• WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26
  • WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、テレビでも話題のIT企業に転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25

▼当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

金王冠Web Camp【業界最安値】1ヶ月集中してプログラミングスキルを身につけられるスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でWebサービス等作りたい方
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
銅王冠Tech Camp業界最大級!教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
びっくりマークWebCampPro転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアを3ヶ月で目指すプログラミングスクールです。
7月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
6月受入枠は満員となっております。7月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

みなさんは、Javaのプログラミングを学習したいと思っていませんか?

プログラミングが流行っているとはよく聞くから、まずは聞いたことのあるJavaを学習してみよう!そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな方に向けて、Javaプログラミングを学ぶステップをご紹介いたします。

Javaってどんな言語?

「なんとなく聞いたことがある」「プログラミングを始めたいと思って本屋に行ったら Javaの本がたくさんあった」などの理由で Javaからプログラミングを始めようと思われる方が多いと思います。

しかし、世の中には数多くのプログラミング言語がありますから、Javaが本当に初学者に向いているのか、Javaが何に使われているのか、どんな人が向いているのか、など、初心者の方にはわからないことがたくさんですよね。

そこで、まず初めにそもそも Javaとはどのようなプログラミング言語なのかを説明します。

注意!JavaとJavaScriptは別の言語です。

まず初めに注意点をお伝えすると、「Java」と「JavaScript」は別物です。本屋でプログラミング関連の書籍を見に行くと並べておいてあることも多いため、間違いやすいのですが、名前が似ているだけで全くの別物なので、注意してください。

Javaはどんなことに使われている?

Javaは世界で最も使われている汎用性の高い言語

Javaは世界でもっとも使われているプログラミング言語だと言われています。そのことから伺えるように Javaは非常に汎用性が高い言語です。インターネット上で閲覧されるような Webサーバーの構築もできますし、スマートフォンで操作されるAndroidアプリの作成も可能です。さらに、コンピューター上で動作するツールの作成や、データマイニングも行うことができますし、ハードウェアへの組み込みプログラムを記述することもできます。私たちの生活のありとあらゆるところで、使われている言語、それが Javaなのです。

Javaは書き方で厳格な記述が必要

このように、Javaは高い汎用性を持っている言語ですが、それでも向き不向きはあります。Javaは文法を厳格にすることによってヒューマンエラーが起こりにくくしているという性質があります。この「文法が厳格である」という点は、大規模開発では大変重宝される特徴となりますが、個人で作成する小さなゲームなど、小規模な開発ではあまり向いていません。また、厳格な文法を記述すること自体が初心者には難易度が高く感じられてしまうこともあるようです。

大規模開発で使用されているJava

このような特徴から、Javaは世界中のありとあらゆる大規模開発で使用されています。反対に、小規模な開発では選ばれる確率が少し低くなっています。日本では小規模な開発に適したフレームワークが存在するRubyという言語が流行しているので、小規模開発では特にそちらが選ばれることが多くなっています。

Javaは初心者には難しい?

Javaの「文法が厳格である」という特徴を初心者の方にも伝わりやすくなるようにもう少し噛み砕いて表現すると、文法が厳格であるということは、「書き方が縛られている」とも言えます。それはつまり、「柔軟な書き方ができない」ということです。柔軟な言語だったらコーダーの意図を汲み取ってくれるような書き方を Javaは汲み取ってはくれません。意図を正確に伝えないと、そもそも動作すらしてくれないのです。

しかし、これを一概に「難しい」と表現するのは適切とは言えません。複雑で巨大なプログラミングは、「厳格」なプログラミング言語を使った方がバグのない読みやすいコードを書きやすくなります。しかし、初心者の方が初めに作るような単純で小さなアプリケーションは「柔軟」なプログラミング言語を使った方が手っ取り早く、楽であり、簡単だと感じやすいでしょう。

例えると、「天文学のような途方も無い桁数の計算をするときはスーパーコンピューターなどの扱い方が複雑な機器を使った方が簡単だが、買い物の合計金額を計算するときは電卓の方が手間がかからない」という状況のようなものです。

Javaが書けると就職・転職に有利?

