• WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26
  • WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、エンジニアとしてチームラボグループに転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20

◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

Web Camp【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でWebサービス等作りたい方
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WebCampPro転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアを3ヶ月で目指すプログラミングスクールです。
9月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
8月受入枠は満員となっております。9月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

「未経験だけど、プログラマーになりたい!」そんな風に思う方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、高卒未経験でもプログラマーになる方法を紹介していきます。

・未経験からプログラマーになるステップの全体像を確認したい方は【徹底解説】未経験からプログラマーになるためのすべてを伝授」の記事を参考にしてください。

プログラマーは供給不足

IT化によりプログラマーの需要が増加

情報産業界ではプログラマーがこれから先の時代で大量に不足するという話があります。それは、自分の周りを見てみるとよくわかります。
いろいろな電化製品のコントロールにもマイコンと呼ばれているコンピュータが内蔵されていて、それを動かすためにはプログラムが必要です。
プログラムが必要であるということはそれを作成する人が必要ということです。

最近では自動車自体がIT化されてきていて、これらの制御にもプログラムが必要だといったような話はありすぎるほどにたくさんあります。
一方、企業などではゲームの世界よりもはるかに昔からコンピュータ同士は通信で結ばれていて、様々な仕事をするためにたくさんのプログラムが必要とされてきました。

こういったプログラムは、高度なものになれば何千人という人数で作ることもあり、小さなプログラムではシステムエンジニアが一人ですべてを創るということもあります。

システムエンジニアとプログラマーは別

情報産業という世界で、皆さんが今から仕事に就くとすればプログラマーやシステム作成の補助といった仕事になります。
ゲームソフトを創ったりしたいのなら、あるいはいろいろなプログラムを世の中に送り出したいと思うのなら、まずシステムエンジニアを目指すべきですが、そのためにはまずプログラマーから始めることになります。

システムエンジニアはSEと呼ばれ、プログラマー程度の知識ではできる仕事ではありません。また、SEにも初級クラスでプログラマーが少し知識を持ってシステム作りのよちよち歩き程度しかできない人もいれば、女王級のSEは何千人ものスタッフを率いて日本や世界を動かすようなプログラムやシステムを創っている人もいます。

エンジニアも専門分野によってわかれている

この業界には、ネットワークの専門知識に優れた人やデータベースの専門知識に優れた人、システムの分析と改良を進めるための高度な知識を持った人や、セキュリティの専門知識を持った人がいますが、今の日本に必要なだけの人数には足りていません。

しかし、この世界は職人の世界でもあるので、30歳くらいまでの間にしっかりとした正しい知識と経験を付け、まじめにシステムに取り組むことをしていけば、必ず「未来の自分の姿」に出会うことができます。

ただし、目標と夢と希望をもって、素直に誠実にしっかりと勉強しながら一歩ずつ進んでいかなければ、この未来も実現することはできないでしょう。

・未経験からプログラマーになるステップの全体像を確認したい方は【現役エンジニアが解説】未経験からプログラマーになる方法」の記事を参考にしてください。

高卒でもチャンスは同じ

情報産業界は製造業であると効いたら皆さんはどう思うでしょう。現実的には何かの資格がなければ仕事ができないという世界ではないですが、資格を持っていればどの程度の知識を持っているかを測ることができる世界です。

しかし、それ以上のことは本人の感性や能力次第の世界です。

例えば、一本のプログラムがあります。プログラムはわずか200行程度の小さなものだったとします。あなたはそれをやっとの思いで書き上げました。
出来上がったプログラムを指定の場所に納品した後、しばらく空き時間ができました。この時あなたは何をしますか。

仕事できるエンジニアの特徴

優秀なエンジニアは職人意識がある

ソフトウェア開発やシステム関連の仕事をしている人の中でも、企業が欲しがるくらいの人材というものはあります。できる人の頭の中はいつも新しいこと、次のことを考えながらも、今やった仕事のチェックを忘れません。そういった人たちは時間が空いたからと言って、やっと仕事が終わったなという気分から、どこかに遊びに行きたいなとか携帯ゲームをやろうとか思うでしょうか。先に作ったプログラムがもう少し効率よく動くようにできないか、もっときれいにプログラムのソースコードをお書き直すことはできないかといったことを彼らは考え続けているのです。

