6月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
5月受入枠は満員となっております。6月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

第二新卒で転職を考えている方で、エンジニアという職業に興味がある方もいらっしゃると思います。

しかし、「エンジニアは専門性が高そうで未経験からなるのは難しそう」、「どうやってなったらいいかわからない…」、そんな方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな方に向けて、第二新卒の方がエンジニアになるためのステップをご紹介します。

エンジニアという職種の魅力

エンジニアという職種は、他の職種とは異なる様々な魅力があります。

仕事の達成感ややりがいを感じられる

エンジニアは一つのシステム構築を完成させるまでに、一人だけではなくチームで支え合いながら完成を目指していきます。途中失敗をしてしまったり、またやり直さなくてはならないことがあったりと、かなり大変です。

しかし、そんな辛いことがたくさんあった中で一つの仕事が完成すると、自分自身の達成感はもちろん、チーム全体で感動を味わうことができます。また、苦労して作り上げた自分のシステムが街中やメディアで紹介されていたり、実際に使用しているところを見かけたりすると、嬉しさもより高まるでしょう。

最先端技術も使用できる

エンジニアは最先端の技術を使ったシステム構築が求められることが多いです。そのため、最先端技術に触れる機会が多くなります。元々プログラムやシステム関連が好きでエンジニアという職種になった人にとっては、最先端技術に触れられることをメリットに挙げることも多いです。

ポイントが分かれば応用が効きやすく、スキル向上につながる

システム構築が完了した時に、そこで活用した技術は他のプロジェクトにも活かしやすく、応用すればタスクが完了するという仕事も中にはあります。エンジニアにとって一から生み出すことはとても大変ですが、それができてしまえば応用しやすくなり、自分にとってもスキル向上につながるのです。

プログラミング以外のスキルも身に着く

エンジニアという仕事のイメージとして、いつもパソコンに向かい、あまり人としゃべらないといったイメージを持っている方もいらっしゃいます。

しかし、実際にはチームでの作業となるためミーティングは実施されますし、自分がプロジェクトの担当になれば人の仕事を管理すること、システムエンジニアならさらにクライアントとのコミュニケーションを図り、希望に沿ったシステム構築にするにはどうすれば良いのかを検討することなど、様々な仕事を行います。

ですから、エンジニアになるとプログラミングのスキルが身に着くことは当然として、他にも様々なスキルが身に着くようになるのです。

 

このように、エンジニアとして働くと様々な魅力があります。

ただ、メリットがある中で果たして未経験の第二新卒でもエンジニアという職種は需要があるのでしょうか?

・これからフリーランスのエンジニアを目指したい方は、「未経験でもフリーランスのエンジニアになる方法を解説!」の記事を参考にしてください。

第二新卒のプログラマーの需要

第一新卒の中には専門知識を学びつつ、インターンに参加して有利に就職しているケースがあります。それでは、未経験の第二新卒ではエンジニアとしての需要があるかどうかきになるところです。

最近は各業界・業種でエンジニアの求人も増えており、異業界の未経験者を採用することも多いので、第二新卒の需要も高まっています。第二新卒のエンジニアの需要が高まっている理由についてみてみましょう。

第二新卒の需要はエンジニア不足が関係

エンジニアは機械の製造やネットワークの構築などあらゆる分野で活躍しています。特に、近年はネットワークを通じてのシステム化は主流であり、今後も大きな拡大が続くでしょう。しかし、拡大を進めるためには多くのエンジニアを必要とします。

エンジニアが別職種への転職することや、経営が長い企業が正社員の器用を縮小傾向にあることも人手不足に関係している原因でしょう。技術進歩に合わせて現在もエンジニア不足が続き、新卒や中途採用では補えないので第二新卒の積極採用も増えているのです。

業種や職種の未経験者はもちろん、知識を持つ異業界からの第二新卒も採用需要が高まっています。例えば、エンジニアとしての知識を持ちながらも新卒で採用されず、現在はエンジニアとは無関係の職種に努める方などが当てはまるでしょう。

