• WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、テレビでも話題のIT企業に転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26
  • WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04

プログラミング教室・人気ランキング

 

順位 スクール名 こんな方におすすめ
   Web Camp 【業界最安値】1ヶ月通い放題/Webサービス等作りたい方
転職保証コースはこちら
  TechAcademy オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
まもなく定員オーバー当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース5月受入枠も残りわずかとなりました。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

皆さんは「ノマドワーカー」という言葉を知っていますか?

耳にしたことはあるけど、詳しいことはわからないという方も多いかと思います。

ノマドワーカーというのは、仕事に対する生き方が多様化してきた今、注目が集まっている働き方です!

そんなノマドワーカーとは、具体的にどんなものなのでしょうか?

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

ノマドワーカーとは何?

特定の職場に属さない働き方

ノマドワーカーとは、ある一つの働き方を指す言葉です。

特定の職場を持たず、移動をしながら仕事をするスタイルを指す言葉で、世の中では2009年頃から言葉が使われるようになってきました。

日本よりも海外の方が先に認知が広まっており、デジタルノマドやハイパーノマドという呼称もされていたようです。

ワーカー(Worker)は働く人などの意味を持ちますが、ノマド(Nomad)は英語で遊牧民を指します。

遊牧民は牧畜を中心とした生活をしており、乾燥地帯や砂漠地帯、草原地帯などを緩やかに移動しながら生きている人々のことです。

ノマドワーカーはまるで遊牧民のように、自由な場所で仕事をし、オフィスやデスクに縛られないワーカースタイルの人を表現し、こう呼称するようになったと言われています。

パソコンさえあればどこでも仕事ができる

ノマドワーカーの必需品として、パソコンやスマートフォン、タブレット、インターネット回線のモバイル端末などが挙げられます。

必要なサイズや使い勝手から複数の機器を使いこなし、一つ故障してもバックアップとして別の機器を使うことができる、これらはノマドワーカーには必要なアイテムです。

また、複数の情報を一度に集める必要性から複数機器を同時に使用する、仕事をするのに選んだ場所や移動時の状況、行う作業によって機器を臨機応変に変えていく必要もあります。

場所や人間関係にもほとんど縛られず、自由に移動して仕事をするノマドワーカーは、高い自己管理能力を必要とするスタイルでもあるのです。

コワーキングスペースに集まって働く

コワーキングとは、ノマドワーカーの集まる場所として提供されているワークスペースを使い、仕事をするスタイルです。

自社に関わるコワーカーに企業側から共同スペースを提供していたり、ある企業がコワーキングに必要設備を整えて、コワーカーやノマドワーカーに有料で貸し出していたりと様々な形態が存在しています。

そのような特定の場所に似たような仕事をする人々が集まっているので、カフェなどと違い、コワーカーにもノマドワーカーにも便利であることが多いものの、まだそういったスペース自体が少ないようです。

フリーアドレスの場合、会社のオフィスから出ることはなく、デスクなどの個人スペースがないのでオフィス内の好きな場所で仕事をするスタイルとなります。

社内ノマドワーカー、とも言える形態かもしれません。

カフェなどに出向くことがなく、またデスクはなくてもオフィスはあり、基本的にそのオフィス内のみで仕事をするので、狭義にはノマドワーカーとは違うと言えるでしょう。

ノマドワーカーを目指すならどんな職業?

ノマドワーカーというスタイルで働きたいと思った場合、どのような職業なら適していると言えるのでしょうか。

可能性として高い職業をいくつか挙げていきます。

ブロガー及びライター

双方インターネットに繋げることができ、文章を作成できる環境さえあればどこでも作業することができるので、ノマドワーカーとしては働きやすいと言えます。

ブロガーは自らコンテンツを作り上げ、そこからアフィリエイトなどの広告手数料や、特定クライアントから依頼を受けて記事を書くことで収入を得ています。

ライターはクラウドソーシングサービスを利用することで、誰でも始めやすく人気の職業となっています。

しかしこれらは始めるのは簡単でも、安定した収入を得ようと思うと難しく、すぐにノマドワーカーとして独立することは難しいと言えます。

これらを目指す場合は副業として始め、ある程度安定した収入を見込めるようになってから独立し、ノマドワーカーになる方法が良いでしょう。

コンサルタント業

コンサルタントとして独立を果たし、積極的に活動するためにノマドワーカーとなる人がいます。

様々な分野で活躍するコンサルタントは、自分の専門分野において企業やイベントの講演会に出たり、多くの人を集めて指導を任せられたりすることもあり、十分ノマドワーカーとして活動することができる職と言えるでしょう。