より良いシステムをつくることに関心が強い

実際のところ優秀なエンジニアは職人と同じ意識を持っています。昨日よりも今日、今日よりも明日と、より良いシステムを創ることができることを意識して日々勉強の毎日です。

この職人の道を、そしてこの勉強だらけの道を誰でもが選ぶことができるのです。しかも、その勉強は苦しいことばかりでなく、自分が作ったものが形となる楽しい人生にすることも自分の手にゆだねられている世界なのです。

高卒でもチャンスは同じ

高卒でもチャンスは同じです。勉強したければ通信講座で大学卒業資格も取れます。でも、もし専門学校や職業訓練大学校、職業訓練短期大学校で勉強する気があるのなら、迷わず真剣に、できるだけ年齢を重ねないうちに勉強に行っておくと良いと思います。
大学でしっかりと大学生としての研究をするなら良いですが、大学院に行きたいと思うのなら職業訓練大学校のほうが、学ぶ目的が明確で良いかもしれませんね。

勉強したくなったら

インターネットを活用しよう

勉強したくなったら、今の時代はインターネットで検索すると様々な学習サイトや様々な情報サイトがあるので、知識を手に入れるのには困ることはありません。例えば、自分でスマートフォンのソフトウェアを創りたいと思ったとします。そのための勉強をするには、以前だと何千円もする本を何冊も買うか、月に何万円も払ってスクールに通うなどの方法がほとんどでした。

情報をうまく使えばお金がなくても学ぶことはできます。情報は自分で見つけることが大切です。

しかし、それらの情報の中には真実を伝えているものと間違ったことを伝えているものがあります。古い情報も混ざり合っていて、それを理解し、見抜くにはやはりかなりな力と忍耐が必要になります。

教えてくれる人を見つけよう

その時にあったほうが良いのが「師匠」です。つまり「先生」です。若者の中には先生アレルギーのある人がいるので、なかなか自分に何かを教えてくれる人に向かって、気恥ずかしくて「先生」と呼べない人がいます。そういう人は、外向きに話をするとき以外、本人に向かっては「師匠」でよいのです。ただし、ITエンジニアの必須要件である素直さは必要です。

正しくプログラムを学びたければパソコン教室や学校といったところで、プログラムを担当する先生に教えてもらうのが良いでしょう。支障は一人である必然性はどこにもありません。当然、人から教わったほうが早く習得することができます。

自分に最適な方法を見つけよう

勉強したくなったら、今の時代はいくらでも方法があります。まず自分で調べてみた後に、師匠や先生に教えてもらうのが大事でしょう。

プログラマーとしての仕事

プログラマーという仕事に就いたらどのような仕事をするのでしょう。

大きな会社では、最初からプログラミングを書かせてもらえることは少ないでしょう。プログラムの流れを書類に作成したり、設計書の聖書をしたりといったことかもしれません。
小さな会社では、早速にプログラミングをすることもあります。

まずは手順書通りに仕事をしていく

基本的には初心者なのですから、さしたる責任の発生しにくい仕事から始めることになります。
プログラムを書くときは、担当のSEから設計書が渡され、その設計書に書かれていることを実現するプログラムを作成することになります。作成したプログラムが正常に動くように確認を行いますが、この確認も手順や記録書類がありますので、こういった作成もするのが一般的です。
やがて、簡単なものであれば設計や設計書も書くようになります。

資格を持っているのが好ましい

できればこのころまでに、「ITパスポート」や「基本情報技術者」の資格を取っておくことが望ましいです。
先に資格は知識を測るものだと書きましたが、知識を持っている人がプログラムを作成するのと、そうでない人がプログラムを作成するのでは雲泥の差があります。

プログラマーの仕事は製造期限があり、時間厳守は普通です。そのためにきついなと思うこともあるかもしれません、
しかし、自分の作ったものが役に立つ、そのために頑張っているという誇りを持つことができ、職人並みに腕を発揮することができる仕事です。