Javaは世界で最もよく使われている言語であり、大規模な開発に向いている言語です。この事実を就職や転職をすると言う視点で見てみると、「世界で最も需要のある言語であり、比較的大きな企業が運営するような大規模なサービスに向いている言語である」となります。

実際、世界中でJavaエンジニアの募集が耐えることはありませんし、数名のスタートアップの企業と言うよりは社員が数百人以上の比較的大規模な会社〜メガバンクなどの超大企業までの募集が多いようです。

Javaの学習方法

それでは、実際にJavaを学習する際のステップについて説明します。

Javaは他の言語と比べて特別珍しい文法はなく、先人たちが作り上げてきた言語レベルでオブジェクト指向(モノを作るための考え方ということ)でコーディングするための機能が豊富に詰まっているのに加え、最新のバージョンでは毎回モダンな記述方法が取り入れられるため古いと感じることはないでしょう。プログラミング経験者であれば入門書を一冊読みさえすれば業務で使えるようになります。

一方、プログラミング初心者の方の場合にはいくつかのステップを踏む必要があります。

ステップ1 学習方法の選択

学習を始めるには、まずは学習する方法を選ばなくてはなりません。意外なことに、ここでつまずいてしまう人も多いです。

独学でJavaの学習は少し難しい

プログラミングの学習方法として、依然としてメジャーなのは独学です。最近では費用をかけることを嫌ってインターネット上の情報のみで技術を身につける方もいます。しかし、これはあくまでもレアケースだと考えてください。インターネットだけでの学習で習得できる人は一握りです。入門書を購入してインターネットの情報と合わせて学習する場合は、インターネット上の情報のみよりは挫折する確率が少なくなる傾向があります。

プログラミング経験が全くない場合、Javaを独学で身につけるのは少し難しいかもしれません。日常生活では馴染みのない概念について、厳しく縛られ、常に考えながらコーディングすることを求められるからです。もちろん、ご自身に合っており、かつ優良な入門書があれば不可能ではありません。

Javaの学習はスクールがおすすめ

独学では続くかどうか不安、学習の仕方がわからない、ある程度コストがかかってでも確実に習得したい、という方にはプログラミングスクールへ通うことをおすすめします。独学とは違ってすぐそばに質問できる人々がいますし、学習方法も体系だっており、挫折しにくい構造になっています。プログラミング仲間も作りやすいでしょう。幸い、Javaは人気のある言語ですので、取り扱っているスクールを探すのに苦労はしないはずです。

ステップ2 学習開始

学習方法が決まったらあとは地道に学習を続けましょう。この時に、あまり深い専門知識まで得ようとはせず、あくまで基礎的な文法や考え方を抑えるにとどめておくのもポイントです。入門に時間をかけすぎると、実践に沿わない知識が多く身についてしまう可能性があるためです。

次なるステップへ

基礎知識がある程度身についたと感じたならば、あるいはスクールを卒業して一人前だと太鼓判を押されたならば、ついにプログラマーとして独り立ちする時です。本業とするにしろ、副業とするにしろ、Java案件に困ることはありません。。興味を持った案件に対しては積極的に自分をアピールし、プログラマーとしての仕事を成し遂げましょう。

JavaとRubyの学習のしやすさを比較

では、Javaはどのような人に向いている言語なのでしょうか。最近日本でよく使われている Rubyと比較しながら説明していきます。

歴史で比較する

Javaと Rubyでは Javaの方が古くからある言語です。よって、Javaは世界中で多くの人に年代を問わず親しまれている言語であり、Rubyは比較的最近日本を中心に流行っている言語であると言えます。とはいえ、Javaもバージョンアップのたびにモダンな記法を取り入れてますので、Javaに対して「古すぎて使えない」という言葉は当てはまりません。

現場では、古くからあるシステムでも、これから作るシステムでもJavaが採用されるケースは多くありますが、新しく、スモールサイズから始まるものでは Rubyで書かれることが多いでしょう。ベンチャー企業で活躍したい場合にはRuby、大規模開発を担いたい場合にはJavaを選択すると良いのです。

書き方で比較する

RubyもJavaもオブジェクト指向と呼ばれる考え方で記述されるのが一般的ですが、記法は大きく異なります。

同じ処理を記述するとしても、Rubyは型を宣言する必要がなかったり、かっこの大幅な省略が可能であるため必要となる文字数、行数は少なくなります。Rubyと比べるとJavaは必要となる文字数、行数が非常に多くなります。

