未経験でも女性エンジニアとして転職する方法を解説 | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【11月枠も残りわずか】転職保証コース

未経験でも女性エンジニアとして転職する方法を解説

女性の方で、手に職がつく将来性の高いスキルを身につけ、エンジニアとして転職したい方も多いのではないでしょうか。

プログラミング未経験でエンジニアに転職したい場合、必要なスキルや条件などはあるのでしょうか。また、性別は関係あるのでしょうか。

今回はエンジニアの職務経験がなくても、女性がエンジニアとして転職できる場合の条件などをご紹介していきたいと思います。

女性がエンジニアに向いてる理由

エンジニアはライフスタイルの変化に強い働き方

女性は結婚・出産・子育てにより、ひとつの仕事を続けていくのは簡単なことではありません。また、仮に無事に職場復帰しても、会社だけでなく家庭のことが常に頭にあるので、大変ですよね。

その点、エンジニアという職業は、働き方が女性にあっています。まず、プログラミングという業務は、パソコン1台あればどこでも仕事ができるため、在宅ワークが可能になります。会社の方針さえ整っていれば、毎日出社する必要はなく、打ち合わせの際にだけ出社するであったり、決まった日数だけ出社する、という働き方も可能です。

会社に属さなくても仕事ができる

クラウドソーシングという言葉を聞いたことはありますか?ランサーズやクラウドワークスといったサイトでは、会社に属することなく、案件ごとに応募して仕事をしている方がたくさんいらっしゃいます。副業という形で、仕事をしなが土日に働く方や、主婦の方が家事の合間に仕事をしています。中には、クラウドソーシング1本で仕事をしている人もいます。

手に職があれば、時給のアルバイトではなく、自ら仕事を獲得できる時代になっていきています。

プログラミング初心者が副業できるようになるには?

未経験からエンジニアとして転職することはできるのか?

プログラマーなどの技術職を未経験の状態からエンジニアとして採用されることはあるのでしょうか。現在IT業界は技術者の人手不足が深刻な状況です。なので求人自体は多く提供されていると言っていいでしょう。未経験のエンジニアの求人も比較的多くあり、プログラマーなどの技術職を未経験でも転職することは可能です。

ただし、未経験からの転職に成功するためには、相応の条件が必要となってきます。以降では、転職を成功させるために必要なスキルや条件などといった情報を詳しくご説明していきます。

・エンジニア就職を目指す為のおすすめ資格を知りたい方は、「ITエンジニア・プログラマー就職に有利な資格6選!」の記事を参考にしてください。

未経験からエンジニア転職をする際に大事な要素

未経験からエンジニアへの転職を成功させるには、どんな要素が必要となってくるのでしょうか。ここではエンジニア職未経験でも採用されるためにおさえておきたい重要なポイントをご説明していきます。

20代までであることが望ましい

いくらIT業界が人手不足に陥っているとはいえ、30代以上のまったくのエンジニア職未経験者を採用することはあまりありません。未経験でも転職に成功する可能性が高いのは、ポテンシャルを見込んでの採用が多い20代前半まで。相応のキャリアが要求される20代後半になると未経験での転職は少し難しくなってきます。さらに30代以降になると、未経験からのエンジニア採用は相当に難しく、何らかの業界知識に特化しているなど技術不足を補うためのキャリアが要求される傾向がより顕著になります。

プログラミングに適正があるかどうか

エンジニアになるためには何らかの言語を使ったプログラミングをある程度習得していることが望ましいです。プログラミングは個人によっても習得の早さ、応用力の高さなどが大きく異なり、いずれの言語を使うにしても優秀なプログラマーほど生産性が高いという傾向があります。

プログラマーを志望していても、実際に職場などでアプリケーションを開発してみると「何か思っていたのと違った」「自分はプログラミングが苦手だった」ということを感じる方も少なくありません。エンジニアへの転職に踏み切る前に、ある程度プログラミングの勉強をしてみて、転職しても続けていけるほど自分に適正があるかどうかを把握しておくといいでしょう。

常日頃から勉強をしている姿勢

IT業界を支える技術は日々移り変わっていきます。数年前にトレンドだった技術が、今の時点ではあまり使われていないといったこともしばしばあります。このように移り変わりの激しいIT業界では、システム開発に多く使われている言語や今後発展しそうな技術などのトレンドを常に把握し、最新の情報を学ぶよう心がけていることも大切です。

エンジニアとして日々技術の情報収集を怠らないという姿勢も、転職を成功さえるためには有効になるでしょう。また経験がないなりに、求められる技術の勉強はしているといったことをアピールするだけでも、転職の成功率を上げることができます。

性別はあまり関係ない

女性の方で性別を気にさる方もいらっしゃるかと思います。確かに、エンジニアというと男性のイメージが強いかもしれません。しかし、性別は関係ありません。現在は女性のエンジニアが昔に比べてたくさん増えています。とくにデザインもしてコーディングもすることの多いWebサイトを制作するフロントエンドのエンジニアは、女性ならではのセンスを活かしたデザインができるので、女性の方が増えています。また、サーバーサイド(裏側の仕組みをつくる)のエンジニアの方でも、昔に比べて女性が増えいています。

