• WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、エンジニアとしてチームラボグループに転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28

◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
12月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月生は満員となっております。12月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

今の世の中はインターネットが無ければ成り立ちません。そのインターネットで情報の提供を行うことを中心に動いているのはWebサーバーです。いわばインターネットの立役者です。

そんなWebを作るためのプログラマーになりたいと思う人は結構いるのではないでしょうか。

今は、様々な分野で人材不足となってきている情報産業界です。特にインターネット分野やIoT分野、セキュリティ分野などでは専門的な技術や知識を持った人が必要とされています。

勉強や実戦経験は必要ですが、チャンスは誰にでもあります。そのチャンスのつかみ方さえうまくいけば未経験でもWebプログラマーになることができます。

今回は未経験からプログラマーになるために必要なことを解説していきます。

・未経験からプログラマーになるステップの全体像を確認したい方は【徹底解説】未経験からプログラマーになるためのすべてを伝授」の記事を参考にしてください。

未経験でもプログラマーとして採用されるために

未経験でも応募することができる

求人には、未経験でも受け入れてくれるところはたくさんあります。そういったところでは、会社としても入社してから誰かについて覚えることで戦力になると考えていることが多いので、最初からプログラムを作らせてもらえるわけではありません。

言い換えれば、まったくプログラムのことは知らなくてもいいですよと言ってくれているわけです。しかし、求人に対して応募する人は全員が未経験であるはずはありません。

経験者も当然応募している

未経験しかだめだと求人票に書いていない限りは、当たり前のように経験のある人も応募してくるのです。だからと言って、未経験者にとってまったく不利な状況なのかというとそうでもありません。というのは、経験があっても会社が見ているのはその部分だけではないからです。

人材として、今後企業が伸びていくうえで役に立ってくれる人材かということもあり、人柄やシステム開発以外に持っている様々な知識や能力を見ているのです。

・未経験からプログラマーになるステップの全体像を確認したい方は【現役エンジニアが解説】未経験からプログラマーになる方法」の記事を参考にしてください。

未経験でプログラマーを目指すにはまず面接を受ける。

未経験の自分を会社に売り込むチャンスは面接です。書類審査だけで未経験者を落とす企業も良くあります。もちろん、応募書類の書き方が上手でなかったり、自分自身の熱意が書類で伝わらなかったりといった原因も考えられますが、そういう企業は人を見る能力が十分になかったり、最初から未経験者を採用するよりも経験者がいるのなら、その中から人材を吊り上げれば良いといった考え方をしている人が経営者や担当者であったりすることが多いものです。実力がなければ行動力で埋めるしかないです。

まず、応募書類が一番ですが、ハローワークなどでも自分がWebの開発という仕事をしたいということの熱意を伝え、とにかく面接に持ち込むことです。

未経験プログラマーが求められる理由

完全に未経験を求めている会社もある

システム開発会社の中には、今までにプログラマーを経験してきた人より未経験者を重視する企業があります。余計な知識がないまっさらな状態のほうが変な癖がなくて教えやすいというのが理由です。
この場合は、独学で勉強などしていないほうが有利な場合があります。独学で勉強した人でも、自分の学んだ知識は予備知識程度のものだという意識で取り組んでいくことができます。

独学で知識を持っていると会社としては扱いにくいと感じることもあり、現場でも使用違いのものを作って事故になるようなケースも起こってくることがあるためです。

自分の会社の教育をしやすい

最初からSEを採用するのではなく、プログラマーを未経験で取ることの意味は、余計な知識や経験を全く持たない自社の文化や考え方を伝えて実践させることができるという長所があるからだといえます。
あとは、求人応募でそういう求人と出会うことができるかと求人活動で全力でぶつかっていくことができるかがポイントです。

勉強をしておくのがベター

ただ、これはあくまで一部のケースで、実際には自分で学習を進める姿勢のある人を評価する会社のほうがおおいので、学習をしておいて損はありません。
変に凝り固まった独学の知識は場合によっては足かせとなりますが、基本的には事前知識があるほうが業務もスムーズに進みます。正しく学習しましょう。