また、Rubyでは状態の持ち方が非常に柔軟であり、標準メソッドの書き換えも可能なことから非常に柔軟なプログラミングが可能となります。反対に、Javaでは書き方が厳格に定まっているため、柔軟に記述するには工夫が必要です。しかし、オブジェクト指向で記述する時にはJavaのように厳格に記述方法を定められている方が書きやすいという人も多いです。

一つの処理をできるだけ短く書きたいという人には Rubyがオススメです。

処理速度で比べる

処理速度は、Javaの方が圧倒的に速いです。Rubyはインタプリタ言語と呼ばれるものであり、Javaはコンパイル言語と呼ばれます。スピードに関しては、決して埋められない差があります。多くのアクセスを処理する必要があったり、複雑で長い処理を行わなければいけない場合は Javaを選択した方が良いでしょう。

JavaとRubyは用途によって使い分けよう。

JavaとRubyはどちらが優れている、劣っているということはなく、向き不向きがあり、用途によって使い分けるべきだということをわかっていただけたでしょうか。Javaの学習を始める時には、ご自身が成し遂げたいことに向いていそうな言語としてJavaが適切かどうかを考えてから学習を始めることをおすすめします。

そもそもJavaは初心者に向いているのか?

どの言語でも問題ないですが、過去にプログラミング言語を習得したことがある場合には Javaの学習はそこまで苦にならないはずです。ITエンジニアとして Javaの経験があることは当然のように見られることもありますから、身につけておいて損はないはずです。

対して、初めてのプログラミング言語として、Javaは少しハードルが高い場合があります。独学で学習をする場合です。Javaは小さなプログラムを作成するときでもある程度行数を記述する必要がありますし、一箇所でも間違っているとそもそも動作しないということも特徴です(コンパイルという処理ができないため)。

対してRubyのようなスクリプト言語は、間違った箇所があっても動きます。これはスクリプト言語の欠点でもあるのですが、初心者のにとっては学習しやすいというメリットがあります。反対に、初心者であってもスクールに通うなどの手段をとることで体系だった指導を受けられる環境なら初めからJavaでも問題ありません。

まとめ

いかがでしたか?

Javaという言語の特徴をRubyと比較して解説してきました。

Javaは書き方が厳格で大規模開発に向いていて、Rubyは書き方が柔軟で少ないコードで動くため、初心者の学習に最適で小規模開発に向いています。

これを気にプログラミング学習を進めていこうと思っている方は、ぜひ自分にあった言語を選択して学習を進めていってくださいね!

WebCamp・Webスクについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。Webスクは半年間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保証付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

7月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
6月受入枠は満員となっております。7月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

関連キーワード
学習の関連記事
  • 【徹底比較】失敗しないプログラミングスクールの選び方と最新スクール20選
  • 【必見!】フリーランスエンジニアが困った時に役立つエージェントとは?
  • 【フリーランスの開業届を徹底解説】メリット・デメリットや提出方法
  • 【節税対策】フリーランスのための経費一覧
  • 【必見!】フリーランスプログラマーを目指すなら知っておくべきこと5選
  • 【1000万も夢じゃない?】フリーランスの年収アップ方法解説

当サイトで人気のオススメ転職サービスTOP3

1位 マイナビエージェント×IT

おすすめポイント

・平日忙しい人も、土曜日開催の個別キャリア相談会に参加できる

・職種や仕事内容(要件定義、上流工程から携わる仕事など)の要望が細かくできる
・マイナビの規模を活かした豊富で幅広い求人数

マイナビエージェント×ITの登録はこちら

2位 レバテックキャリア

おすすめポイント

・求人登録数4,000件以上

・エンジニア未経験、経験者両方に対応

・有名企業の採用担当者インタビューがみれる

・一次面接NGからの内定実績もあるほど、内定率が高い

レバテックキャリアの登録はこちら

 3位 type転職エージェント

おすすめポイント

転職者の71%が年収アップ

・IT系企業、特にエンジニアに限らず営業職の求人も充実している

各職種専門の転職アドバイザーが援助

type転職エージェントの登録はこちら

おすすめの記事