未経験でもフリーランスのエンジニアになる方法を解説! | WEBCAMP NAVI
【7月枠も残りわずか】転職保証コース

未経験でもフリーランスのエンジニアになる方法を解説!

「フリーランスのエンジニアとして働きたいけど、未経験だし大丈夫かな?」
個の力が必要になると言われている社会の中で、フリーランスエンジニアを目指す方はとても多くなっています。

ツイッターでも呟かれているように、未経験から数ヶ月後にはフリーランスのエンジニアとして働き出す方もいます。

「未経験からフリーランスのエンジニアなんて難しいでしょ?」
「年齢的にも今からエンジニアになれるの?」

結論を言うと、未経験からであってもフリーランスエンジニアとして働くことは可能です。
大切なのは、具体的な目標を持ち勉強を行うことです。

「未経験からフリーランスエンジニアになるために何をすればいいの?」 
「最速でフリーランスエンジニアになりたい!」
という方に向けて、この記事では以下のポイントをお伝えします。

  • フリーランスエンジニアになるために必要な行動
  • あなたにフリーランスエンジニアという働き方が合っているか

この記事を読んで、フリーランスエンジニアになるために早速行動を起こしてみましょう!

30代でも未経験からフリーランスエンジニアになれる理由

そもそも、どうして30代の未経験からであってもフリーランスエンジニアになれるのか疑問ではないですか?

エンジニアには多くの知識が必要とされるため、飲み込みの早い20代であることが会社からは求められます。
しかし、結果としては30代でエンジニアになることは可能なため、その理由をご紹介していきます。

また、未経験からフリーランスエンジニアとして働くことを不安に思っている方にも、なぜフリーランスエンジニアになることができるのか3つの理由を説明していきます。

  1. IT業界には人材が足りていない
  2. フリーランスが当たり前の時代
  3. フリーランスエンジニアに嬉しいサービスの増加

❶IT業界には人材が足りていない

IT業界の人材不足

経済産業省 IT人材需給に関する調査

上記の表は、経済産業省が発表したIT人材の不足が深刻化していくことを示しています。
IT業界はますます発展していくのにも関わらず、IT知識のある人材が十分確保できていません。

人材不足が深刻な問題であり、国も小学校でプログラミング教育を取り入れるなど改善に取り組んでいます。

このようにエンジニアの需要は今後もさらに高まっていくと考えられるため、30代で未経験からであってもエンジニアは社会から必要とされる職業です。


❷フリーランスが当たり前の時代

フリーランス協会のフリーランス白書2018によると、2027年には労働人口のうち、過半数がフリーランスになるという予測をしています。

業務のクラウド化やテレワーク化が進むに連れて、クラウドソーシングサービスも増加し、フリーランスとして働きやすい環境が整い始めたことが背景にあると考えられています。

今の日本では、終身雇用制度が消滅したと言っても過言ではない状況です。
そのような状況の中で、社会から求められるスキルが必要になり、「個」の時代へと変化していることを表しています。
ここでいう「個」とは、起業したり経営者になったりするということではなく、一個人が複数のビジネスを掛け持ち「一個人対多」の関係になるということです。

「個」の力が試されるフリーランスが働きやすい社会作りは今後もますます進んでいくため、フリーランスとして働くことは難しくありません。


❸フリーランスエンジニアに嬉しいサービスの増加

先ほども記載したように、フリーランスの増加に伴い、コネクションがなくてもビジネスを進められるサービスが続々と出てきています。

近年は、クラウドソーシングというインターネット上で仕事を依頼したい人と仕事をしたい人をマッチングするサービスや、フリーランスエンジニアに特化した案件サイトが多く見られるようになりました。

案件内容にもよりますが、無料で案件を紹介してくれたりサポート付きのサイトもあるので、未経験者でも手が出せる環境が整ってきていると言えます。

このようなサービスがあることで、フリーランスという壁が高くないということを感じていただけるのではないでしょうか?


