• WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、エンジニアとしてチームラボグループに転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26

◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

Web Camp【業界最安値】1ヶ月集中してプログラミングスキルを身につけられるスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でWebサービス等作りたい方
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp業界最大級!教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WebCampPro転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアを3ヶ月で目指すプログラミングスクールです。
9月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
8月受入枠は満員となっております。9月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

ベンチャー企業と聞くと何だかかっこいいイメージが湧きますが、ベンチャーという言葉自体よく知らないという人も多いのではないでしょうか。

今回はベンチャー企業とはどんなことを行っている企業なのか、普通の会社とどう違うのかについてご紹介していきます。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

ベンチャー企業とは

「ベンチャー」のもともとの意味は「冒険的な」という意味です。

大企業では踏み込みにくい冒険的で創造的な事業の立ち上げを行っている中小企業、もしくは事業そのものをベンチャー企業と呼ばれるようになりました。

日本では三度もベンチャーブームが到来してきた過去があります。

一度目は1970年代に株式を中小企業が引き受けたり、コンサルティング支援を行ったりする投資育成企業の設立、日本証券業協が企業の株式情報を公開する制度によってベンチャーの創業が活性化され株式公開する中小企業が増えてきました。

二度目のブームは、1980年代のテクノロジー発達、流通業、サービス業が活発になったことでソフトバンクやツタヤ、HISで知名度の高いカルチュア・コンビニエンス・クラブなどがこの時期に出現しました。

そして最後のブーム到来は1990年代、政府からベンチャー企業に対する様々な支援制度が制定されたことで起業する人が増えたと言われています。

社内ベンチャーと何が違う?

同じベンチャーでも社内ベンチャーは、すでに事業を展開している企業が新事業を構築するために社内に事業部隊を独立でつくりあげたものです。

法人登記をしないので会社としては成り立っていません。

社内ベンチャーは、起業家としてのノウハウを持っている社員が会社からのバックアップを受けながら起業できるというメリットを持っています。

反対にデメリットは、事業を実施するにあたり会社の承認なしでは遂行できないので、最終的に決断をするのは会社側ということになります。

どんなに有望な事業を生み出しても、会社から利益がないと判断されれば実行できないこともあるのです。

ベンチャーキャピタル(VC)とは?

ベンチャーキャピタルは、未上場の設立したばかりの企業に投資をして、会社が成長した時に利益の一部をもらう投資会社です。

ベンチャー企業としては、会社を立ち上げたばかりの時のお金がない時期に資金調達をすることで、開発費用や広告宣伝費に使用することができたり、会社の知名度の向上になるので、VCからの資金調達を目指す企業も多いです。