ITエンジニア

十分なスキルがあれば、ノマドワーカーとしてもフリーランスとしても働くことが可能です。

クライアントとやり取りをするコミュニケーションツールと、仕事に必要となる開発環境を自身の端末に整えておくことで、カフェや自宅でエンジニアとして働くことができるのです。

またフリーランスにならずとも、企業がノマドワーカーのスタイルを認めているという場合もあり、職場によっては企業に属しながらノマドワーカーとして働けるでしょう。

イベント制作

企業の展示会やコンサート会場、細かいところでは地域のお祭りなどで活躍する仕事です。

日本のどこでもイベントが行われており、大小を問わずイベントの企画や提案、準備運営には重要があるので、今後もずっと安定した仕事ができるとされています。

設営の際にはイベント会場へ向かわなければなりませんが、企画や提案であれば自宅やカフェなどでも作業をすることができるので、ノマドワーカーとして働くことのできる職業と言えるでしょう。

デザイナー、イラストレーター

知識やスキルを磨き、独立やノマドワーカーを認める事務所などに勤めれば、自由な職場環境で働くことができます。

自分のポートフォリオをネットなどで公開し、それを通じて仕事を請け負うこともできますし、クラウドソーシングやSOHOなどで仕事を見つけることや、大型発注に応えることもできます。

動画製作者

ユーチューバー(YouTuber)が一時期話題になりましたが、今もその働き方はなくなっていません。

動画を通じて面白いコンテンツを作っていくために、アイディアや興味を上手く引く発想力、他人のコンテンツとの差別化を図るには、ひとつの場所だけでなく様々な場所に赴きコンテンツを作っていく必要があり、そういった意味ではノマドワーカーとしての働き方はとても重要と言えるでしょう。

ノマドワーカーのデメリットとは?

ノマドワーカーの理想は、好きな時に好きな場所で働くことができ、休みも自由につくれることでしょう。

柔軟な働きだけではなく、高収入でゆとりのある生活が送る夢を抱く人も多いはずです。

実際にその理想を現実にしたノマドワーカーはたくさんいますが、その一方で現実では上手くいかないケースもあります。

ノマドワーカーのデメリット:仕事時間が安定しない

ノマドワーカーは基本的に安定性がありません。

自分で仕事の配分を決定するため、1日にたくさん仕事を入れることも、少なめに入れることも可能なので安定性がないのです。

しかし、逆を言えばその不安定さが稼ぎやすさと比例するとも言えます。

1日に2日分の仕事を入れれば、その分休みの日を増やすことも可能です。

有名企業がクライアントになることも多く、頑張りが認められるとその分の報酬を貰えるケースもあるので、通常よりも高い収入を手に入れることができます。

働く時間や場所を上手に設定できれば、理想的な働き方ができる方法と言えるでしょう。

ノマドワーカーのデメリット:収入を増やすのが難しい

仕事を辞める人の中にはブラック企業であったことを理由にする人も多いでしょう。

そのような理由で退職した人にとってノマドワーカーはとても魅力的な働き方です。

フリーランスは収入アップの可能性が高い働き方ですが、その一方スキルや経験がなければ相応な報酬が獲得できない案件もたくさんあります。

どんな業種・職種であっても学歴や資格、知識、経験がほとんどないのであれば、受け入れ可能な案件も限定され、収入にも期待できません。

フリーランスとして慣れない間はこなせる仕事の量も少なく、結果的に退職前より収入が少ないケースも多いです。

また、収入が少ない以前に収入が入ってこないケースもあります。

退職前と同様の収入を得ているノマドワーカーでも、クライアントからの報酬支払いが勝手に止まり、さらに音信不通になってしまうケースがあるようです。

ノマドワーカーはこなした案件の数だけ収入になるため、一つのクライアントでも報酬が得られなくなると生活は厳しくなる可能性があります。

報酬が未払いのケースは珍しくないので応募前に事前に調べる必要がありますが、実際に調べるとクライアントの口コミなどはあまり掲載されておらず、見極めることは非常に困難と言えるでしょう。

クライアントからの裏切りや特別なスキル・技術を持っていない人は理想的なノマドワーカーにはなれない可能性があるのです。

ノマドワーカーになって稼げるようになるには?

