• WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、エンジニアとしてチームラボグループに転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10
  • WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26

◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

Web Camp【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でWebサービス等作りたい方
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WebCampPro転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアを3ヶ月で目指すプログラミングスクールです。
9月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
8月受入枠は満員となっております。9月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

2017年現在、あらゆるものがインターネットに繋がる「IoT(*)」の時代になりました。

*IoT…Internet of Things:モノのインターネット。あらゆるものがインターネットに接続して連携するさま。

そんな時代の中、エンジニアは手に職を付けたい人が真っ先に浮かぶ職業でしょう。しかし、一口にエンジニアといっても具体的にどのような仕事なのかよく分からない人もいらっしゃると思います。

今回は未経験でもエンジニアとして採用されるために、エンジニアとはどのような仕事なのかと、エンジニアになるためには具体的にどのような方法をとればいいかを解説していきます。

エンジニアの仕事はどんなものがあるのか?

エンジニアは日本語では技術者と呼ばれ、今回紹介するエンジニアはIT技術に関連した職種になります。

システムエンジニア

一般的にITエンジニア=システムエンジニア(以下SE)と認識されています。業務内容の範囲を広く、一人で全て行うことはまずありません。以下の業務をいくつか兼務することが多いです。

1. 顧客の要望をヒアリング
2. 要望に応じた画面・システム設計
3. プログラミング
4. テスト
5. システム運用保守

まずはプログラミングとテストを経験することが多い

未経験者の場合、まずはプログラミングとテストを経験させた後に、設計や運用保守に回ることが多いです。特定の分野に特化するよりも、システム開発全体の知識を求められます。

プログラマー

SEでの担当箇所であるプログラミングとテストに特化した職種です。SEが設計した仕様書に基づいて、プログラミングします。実際に「システムを作る」部分に特化しているため、プログラミング技術が求められます。

複数のプログラム言語を使いこなせることも必要

システムを作るためのプログラム言語は一つではありません。Webシステムの場合、画面側とシステム側でプログラム言語が異なります。

プログラマーとして働く場合、一つだけのプログラム言語で仕事をするのは難しく、複数のプログラム言語を使いこなせることが求められます。

インフラエンジニア

システムを動かすためのデータベースやネットワークといった、インフラ部分に特化した職種です。「ネットワークエンジニア」「データベースエンジニア」「サーバーエンジニア」と更に特化した呼ばれ方をする場合もあります。

「同時に100人アクセスされても0.5秒以内に応答がある」といったネットワークトラフィックの調整や、「100万件のデータベースから1秒以内に検索結果を返す」といったチューニングを行います。

システムの運用や保守を担当することが多い

作り上げたシステムをリリースした後、そのシステムの運用や保守を担当することが多いです。そのため、プログラミング技術よりもサーバーや各ミドルウェアの仕様について熟知している必要があります。

Webエンジニア

会員制のサイトやショッピングサイトといった、ブラウザを使ってアクセスするシステムを開発することに特化した職種です。業務内容はSEと似ていますが、SEに比べるとWebエンジニアは画面デザインの提案やスマートフォン対応といった、エンドユーザーが見る部分に関わることが多いです。

開発期間が短いプロジェクトが多い

Webエンジニアの業務は、2週間~1ヶ月程度のサイクルで順次機能を実装するプロジェクトが多いです。例えば会員サイトの立ち上げの場合、事前に会員登録機能を開発して、リリース後に友人紹介といった機能を順次開発するイメージです。

未経験からWebエンジニアを目指す方は、「未経験からWebエンジニアになるための方法を解説」の記事を参考にしてください。

組み込みエンジニア

炊飯器や冷蔵庫といった家電や、航空機の機体制御システムといった電子回路に直接組み込んで動かすシステムを開発する業種です。プログラミング技術だけでなく、電子回路の仕組みや組み込むものに応じた業務知識が要求されます。

未経験者にはハードルが高いが需要は増えている

記事の冒頭でも述べた通り、今やIoTの時代となり家電同士を連携させるようなシステム開発が増えています。しかし、組み込みエンジニアは高齢化が顕著で、新世代を担う技術者を企業は探しています。

未経験者でも電子回路や電子工作が好きな人は、組み込みエンジニアは向いているでしょう。

組み込みエンジニアに興味がある方は、「未経験から組み込みエンジニアになるための方法を解説」の記事を参考にしてください。

以上がエンジニアの仕事になります。

一般的にエンジニアの仕事をしようと思った場合は、上記の職種に該当するでしょう。では、未経験でもエンジニアとして働きたいと思った場合、実際に採用されることはあるのでしょうか?