Web開発と未経験プログラマー

毎日のように新しいWebの開発案件が発生し、一般向けのものから業務用のものなどのWebサービスが作られています。
たくさんのシステムを目の当たりにして、システム開発やプログラムなどに興味を持つ人もかなり増えて来ています。

しかも、こういった作業に対応できる人材は不足する一方になっています。

未経験でプログラマーになりたいと考えている人の多くが、従来から開発されている業務システムやハードウェア制御のプログラマーより、Webプログラマーを意識することが多いのかもしれません。

Webプログラマーの仕事

では、そのWebでのプログラミングとはどのような仕事なのでしょうか。
Webシステムは、インターネット上の端末に積まれているブラウザなどを、システムを利用する人の主な入出力としたシステムです。

Webブラウザは最近のほとんどのシステムに準備されているため、そのうえで動くプログラムを作成するということは、不特定多数の端末が利用できるシステムということもできるのです。

例えば、ATMのシステムはもともと銀行内でしか利用できなかった金融取引を、通信回線を通じてコンビニなどにあるATM端末で利用できるようにした結果、多くの人がより多くの金融機関での取引を自由に行えるようになったのです。

この仕組みの裏側には通信回線の安定性や利用方法の進歩とセキュリティ技術の向上などが大きく寄与しています。
最近では銀行のほぼ全体でインターネットバンキングが利用できるようになりましたが、こういった仕組みのバックにはWebの技術が各所で使われているのです。

Webアプリケーション

このように、Webブラウザを端末に活用してサーバーと連携したシステムがWebアプリケーションと呼ばれていて、WebプログラマーやWebエンジニアはそのシステムを作成する仕事をする人たちなのだということができます。

Webで予約ができるシステムやショッピングができるサイトがそうです。航空会社や長距離バスをはじめとし、JRの予約システムなどをはじめ、Amazonや楽天などのショッピングサイトから銀行取引や株式取引まで大小様々なものが作られて運用されています。
Googleのスプレッドシートのようにビジネスでの利用が増えてきている仕組みや、ネットワークゲームもWebシステムの技術が使われています。

Webサーバーでのプログラミングが仕事の中心

現在のWebサービスの主役はブラウザといっても良いくらいです。
入出力がすべてブラウザを利用するというわけではないのですが、ほぼすべてがブラウザ上で動作するプログラムになります。

また、システムのバックグラウンドでは様々な手続き型のプログラムでディスクのI/Oやデータベースや通信の処理、計算処理などを行うための記述をします。
これらのプログラム群がHTTPやHTTPSというプロトコルを使った通信を使い、有名なものではApacheのようなWebサーバーを通じて通信しながら実行されます。

そのためWebサービスのプログラムの内の一つはブラウザ上で動作する仕組みの提供ということになってきます。そして、これらの画面から受け付けたデータの処理を行なうためのプログラムがサーバーサイドのプログラムとして提供されます。

SEであれば、こういった作業だけでなく、Webサーバーの設定やセキュリティ機能の設定、SEOに対する設計などの仕事もしなくてはならないことが多く、プログラム以外にも多くの知識や能力が必要とされます。

会社に特化したデバイスを使う場合はC#を使う場合もある

クライアント側のプログラムは、Webブラウザがほとんどですが、通信ができる別な専用アプリを使用する場合もあります。
使用される言語として、通常はHTMLやJavaScriptとCSSが利用されますが、専用のアプリを作成する場合はC#などの開発言語を使うこともあります。

ホームページなどとは違いデータの処理に重きが置かれていることです。
そのため、ホームページが作れることは当然ですが、ホームページを創ることができる程度の知識ではWebプログラマーになることはできないと思ったほうが良いでしょう。