今までエンジニアになれなかった人でも、第二新卒を通じてエンジニアになるチャンスは十分に残されていると言えます。

マナーが身に着いていて、将来性がある

第一新卒の場合、社会人や会社員としてのマナーを一から学ぶ必要があります。ですので、教育に力を入れる必要がありますが、人手不足の現状では教育にも不足な部分がでてくるでしょう。

一方、異業界であっても第二新卒はビジネスマナーをしっかり身に着いている人がほとんどです。社会人としての初歩的なトレーニングや教育を必要としないので、教育も業務に必要な内容など最低限に済ませることができます。第一新卒よりも即戦力になりやすいところに、企業側もメリットを感じています。

また、中途採用よりも年齢層が若い第二新卒は、成長性も高いです。エンジニア未経験者でも仕事の面白さを理解している人材であれば、どんどん知識や経験を吸収し、将来優秀な戦力になる可能性があります。

社員の人材育成にもメリットがある

中途採用の場合は即戦力が求められるため、社員が教育を行う機会はほとんどありません。第二新卒も基本的なビジネスマナーは持っていても、中途採用者に比べると知識は劣るので、ある程度の教育は必要です。そうなると、企業で働く社員に人材育成のチャンスを与える企業側のメリットも大きいでしょう。

人材教育のスキルが上がれば教育の質も良くなり、今後採用されるエンジニアをはじめ、社員の質も良くなると考えられます。社員の質もよくなれば業績を伸ばすきっかけにもつながるため、社員の人材教育を促すためにも若年層の第二新卒の需要が求められているわけです。

第二新卒でエンジニアになる方法

第二新卒がエンジニア未経験であっても仕事を探すことができるのかと悩んでいる人も多いでしょうが、第二新卒者でも応募できる求人を探すことで自分に合った企業を見つけることができます。

どういった方法で探すのかというと求人サイトに登録をして企業を探すことが一般的となるでしょう。

第二新卒の未経験の場合、募集している企業の数が少ないと思っている人もいますが、大手の求人サイトであれば数多くの求人先を探せます。

また、第二新卒専用の転職サービスも存在しているので活用してみましょう。

第二新卒ナビ

http://daini2.co.jp/

第二新卒、未経験でも募集している企業を探せるだけではなく、面接や企業の雰囲気、退職理由についてなど様々な悩みを相談することも可能です。

第二新卒向けの就活サポートなので安心できるでしょう。

マイナビジョブ20’s

https://mynavi-job20s.jp/

第二新卒者、20代向けの転職エージェントサイトです。

数多くの求人の中から自分に合った企業が見つけられるほか、定期的にセミナーも開催しているのでスキルアップも図れます。

・エンジニア就職を目指す為のおすすめ資格を知りたい方は、「ITエンジニア・プログラマー就職に有利な資格6選!」の記事を参考にしてください。

プログラミングの知識をつけることも大切

求人に応募する前にはプログラミングについて知識を付けておくことも大切です。未経験なのでプログラミングについて知らないことが多いとは思いますが、即戦力になるところまでいかなくても、基礎的な知識を得ているだけでも転職には有利となるでしょう。

そして、基礎知識を得たのなら実際にプログラミングを行うのもオススメです。最初は簡単に思えても、難しい項目が増えインターネットや書籍を参考にして完成を目指していくことになります。解決策を見出して実行していくことで、やりがいを感じられるでしょう。

そして、作り上げたことで履歴書にも自分で培ったスキルとして記入することができるのでメリットも多いのです。

では、基礎知識を身に付けるためには、どういった勉強法を行えば良いのか確認していきます。

独学で学んでいく

独学でエンジニアのスキルを磨いていくには苦労が多いです。未経験者用の学習教材や参考書を購入して勉強を行っていくほか、サイトを活用する方法もあります。プログラミングに必要な知識を学べたり、授業のライブ配信を行なったりするサイトも存在するので、どんな知識を得れば良いのかわからない人にとっても参考になるでしょう。