・これからフリーランスのエンジニアを目指したい方は、「未経験でもフリーランスのエンジニアになる方法を解説!」の記事を参考にしてください。

未経験でもエンジニアに採用されるのはなぜか?

結論から言いますと、未経験者でもエンジニアとして採用されます。インターネットの普及により、独学で勉強することのハードルが下がりました。

また、企業側も未経験者でも問題なく、エンジニアとして一人前に働けると考えるようになったことも大きいです。

どの業種も人手不足

どのエンジニア職にも言えるのですが、慢性的な人手不足のプロジェクトが多いです。特にSEは一人の複数のプロジェクトを担当することは珍しくなく、経験を積めば積むほど業務内容が増えていきます。

インフラエンジニアと組み込みエンジニアは特に人手不足

インフラエンジニアと組み込みエンジニアは、独学で学習するのが難しい業種です。その理由は、個人で高価なソフトウェアや機器を揃えるのが難しいためです。

そのため、未経験は敬遠しがちな業種になりますが、人手不足のため未経験者でも募集をしている企業はあります。エンジニアとして働きたい場合、狙い目の業種といえるでしょう。

他業種に比べて転職率が高い

一般的なサラリーマンと比べて、エンジニアの離職率は高いです。しかし、エンジニアを辞めるではなく、キャリアアップのために転職することが多いからです。そのため、企業は空いたポジションに未経験者を定着させたいのです。

自分の能力に合った転職をしやすい

エンジニアで転職することは珍しくありません。良い企業に巡り合えたらラッキーですが、何年働いても待遇が変わらないこともあります。

分かりやすいのは年収でしょう。3年ほど働いて年収に変化がない場合は、転職を視野に入れても構いません。

より待遇のよい会社に転職することは、エンジニアではよくある話なので、気兼ねなく活動できるのも魅力ですね。

未経験者でも第一線で働けると企業が理解したため

1990年台はエンジニアというと、電気や情報処理を専攻した人の「専門職」でした。2000年台から徐々に未経験者や文系出身のエンジニアが表れ、現在も第一線で働いている方も多いです。

そのため、企業は未経験者でもエンジニアとして働けることを理解し「人材」を重視するようになりました。求人にも「人材」や「コミュニケーション能力」といった単語を重視している企業が多く、企業がエンジニアに求めるものは変化していったのです。

以上が未経経験でもエンジニアとして採用される理由です。続いて、プログラミング未経験者がやるべき行動について解説していきます。

まず未経験者が行うべき行動とは?

スタート地点を決めて、ゴールを設定しましょう。具体的には以下のことを行いましょう。

働きたいフィールドを明確にする

漠然とエンジニアになる、というよりは「ショッピングサイトの開発」や「ドローンの機体制御」といった具体的な目標を決めましょう。

やりたいことというより、自分のイメージしやすいものにすることでエンジニアになるために戸惑うことも少なくなります。

選択したフィールドに必要な周辺知識を勉強する

自分で決めたフィールドについて必要な周辺知識を勉強しましょう。システム的な専門用語でなく、業界用語も含めて勉強することで、より自分のエンジニア像が明確になります。

就職サイトに登録する

周辺知識を勉強しつつ、就職サイトに登録をしましょう。ポイントは自己PRで未経験であることと、選択したフィールドについて明確に記載をすることです。また、入力可能な項目は可能なかぎり空白はなくしていきましょう。

