◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月生は満員となっております。12月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

みなさんは、プログラミングの勉強をしていませんか?

初心者の方は、何から手を付けていいかわからなかったり、疑問点につまづいた時に挫折してしまいがちです。

プログラミングに限った話ではないですが、正しいステップで「効率よく勉強したい」と誰しもが考えるはずです。

そこで今回は、そんなプログラミング初心者の方に向けてやるべきことをご紹介します。

プログラミングを学ぶ目的を決める

なんとなくプログラミングが出来るようになったらいいという形では長続きしません。「プログラミングを学んでなにがしたいのか」という目的があった方が絶対に学習効率は良くなります。「自分のホームページを作りたい」「趣味のページを自分好みに作りたい」「家計簿ソフトを自作で作りたい」このように自分のモチベーションが保てる目的を定めることをおすすめします。

プログラミング学習で得られることを知る

プログラミングを習得することで可能になることは

1) アプリケーションが作れるようになる
2) プログラミングスキルを活かした職業につけるようになる

といったものがあります。しかし、これらは学習後の話です。

目的があれば別にメリットはなくてもいい気がしますが、プログラミングそのものをやるメリットも理解していただければモチベーション維持になるかもしれません。

プログラミングを学ぶこと自体のメリットとは、

1) 論理的思考が身につく
2) 世の中の動きがわかりやすくなる

の2点かと思います。

「論理的思考」は、物事の問題点を見出し、その解決に向けて対策を考えるという実際の社会でもとても役に立つものです。
それをプログラミングで学習できます。要するに、「問題が発生した!どうすればいい?」ということがプログラミングには常に起こります。それを解決することで論理的思考の経験値が積まれていくのです。

「世の中の動きがわかりやすくなる」とは多少曖昧な言い方ですが、現在の社会はITなしでは成り立たないといっても過言ではありません。直接的、間接的にでも何らかの形でIT関連がかかわっています。プログラミングを学習することで、IT業界の動きも理解できるようになってきますので、社会の動向にも敏感になります。

目的に合わせてた言語を適切に選択する

目的が明確になれば、次は実際に何を学んでいくかを考えます。

言語の選び方

プログラミング言語は現在100を超える数が存在します。その中から、あなたの目標や目的に合ったプログラミング言語を選びます。

しかし、目標や目的がわかったからといって適正なプログラミング言語を選択するのは難しいです。なので、まずは「プログラミングで作りたいものの種類」を選びます。

1) WEBアプリケーション
2) PCアプリ(ゲーム含む)
3) スマートフォンアプリ(ゲーム含む)

それぞれ、適したプログラミング言語があります。自分の作りたいモノを作れる言語を選びましょう。

初心者におすすめの言語(特にプログラミング習得自体が目的である場合)

目的・目標といいましたが、「プログラミングできるようになりたい」というのも目的としては当然あると思います。

しかしその場合、「適したプログラミング言語」の選択が悩むことになります。そんな場合は、「WEBプログラミング」をお勧めします。

その中でも、

・Ruby
・PHP
・Python

この3つの言語のどれかをやるのをおすすめします。理由としては、アプリケーションではなくWEBは取り組みやすく、汎用性があって結果も比較的すぐに出すことが出来ます。結果が出るということは、最大のモチベーションになるのでおすすめです。

環境を整える

言語を決めた後は、まずはあなたのPCで「プログラミング言語を扱える環境」を作らなければいけません。その事前準備、つまり「環境構築」を行います。

環境構築に関しては、ネット上や学習サイトにさまざま手順が掲載されています。例えば、PHPなら、[PHP 構築」などと検索すればたくさんヒットします。ご自分の目的の言語を探して構築してみてください。

また、WEBプログラミングを学習したい方は、「Cloud9」という便利なツールを使えば、面倒な構築作業の手間が省けます。興味のある方は以下をご覧ください。

[Cloud9]

https://c9.io/

必要なものだけを学ぶ

プログラミング学習はとても範囲が広いです。説明した通り、プログラミング言語も数百種類あります。

しかし、それらを全て覚える必要はありません。最低限必要なものを正しい順番で学ぶことによって学習が効率的に進みます。

効率的な勉強法を知る

学生時代の勉強にも当てはまりますが、「必要なことは全て暗記しなきゃいけない」と思いがちです。プログラミングの達人は、文法や細かいルールなどが全て頭に入っていて、すらすらとコーディングしていけると思ってしまうことが多々あります。

