの開祖のようなフレームワークから派生したフレームワークです。
構造もしっかりとしており、堅固なフレームワークです。

住み分け方としては、CakePHPは軽いアプリケーション、Symfonyは大規模システムで使われることが多いと思います。
自動生成機能が充実しています。

ただし、しっかりとした構造の分、速度はあまり速くありません。
業務アプリケーションに最適なフレームワークだといえます。

CodeIgniter

http://codeigniter.jp/

CodeIgniterは、軽量でフットワークが軽いフレームワークで、規約も厳しくなくシンプルさが売りのMVCモデルで作成されたフレームワークです。

扱いも簡単で、軽めのウェブアプリケーションからそれなりのウェブアプリケーションまで対応可能ですが、どちらかというと軽いアプリケーションに向いているフレームワークです。

ZendFramework

https://framework.zend.com/

CakePHPやSymfonyと比べると後発ながら、その技術パートナーにMicrosoftやIBM、Googleなど世界の企業が参加している、安心感があるフレームワークです。

ZendFrameworkの特徴としては拡張性が高いことが挙げられます。機能をライブラリ的使用感で呼び出して使うことが出来ます。こちらもMVCモデルを採用しています。

Phalcon

https://phalconphp.com/ja/

新進気鋭のPHPフレームワークで「最速」が売りのフレームワークです。実際に他のPHPフレームワークを上回る実行速度を実現しています。
その中身は、とてもシンプルな構造をしていて、その分、機能を実現するためにプログラマーが自身で書かないといけない部分も多くあり、その点は注意しないといけません。
しかし、とにかく速く、メモリの消費も少ないのでその点を重視する場合は使ってみましょう。

また、フォーラムがとても親切で使いやすいのでその点も魅力です。個人的にはオススメフレームワークのひとつです。

Slim

https://www.slimframework.com/

Slimフレームワークはマイクロフレームワークの一つです。とにかく小さくあることを第一に考えられています。
PSR-7という標準仕様のミドルウェア構造を採用しています(興味のある方は調べてみてください)。誰にでも簡単に使えることが大きな特徴といえます。

Laravel

http://laravel.jp/

Laravelは、世界的に急速に普及しているPHPフレームワークです。わかりやすく、コードが書きやすく、直ぐに書き始められるといったこれまでのフレームワークのいいとこ取り
のフレームワークになっています。Symfonyベースということもあり、作りもしっかりしています。

また、有志によるライブラリがたくさんあるのも導入のメリットのひとつです。YouTubeと連携できるライブラリや管理者ページをすぐに作成できるライブラリ等さまざまなものが登場しているので自身の求める機能も効率よく実現できる可能性が高いです。ちなみに、LaravelとCodeIgniterは比較的類似性の多いフレームワーク同士になります。

Yii

http://www.yiiframework.com/

Yiiは大規模なウェブアプリケーションを素早く開発するのに適したPHPフレームワークです。

Yiiには「ウェブプログラミングの再利用性を最大限にし、開発を最速にする」という思想があり軽量で洗練されたキャッシュ機能があるためにアクセスの負荷が大きいサービスに使いやすいという特徴があります。例えばポータルサイトやCMSなどにも向いているフレームワークだといえます。

FuelPHP

http://fuelphp.jp/

FuelPHPは高速かつ軽量なフレームワークで、かつて一世を風靡したPHPフレームワークです。

設定重視のフレームワークで、複雑なファイル管理に悩まされることはないです。規約縛りが大きくありません。

そのためにフレームワークのルールに縛られて開発の制限をされるということはあまりないので初心者でもベテラン開発者でも、開発をしっかりやりたい人に向いているフレームワークです。

Flight

http://flightphp.com/

マイクロフレームワークとして開発されたフレームワークで先に紹介したSlimと同様に軽量なところが特徴です。
ドキュメントもシンプルで誰もが直ぐに使えるフレームワークになっています。

Silex

https://silex.symfony.com/

SilexもPHPのマイクロフレームワークになります。
Symfony2のコンポーネントとPimpleを利用して構築されていて、RubyのフレームワークであるSinatraからも影響を受けています。

