WebCamp・WebCampProを運営する株式会社インフラトップのオウンドメディア【スキルマ】。プログラマー・エンジニア・Webデザイナーを目指す初心者の方に向けた記事や、就職・転職を考えている方向けの記事を発信しています。

【初心者向け】Python学習でおすすめの本16選!

プログラミング教室・人気ランキング

順位 スクール名 こんな方におすすめ 公式サイト
   TechAcademy ★雪でも大丈夫★自宅でプログラミング・デザイン・アプリ開発を学びたい方  公式サイト
  Web Camp 【業界最安値】1ヶ月通い放題/Webサービスなど作りたい方 公式サイト
Tech Camp Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方! 公式サイト
▼本記事について
本記事は、『たった1ヶ月で未来を変えられる』初心者向けプログラミングスクール「WebCamp(ウェブキャンプ)や、未経験者でも3ヶ月の学習でエンジニアに転職・就職ができる「WebCampPro(ウェブキャンププロ)」を運営してる株式会社インフラトップが提供しています。

みなさんは、Pythonの学習を進めようと思っていませんか?

Pythonは単純な文法、少ない予約語など、プログラミング初心者が最初に学習するプログラミング言語として最適なプログラミング言語と言われています。

実際アメリカなどの欧米諸国では学生が最初に学ぶプログラミング言語として多くの学習機関に採用されている言語です。またPythonは演算処理能力が優れているため、近年ますます活用が盛んになっている人工知能の開発にも使用されています。

今回は今後ますます需要が高まっていくであろうPythonを学ぶことができる学習本を入門編から応用編まで幅広くご紹介していきたいと思います。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

プログラミング初心者におすすめの学習本

Pythonは最初に学ぶプログラミング言語として最適な言語です。ここでは「プログラミングって何?」といった、まったくのプログラミング初心者の方でも学習を進めていくことができる学習本をご紹介していきます。全ての学習本を網羅する必要はありませんが、まずは自分と相性の良さそうな一冊を選んで学習を進めていくといいでしょう。

Pythonスタートブック

プログラミングの初心者でも一通り読み通せるほど丁寧に解説がしてある本です。Python以外のプログラミング言語を使ったことがないという方でも理解しやすいので、本当のプログラミング入門書としても活用できます。

イラストや図解、豊富なサンプルなど、初心者がプログラミングを学習していく上で大切な要素が多く含まれているので、途中で挫折することなく最後まで読み通すことができる一冊です。

いちばんやさしい Python入門教室

プログラミング初心者でも読みやすいように基礎的なことから解説されている一冊。図解やイラストも豊富で、文章ばかりだと疲れてしまうという方にもおすすめです。またPythonでプログラミング学習をスタートさせてみたい方にも向いています。
変数や文法といった基礎の基礎からモジュールの使い方まで解説されているので、この一冊を読めばプログラミングの基礎的な部分は一通り理解できるでしょう。

独習Python入門――1日でプログラミングに強くなる!

プログラミングの初心者でもわかりやすくかかれている入門書です。まったくプログラミングを触ったことがなくてもPythonを学ぶことができます。文法の基礎から入り、最終的には簡単なwebアプリケーションを作れるようになる一冊です。

1日で学習を完了できるかどうかはその人次第ですが、オブジェクト指向の概念やテストの方法などプログラムを作る上で欠かせない知識や技術を学ぶことができます。

~短期集中講座~ 土日でわかるPythonプログラミング教室

Pythonを短期集中で学習したい方にはぴったりの学習本。Pythonの基礎的な内容の解説は少ないですが、Pythonを使ってできるAIの作り方を実践的にかつ簡潔に学ぶことができます。とりあえずAIの概念をさっと理解するのに役立つ一冊です。

理論より実装を重視しているので、まずは手を動かしながらPythonではどんなことが可能なのかを把握していきたい方に向いている入門書です。

Pythonで始めるプログラミング入門

Pythonというプログラミング言語について、手短に学ぶことができます。多言語を学習したことがあり、Pythonという言語の基礎的な部分を手早く学びたいという方にピッタリです。Pythonを理解してから機械学習などに進むためのとっかかりとしても活用できます。

それほど大きくないサイズの本で電車の中など移動中にも読むことができるので、とりあえず一通りの知識を得たいときにも活用できる本です。エンジニアのみならず、機械学習に関する知識が必要な営業マンなどにもおすすめできます。

Python初心者を脱したら読む学習本

Pythonの文法など基礎的な部分の学習が終わったら、今度はPythonでできる高度な処理を学んでいきましょう。Pythonを使って機械学習やその先のディープラーニングなどができる機能を開発していくには、さまざまな知識が必要です。ここでは高度な内容の専門書を読むための前段階のレベルの学習本をいくつかご紹介していきます。

入門 Python 3

プログラミングについての知識はある程度持っている方が、Pythonを学ぶのに最適な一冊です。Pythonでできることが幅広く網羅されており、実際のサンプルコードを動かしながら学習することができます。Pythonの概要を網羅的に学ぶのに適している学習本です。

やさしく学ぶ 機械学習を理解するための数学のきほん

Pythonの得意な機械学習を行うには、どうしても数学を避けては通れません。この本は機械学習やディープラーニングなどを学ぶための基礎的な数学の知識をわかりやすく学習している一冊です。文系出身者や社会人になって初めて機械学習に触れるような方に向いており、機械学習の理解に必要な数学をやさしく学ぶことができます。

