• WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、テレビでも話題のIT企業に転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02

▼当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

金王冠Web Camp【業界最安値】1ヶ月集中してプログラミングスキルを身につけられるスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でWebサービス等作りたい方
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
銅王冠Tech Camp業界最大級!教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
びっくりマークWebCampPro転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアを3ヶ月で目指すプログラミングスクールです。
7月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
6月受入枠は満員となっております。7月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

一般的に、転職においてマイナスなイメージを持たれてしまいやすい「第二新卒」ですが、第二新卒だからこそ転職時に得られるメリットなどもあります。

では第二新卒者が転職を成功させるために、どうすれば良いのでしょうか?

今回は、第二新卒者が転職の際に知っておきたいポイントをご紹介していきます。

そもそも第二新卒者とは?

第二新卒者の定義

第二新卒者とは、基本的に大学や専門学校、高校などを卒業し就職したものの、3年の間に辞めてしまった場合を指します。大体20代半ばで第二新卒者となるケースが多くみられます。

第二新卒者の定義は会社ごとに異なるものの、共通して言えるのは

少しでも社会に出たことがある

たった数年で仕事を辞めた

という2つの認識で捉えられる可能性が高いです。

ポジティブな方向で企業側が第二新卒者のことを捉えていれば良いのですが、後者の方で認識されていると転職も難しくなってしまうでしょう。

既卒とは何が違う?

ここで改めて確認しておきたいことは、第二新卒者と既卒者の違いです。

第二新卒者は前にも述べた通り学校卒業後に一度働いた経験を持っていますが、既卒者は学校を卒業してからまだ一度も社会経験がない人のことを言います。

第二新卒者と既卒者は社会経験をしたことがあるか、それともないかという違いがあり、この違いはかなり大きなものとなるので自分はどちらに当てはまるのか、今一度確認しておきましょう。

第二新卒者は転職に不利?有利?

第二新卒者は悪いイメージで捉えられると転職活動がしにくいという点もありますが、実際は不利になることが多いのでしょうか?

これから第二新卒者の就職活動のメリット、デメリットを比較していきたいと思います。

第二新卒だからこそ得られる転職のメリット

現在の日本の転職市場において第二新卒者の需要が高い

その理由とは、新卒採用で予定人数を取り切れない企業が多いからです。景気の回復とともに、新卒採用は激化しています。

企業の採用担当者はより優秀な学生を採用しようとした結果、人員不足に陥ってしまうケースが多いようです。

具体的なデータを挙げると、マイナビ転職に記載されている全求人のうち、約80%が「第二新卒歓迎」としています。(参考:https://tenshoku.mynavi.jp/)

つまりは現在の日本企業は大手企業から中小企業まで第二新卒者を積極採用している状況です。

新卒に比べて競争率が激しくない

新卒採用では大手などの人気企業に対してはかなり高い倍率となってしまい、不採用となってしまう可能性もあります。

しかし、第二新卒で採用のチャンスがある場合、倍率自体も新卒に比べると高くなく、採用される可能性は高まるでしょう。

第二新卒者が転職をするデメリット

キャリアアップに取り残される恐れ

転職した先が大手企業であれば同い年の人であっても先に向こうは入社しているため、キャリアアップできているため、出遅れてしまう可能性が高いという点です。

キャリアアップが遅れることで、自分は評価されていないのでは?と悩み、再び転職を検討することになってしまうことも考えられます。

キャリアアップと同様に、給料の面でも第二新卒ということで新卒と同じ水準になってしまい、以前働いていたところよりも収入が減ってしまう恐れがあります。

第二新卒者の悪いイメージ

第二新卒者=すぐに辞めた人というイメージが強いせいか、転職してもまたすぐに辞めてしまうかもしれないと思われてしまい、転職活動がなかなかうまくいかないというケースも捨てきれません。

このように、第二新卒者の転職活動はメリットもあればデメリットもあり、どちらに転ぶかは転職活動のやり方次第で変わってくるということが言えるでしょう。

第二新卒者が失敗してしまう理由

第二新卒者の中でもすぐに転職先が見つかり、以前の職場よりも良い環境で働けている方と、転職先がなかなか見つからず妥協した結果、不満の多い職場で働くことになってしまった方がいます。

なぜ同じ第二新卒者でもこのような違いが出てきてしまうのでしょうか?