未経験から転職する方法

未経験からエンジニアに転職するには、年齢が相応に若いこと、プログラミングに適正があること、勉強し続ける努力や時間を費やせること。などがありますが、転職先を探す手段は転職サイトからエージェントの活用まで幅広い方法があります。ここではエンジニア未経験の方がエンジニアに転職するために役立つ転職先の探し方をいくつかご紹介していきます。

未経験者向けの案件に応募する

未経験からエンジニアの募集に応募するためには、「未経験OK」といった条件が提示されている求人に応募するといいでしょう。エンジニア未経験でも受け入れる下地があるということなので、例え働き始めたとしても、突然高いレベルの技術力を求められることはほぼありません。

エンジニア職が未経験の場合は、未経験の場合でも仕事をしていける環境があるかどうかを確認してから応募するようにすると、その後働き始めてからも仕事を通して大きな無理なく技術力をアップさせていくことが可能です。

転職サイトを活用する

未経験に限らず転職先を探すときに有効な手段として転職サイトを活用するというものがあります。転職サイトは複数の会社がさまざまなサービスを提供しており、中にはIT業界に特化したものも。自分の特性に合った転職サイトを探して、転職先を探すという方法もおすすめです。

マイナビ転職エンジニア求人サーチ

https://tenshoku.mynavi.jp/engineer/

エンジニアの求人情報に特化した転職サイトで、求人はITエンジニア向けのものしか掲載されていません。全国各地の求人を取り扱っているため、地方在住でIT関連の求人を探したい場合にも活用できます。未経験求人も多く扱っているので、どのような案件があるのか一度参考にしてみてはいかがでしょうか。

DODAエンジニアIT

https://doda.jp/engineer/

IT業界の求人情報を数多く掲載している大手転職サイトです。全国各地でさまざまなスキルのITエンジニアの求人を掲載しているほか、社内SEやコンサルタントなど職種ごとに個別相談会も頻繁に実施。またキャリア転職だけでなく未経験求人も数多く扱っています。

paiza

https://paiza.jp/

職歴や学歴にこだわらず技術力のみで勝負できるITエンジニア向けの求人を紹介している転職サイトです。スキルチェックを行うことができるコンテンツや、プログラムの学習コンテンツなども提供しており、技術力だけで転職を実現させたい方には向いている転職サイトでしょう。

@type

http://type.jp/s/e/

ITエンジニアや営業の求人が特に多く提供されている転職サイトです。関東近辺の求人数が多いサイトですが、地方の求人や中近東やヨーロッパなど海外の求人も紹介されています。未経験からの求人も数多く紹介されています。

poole

https://poole-job.jp/

エンジニアに限らずITやWeb業界で必要とされている人材を募集する求人が掲載されている転職サイトです。職種ではなく業種で探せるので、エンジニアでなくてもIT業界で働きたいという方にも活用できます。職場の雰囲気などがよくわかる情報が多いので、人間関係やオフィスの様子などを重視したい方には向いている転職サイトでしょう。

転職エージェントを活用する

転職活動はしたいけれど、まずはどういったことから始めればいいのかわからないといった方には転職エージェントがおすすめです。転職サイトは自分で応募先を探して、職務経歴書なども自分で書いて、ととにかく自分ひとりで進めていかなくてはいけない場面が多いですが、転職エージェントを活用することで応募先の絞込みから自分の売り込み方まで、さまざまなアドバイスを受けることが可能です。自分ひとりで転職活動は不安だという方は転職エージェントを活用してはどうでしょうか。

レバテックキャリア

https://career.levtech.jp/

エンジニアの求人に特化している転職エージェントです。エンジニアのキャリアについて理解しているエージェントが多いので、専門的な話が通じやすいという特徴があります。大手の転職サイトでは期待できにくい細かい希望も伝えやいので、希望通りの職場に転職しやすいでしょう。

マイナビエージェントxIT

https://mynavi-agent.jp/it/

マイナビエージェントのITに特化した転職エージェントです。エンジニアのキャリアについて理解しているエージェントが対応するので、希望をきちんと伝えることで希望条件に近い求人を紹介してもらえるでしょう。

type転職エージェント

https://shoukai.type.jp/

大手転職サイトtypeの転職エージェントです。IT関連と営業に特に強い転職サイトのエージェントなので、エンジニアの転職についても的確なアドバイスが期待できます。

Geekly

https://www.geekly.co.jp/

Geeklyはエンジニア、特にゲーム業界に特化したエンジニアの求人を多く扱っている転職エージェント。ゲーム業界でキャリアを積んでいきたいと考えている場合は、こちらのエージェントを活用してみるといいでしょう。

