Startup Stock Photo

◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

DMM WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
TECH::CAMP教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
DMM WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月生は満員となっております。1月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

WebディレクターはIT業界の職種のひとつです。

主にWebサイトの企画やディレクションを行う、いわば映画でいえば監督のような役割をします。

今回はWebサイトの構築には欠かせないWebディレクターの仕事内容や年収、必要なスキルなどについてご紹介していきたいと思います。

Webディレクターの仕事内容は?

Webサイトの企画・立案

WebディレクターはWebサイトの企画や立案も手がけるケースが多くあります。

クライアントの要望を形にしたり、社内のWebサイトであればどのような機能やブラッシュアップが必要なのかを洗い出したりと、サイトに対するニーズをWebサイトに落とし込む役割を果たしています。

サイト構築の進捗管理や進行

WebディレクターはWebサイトを構築するにあたり、企画や立案も手がけますが、プロジェクトの進捗管理や進行役も担うケースがほとんどです。

プロジェクトの進み具合をチェックして、遅れているようなら原因究明を行い対策を立てたり、スタッフの調達が必要であればそれを行ったりと、プロジェクトが円滑に進むようにさまざまな労力を払います。

スタッフの確保や調整

スタッフの選定や採用もWebディレクターが主に行う業務のひとつです。

今度構築するWebサイトにはどのようなスキルを持った人材が必要なのか、そしてその人数は何人必要なのか、期間はどれぐらいを想定しているのかといったことを考えて、必要な人材をピックアップしていきます。

サイトの品質管理・保守・運営

できあがったWebサイトの品質を管理したり、保守や運営の指示を出すのもWebディレクターが担っています。Webサイトがどのような効果を上げているのかを確認しながら、次の行動を考えたりとWebサイトを維持、発展させていくのもWebディレクターの仕事のひとつです。

Webディレクターの収入は?

平均的な年収は500万円程度

Webディレクターといっても、フリーランス、会社員、派遣などさまざまな就業形態のWebディレクターがいます。

就業形態によっても得られる年収は変わってきますが、概ね450万円前後です。

20代でも能力と経験次第では400万円代の年収を獲得することができ、本人の能力次第では同年代よりも高収入を得ることができる職業でもあります。

収入は本人の能力にもよる

さまざまな職業にいえることでもありますが、Webディレクターでも得られる収入は本人の能力次第という面があります。本人の実績や経歴、持っているスキルが素晴らしければそれだけクライアントからの評価も高くなり、報酬に反映されます。

会社員では難しいでしょうが、飛びぬけたスキルや実績を持っていれば1000万円以上の報酬を得ているWebディレクターもいます。

Webディレクターに必要なスキルとは

スケジュール管理能力

Webディレクターはプロジェクト全体が円滑に進むように配慮しなくてはいけません。ですので、スケジュールを管理できる能力は必須です。スケジュールが滞っているようであれば、どこがボトルネック(一番大きな課題)となっているのかを調査して、適切な対策を立てていくことも求められます。

また中小企業に勤めているWebディレクターの場合、人材が豊富にいないという事情もあり一人のWebディレクターが複数のWebサイトのディレクションを行うということもよくあることです。

そのような複数のプロジェクトが平行に走っている状況でも、プロジェクトが円滑に進むように気を配っていく必要があるため、それなりに重い労働が必要となる職業でもあります。

スタッフの管理能力

Webディレクターはスタッフの採用も行います。その関係上、スタッフの人事的な問題やスキルの問題、キャリアの相談などあらゆる問題にも対処する必要があります。

現場の人間関係の調節や、労働時間が不平等にならないように、ひとりの人間に業務が集中しないように、など現場のさまざまなことに配慮してプロジェクトを進めていくのもWebディレクターの仕事です。

また仕事を進めていく上で仕事量が多く既存の人数ではプロジェクトが滞ってしまう場合、新規でスタッフを採用する仕事もWebディレクターが行います。

企画力や立案力

企画力や立案力もWebディレクターにとっては大事なスキルのひとつです。クライアントや消費者にどのようなニーズがあるのかを的確に把握し、それをクライアントの要望に沿うデザインや機能を持ったWebサイトに落とし込まなくてはいけません。

優れたWebサイトを企画できるかどうかはWebディレクターとして最も重要な能力です。

ここで実績を残すことができれば、今後Webディレクターとして高い報酬を得ていくことが可能になります。

プロジェクトのスケジュール管理能力

スケジュールが管理できなければ、せっかく素晴らしい企画をつくってもWebサイトが計画通りにリリースない可能性があります。

クライアントと契約した納期に間に合うように、プロジェクトの進行を管理していくことも大切な仕事です。

プロジェクトの進行が滞るような事態になったら、速やかに原因を究明し対策を立て実行しなくてはいけません。

プロジェクトを納期までにきっちり完了できるかどうかもWebディレクターとしての評価に関わってきます。

エンジニアと会話できるだけの知識

Webディレクターは外部のクライアントと交渉をする必要がありますが、内部のエンジニアやデザイナーとも話ができなくてはいけません。

彼らに対して適切な指示を出し、意図したWebサイトのデザインや機能を構築してもらうためには、彼らと技術的な話し合いをできる知識を持っている必要があります。

優秀なエンジニアとデザイナーと意思疎通できるスキルは、有能なWebディレクターになるために必須と言ってもいいほど大切なことです。

そのためには移り変わりの激しいWeb業界のトレンドを常に把握し、技術的な知識についても勉強を欠かさないという姿勢が大切になってきます。

Webディレクターになるには

Webディレクターになるためにはこうでなくてはいけない、といったキャリアパスはありません。

エンジニアやデザイナーと技術的な話ができるスキルはWebディレクターには重要です。

前職でデザイナーを経験していたり、プランナーを経験したりといった経歴があるとWebディレクターを仕事にしていく上で有利に働くでしょう。

Webサイトを構築するにあたってhtmlやcss、javaScriptといった言語を扱えるのが理想です。一度自分でサイトを作った経験があるのが最も好ましいです

高度な機能を持ったWebサイトはサーバサイドにシステムを構築していく必要もあります。そういった場合、システムはどのように構築されているのかといった知識も学習しておくと、エンジニアとプロジェクトについて話すときにスムーズに話ができるようになります。