未経験からフリーエンジニアを目指す際の注意点

なぜ未経験からでもフリーランスエンジニアになれるかがわかったところで、いくつか気をつけておきたい注意点をご紹介します。

  1. 案件獲得にはスキルが求められる
  2. エンジニアとしての実務経験が必要とされる
  3. プロのエンジニアにならなければ仕事ができない
少し厳しいように感じてしまうかも知れませんが、多くの会社に務めるエンジニアにも同じことが求められます。
「フリーランスエンジニアという働き方が自分にはあっているのか」というのを考えながら読んでください。

スキルの向上は自分の努力次第

会社に務めるエンジニアでしたら、仕事でミスや間違いをしてしまったら、それを注意してくれる存在の人がいます。
しかしフリーランスの場合、やり方が間違っていたとしても、誰からも指摘されずその方法で次の案件も進めてしまうことが発生してしまいます。

また、エンジニアは常に最新の情報をインプットし、スキルの向上のため勉強し続ける職業でもあります。
自分から学ぶ姿勢がなければフリーランスエンジニアとして仕事を続けることは困難になってしまうので注意しましょう。

一方で、自分の努力次第ではどこまでも成長することができるのがフリーランスエンジニアという働き方です。


安定した収入にはスキルが求められる

スキルが全くない状態では、安定した収入を見込むことは難しいです。

安定した収入を初めから望むのであれば、スキルを十分に身につけた状態であることが必要です。
後ほどご紹介しますが、スキルを身につける方法をしては独学プログラミングスクールに通うなど様々な手段があります。

未経験からのフリーランスエンジニアは、初めはスキル次第で安定した案件が獲得できるかどうかが決まることを覚えておきましょう。

需要の高いプログラミング言語や、高収入を見込めるプログラミング言語は以下の記事でご紹介しているので、安定して案件を獲得したいフリーランスエンジニアを目指す方は参考にしてみてください。

プログラミング言語 ランキング人気のプログラミング言語ランキングを一挙紹介【2020年版】

エンジニアとしての実務経験が必要とされる

スキルの取得も大事ですが、大きな案件を得るには実務経験が問われることがあります。
そのような場合には、一度企業へ就職し、実績を作ってからフリーランスエンジニアに挑戦することも考えていいでしょう。

もちろん、クラウドソーシングなどで小さな仕事からコツコツと実績を積み上げ、クライアントの信頼獲得をしていくこともできます。
また、ポートフォリオの作成でアピールすることもできるため、案件獲得には成果を示せるものが必要になります。

未経験からエンジニアへの転職をサポートする制度のあるプログラミングスクールDMM WEBCAMPでは、ポートフォリオの作成もカリキュラムに含まれているため、プログラミングスクールを利用してフリーランスエンジニアを目指すこともおすすめです。

「すぐにエンジニアのスキルを身につけたい!」という方は、ぜひ一度無料のキャリア相談を受けてみてください!

カウンセリングや受講中の雰囲気は以下の受講生のインタビュー記事で見ることができます。

DMMWEBCAMP未来を変えるワクワクした仕事に就きたい!経理業務からエンジニアへの転職エピソード

未経験からのフリーランスに必要なスキルを獲得する方法

未経験からフリーランスエンジニアに必要なスキルはどう身につけていけば良いかご紹介していきます。

  1. 独学でスキルを学ぶ
  2. プログラミングスクールで着実にスキルを身につける
  3. エージェントを利用しエンジニアとして就職する
  4. エンジニアの知り合いを作る

❶独学でスキルを学ぶ

独学でプログラミングスキルは学ぶことができます。
未経験の方であれば、一度無料のプログラミングサイトで実際にプログラミングに触れてみましょう。

以下の記事では、無料でサイトが作成できるほどのプログラミングスキルを学習できるサイトもご紹介しています。

プログラミング 学習プログラミング学習サイト5選!学習する上で押さえるべきポイントも紹介

また、このWEBCAMP NAVIではプログラミング初心者に向けた解説記事を多く掲載しているので参考にしてみてくださいね。


❷プログラミングスクールで着実に技術力を身につける *一番オススメ

「しっかりとしたカリキュラムでエンジニアとしての知識をインプットしたい方」や「プログラミングを過去に学習したことがあるが挫折してしまった方」などは、プログラミングスクールで学習することがおすすめです。