Workport

https://www.workport.co.jp/

WorkportはITエンジニアに特化した求人を扱っている転職エージェントです。特にゲーム関連の求人を多く扱っているので、Geeklyと同じくゲーム業界でキャリアを積んでいきたい方に向いています。希望する職種ごとに転職相談会も多く開催しているので、興味がある場合は参加してみても。

学習してから案件に応募する

まずはプログラミング言語を学習してから転職活動を始めてみるのもいいでしょう。プログラミングは実際にやってみないと感覚的にわからないことが多くあります。自分にプログラムを組む適正があるかどうかも含めて、将来どういった方向に進みたいかの指針を決定する指標にもなるので、プログラミング言語をある程度学習してから転職活動に挑むというのもおすすめの手段です。

ドットインストール

http://dotinstall.com/

3分間の短い動画で、プログラミングを学ぶことができるサイトです。多くの動画が無料で視聴できるので、とりあえずプログラミングとはどういうことをするのかといった基礎的な部分を学習するのに役立つサイトです。

codeprep

https://codeprep.jp/

codeprepはブラウザにプログラミングを打ち込みながら学習するスタイルの学習サイト。無料で受講できる講座も提供されているので、プログラミングを手を動かしながら学習してみたい方にはおすすめの学習サイトです。

progate

https://prog-8.com/

progeteはcodeprepと同じく、ブラウザにプログラムのコードを打ち込んで学習していくタイプの学習サイトです。無料で受講できる講座もあります。phpやjavascriptなどさまざまなプログラミング言語を学ぶことが可能です。

codecademy

https://www.codecademy.com/

codecademyは英語で提供されているプログラミング学習サイトです。無料で提供されていますが、学習するにあたっては英語で行う必要があります。多くの言語を学ぶことができるので、英語さえネックにならなければ大変活用できる学習サイトです。

転職サポートのあるスクールに通う

プログラミングを教えているスクールは数多くありますが、中には就職の支援活動にも力を入れているスクールがあります。学習も就職活動も一緒に行いたいといった場合、このようなスクールを活用するという手段も。費用はかかりますが、独学でプログラミングを学習するのが難しかったり、転職先を自分で絞るのが困難に感じたりした場合は、このようなスクールを活用してもいいでしょう。

KENスクール

http://www.kenschool.jp/jobsupport/

KENスクールは老舗のプログラミングスクールです。多くのプログラミング言語を学習できるほか、就職支援にも力を入れています。長年培ってきた企業とのつながりを活かし卒業生に対して紹介を行っており、就職率は83パーセントの実績を誇ります。

GEEK JOB

https://camp.geekjob.jp/

GEEK JOBではGEEK JOBから紹介された企業に対して就職活動を行うことを条件に、無料でプログラミングを学ぶことができます。ただし転職を条件としたコースは20代限定です。30代以降は学習コースで有料受講しなくてはいけませんが、転職に成功した場合は授業料がキャッシュバックされます。

無料の学校

http://www.heatwavenet.co.jp/free_academy/

無料の学校では受講終了後、無料の学校から紹介された企業に転職、就職活動を行うことを条件に無料でプログラミングの講義を受講することができます。年齢制限が18歳から38歳までと、他のスクールよりもやや幅広く設定されおり、30代以降の未経験者でも無料でチャレンジすることが可能です。

Webスク

http://websuku.jp/

弊社インフラトップが運営する転職保証付きのプログラミングスクールです。転職を目指すプログラミング未経験の方にご受講いただき、即戦力人材としての転職成功事例が増加中です!

・これからフリーランスのエンジニアを目指したい方は、「未経験でもフリーランスのエンジニアになる方法を解説!」の記事を参考にしてください。

まとめ

いかがでしたか?

エンジニア未経験からのエンジニアとして転職する方法についてご理解いただけましたか?

エンジニアに限らず、多くの場合で未経験からの転職は20代がひとつの目安になります。さらにポテンシャルを見込んでの採用は20代前半、25歳前後までがほとんど。それ以降になるとある程度のキャリアが求められ、30代以降では相当のキャリアがある場合を除いて未経験での転職活動は難しくなる傾向があります。

また転職活動を行う際は「未経験OK」といった条件の求人に対して、応募することで未経験でも採用される確率は上がります。転職先を探す方法も転職サイト、エージェント、スクールなどさまざまな方法があるので、自分にあった転職方法を活用するようにしてくださいね。

DMM WEBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

11月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きプログラミングスクール

で未経験からエンジニア目指そう

 

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%

 

 エンジニア志望者への人気・おすすめ記事一覧

エンジニアの実態 職種別解説記事 就職・転職活動対策記事
エンジニアの1日の例を紹介 未経験からフリーランス・エンジニアになるには ITエンジニア就職に有利な資格6選
エンジニアへの適正・向いている人とは 未経験からWebエンジニアになるには 未経験からITエンジニアを目指す、まとめ記事
エンジニアのリアルな年収事例を紹介 未経験から組み込みエンジニアになるには 未経験必見のITエンジニア志望動機
エンジニアの働き方についての紹介 未経験からゲームエンジニアになるには 文系でもWebエンジニアになる方法を解説