ベンチャー企業に向いている人・向いていない人

やりがいのある仕事とも言われるベンチャー企業は、自分の考えで動く必要があるため、自己成長できる非常に魅力的な仕事です。

しかし、仕事が常に溢れている訳でも自然に成長していける訳でもないので、自分自身がこの仕事に向いているかどうかは別の話です。

ベンチャー企業は決して全ての人が最適な環境だと思うことはなく、自分が持つ性質によっては向いていない人もいるので注意してください。

人の評価を気にする人

ベンチャー企業は常に革命的なものを生み出すための環境でもあります。

他人の意見に惑わされたり、評価ばかりを気にしたりする人には適していません。

新しいものを創造することや、イノベーションを起こすには周囲からの意見に揺るがずに考え方を貫き通すことが必要になります。

単純に「評価されたい」というタイプの人は向いてなく、なりふり構わずに「社会を変える」「会社を伸ばす」という意識・行動が大事になります。

「環境が整っていない」を理由にする人

ベンチャー企業は教育が整っていないので、自分で考えて結果を出すことが大事です。

必ず辛い状況になりますが、そういう時に人のせいにせずに、自分事として受け入れて、突破していけるかどうかが大事です。

何か不利になった時だけ「ベンチャーだから」という逃げ道を作る人は成長できないのです。

ベンチャーというのは常に変化していくことが一般的で、それを楽しむための場所でもあります。

その環境づくりを行っていく立場であるからこそ、仕事への面白みを感じるのです。

自分の責任と受け止めず、環境のせいにする人はもともと環境や体制が整ったところを選ぶべきではないでしょうか。

勉強一本の優等生タイプの人

少し前までは、一定レベル以上の学歴や資格を持っている人はそれだけ勉学に打ち込んできた真面目な人と高く評価されていました。

しかし、最近はこういった見方も変わりつつあり、「優等生タイプ」はベンチャー企業では優遇されないケースも多くなってきています。

いくら学歴や資格があっても、仕事ができることに繋がるとは限りません。

どちらかというとベンチャー企業は、コツコツと真面目に努力してきた人よりも、自ら価値をつくれる人間を求めています。

学歴があって資格を持っていることはそれだけ実績を積み上げてきた証拠ですが、その評価は誰かが定めた基準でしかありません。

そういった既存価値はベンチャー企業にはあまり関係ないので、指示したことに対して「はい!」と従うだけの人は向いているとは言えないのです。

業務の指示待ちをする人

仕事に対して自ら積極的に行動せず、常に誰かに指示されたことだけをこなす人もベンチャー企業には向いていません

指示された業務を着実にこなすことは企業にとっては大切なことかもしれませんが、ベンチャー企業に関してはそれだけでは不十分です。

最近は、「指示待ち人間」「仕事待ち人間」という言葉も生まれるくらい受動的な人が多く見受けられますが、ベンチャー企業においてもその態度は不安視されています。

企業を成長させるためには、常に何か新しい手法を考えることが必要不可欠で、上司に対して新たな提案することや、当事者意識を持って会社全体の改善提案をすることも大切です。

ベンチャー企業と中小企業、何が違う?

ベンチャー企業と中小企業を混同させている人はいませんか?実はまったく別ものです。

簡単に解説すると、規模が小さいものが中小企業で、新しい企業がベンチャー企業となります。

まずは、中小企業の定義ついて確認してみましょう。

中小企業の定義とは

中小企業は中小企業法によって明確に定義されています。
そして、業種によっても定義されている資本金や従業員数に違いがあるのです。

【製造業・建設業・運輸業・その他の業】

資本金額:3億円以下
常時従業員数:300人以下

【卸売業】

資本金額:1億円以下
常時従業員数:100人以下

【小売業】

資本金額:5千万円以下
常時従業員数:100人以下

【サービス業】

資本金額:5千万円以下
常時従業員数:50人以下

このように定義されているので、歴史のある企業であっても従業員の数や資本金額が上記の数を超えない限り、中小企業として分類されるのです。

なので、中小企業は安定していないと勘違いをしている人も多いのですが、分類されている呼び名が「中小企業」なだけで、安定した経営をしている優良な会社である場合も多いのです。

ベンチャー企業と中小企業の違いは?

ベンチャー企業の中には中小企業と同等規模の企業も多くあります。

そういったことから、ベンチャー企業と中小企業は混同されやすいのでしょう。

共通される要因は以下の5つに分けることができます。

・起業してからの日が浅い。
・事業や組織が中小規模である。
・新規事業を展開する企業家。
・独自性や創造性、新規性に優れた企業。
・成長を目指している企業。

ベンチャーは「成長」・中小企業は「安定」

ベンチャー企業と中小企業を分けることのできる要因としては「成長」が挙げられます。

ベンチャー企業は、成長を見据えて事業が展開され、リスクに関しても許容範囲内であれば冒してまで取り入れて急成長を望みます。

中小企業は安定した成長を望む傾向にあるので、あえてリスクは冒さずに維持をしたまま安全性の高い道を選ぶのです。

ベンチャーは福利厚生がない

ベンチャー企業は福利厚生が中小企業と比べると少ない場合が多いです。

起業してからの日も浅く、福利厚生にまで手が回らない企業が多いことが理由として挙げられます。

ベンチャー企業と大手企業、何が違う?

ベンチャー企業と大手企業では違いも明確だろうと考える人も多いでしょうが、その理由や詳細についてしっかりと説明できる人は少ないでしょう。

そこで、大手企業の定義や違い、メリットやデメリットについて解説していきます。

大手企業の定義と違いについて

大手企業に関しては中小企業のように中小企業法で定められた定義は存在しません。

ですが、中小企業以外の企業となるので以下のように分けることができます。

【製造業・建設業・運輸業・その他の業】

資本金額…3億円以上
常時従業員数…300人以上

【卸売業】

資本金額…1億円以上
常時従業員数…100人以上

【サービス業】

資本金額…5千万円以上
常時従業員数…100人以上

【小売業】

資本金額…5千万円以上
常時従業員数…50人以上

中小企業と比べても規模の大きさに違いがあることがわかります。

ベンチャー企業と比べると大手企業の方が従業員も数も多く、資本金も多いので大規模となります。

歴史にも違いがありベンチャー企業は起業したばかりですが、大企業は歴史が長い傾向にあり、世間でも多くの人が周知しているのです。

メリット、デメリットから見る双方の違い

ベンチャー企業と大手企業のメリット、デメリットを知ることで、それぞれの違いを把握することができます。

【ベンチャー企業のメリット】

・スピーディーな業務

ベンチャー企業は大手企業と比較をしても、従業員数が少ない傾向にあります。
役職もフラットなので意思の決定も迅速に行えてスピード勝負で仕事をこなすことができます。

・様々な業務に携える

成長途中でもあるベンチャー企業では仕事量に比べて従業員数が少ない可能性があります。
そうなると、自ずと担当する業務が増えて知識や能力を蓄えることに繋がるのです。
そのため、スキルアップや向上心がある人にとっては最適となるでしょう。