プログラミングの知識と、サーバーの知識を知っておこう

インターネットを通じてHTTP通信で要求を行えば、Webサーバーは必要な処理を呼び出して処理を行います。

サーバーサイドでは、PHPやRuby、 JAVAなどといった言語使ってバックエンドのプログラムが作成され、クライアントサイドのフロントエンドプログラムと通信を行うことで全体のシステムが構築されます。

そのため、Webプログラマーにはデータベースの扱いやWebアプリケーションを構成するプログラミング言語やHTMLやページを構成する要素のコントロールなどをはじめ、通信の特性などをよく知っておく必要があります。

大量のアクセスや処理が発生した場合にどのようにすれば良いのかといったことも知っておかなければならなくなります。

負荷分散の知識や各種セキュリティ、Webサーバの設定等の知識は、人が教えてくれなくても必ず勉強するようにしておいたほうが良いでしょう。

未経験者はどうすればいいのか

Webプログラマーの求人が多い状況が続いています。未経験者を受け入れる求人もあります。未経験者がWebプログラマーになるためにその道が開かれているともいえます。
全く何も勉強していなければ本当にWebプログラマーになりたいという熱意も感じられないので、そのまえに少し学習をしておくのがよいでしょう。
知識を得ることで、面接のときにも共通の話ができることにもなり、受け入れてもらえるチャンスを創ることもできます。

全く何も知らないレベルでは、あまり面接でも熱意も伝わらないため、以下のような経験をしておけば、面接時プラスになるかと思います。

・プログラマーの面接対策をしたい方は、「【未経験者向け】プログラマーの採用面接で大切な9個のポイント!」の記事を参考にしてください

Linuxのインストールをしておく

Linuxのインストールをしてみると良いでしょう。Linuxはサーバーでよく使われるOSです。日経Linuxなどの雑誌でよく紹介されていますが、デストリビューションがいろいろありますので、どのような違いがあるのかを理解しておきましょう。
もちろん、Windowsのインストールも経験したことがあるに越したことはありません。WebサーバーではWindowsサーバーが使用されることもあります。もちろん、ふつうのWindowsとは違いますが、様々なOSに通じていると助かるkとも多くあります。

Apacheを使用しよう

Apache というWebサーバがあります。本格的なインストールや設定でなくても良いのですがインストールを経験しておいたほうが良いでしょう。

少なくとも自分のパソコンにWebサーバー上で開発できる環境を作る体験はしておきたいものです。データベースもインストール経験があったほうが良いですが、仕事の際に使うものはライセンス上自由に使えるものから、個人ではとてもじゃないけど手に入れることのできないようなデータベースを使っている場合もあります。

PHPやRubyを学習しよう

言語としては、PHPまたはRubyをWebサーバーの上で動くようにできれば良いでしょう。最低限どのような設定をしておくことが望ましいのかということも調べて知識として持っておくと良いでしょう。

もし、希望する仕事がWordpressであるならば、Webサーバーの設定とPHP動作環境の設定が終わった後にWordpressをインストールして、一通り動かしてみることの大切です。できれば一度はブログサイトを立ち上げて動作の確認をしておくのも悪くありません。

仮想環境という概念を理解しよう

最近ではこういった仕組みを作るときにVMwareなどの仮想環境上で構築することも多くあります。仮想環境とは何かということについての理解と、できれば使った経験があるとなお良いでしょう。

Linuxでアプリケーションをですデストリビューションに合わせてソースコードからコンパイルしてインストールをした経験まであると、業務として未経験でも育て買いがあるということで、まずは面接でもアドバンテージを取ることができるでしょう。

・プログラマー就職・転職に向けて資格取得を考えている方は、「【未経験者必見】プログラマーになるのに試験や資格は必要?」の記事を参考にしてください

未経験者がプログラマーとして活動できるチャンスがある時代になっている

自分で学習する環境が増えている

昔と違って、環境を整えたり実際に使ってみるにあたっては様々な書籍もあり、インターネット上にも様々な資料があります。学習サイトも豊富に揃っています。無料できるものも多いです。