・プログラマーの面接対策をしたい方は、「【未経験者向け】プログラマーの採用面接で大切な9個のポイント!」の記事を参考にしてください

会社の選び方

自分のプログラミング能力に自信のある人は、条件が合う限りできるだけ大きな会社を目指すと良いでしょう。

自分が作ってきたものを作品にしよう

自分が何ができるのかやどのような勉強をして何を学んできたのかをまとめたポートフォリオという資料を作成し、今後、どんな自分になりたいかという目標を明示するとともに、自分の作った作品を見てもらえるように工夫することが大切です。

自分の目指す将来を考えよう

プログラミングには自信がないが、情報産業という世界で生きていきたいという人は、何故そう思うのかや自分自身の目指す未来像をはっきりとさせておくとよいでしょう。

会社を選ぼう

ハローワークにいこう

会社を選ぶときは、ネットで選ぶこともできますが、できればハローワークに行き職場を見つけたほうが良いでしょう。
ハローワークでそういった仕事を探す時には、必ず会社の評判を確認するようにします。あまりに給料の多いところは、よほどの特別な技術を持っていない限り怪しいと思ってよいでしょう。

福利厚生を確認しよう

正規の社員数が1名とか2名といったところはできるだけ避けるべきです。もし、面接に行ったら相手の担当者が信頼のおけそうな人かを自分なりに確かめておくと良いでしょう。
お給料の支払いはいつか、残業はどのくらいあるのか、残業代は必ずでるのか、福利厚生はどうなっているか、休日はどうなっているかなどについては必ず確認しておきましょう。

いろんな大人に相談しよう

確認するべき内容は、ハローワークで確かめるようにすると間違いありません。そのため、ハローワークでも一生懸命相談にのってくれる人を選び、そうでない場合は少し時間待ちしても担当をけてもらうようにしましょう。
若い皆さんには、ブラック企業と屋ばれているところにはなるべく就職しないことをお勧めします。
ただ、会社を選ぶのは最後は自分自身です。

困ったら誰かに助けてもらったり、アドバイスをいただいたりはできますが、何をするにしても自己責任の範囲を出るものではありません。
社会人になったらひとりの人間として、たとえ見習の大人であっても自己責任というものが自分の背中に乗りかかってくるのです。

・まずはアルバイトで経験を積んでみたいという方は「【未経験でもできる】プログラマーのアルバイトが見つかるサイト5選」の記事を参考にしてください

能力の伸ばし方

社会人としての基礎能力を高めよう

自分の能力を伸ばしましょうといったときに、プログラムの能力だけでなく人としての能力や、社会人としての能力も含まれます。
プログラムの能力を伸ばしたいのなら、たくさんプログラムを作ることです。何も仕事のプログラムばかりする必要もありません。
趣味で何かをつくったり、ゲームをすることで、論理的な思考をさらに高度にしたりといったこともお含まれます。
人としての能力としてはコミュニケーション能力というものがあります。また、やがて自分に部下ができた時にはファシリテーション能力といったものが必要になってきます。

どのような能力が必要なのか考えよう

こういった能力を伸ばすように普段からそれが何ものなのかを知り、それを身に付けていくようにしておくとよいでしょう。
社会人としての能力として、お客様と交渉する時の交渉術や、仕事を取るための営業術、相手の状況を読み取って自分の行動に生かすための洞察力や様々な情報を集める情報力、それらをまとめて全体を見通し、未来への方向づけを行う戦略思考能力など様々な能力があります。
これらの能力を向上させる一番のポイントはなににでも 興味を持ち勉強好きであることです。

良いメンターをみつけよう

師匠を見つけるのは並大抵なことではありません。しかし、師匠見つけなければ自分の能力を伸ばすこともできず、また自分の能力を見出してもらうこともできず、正しい能力の使い方へと導いてもらうこともできません。