機械学習関係の書籍を手に取ったけれど、数式がズラズラと並んでいてめまいがしそうといった方はまずはこの本で数式の理解をすることから始めてみてはどうでしょうか。

フリーライブラリで学ぶ機械学習入門

Pythonには機械学習を実装するためのフリーライブラリが提供されています。この本はそのフリーライブラリを活用しながら、機械学習の勉強を進めていくタイプの学習本。文系出身やAI関連の技術職以外の方など理系の知識が薄い方にもわかりやすく解説されているので、機械学習についておおまかな概要を理解したいという方にはおすすめです。

また理論ではなく実装から学ぶことができるので、とりあえず難しい理屈よりも何ができるのかを把握したいという方にも向いています。

ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装

ディープラーニングをライブラリなどを使わず、Pythonのみで実装していくという手法の学習本です。自らディープラーニングのプログラムをゼロから作成することで、ディープラーニングの理論を理解していくことができます。これからAIや機械学習といった分野の理解をより深めていきたいときに読む入門書としては最適です。

ライブラリを使うことはできるけれど、中身がブラックボックス状態でどんな理論で動いているのか把握できていないという方にもおすすめ。ライブラリをただ使うだけでなく、どんな仕組みで動いているのかも理解できるようになります。

Pythonではじめる機械学習 ―scikit-learnで学ぶ特徴量エンジニアリングと機械学習の基礎

こちらは理論よりも実装を学ぶことに重点を置いた学習本です。ライブラリを使ってどのようなデータをアウトプットすることができるようになるかを実践的に解説しています。機械学習とはどのようなことができるのか、を大枠で学ぶことができる一冊です。

理論はさておきとりあえずライブラリの使い方を覚えたい、まずは手を動かして機械学習というものを感覚的に掴んでみたいといった方に向いています。

ニューラルネットワーク自作入門

機械学習を用いたニューラルネットワークについて難しい数式を用いず、理系ではない方にも理解しやすく書かれている本です。ニューラルネットワークを学習したいけど高度な数学はわからないという方でも概要が理解できるので、ニューラルネットワークの入門として読み進めるには向いています。

ニューラルネットワークは人工知能の学習には欠かせない概念です。この仕組みを理解するのはさまざまな知識を必要としますが、この本はその理解のとっかかりとして活用できる本です。

グーグルに学ぶディープラーニング

なんとなくごちゃごちゃしている、人工知能、機械学習、ディープラーニングの違いを明確に解説している一冊です。グーグルが現在力を入れているAI技術について、どのようなことが可能となったのか、これからはどのような動向になっていくのかといったことが書かれている本なので、人工知能などの技術の今後の展望が気になる方にもおすすめです。

Pythonで体験するベイズ推論 PyMCによるMCMC入門

機械学習を学習していく上で欠かせないヘイズ理論についてわかりやすく解説している一冊です。難しい数式を使っていないので、理系の知識が薄い方でも読み通すことができます。また機械学習に関するモジュールの使い方が解説されているので、実際にモジュールを使ってどのような機械学習ができるのかも把握することができる、機械学習の初心者向けの学習本です。

詳解 ディープラーニング ~TensorFlow・Kerasによる時系列データ処理~

ディープラーニングやニューラルネットワークの学習をわかりやすく解説している一冊です。高度な知識がなくても理解しやすいように、解説も丁寧にしてあります。Pythonのライブラリを使いながらプログラムを実装して理解を進めていくので、どのようなことができるのかを手を動かしながら理解していくことができます。ディープラーニングの入門書としておすすめの一冊です。

Pythonクローリング&スクレイピング -データ収集・解析のための実践開発ガイド-

Pythonでできるクローリングやスクレイピングを使ってデータの収集を効率的に行う手法が解説されています。内容も基礎的なことから応用的なことまで幅広く扱っているので実用的です。クローリングやスクレイピングについての知識が体系的にまとめられているので、データ収集の手法を詳しく知りたい場合はまずはこの本を一冊読むといいでしょう。

Python機械学習プログラミング

Pythonによる機械学習を本格的に理解していくのに有用な一冊です。機械学習に必要な数学の理解やPythonについての知識は前提知識として必要ですが、それらの知識を習得している方なら難なく読み進めることができます。ライブラリを用いた解析の手法なども解説されており、理論と実践両方をバランスよく学習していきたい方にはおすすめの学習本。中級者の域を脱したい方にもおすすめの本です。

まとめ

いかがでしたか?Pythonを学習していくのに良さそうな学習本は見つかりましたか?

Pythonは文法が単純で理解しやすく、プログラミング初心者が最初に学習するのにも向いている言語です。動作可能なプラットフォームも幅広く、できないことがないほど多様なことができます。特に昨今勢いのあるAIの分野で多く活用されている言語でもあり、今後ますます需要が高まっていくことが予想されています。

プログラミング言語を学習する方法は、本を活用する以外にもさまざまな方法がありますが、やはり体系的に知識がまとめられていて好きな時間に学習できるという点において、書籍での学習は有効です。

またPython関連の学習本はさまざまな本が出版されており、その傾向もさまざまです。まずは書店などで自分に合いそうな本を選ぶことから始めてみてください。相性の良い本に出合えれば、学習を効率的に進めていくことができます。

初心者のみならずベテランの層にも学ぶ価値があるPython。あなたも一度興味のある分野を学習してみてはいかがでしょうか。

WebCamp・Webスクについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。Webスクは半年間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保証付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログライミングを学びたい方はこちら!

▼IT未経験からエンジニアに就職・転職したい方はこちら!