また、これらのシステムを実際に試すためにはレンタルサーバーを借りて環境構築を行ったり、プログラムを作成したりするという方法もあります。安価な中古のパソコンを購入してサーバーとしてインストールして経験を積むこともできます。

実際にに自分が仕事をしている時のことをイメージしてしっかりと練習することが自分の力になります。こうすることで知識が広がるだけでなく、しっかりとサーバー管理とプログラム開発や運用の経験をしていることになるのです。

まずはHTMLから学習してみよう

独学で勉強し始めた場合、手始めにやってみると良いのはHTMLの学習です。最近はHTMLを学習するとCSSが必ずついてきます。まずは基礎知識を学習しながら、簡単なページを作って、理解のできる範囲のCSSを記述していろいろと確かめてみることをお勧めします。

HTMLのタグの使い方を学んだ後に、CSSの学習を簡単に行い、そのあとCSSとJavaScriptの連携を学び、あとからJavaScriptの学習をするときにアルゴリズムの勉強をすると良いでしょう。最低限、ループと条件判断の使い方やコードの書き方を覚えるようにしておきましょう。

PHPやRubyも学習しよう

PHPやRubyは初心者向けの言語で非常に学習がしやすいのですが、やはり初心者の方ですとどうしても学習している間に不明なことがたくさん出てきます。いくら調べてもキリがなくなってきて独学するには限界がやってきます。

その時に誰か師匠のような存在があればいろいろと助けてもらえるのですが、そういうときにはプログラミングスクールが役に立ちます。

プログラミングスクールで学習する

プログラミングスクールで学習すると、授業料がかかってしまいますが、その分レベルの高い学習をすすめることができます。転職するためにスキルを身につけるなら通ってみるのも手かもしれません。
選ぶポイントは、自分の現在の知識に対してハードルが高すぎないかや、これからの仕事に向いた講座であるか、最後までカリキュラムを受講して結果を得るという決意があるかといったことです。

学習すべきことはそのスクールで提供されたことに対する答えではなく、自分自身で問題解決できる能力と処理に関する基本知識です。また、自分で学習していく姿勢も大事になります。

・未経験でもプログラマーとして採用されるための心構えを知りたい「未経験からプログラマーとして採用されるためにするべき4つのこと」の記事を参考にしてください

まとめ

未経験からWebプログラマーとして活躍するために必要なことを紹介していきましたが、いかがでしたか?

Webプログラマとして活動するには、まずは自分で知識を学習して、実際にサイトを作成しましょう。そしてRubyやPHPを学習し、その後企業に応募して、実務経験を積んでいきましょう。

その積み重ねで、よりスキルレベルの高い開発を進めていくことができます。

他のプログラマーに比べてハードルが低く、かつ将来性の高い職種なので、この機会にぜひ学習してみてくださいね!

WebCamp・Webスクについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。Webスクは半年間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保証付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

12月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月受入枠は満員となっております。12月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

 プログラマー志望者への人気・おすすめ記事一覧

初心者必見記事 職種別解説記事 就職・転職活動対策記事
全体を理解したいプログラマー 未経験者向け 未経験から派遣プログラマーへ 未経験からのプログラマー資格
文系のプログラマー志望者向け 未経験からSEになるには 未経験からプログラマーを目指す本
第二新卒向けも未経験からプログラマー 未経験からWeb系プログラマーへ プログラマー未経験向けエージェント
未経験からのプログラマーは辛い? 未経験からフリーのプログラマーへ プログラマー未経験向け面接対策

関連キーワード
キャリアの関連記事
  • エンジニアへの転職希望者必見!採用率を高めるポートフォリオ
  • 【転職希望者必見】話題のエンジニアの種類を徹底解説
  • 2018年最新のエンジニア転職を成功させる方法
  • 未経験でもエンジニアになれる!国内最大級のインターネットサービスの商店街を持つ「みんなのマーケット」にインタビューしました!
  • プログラミングは才能がないとできない職業か?徹底検証
  • 【未経験からのエンジニア転職】おすすめのエージェント5選!
おすすめの記事