・社員のアイデアが活かせる

自分で仕事内容を考えて上司と確認し合いながら物事を進めていくのでアイデアが大切となります。
発想力があることで多く活用してもらえ、企業にも貢献できるでしょう。

【ベンチャー企業のデメリット】

・自己流での仕事が多くなる

自由度があるメリットがあるのですが、その分自己流になりやすいです。
そのため、先輩や上司によって進めていく内容に違いが出る可能性もあります。

・共感できない場合はストレスにも

従業員数が少ないのでアットホームな企業が多いのですが、経営者の意見に賛同できない場合には位心地も悪くなりストレスを感じることが多くなります。

・知名度が低い

大手企業と比べると周知されていないので、信頼を得るまでに大きな苦労を要する場合があります。

【大手企業のメリット】

・成長できる

大手企業では従業員の教育環境が整っていることが多いです。
そのため、定期的にセミナーや勉強会が開かれているなどスキルアップを図れるのです。

・異動がある

大手企業には多くの部署があります。
そのため、配属された部署で才能を発揮できなくても異動を願い出ることで採用を活用した業務に就くことも可能です。

新たな採用を見出す人も中にはいるのです。

・信頼度が高い

大手企業は、世間からも周知度が高いので信頼性も高いのです。
転職をする際にもメリットとなり得る事項でしょう。

【大手企業のデメリット】

・ルールの徹底

従業員が多い分、ルールも厳密に定められています。
自由に物事を進めることができないので、圧迫感を感じる人もいます。

また、ルールを無視した行動は大手企業の信頼度の減少にも繋がるので注意が必要です。

・昇進が望めない場合も

従業員が多いので管理職として働きたくても、なかなか上まであがることができない可能性があります。

ベンチャー企業では若い世代でも管理職として働く人材が多いのですが、大手企業では年数が必要となるので長年働き続けることが大切となります。

ベンチャー企業と大手企業のメリット・デメリットから見ると、働く環境やルールなどに違いがあり、人によって働きやすさが違うことがわかります。

相性によっては働いていく上で大きなストレスの原因にもなるのでしょう。

まとめ

ベンチャー企業についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

普通の企業とは異なり、比較的自由度の高い仕事が可能となりますが、全て自分が主導となり動き出さなければ何も始まりません。

そのため、ベンチャー企業で働いた方が活躍できる人もいれば、そうでない人もいます。

自分を成長させたいという人はぜひベンチャー企業での働き方にも注目してみてください。

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

8月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
7月受入枠は満員となっております。8月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

関連キーワード
キャリアの関連記事
  • 【未経験からのエンジニア転職】おすすめのエージェント5選!
  • IT業界の向き・不向きを決める5個の基準を紹介
  • 全体を理解できる、IT業界の職種一覧紹介
  • 【IT業界】SEの仕事内容と就職・転職方法を紹介
  • IT業界への転職を実現させる6個のスキルを紹介
  • 【売り手市場?】IT業界の求人倍率の現状と今後

当サイトで人気のオススメ転職サービスTOP3

1位 マイナビエージェント×IT

おすすめポイント

・平日忙しい人も、土曜日開催の個別キャリア相談会に参加できる

・職種や仕事内容(要件定義、上流工程から携わる仕事など)の要望が細かくできる
・マイナビの規模を活かした豊富で幅広い求人数

マイナビエージェント×ITの登録はこちら

2位 レバテックキャリア

おすすめポイント

・求人登録数4,000件以上

・エンジニア未経験、経験者両方に対応

・有名企業の採用担当者インタビューがみれる

・一次面接NGからの内定実績もあるほど、内定率が高い

レバテックキャリアの登録はこちら

 3位 type転職エージェント

おすすめポイント

転職者の71%が年収アップ

・IT系企業、特にエンジニアに限らず営業職の求人も充実している

各職種専門の転職アドバイザーが援助

type転職エージェントの登録はこちら

おすすめの記事