ですが、そんなことはまずありません。

プログラミングは暗記では上達しません。他の様々な学習と同じく、理解することが重要です。暗記では、プログラミング学習はまったく面白さ、楽しさがありません。理解していくからこそ、楽しく思えるようになってきて上達するものです。

効率的なコーディング方法を知る

プログラミングやアプリケーション開発では、たくさんのコードを書きます。しかし、全てを自身がタイピングしていくやり方は非効率的です。

学習なのだから必要なのでは?と思われがちですが、前述したとおり、暗記ではなく理解が必要でありなにもみずにタイピングできることが目的ではありません。

なにより、効率的に記述できないと、学習としては遠回りになりモチベーションにも影響しますし、アプリケーション開発の場合は完成目標に支障ができてしまいます。

以下のものを利用することで効率的にプログラミングしていきます。

・ライブラリ
・フレームワーク
・API

この3つを活用すれば、自分で書かなければいけないソースコードをほんの僅かに抑えて効率的に作業をすることが出来ます。

ライブラリ

他の人が書いたソースコードを活用できる仕組みのことです。例えば、ある期間を入力するとその間の時間や分、秒を計算してくれる処理などが欲しい場合に自分で用意することは大変ですが、もしライブラリとして既にあればそれを利用するだけでよくなります。

一般的に使われているアプリは、全体では膨大な量のソースコードになりますので全て自分で用意するのは大変です。ライブラリを自分の書いているコードに組み込むことによって、他の人が作成してくれた複雑な処理を(呼び出す形で)簡単に使用することが出来ます。

ライブラリは日本語で「図書館」という意味の通り、知識が必要なときに貸し出してくれるようなものになります。

フレームワーク

アプリを開発する上での土台となるものです。プログラミングの世界以外でも、マーケティングの「SWOT分析」や4コマまんがの「起承転結」などもフレームワークと呼べます。「フレーム(型)」に合わせて「ワーク(仕事)」を行うのでフレームワークというわけです。

プログラミングの世界では「よく使われるライブラリの集合体」と考えて頂くとイメージしやすいかもしれません。各言語ごとに様々なフレームワークが用意されています。

ライブラリが必要な機能を都度使用させてもらうようなイメージに対して、フレームワークは土台の上にアプリ本体の動きを積み上げていくようなイメージです。

自分でコードを書く行数が減るのでとても早く開発ができます。後々機能を追加する際にも共通のルールを使用するため、整理しやすく見やすい状態を保てます。

API (Application Programming Interface)

API(エーピーアイ)とは、アプリケーション・プログラミング・インターフェイスの略称です。プログラミングによって外部のWEBアプリケーションを動かす仕組みです。

外部で提供しているサービスの一部機能を、アプリケーションやネットの枠を超えて借りてくるというイメージです。例えば食べログのAPIを使用すれば、自分でレストランの情報を集めなくても、食べログが持っている膨大なデータを借りることが出来ます。自身でサービスを制作する為に、わざわざレストランの情報を足で稼ぐ必要はありません。

今後の学習の進め方

まずは、プログラミング言語のある程度の基本構文や特徴を理解できるように学習します。その後に、各言語の「フレームワーク」の学習に移っていき、実際に開発をしながら「プログラミング言語」と「フレームワーク」を同時に学んでいくことが最も効率のよい学び方かと思います。(フレームワークがなければライブラリでも可)

比率としては、「言語基本:フレームワーク = 2:8」くらいの割合で、学習を進めていくことが目安です。今現在メジャーとなっている言語はほぼフレームワークがあり、利用しない手はありません。

プログラミング言語の基本や文法を延々と学習して何も作れないまま挫折する方も数多くいるので注意が必要です。

エラー解決法を心得る

プログラミング初心者にとって時間を最も要するのは、「エラーの対処」です。時間がとられることはもちろん、自身の「やる気」も削がれてしまうのが一番の問題です。

エラーを出すこと自体は問題ではありません。エラーを解消してアプリケーションの質は上がりますし、実際にプロの方でも全体の8割の時間はエラーの解消の時間と言われています。

問題はその解決法です。エラーの解決法を知っているかどうかで、プログラミング学習に大きく差がついてきます。

コミュニティを利用する

プログラミング学習をしていると必ずエラーに遭遇し、その解決に時間を要します。エラー内容よりも、エラーそのものの解決方法がまだ確立していない初期の段階では各段に時間をとってしまいます。