マイクロフレームワークと言うことで、シンプルな1ファイル構成でコードを書くことができ、また、使っていて楽しくなるような簡潔なAPIが多数用意されています。
拡張性も高いのでおすすめです。

BEAR.Sunday

https://bearsunday.github.io/

BEAR.Sundayは、国産の、日本人が開発したフレームワークです。
BEAR.Sundayの特徴はその考え方で、いくつかの概念を中心にフレームワークが組まれています。
「リソース指向フレームワーク」「REST(Representational State Transfer)」「依存性の注入」「アスペクト指向プログラミング」あたりがキーワードになってきます。なにより国産ということで、上記キーワードに興味がある方は使ってみるといいかもしれません。

Kohana

https://kohanaframework.org/

KohanaはCodeIgniterから派生して生まれたPHPフレームワークです。あまり日本では使われていないため、日本語のドキュメントはなく、英語ドキュメントのみです。しかし、ライブラリが使いやすく、動作も早いので使いやすいと思います。HMVCを中心に作られています。

Ice Framework

https://www.iceframework.org/

Ice FrameworkはC拡張モジュールとして作られたPHP用フレームワークです。ちなみに、C拡張といっても、C言語を使うわけではなく、PHPのみで大丈夫です。

シンプル&ファストということで、簡潔かつ高速と言うことを実現したフレームワークで、これは高速であると紹介したPhalconを抜いた高速化が実現化されています。
まだまだ未知数ではありますが、スピードという点で素晴らしく、Phalconと争う可能性もあるこれからのフレームワークです。

PHPフレームワークの状況

現在の主流(世界)

今回紹介した中でよく使用されているのは、CakePHPCodeIgnitSymfonyZendFrameworkLaravelの5つになります。
その中でも世界的にも伸びているのがLaravelになります。とても人気のフレームワークです。

実際、Laravelはシンプルながらパワフルなフレームワークで、非常に使い勝手もいいと評判です。
他のフレームワークのユーザーを取り込み続け、シェアをこれからも拡大していくと思います。

現在の主流(日本)

日本でのPHPフレームワーク人気は、世界とは少し異なります。昔からIT業界において、世界の潮流から外れたりするのが日本の傾向ですがフレームワークにもその流れがあります。

一番人気は、依然としてCakePHPが確保しています。しかし、世界と同じくLaravelの人気も上がってきています。
新規のアプリケーションを作る予定であり、そのアプリケーションを長く運用をしたいということであればLaravelを選択することもありかもしれません。

ただし、フレームワーク紹介でもあった通り、Laravelは開発するのに便利ですが、動作は速くはありません。
検討する際にはフレームワークの特徴も考えて選択してください。

最速のフレームワークは?

最速のフレームワークとして、Phalconの人気は上がってきています。

PhalconLaravelとは反対で、動作がとても速いのが特長ですが、Phalconは最低限の機能だけしか搭載されておらず、プログラマーが書くコード量が多くなる傾向にあり、Laravelほどは伸びてこないようです。

PHPのプログラマーがフレームワークを使用する理由は、簡単にさまざまな機能を効率よく実装できることがありますので、なかなか敷居が高いのかもしれません。
動作速度にこだわるようなら、試してみてください。

おわりに

PHPフレームワークの紹介と最近の動向をご紹介しました。
気になるものはぜひ実際にさわってみて、自分に合うか、目的に合うか試してみてください。

開発を効率よく行うにはフレームワークを使って開発するのは必須のことだと思います。
しかし、一度フレームワークを決めてしまうと後から変更することはなかなか難しく、実際に変更するとなると
開発し直しになってしまうため、フレームワーク選定にはとても気を使います。

慎重に選択をする必要があるフレームワークについて、あなたの決断のお手伝いとなったなら幸いです。

WebCamp・Webスクについて

DMM WEBCAMPは1ヶ月でプログラミング・WEBデザインを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。DMM WEBCAMP PROは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保証付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月受入枠は満員となっております。1月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!


▼ついに開講!オンラインでWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事