・未経験でエンジニアの求人を探している方は、「未経験でもエンジニアの求人が見つけるサイト5選」の記事を参考にしてください。

以上が未経験者の行うべき行動になります。プログラミングの勉強よりも、まずは自分がどんなエンジニアになるか明確にすることでやらないといけないことが分かってきます。

次に面接を受ける前から採用までに必要なポイントを解説していきます。

面接を受ける前から入社までに必要なポイント

就職サイトに登録が完了したら、メールや電話で担当者(エージェント)から連絡がきます。

エージェントを活用する

エージェントは、あなたに合った企業をいくつか紹介してくれます。また、サイトで書けなかった要望や、企業について質問するチャンスです。

面接までの日程調整や企業へのヒアリングなども代行してくれるエージェントもいるので、しっかりと活用しましょう。

企業の志望動機を明確に返答できるように準備する

面接時には企業の志望動機を明確に答えられるようにしましょう。企業のホームページがある場合、企業理念や参画プロジェクトについて目を通すことも大切です。

小さな会社の場合、代表取締役が面接をしてくれる場合があります。そのため、代表取締役の名前も覚えておきましょう。

入社した後にどのようなポジションになりたいか答える

面接時に企業は必ずこの質問をしてきます。明確にフィールドが決まっているなら、悩むことはありません。はっきりと面接官に自分のなりたいポジションを伝えましょう。

入社前教育がある場合は、積極的に参加する

企業によっては、未経験者向けに入社前教育を行ってくれるところもあります。プログラミングや実務の面だけでなく、一緒に働く同期や同僚のことを考えると積極的に参加するようにしましょう。

懇親会も積極的に参加しよう

緊張をほぐすために、企業が懇親会を開いてくれる場合があります。実際にエンジニアとして働いていても人と話すことは多く、積極的にコミュニケーションをとることで自分も働きやすくなります。

以上が面接を受けるまでから採用までのポイントになります。
自分と企業、お互いが気持ちよく仕事をするために積極的にコミュニケーションはとっていきましょう。

・エンジニア就職を目指す為のおすすめ資格を知りたい方は、「ITエンジニア・プログラマー就職に有利な資格6選!」の記事を参考にしてください。

まとめ

今回は未経験でもエンジニアとして採用される方法について、エンジニアの職種と採用されるまでに必要な方法を解説させていただきました。

エンジニアは慢性的な人手不足です。そのため、やる気さえあれば未経験者でも企業は積極的に採用してくれます。

しかし、完全未経験のまま就職活動をするのではなく、ある程度の技術を身に着けてからのほうが、良い企業に出会える可能性が高くなります。

プログラミングスクールに通うなどして、知識をつけるのもおすすめします。

WebCamp・Webスクについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。Webスクは半年間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保証付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

8月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
7月受入枠は満員となっております。8月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

 エンジニア志望者への人気・おすすめ記事一覧

エンジニアの実態 職種別解説記事 就職・転職活動対策記事
エンジニアの1日の例を紹介 未経験からフリーランス・エンジニアになるには ITエンジニア就職に有利な資格6選
エンジニアへの適正・向いている人とは 未経験からWebエンジニアになるには 未経験からITエンジニアを目指す、まとめ記事
エンジニアのリアルな年収事例を紹介 未経験から組み込みエンジニアになるには 未経験必見のITエンジニア志望動機
エンジニアの働き方についての紹介 未経験からゲームエンジニアになるには 文系でもWebエンジニアになる方法を解説
関連キーワード
学習の関連記事
  • プログラミング効率を上げるエディタの選び方とオススメ
  • プログラミングコンテストの応募内容と対策方法を徹底解説
  • 【中学生・高校生向け】プログラミング初心者にオススメの言語と教室
  • 【初心者向け】プログラミングを勉強するサークル7選!
  • プログラミング習得時間はどのくらい必要なのか?
  • プログラミングは単なるブームではない。学ぶ意味を理解しよう

当サイトで人気のオススメ転職サービスTOP3

1位 マイナビエージェント×IT

おすすめポイント

・平日忙しい人も、土曜日開催の個別キャリア相談会に参加できる

・職種や仕事内容(要件定義、上流工程から携わる仕事など)の要望が細かくできる
・マイナビの規模を活かした豊富で幅広い求人数

マイナビエージェント×ITの登録はこちら

2位 レバテックキャリア

おすすめポイント

・求人登録数4,000件以上

・エンジニア未経験、経験者両方に対応

・有名企業の採用担当者インタビューがみれる

・一次面接NGからの内定実績もあるほど、内定率が高い

レバテックキャリアの登録はこちら

 3位 type転職エージェント

おすすめポイント

転職者の71%が年収アップ

・IT系企業、特にエンジニアに限らず営業職の求人も充実している

各職種専門の転職アドバイザーが援助

type転職エージェントの登録はこちら

おすすめの記事