不満から逃げるための転職

どんな会社でも不満は抱いてしまうものです。

仕事量が多く必ず残業になってしまう

周りの人となかなか馴染めずうまく話せない

など、働いている内に多くの不満が出てきてしまうのはしょうがないことでもあります。

しかし、不満から逃げるための転職をしてしまうと、次の転職先を見つけようとした時に、「自分は何がしたいのか」、「どんな仕事を探せばいいのか」といった部分がわからないままとなっているため、なかなか転職活動も前進できません。

さらに、退職理由が志望動機と一致しない部分が多々あるため、志望動機の作成にも苦労してしまう可能性があります。

会社や周りの人のせいにした転職

上記のように不満を持ったため転職を考える人は多いですが、その中でも

自分が転職することになったのは会社のせいだ

上司が厳しいことばかりを言うので会社を辞めざるを得なかった

などのように、会社や周りの人のせいにした転職はうまくいく可能性は低いと言えます。

なぜなら会社や周りの人のせいにしたところで、次の転職先でも同じようなことがあればすぐに辞めてしまう可能性が高いからです。

解決策を考えないまま、すぐに会社や人のせいにすることで転職を繰り返してしまう原因となり、転職を繰り返してしまえばその分次の転職先も決まりにくくなってしまいます。

次を見据えないままでの転職

今の状況から早く抜け出したいということで、転職活動を始める前に会社を辞めてしまうケースも少なくありません。

しかし、このような次を見据えないままでの転職は、失敗してしまうリスクも高くなってしまいます。

特に第二新卒では3年未満での転職となってしまうため、貯金もまだ少なく、収入がない状態での転職活動はかなり厳しい部分があります。

収入が途絶えてしまい生活が困窮してくると、冷静な判断力も失われてしまうため満足のいく転職が出来なくなってしまう可能性も高いと言えるでしょう。

新卒時と同様の方法での転職

自分は第二新卒者だからと言って新卒者と同じような方法で転職活動を行っていると失敗する可能性は高まります。

3年未満で会社を辞めてしまうということは、新卒の時の方法が失敗していたということになります。

それなのに、再び失敗した方法で転職したとしても、同じように失敗を繰り返してしまうかもしれないのです。

第二新卒者として新たなスタートラインに立つためにも、新卒時と同様の方法で転職活動を行うのは止めましょう

第二新卒者が転職を成功させるためのポイント

第二新卒者でも転職を成功させるためのポイントを押さえておけば、納得のいく転職先を見つけることもできます。

では、どのようなポイントがあるのでしょうか?

第二新卒者に企業が求めていることをしっかりと把握しておく

企業にとっての第二新卒者を採用するメリットは

基本的なビジネスマナーは身に付けているため、新卒よりも育成における手間や費用が掛からない

社会経験が少ない分、柔軟で適応力が高く、社風になじみやすい

などがあります。

つまりは企業にとって第二新卒者は育てやすい存在であり、採用面ではこれまでのスキルよりは意欲や人柄が重視されやすいことを念頭に置き、転職活動を行うことが重要です。

転職活動を始める前に、自己分析を行なっておくこと

ただ何となく転職活動を行なっても意味がありません。また、がむしゃらに転職活動を行ない、冷静さを失ってしまうと転職活動中に挫折する可能性もあります。

現状の不満を解決するために辞める」のではなく、「キャリアを目指すこと」を目的にし、そこから実際に何をしていくべきかを考える必要があるのです。
将来のビジョンを明確化しどのような人になっていたいのかを具体的に想像してみましょう。

特に仕事内容やどのような職場で仕事をしたいのかをハッキリさせることで、自分が目指すところが見えやすくなります。

もちろん、転職によって完全に自分の将来のビジョンと合致する職場が見つかるわけではありませんが、少しでも近づけることを目標に転職先を探せるので、自己分析は非常に大切です。

転職先で働くまでのスケジュールをあらかじめ立てておくこと

転職活動を始めたのはいいが、活動が長引いてしまっているという方も多いかと思います。

長引いてしまう理由は、転職活動を終わらせるゴールを決めずに転職活動を始めてしまっているせいでもあるのです。

初出勤する日を事前に決めておき、そこから退職に向けての準備、ひいては転職活動を行なっていくことで日程管理もしやすくなります。

また、ゴールを決めることで何事も早めに取り組むようになり、目標日よりも早く転職先を見つけられる可能性もあるので、働くまでのスケジュールはあらかじめ立てておくようにしましょう。

