【HTML初心者入門】align属性とは?使い方も解説! | WEBCAMP NAVI
【3月の受講枠も残りわずか】

【HTML初心者入門】align属性とは?使い方も解説!

みなさんはHTMLの学習をしていませんか?

今回の記事では<align>属性の使い方や注意点について紹介していきます!

要素内容の左右配置を決める

<align> 属性は要素内容の配置方向を設定するための属性です。属性値に方向を示す文字列を指定することで、要素内容の配置方向を設定することができます。属性を設定する要素によって、指定できる値は異なります。

・学習ステップを確認したい方は、【入門者向け】プログラミング初心者がHTMLを学ぶ6つのステップ」の記事を参考にしてください。


新たなキャリアへの第一歩!正社員エンジニアを目指しませんか?
転職成功率98%を誇る【DMM WEBCAMP】は
経済産業省認定の充実したカリキュラム
✔条件を満たすことで受講料最大70%オフ
✔受講生の97%が未経験者!

参加満足度99%
まずは気軽に無料のキャリア相談へ!
※最短1分で申し込み可能

記載方法

<タグ名 align="値">

・学習におすすめの本を探している方は、「【初心者向け】htmlの学習におすすめの本12選!」の記事を参考にしてください。

要素ごとの使用法

1.ブロック要素、セル要素

などの align 属性では、要素内のデータの横方向の表示位置を指定します。

left :左寄せで表示します。
center :中寄せで表示します。
right :右寄せで表示します。
justify:均等割付で表示します。

2.矩形要素