また、エンジニア向けの勉強会に参加するのもオススメです。未経験者同士参加できるので仲間を作ることもできます。

・エンジニア就職・転職に向けておすすめの本・学習サイトを知りたい方は、「【入門者向け】エンジニアの学習におすすめの本・学習サイトを紹介!」の記事を参考にしてください。

スクールに通う

自力で学ぶのは難しいと感じるのであれば、スクールに通ってみましょう。教室に通って知識を学んでいくものからオンライン学習のあるスクールまで様々です。プログラミングだけではなく、デザインや経営、英会話など就職後に活用できる知識を同時に身につけられるスクールもあるので、企業の求める人材に近づくこともできます。

自分に合った授業方法や内容のスクールを探して技術を磨いていきましょう。

プログラミングスクールに通うメリット

転職支援のスクールが増えている

最近のスクールは受講生向けにネット上に載っていない非公開求人情報を自社から人材紹介や、転職保証をしているスクールも多くあります。
未経験から応募できる一般求人であり、採用率の低さや実際に入社した後の待遇が把握できないリスクもあるため、ある程度費用を負担できるのであれば、キャリアサポート等手厚いスクールに通うことをおすすめします。
スクールは独学で学ぶのとは違ってそれなりの受講料が必要ですが、プログラミングだけでなく転職支援も行っているため、プログラミングを習得してそのまま就職または転職したい人には最適なスクールです。
受講者には専任のアドバイザーがついているので、自分の希望する分野の企業を紹介してもらうことや、履歴書の書き方、面接対策なども行っています。プログラミングスクールといってもスキル以外にビジネスマナーや服装などの知識もサポートしてくれるが魅力です。

転職が実現しない場合、全額返金するサービスも

転職が実現しない場合は、これまでの受講料を全額返金するサービスもあります。転職保証のスクールは、より転職に向けたスクールになっているため、学習内容も実務に近いものや、求人の需要にあった学習内容を進めていきます。
常に転職できるチャンスと隣り合わせになっていることから、受講中も高いモチベーションを維持することができます。
転職活動をする際には卒業後数ヶ月間、面談やカウンセリングを行い徹底的に転職のためのサポートを行ってくれるので、プログラミングを学んだあとエンジニアとして転職したいという人は有利なスクールと言えるでしょう。

短い期間でプログラミングを学びたい方は、短期集中型を。

最近では、1ヵ月間の短期集中型のキャンプ形式のスクールが増えています。本気でスキルを追及させたい人に向いているプログラミングスクールです。プログラミングは継続することが一番難しいと言われていますが、短期間であればモチベーションを維持しながら学習することができますよね。
直接講師から学習する対面型のスクールと、インターネット上で学習するスクールがありますので、ご自身にあった方を選んでみてください。どのスクールでも無料説明会や体験会を実施しているので、気になるスクールがあれば一度体験に足を運んでみましょう。
・未経験からエンジニアを目指す為のスクールを探している方は、「【初心者・入門者向け】おすすめのプログラミングスクール22選!」の記事を参考にしてください。

まとめ

いかがでしたか?

第二新卒で未経験だったとしても、エンジニアという職種になることはできます。

独学でも可能ですが、早くエンジニアの仕事に就きたい場合はなるべく短期間でスキルアップを目指せるプログラミングスクールがオススメです。

ぜひ、即戦力につながるスキルをスクールで身に着けましょう。

DMM WEBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

6月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
5月受入枠は満員となっております。6月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!


▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

 エンジニア志望者への人気・おすすめ記事一覧

エンジニアの実態 職種別解説記事 就職・転職活動対策記事
エンジニアの1日の例を紹介 未経験からフリーランス・エンジニアになるには ITエンジニア就職に有利な資格6選
エンジニアへの適正・向いている人とは 未経験からWebエンジニアになるには 未経験からITエンジニアを目指す、まとめ記事
エンジニアのリアルな年収事例を紹介 未経験から組み込みエンジニアになるには 未経験必見のITエンジニア志望動機
エンジニアの働き方についての紹介 未経験からゲームエンジニアになるには 文系でもWebエンジニアになる方法を解説
おすすめの記事