長引く可能性も視野に入れておくこと

上記でスケジュールは立てておくことが大切だと述べましたが、転職活動はどう進んでいくか本人でもわからない部分があります。

スケジュール通りに進まないと焦ってしまい、転職活動も妥協が多くなってしまうかもしれません。

そうならないように、スケジュールは立てつつ長引く可能性があるということを視野に入れておくようにしましょう。

また、転職活動が長引くことで生活費の余裕もなくなってきてしまいます。

転職活動を始める前に生活費数ヶ月分を用意しておくか、もしくは会社に在籍しながら転職活動を始めるようにしましょう。

企業選びは絶対条件と譲歩可能な条件の2つを考えること

企業選びにおいて妥協しないためには、「絶対に譲れない条件」を最初に設定しておくと、企業選びが楽になります。

例えば「土日休み」を絶対に譲れない条件として挙げるなら、土日休みの会社から選べばその希望に沿った会社へ転職することも可能です。

ただし、この絶対に譲れない条件の数があまりにも多いと選ぶ範囲がかなり狭くなってしまい、なかなか内定が決まらないという状況に陥ってしまいます。

このような状況にならないためにも、初めから色々と限定的にならず、絶対に譲れない条件の他に譲歩可能な条件の会社がないか探してみましょう。

特に第二新卒者となると自身のキャリアアップを目指す人も多いかと思います。

仕事がハードでもその分やりがいや給与の良さを求めている人もいれば、昇給にはあまり興味がなく一人で暮らせる程度のお金があれば十分という方もいらっしゃるでしょう。

キャリアアップを目指すためにも、譲れない条件と譲歩できる条件の2つを用意しておくと、企業選びが楽に進められます。

退職理由はポジティブな部分をアピールすること

第二新卒者の退職理由として多くみられるのは、ネガティブなものが多いです。人事担当者はわかっていながら転職理由について聞いてきます。

この時、本音で話した方が良いと感じ、ネガティブな退職理由を話すのは良くありません。

不満を持って会社を辞めた場合、次の会社でも同じように不満を持つのでは?と感じられてしまう可能性が高いためです。

例えば、人間関係に悩んで前職を離れた場合、ネガティブな本音を少し交えつつも、結果的にポジティブな印象に導くような解答を目指しましょう。

まとめ

第二新卒者が転職するために知っておきたいポイントをいくつかご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

「第二新卒だから…」と転職はうまくいかないと考えられてしまいますが、実際には第二新卒だからこそ採用してくれる企業もあるのです。

第二新卒で自分に何もスキルがなく、このままでは転職が難しいかもしれないという時は、これを機に資格取得等の勉強をされてみてはいかがでしょうか?

特にIT業界へ転職を考えている人は、プログラミングスキルについて勉強を始めてみましょう。

7月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
6月受入枠は満員となっております。7月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

関連キーワード
キャリアの関連記事
  • 【未経験からのエンジニア転職】おすすめのエージェント5選!
  • IT業界の向き・不向きを決める5個の基準を紹介
  • 全体を理解できる、IT業界の職種一覧紹介
  • 【IT業界】SEの仕事内容と就職・転職方法を紹介
  • IT業界への転職を実現させる6個のスキルを紹介
  • 【売り手市場?】IT業界の求人倍率の現状と今後

当サイトで人気のオススメ転職サービスTOP3

1位 マイナビエージェント×IT

おすすめポイント

・平日忙しい人も、土曜日開催の個別キャリア相談会に参加できる

・職種や仕事内容(要件定義、上流工程から携わる仕事など)の要望が細かくできる
・マイナビの規模を活かした豊富で幅広い求人数

マイナビエージェント×ITの登録はこちら

2位 レバテックキャリア

おすすめポイント

・求人登録数4,000件以上

・エンジニア未経験、経験者両方に対応

・有名企業の採用担当者インタビューがみれる

・一次面接NGからの内定実績もあるほど、内定率が高い

レバテックキャリアの登録はこちら

 3位 type転職エージェント

おすすめポイント

転職者の71%が年収アップ

・IT系企業、特にエンジニアに限らず営業職の求人も充実している

各職種専門の転職アドバイザーが援助

type転職エージェントの登録はこちら

おすすめの記事