一緒にプログラミングを学習する友達がいる場合はもちろん、プログラミング学習コミュニティに参加したり言語によっては専用のSNSが存在するので、エラー解決を一人で黙々とやるのではなく、同じプログラミング仲間と共有することをお勧めします。

さらに言えば、コミュニティを利用すれば、エラー解決だけでなく質問に回答したり、利用者同士で成果を競い合ったりもできます。

「検索力」を上達させる

プログラミングそのものの上達はもちろんですが、長期的にみてもっとも大きな効果が得られるのは「検索力」を上達させることです。GoogleやYahooをはじめとする検索エンジンで「検索をする」ということです。

ここでいう「検索力」の上達とは、自分が知りたい、もしくはエラー等で調べたい内容について適切なキーワードの組み合わせで、有効な情報を効率よく検索できるという意味です。

参考書や書籍も同じように重要ですが、まずは検索を行って同じような状況の事例やエラー内容を理解しまたは対処法を学んで効率よくプログラミング学習を進められるようになればベストです。

取り組みやすい学習サイトから入る

最初は言語の基本からという話をしましたが、まずは「動画学習」をすることをおすすめします。その理由は、自身で読み進めていても理解が追い付かない場合は最初気持ちの維持が難しく、なかなか進みません。

その点、動画の場合は、とりあえず難しい用語が出てきてもなんとなく進めることが可能で、何度も再生していれば
理解も少しずつ深まっていくのでお勧めです。

例えば、動画学習サイトで、「ドットインストール」というサイトがあります。ドットインストールは初心者からプロまで使える学習サイトです。

http://dotinstall.com/

ご自分の学びたい言語の導入をここから行い、必要に応じて、他のネット情報や書籍で補完していったりすればスムーズに段階を踏めると思います。

書籍を参考にする

より理解を深めるために、書籍での学習も必要です。ただ、全部が全部を書籍で学習する必要はありません。

動画サイトで学習できるところまで学んで、ネットの情報で次の学習をさらに進めたりした後に「必要なところ」だけ書籍で補完していきましょう。

「必要なところ」とは何を学びたいかによって変わりますが、学習サイトである程度の基礎は学習してきている前提であれば、入門書は実践的な内容のものを選んだり、欲しい情報が載っている専門書を購入しましょう。

例えば、

・WEBプログラミング → 各フレームワークの詳細な情報
・ホームページやブログ関連 → WordPress、MobileTypeの専門書
・アプリ開発 → XcodeやJavaSDK、Unityの専門書

ポイントは以下の通りです。

1. 実践的である
2.サンプルがたくさんある
3.出版日が3年以内である
4.書評で一定の評価を得ている

とにかく最初から買うことはお勧めしません。(自分でもなにが必要か判断ができない状況では買わない方がよいです)

実際にアプリケーションをつくる

プログラミング学習は「アプリケーション開発」を実際に行うことが重要になります。開発を行っていくことで、自分で考えて調べながらコードを書く癖をつけることができます。

それによって、作りたいものが思い通りに作れるようになったり、問題に対しての自己解決力が身に付き、プログラミングが「実際の現場で使えるスキル」になってきます。

サンプルに手を入れてみる

最初からいきなり思い通りの開発をするのは難しいです。そこで、教材のサンプルを改造することから始めていってください。

最初は1か所、文字を変更する程度で構いません。段々改造箇所を増やしていき、できることを確認していきます。

そして、「もっとこうやりたい」という気持ちで改造を行っていくその延長線上にはオリジナルアプリケーション開発が待っています。

アプリケーションを設計する

設計というと難しく聞こえますが、「企画」「設計」「実装」の3つを考えるシンプルなものです。やりたいことを、学んできた言語でどう実装するか、そして実際に書いてみて動かしてみる。これができれば、立派なプログラマーと言えます。

さいごに

いかがでしたか?

プログラミング初心者が最初にやるべきことをご紹介しました。

プログラミング初心者にとっては、学習に取り組み始めた最初が一番大変だと思います。始めた後、どこかのタイミングで調子が出てきます。その苦労からの達成感が今でも自分のプログラミング経験の中でかなり活きています。

この記事を通して、少しでも多くの方がスムーズにプログラミングに取り組んでいければ幸いです。

WebCamp・Webスクについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。Webスクは半年間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保証付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月受入枠は満員となっております。12月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

おすすめの記事