難波校OPEN記念入学金無料キャンペーン実施中!
DMM WEBCAMPは難波校の開校を記念して、通常100,000円(税抜)無料で入校できるキャンペーンを実施しています。
関西で未経験からエンジニアになりたい方、プログラミング学習で人生を大きく変えたい方、ぜひご検討ください!

この記事を観て頂いている方の多くは、プログラマーまたはエンジニアに転職を考えている方が多いと思います。

未経験可のプログラマー求人も多くありますが、本当に採用されるのかどうか気になっていませんか?

今回は未経験可のプログラマー求人が採用される事があるのか?採用されるのに必要な条件等について解説していきます。

・未経験からプログラマーになるステップの全体像を確認したい方は【徹底解説】未経験からプログラマーになるためのすべてを伝授」の記事を参考にしてください。

そもそも未経験からプログラマーとして転職することはできるのか?

結論からお伝えすると、未経験でもプログラマーとして転職出来きます。プログラマーは常に人手不足の状態になっているからです。

しかし求人の多くは即戦力になる人材を求めている事が多く、未経験者が転職するには様々な前提条件があり、他の職種の未経験可の求人より採用率は高くありません。アルバイト等であれば、採用率があがりますが、完全な未経験者がいきなり案件に応募して、良い待遇での採用をされることはそんなに多くはありません。

少しでもプログラマーとして転職を行うには応募する前にいくつか準備が必要になります。

・未経験からプログラマーになるステップの全体像を確認したい方は【現役エンジニアが解説】未経験からプログラマーになる方法」の記事を参考にしてください。

未経験からプログラマー転職をする際に大事な要素

プログラマーとして転職する時に大事な事をご紹介していきます。

プログラマーとして働きたい意欲と準備

まずは、働きたい意欲があることが大事です。プログラマーは過酷な労働状況になる事が多いです。繁忙期になると1週間に3日徹夜を行う事もあります。まずは自分がそんな環境でもプログラマーとして働いていけるかを整理する事が大事です。独身の方は自身の心構えだけですが、家庭をお持ちの方は家族にも労働環境について理解が必要です。また面接の際にも、しっかり働きたい意欲を見せられる事が重要であり、前提条件の1つになります。

もちろん、そのような案件の職場ばかりではないですが、プログラマーは最新技術を自分で吸収することが必要なため、意欲があることはどの職場においても前提として大事です。

年齢

未経験者の方が転職するにはある程度、年齢に制限があります。もちろん求人情報に直接年齢を書いていない事もありますが、未経験者がプログラマーに転職できるのは最大でも30代前半までです。理由としてはプログラマーとして活躍するには多くの技術を学習し、経験を積む必要があ、魅力を感じる人でなければ、新卒や20代の方を採用しようとするからです。

プログラミング知識

プログラマーとしての経験は無くとも、プログラミングの基礎知識があるかは採用に非常に重要になります。同じ未経験でも土台となる知識が有る事で、採用率があがります。学生時代に授業を受けた事がある、プログラミングスクールに通っていた、独学で学習していた等少しでも経験がある場合は、面接等の際にしっかりアピールをする事が大事です。プログラミングにまったく触れた事がない方は、後程詳しく解説しますが、基礎知識を付けて応募する事が重要になります。

プログラミング以外の技術

プログラミング技術以外にも、Word、Excel等プログラミング言語の知識以外の技術も必要になっています。プログラミング言語の知識がなくても、ある程度パソコンで操作を行うものについては、応募や面接の際に評価される点の一つです。

コミュニケーション能力

プログラマーの仕事は一人で黙々とプログラミングをするだけでなく、チーム開発であったり、他部署との連携をする場面もたくさんあります。もちろん、他の仕事とくらべてそこまで重要ではないですが、未経験からの転職を目指す場合、このような部分でアピールできると良いです。

未経験から転職する方法

それでは実際にプログラマーとして転職する方法を具体的に解説していきます。未経験からプログラマーになるのは大きく分けて、未経験者向けの案件に応募する、学習してから案件に応募する、転職サポートのあるスクールに通うの3つです。

それぞれ個別に詳しく解説していきます。

・第二新卒からプログラマーを目指したい方は「【第二新卒向け】未経験でもプログラマーになるためのステップ」の記事を参考にしてください

未経験者向けの案件に応募する

未経験者向けの案件に応募する方法ですが、3つの転職方法の中で一番採用率が低い方法です。メリットとは事前に準備を行う必要がなく、採用されればすぐに実務経験を積むことができる点です。新卒の方や20代前半の方は正規雇用で未経験可の案件に応募する事も可能ですが、20代後半からであればプログラマーのアルバイトから応募して、実務経験を積んでから正規雇用になる事をおすすめします。30代前半の方はアルバイトから正規雇用に転職するのも年齢的に余裕はありません。30歳を過ぎている場合は、他の2つの転職方法をおすすめします。

学習してから案件に応募する

学習してから案件に応募する方法ですが、これにはいくつかのステップがあります。順序立てて説明をします。

言語・職種等、どんなプログラマーになりたいかを決める

プログラマーになると言っても、Webプログラマー、スマホアプリのプログラマー等細かく分けると様々な種類があります。
それに応じて学習するプログラミング言語に違いがでてきます。また応募したい案件が既に決まっている方は、募集しているプログラミング言語を確認してから学習する言語を決めます。

プログラミング言語の学習方法

プログラミング言語の学習方法には、書籍を購入して学習する、学習サイトを利用する、勉強会に参加する、プログラミングスクールに通うの4つに分かれます。

書籍を購入して学習する

入門書を購入して学習する方法になります。メリットは順序立てて学習をする事ができる事です。デメリットとしては書籍代が必要な点、独学の為学習に詰まってしまうと自身で解決しないといけないので、挫折してしまう可能性が高くなります。