情報処理関連の師匠を見つけるには、情報産業界で働いている人や働いていた人、企業の中でコンピュータ関連の業務を担当していた人などを中心に探したり、プログラミング教室の先生やITの専門学校の先生などから自分が、この人ならば大丈夫と思う人を探すと良いでしょう。

目標を明確に持つ

プログラマーは情報産業界の入り口、いわば登竜門です。そこが始まりの場所といえます。その先には深い深い情報産業界が、そして自分自身の未来があるのです。

未来に向かうのに最終目標ではありません。次の停車駅、次の目標を決め、いつでもそこに灯台があるように、その目標に向かって進むことが大切です。

周りには誘惑が渦巻いていたり、右も左も前も後ろも真っ暗な時があるものです。そういった時でも目標がはっきりしていれば切り抜けることができます。
漠然とした目標ではなく、明確な目標だけが自分を次の未来へ導いてくれます。

背伸びして職人意識を持って学習しよう

プログラマーは決してSEではありません。SEと呼ばれている人たちの中にも、勉強することもなく、真剣にプログラムという仕事と向き合っていないで、プログラマー程度の能力しかない人もたくさんいます。

SEはプログラミングをすることができますが、プログラマーはSE作業ができません。しかし、いつまでたってもできないでいるというのもダメな話なので、少し背伸びして、いろいろな仕事を学び、チャンスがあれば手伝わせてもらうことを心がけると成長するのも早くなります。
人の取り組み方ひとつで、学歴に関係なく能力を伸ばし、力をつけることができるのです。

・SEへの就職・転職をお考えの方は、「未経験でもSEやプログラマーになれるの?」の記事を参考にしてください

まとめ

高卒の方がプログラマーになるための方法を解説していきました。人手不足のIT業界において、年齢が若く、自分で学習していく意欲がとても大事ですので、積極的にチャレンジしましょう!

若い皆さんには選択肢が多く、逃げ道も誘惑も多いので、せっかくプログラマーの道に進みたいと思っているなら、自分で進んでいってください!

WebCamp・WebCampProについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCampProは半年間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保証付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

8月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
7月受入枠は満員となっております。8月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

 プログラマー志望者への人気・おすすめ記事一覧

初心者必見記事 職種別解説記事 就職・転職活動対策記事
全体を理解したいプログラマー 未経験者向け 未経験から派遣プログラマーへ 未経験からのプログラマー資格
文系のプログラマー志望者向け 未経験からSEになるには 未経験からプログラマーを目指す本
第二新卒向けも未経験からプログラマー 未経験からWeb系プログラマーへ プログラマー未経験向けエージェント
未経験からのプログラマーは辛い? 未経験からフリーのプログラマーへ プログラマー未経験向け面接対策

関連キーワード
キャリアの関連記事
  • 未経験でもエンジニアになれる!国内最大級のインターネットサービスの商店街を持つ「みんなのマーケット」にインタビューしました!
  • プログラミングは才能がないとできない職業か?徹底検証
  • 【未経験からのエンジニア転職】おすすめのエージェント5選!
  • IT業界の向き・不向きを決める5個の基準を紹介
  • 全体を理解できる、IT業界の職種一覧紹介
  • 【IT業界】SEの仕事内容と就職・転職方法を紹介

当サイトで人気のオススメ転職サービスTOP3

1位 マイナビエージェント×IT

おすすめポイント

・平日忙しい人も、土曜日開催の個別キャリア相談会に参加できる

・職種や仕事内容(要件定義、上流工程から携わる仕事など)の要望が細かくできる
・マイナビの規模を活かした豊富で幅広い求人数

マイナビエージェント×ITの登録はこちら

2位 レバテックキャリア

おすすめポイント

・求人登録数4,000件以上

・エンジニア未経験、経験者両方に対応

・有名企業の採用担当者インタビューがみれる

・一次面接NGからの内定実績もあるほど、内定率が高い

レバテックキャリアの登録はこちら

 3位 type転職エージェント

おすすめポイント

転職者の71%が年収アップ

・IT系企業、特にエンジニアに限らず営業職の求人も充実している

各職種専門の転職アドバイザーが援助

type転職エージェントの登録はこちら

おすすめの記事