いつでもわからないことがすぐに質問できる環境があると、エンジニアとしての成長は格段に上がります。

プログラミングを独学で学んだ方の90%は挫折してしまっています。

フリーランスエンジニアに必要な技術力を着実に身につけたいのであれば、以下の記事でおすすめのプログラミングスクールをご紹介しているので参考にしてみてください。

プログラミングスクール おすすめおすすめのプログラミングスクール厳選9校を徹底比較【2020年最新版】

❸エージェントを利用しエンジニアとして就職する

先程も記載したように、プログラミングスキル取得とエンジニアとしての実績の獲得のために、一度未経験エンジニアとして就職することも方法としてあります。

IT業界が未経験の方は、エンジニアに特化したエージェントサービスを利用することで、エンジニアという職業へ理解をより深めることができます。

おすすめのエージェントは以下の記事でご紹介しているので参考にご覧ください。

IT転職に適切なエージェント4選【IT未経験の方でも】

❹エンジニアの知り合いを作る

エンジニアの知り合いがいることでキャリアの相談や、その知人から仕事を得ることもあります。

フリーランスとして働くと知人からの紹介で仕事を受けることは珍しいことではなく、多くのフリーランスエンジニアが初めは知人の紹介で案件を獲得しています。

「身近にエンジニアの知り合いなんていない!」という方は、まずはエンジニアのコニュニティに参加すると良いです。
フリーランスエンジニアによるミートアップも開催されているので、まずはエンジニアのいる環境に飛び込んでみるのも刺激になります。


フリーランスエンジニアの仕事内容

ここまで、フリーランスエンジニアに必要な行動をご紹介してきました。
ここからは、フリーランスエンジニアの具体的な仕事内容に関して解説していきます。

そもそも、エンジニアと一言に言っても、さまざまな種類のエンジニアがいます。

多くのエンジニアの種類がある中で、今回は以下のエンジニアの仕事内容をご紹介します。

  1. ITエンジニア
  2. システムエンジニア
  3. Webエンジニア
  4. ゲームエンジニア

上記のエンジニアに関してより詳しく知りたい方や、ここでご紹介しきれていないエンジニアを知りたい方は、以下の記事で必要とされるするや年収もご紹介しています。

今後目指すべきITエンジニアの種類は?【年収や必要なスキル・適正も】

ITエンジニア

エンジニアと聞くとITエンジニアを連想する方は多いでしょう。このエンジニアはコンピュータやネットワークを使用した情報技術に徳化した技術者の総称です。

専門によって仕事内容が異なりますが、エンジニアの仕事はシステム開発が一般的です。システム開発ではクライアントの要求を理解して設計を考案し、そのシステムをどう構築するか、どんな機能を搭載するか考えてプログラミングを行います。その後はシステム動作のテストや修正を行い、システムの完成です。


システムエンジニア

システムエンジニアはシステム開発をする上で、システムの設計や構築のための基本設計、機能の詳細を設計する段階までが主な仕事です。システムをつくるために必要な工程を考え、その内容を設計所に書き起こす仕事と言えます。

システムは仕事の流れやコンピュータをサポートするものなので、ここでは技術力だけではなく予算や管理、人員管理も重要な業務です。ITに関する知識や経験だけではなく、それ以外の知識が必要になることも多いでしょう。


Webエンジニア

ネット通販サイトやWebコンテンツなど、Webを使ったサービスを構築する技術士です。Webシステムの構築にはITシステムエンジニアの知識も必要ですが、特に専門的な高度な知識が求められます。ネットワークやセキュリティ対策の知識が必要です。

言語ではPHP、Java、Rubyなどの言語が使用されています。

サービスが作動するか環境確認も大切で、Linux、Apache、MySQLなどの開発環境が用いられるので、OSに関する知識も必須です。他にもWebデザイナーやフロントエンジニアと一緒に活動する機会も多いので、HTMLやCSSの知識もあると良いでしょう。

・文系からエンジニアを目指したい方は、「文系でもWebエンジニアとして就職する方法を解説!」の記事を参考にしてください。

ゲームエンジニア

家庭用ゲーム機のソフトウェアやゲームアプリの企画や開発までを担当します。作業内容は上記のエンジニアとほとんど変わりません。ゲーム会社ではフリーランスのゲームエンジニアを雇ってゲーム制作をするケースも多いです。

ゲームプログラマーを目指している方は、以下の記事も参考にしてみてください。

プログラミングをゲーム感覚で学べる学習サイト7選【ゲーム作成したい方も】

まとめ

フリーランスエンジニアという目標が明確にできたでしょうか?

「フリーランスエンジニアとして活躍したい!」という強い思いがあることで、未経験であってもプログラミング学習も上手くいくので、ぜひ頑張ってください!