学習サイトを利用する

学習サイトを利用して学習する方法になります。メリットは数多くある学習サイトの殆どが無料で利用できることです。また最近では動画講座も無料で視聴する事ができるので、通勤中等でも学習がしやすくなっています。デメリットとしては書籍での学習と同様、独学での学習になる為学習に詰まってしまうと自身で解決する必要がある為、挫折する可能性が高くなります。

勉強会に参加する

プログラミング言語には勉強会が各地で開催されています。勉強会は未経験者の方でも参加可能な物が多く、参加費用も無料~数千円程度で参加する事ができます。勉強会に参加するメリットは独学と違い、他の人に質問する事ができる為、学習をスムーズに進める事ができます。またプロのプログラマー等も参加している事も多く、様々な情報を教えてもらえる可能性があります。

プログラミングスクールに通う

プログラミングスクールに通うメリットは講師と顔をあわせて講義を受けるので、わからない所はすぐに質問が行える為、習得までの時間がかかりません。また自分の就職に最適なプログラミング言語の選択等についても相談に乗ってもらえる為、プログラミング未経験の方には非常におすすめです。

デメリットは4つの学習方法の中で一番金額がかかる事です。しかし短期間でプログラミング技術を習得ができ、挫折するリスクも低い為、プログラマーとして転職を早く行えれば、授業料のマイナスはそれ程デメリットにはなりません。

・プログラマー就職・転職に向けて資格取得を考えている方は、「【未経験者必見】プログラマーになるのに試験や資格は必要?」の記事を参考にしてください

技術をアピールするためにポートフォリオを作成しよう

せっかくプログラミング技術を学習しても、面接してくれる企業にアピールする事ができなければ習得した意味がありません。

Web関係であれば実際にサイト等を作成してアピールする方法等、自分が身につけたことを企業側に見てもらう必要があります。その時に必要なのはポートフォリオと呼ばれる自分の制作物です。これを制作することで、あなたの実績になります。

独学の学習では知識の一部であったり、ある程度の制作物を作成することは可能ですが、しっかり企業にアピールできるポートフォリオを作成するのはなかなか難しいです。

転職活動を開始しよう。

転職サイトや転職エージェントに登録し、募集している会社に応募しましょう。プログラミング未経験の方はいきなりここからスタートになりますが、自分のポートフォリオ作成までできていれば、実務経験がないだけで、プログラミング経験者といって問題ありません。

転職サポートのあるスクールに通う

プログラミングスクールに通うにあたって、事前に確認しておく必要があるのが転職サポートの有無です。全てのプログラミングスクールが転職サポートがある訳ではありません。

2020年のプログラミング教育の義務化の発表などのプログラミングブームにより、教養としてプログラミングを学習する方も増えていおり、カジュアルなスクールも増えています。

転職目的でプログラミングを学習する場合は、転職までサポートしてくれるスクールであるかどうかきちんと確認しましょう。

どんなプログラマーを目指すのか?が明確になる

転職サポートのあるスクールは、キャリアエージェントがいるため、どのようなプログラマーが求められているのかなど、現在の需要やこれからの将来性について相談したり、教えて貰う事ができます。

学習する最適のプログラミング言語を選択する事ができるので、せっかく勉強して習得した技術が無駄になる事がなくなります。

ポートフォリオ作成まで挫折しない

スクールではもちろん講師に教えてもらいながら学習するため、学習効率は非常に高いです。また、ポートフォリオの作成中、想定外のバグやエラーにより、途中で諦めてしまうことも多いですが、スクールでは元プログラマーや現役プログラマーの講師がいるため、その点も安心です。単純にエラーの解決方法を教えてくれるのではなく、自分で解決できるようにサポートしてくれるので、最終的には自分の力で解決できるようになります。

転職活動をサポートしてくれる

未経験者が転職する際の難所であるアピールする点ですが、転職サポートのあるプログラミングスクールでは、企業側にスクールの方から技術の証明を行ってもらえる為、採用されやすいです。

スクールのキャリアエージェントが、希望する条件の企業を紹介してくれます。また、面接対策などの選考対策も手厚いです。スクールにもよりますが、転職後もプログラミング技術について相談、支援してくれる所もあるので、安心して仕事を行う事ができます。

・転職エージェントにプログラマー転職をサポートして欲しい方は、「【未経験からプログラマー転職】おすすめのエージェント4選!」の記事を参考にしてください

おわりに

今回は未経験者がプログラマーに転職する方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

未経験者でも、しっかりプログラミングを学習することで転職を成功させる確率はあがります。

プログラミングは将来性の高い、手に職をつけることができるスキルです。少しでも転職を検討している方は、一度気軽にプログラミングを学習し、自分にあうか判断してみるのもおすすめです。ぜひ、学習してみてください。

DMM WEBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

難波校OPEN記念入学金無料キャンペーン実施中!
DMM WEBCAMP難波校の開校を記念して、新しく難波校へご入校された方を限定に
入学金 100,000円(税抜)無料 のキャンペーンを実施しています。

未経験からエンジニアになりたい方、プログラミング学習で人生を大きく変えたい方、
ぜひご検討ください!


▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

 プログラマー志望者への人気・おすすめ記事一覧

初心者必見記事 職種別解説記事 就職・転職活動対策記事
全体を理解したいプログラマー 未経験者向け 未経験から派遣プログラマーへ 未経験からのプログラマー資格
文系のプログラマー志望者向け 未経験からSEになるには 未経験からプログラマーを目指す本
第二新卒向けも未経験からプログラマー 未経験からWeb系プログラマーへ プログラマー未経験向けエージェント
未経験からのプログラマーは辛い? 未経験からフリーのプログラマーへ プログラマー未経験向け面接対策

おすすめの記事