休みがとりやすく、好きな時間や場所で働くことができるノマドワーカーは上手く活用することで収入アップの可能性もあります。

しかし、場合によっては前職よりも収入がダウンし、中にはお小遣い程度にしか稼げないケースもあるのが現状です。

では、ノマドワーカーになって稼ぐには、どうしたら良いのでしょうか。

ノマドワーカーが成功するポイントについてご紹介していきます。

チャレンジ精神を持つこと

ノマドワーカーになれば今までの働き方やライフスタイルに変化が起きます。

仕事量も会社員と比べて不安定であり、たくさんの収入を得るためには仕事をたくさんかけ持ちする必要があるでしょう。

待っていても仕事がくることはないので、自ら行動を起こして仕事をしていくことが大切です。

ゆとりのある生活を目指すのであれば、案件探しに妥協することはやめましょう。

能力以上の仕事に挑んで実績を積まなければ、以前より高い報酬を得ることは困難です。

チャレンジ精神を持って行動することも成功の近道と言えます。

集中できる環境で働く

ノマドワーカーの魅力は自宅以外の場所でも仕事ができることでしょう。

Wi-Fiのつながるカフェなど公共の場でも作業をすることは可能です。

しかし、公共の場では雑音やWi-Fiの接続が悪いというケースも多く、そうなると仕事に集中できず、できたとしても質を下げる恐れがあります。

どこでもできるから良いと安易に考えず、集中して作業できる環境で働くことも大切です。

集中できずにダラダラ作業していれば、他の案件にとりかかるまで時間がかかり、理想的な働き方にならない可能性があります。

自宅で働くことが中心であれば、使用する机や椅子なども妥協せずにこだわってみるとモチベーションが上がるのでおすすめです。

納期を守り信頼を上げる

ノマドワーカーは全ての人に向いているとは言えない働き方です。

会社員とは異なり働く時間や場所にとらわれることなく自由度が高い分、責任は全て自分にあります。

仕事には納期があり、その納期に間に合わなければクライアントからの信用を損ね、仕事が入らなくなる可能性もでてくるでしょう。

勤務時間の融通が効きやすいワークスタイルだからこそ、納期に対しては厳しく守ることが重要です。

ただ納期を守るだけが信頼を掴むポイントになるわけではありません。

納期を守りつつ、高い成果をクライアントに提出することも重要でしょう。

納期が守られても成果物の質が悪ければ、クライアント側も今後依頼したいとは思いません。

仕事がなくなればなくなるほど収入は得られず、生活も困難になってしまいます。

ノマドワーカーは会社に属する社員よりも強い責任意識を持ち、納期までに質の良い成果を提供する計画性や遂行力が必要です。

海外でも働くなら語学力も

ノマドワーカーの中には海外で活躍する成功者も多く、旅と両立して働く人もみられます。

海外で働きたいと思う人にも融通が利くノマドワーカーは最適です。

しかし、海外でもノマドワーカーをするつもりであれば、通常やビジネス会話ができる程度の語学力が必須になります。

旅行の合間や海外を拠点にノマドワーカーとして働くのであれば、語学力やどこでも対応できる適応力も成功では必要なスキルと言えるでしょう。

まとめ

働き方が多様化してきた現在、時間を大切にできる働き方としてノマドワーカーは注目を浴びています。

自由度が高いので上手く活用できれば収入アップも期待できる一方、行動を起こさないと前職以下の収入になる失敗ケースも多いです。

ノマドワーカーとして成功するには働き方や成功ポイントを理解しておく必要があります。

働き方を熟知できれば時間や場所を選ばず、自由で理想的なノマドワークを実現できるでしょう。

 

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

まもなく定員オーバー当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース5月受入枠も残りわずかとなりました。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

関連キーワード
キャリアの関連記事
  • ホワイトIT企業への転職を成功させるための方法を解説
  • 【厳選紹介】IT業界のおすすめ転職サイト3選
  • 在宅フリーランスエンジニア志望必見! 仕事方法を徹底解説
  • 【フリーランス必見】厳選!仕事探しに必須な登録すべきサイト5選
  • IT業界で働くメリット・デメリットを徹底解説
  • IT経験者から監査法人へ就職の方法

当サイトで人気のオススメ転職サービスTOP3

1位 マイナビエージェント×IT

おすすめポイント

・平日忙しい人も、土曜日開催の個別キャリア相談会に参加できる

・職種や仕事内容(要件定義、上流工程から携わる仕事など)の要望が細かくできる
・マイナビの規模を活かした豊富で幅広い求人数

マイナビエージェント×ITの登録はこちら

2位 レバテックキャリア

おすすめポイント

・求人登録数4,000件以上

・エンジニア未経験、経験者両方に対応

・有名企業の採用担当者インタビューがみれる

・一次面接NGからの内定実績もあるほど、内定率が高い

レバテックキャリアの登録はこちら

 3位 type転職エージェント

おすすめポイント

転職者の71%が年収アップ

・IT系企業、特にエンジニアに限らず営業職の求人も充実している

各職種専門の転職アドバイザーが援助

type転職エージェントの登録はこちら

おすすめの記事