Webディレクターになるのには資格も経歴も必要ありませんが、優良なWebサイトを作って実績を積み上げていくにはさまざまなスキルが必要です。少しでも必要だと思われるような知識は貪欲に吸収していく姿勢を欠かさないようにすることが、今後案件を多く獲得していくためには必要でしょう。

htmlなどの知識を学ぶ方法は

Webサイトをディレクションする以上、Webサイトについて最低限の技術的な知識は、Webサイトを構築していくエンジニアやデザイナーとコミュニケーションをとる上でも重要です。

まったく知らないといった場合は、以下のようなツールで学習しておくといざというときに役立つかもしれません。

無料の学習サイトで学ぶ

htmlやプログラミングを無料で学習できるサイトがいくつか存在します。多くは初級の部分のみ無料といった仕組みのサイトですが、なんとなくでも雰囲気が掴めるのでまずはこういったサイトでプログラミングやhtmlについて学習してみてはいかがでしょうか。

ドットインストール

https://dotinstall.com/

3分間の動画でプログラミングについて学ぶことができます。htmlやcssといった言語だけでなく、さまざまなプログラミング言語もサポートしているので、興味のある言語の動画を多く見るのもいいかもしれません。

無料で視聴できる動画の多くが初級編のものですが、プログラミングとはといった雰囲気的なことを掴むにはちょうどいいボリュームになっています。

progate

https://prog-8.com/

javaScriptなど、環境を自分のパソコンに構築しなくても、ブラウザにコードを打ち込んで実行するだけで、実行結果を確認できるようになっています。初級の講座は無料になっているので、プログラミングをとりあえず試しに書いてみたい方には向いている学習サイトです。

書籍で学ぶ

ある程度htmlやcss、javaScriptについて雰囲気的なことが学習できたら、今度は体系的に知識を吸収すると理解が深まります。

そこまでの理解はWebディレクターには必要ないかもしれませんが、興味が出てきたようであれば、次は書籍で体系的な知識を学んでいくことをおすすめします。

スラスラわかるHTML&CSSのきほん

htmlとcssについて、基礎的なことをやさしい文章やイラストとともに学習することができます。初心者にもスラスラ読めるように平易な言葉で解説してあるので、わからなくなって途中で挫折するといった心配が少ない本です。

HTML5&CSS3標準デザイン講座

何となくでもhtmlやcssが理解できたら、リファレンスのように使える本を一冊机の上に置いておくと便利です。「あれ、なんだったっけ」となったときにサッと取り出して調べることができるので、思い出すのに使う時間のロスを減らすことができます。

スクールで学ぶ

どうしてもプログラミングやhtmlといった言語になじめない、よくわからないといった場合は、マンツーマンで指導してくれるプログラミングスクールを利用するという方法もあります。どうしても知識を身につけたい方は一度スクールという方法も試してみてください。

TechAcademy

https://techacademy.jp/

techacademyはプログラミングをオンラインで学ぶことができるオンラインスクールです。現役のエンジニアがマンツーマンで指導をしてくれるので、わからないところでつまずいて挫折してしまうことを防ぐことができます。

CodeCamp

https://codecamp.jp/

codecampも現役エンジニアがマンツーマンで指導してくれるオンラインのプログラミングスクールです。講義を受講できる時間が朝の7時から夜の23時までの間で選ぶことができるので、忙しい社会人にも受講可能です。

WebCamp

https://web-camp.io/

WebCampはプロ講師から直接指導を受けられるプログラミングスクールです。オンラインではなく、リアルでの指導が受けられるので、細かい疑問を解消できる点が魅力です。

まとめ

いかがでしたか?Webディレクターについてご理解いただくことはできましたか?

Webディレクターはまだ新しい職種なので、どのような仕事内容がWebディレクターの仕事であるとキッチリ決まっているわけではありません。必須なスキルや経歴も特になく、優秀なWebサイトを構築できればWebディレクターとして働いていくことは可能です。

企画力営業力スケジュール管理能力プロジェクト管理能力マーケティング力などWeb構築のためのさまざまな能力が必要とされます。Webディレクターになるのに特に必要な資格や経歴はありませんが、多くの能力が総合的に問われる職業であることは間違いありません。

また、Webサイトを構築するためには、エンジニアやデザイナーといった専門知識を持った人たちと一緒に作業をしていく必要があります。

彼らと専門的な話ができないと、Webサイトを構築する上で正しい意思疎通をするのが難しいです。プログラマやデザイナーとしての経験がなかったとしてもhtmlやcss、javaScriptやWebシステムを作るプログラミング言語の知識は持ちましょう。

もしもWebディレクターを目指す場合は、自分でWebサイトを作成してみましょう!

DMM WEWBCAMP/DMM WEBCAMP PROについて

DMM WEBCAMPは1ヶ月でプログラミング・WEBデザインを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。DMM WEBCAMP PROは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月受入枠は満員となっております。1月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!


▼ついに開講!オンラインでWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事