• WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、エンジニアとしてチームラボグループに転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10

◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

Web Camp【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でWebサービス等作りたい方
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WebCampPro転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアを3ヶ月で目指すプログラミングスクールです。
11月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
10月生は満員となっております。11月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

いずれは転職を…と考えている人にとって、どのタイミングで転職をすれば良いのかと悩んでいる人は多いでしょう。

年齢やライフスタイル、キャリアによってもタイミングには違いがあります。

そこで、転職をするにはどのタイミングがベストになるのか?その疑問を解決していきましょう。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

転職にはベストタイミングがある!

転職をするにはベストな時期があることをご存知ですか?

有利な時期を見逃さないためにも知っておくことで転職の成功率もアップするでしょう。

採用ニーズがアップする時期を見逃さない

1年間でも月によって求人の数に違いがあります。

年度の切り替えや退職者の補充、企業によっては新規事業を立ち上げる時期でもあるので、3~4月・9~10月の4ヶ月は新規の求人が増えるのです。

そのため、中途採用の需要も高まり多くの求人の中から自分に合った企業を選択することができます。

ですが、求人が多くなるということは応募者も多くなるので、その分ライバルが増えることを念頭に置いておきましょう。

転職市場について

転職する際には転職市場について考える人も多いでしょう。

様々なマスコミで動向を把握することができますが、あまりに気にし過ぎているとタイミングを逃したり、無理に転職をしてしまい失敗したりすることも考えられます。

転職市場の動向に関しては参考程度に考えることが重要です。

転職する時期の設定の仕方

転職をするには多くの時間が必要です。

そのため、転職を考えた際にはまずスケジュールを計画することから始めましょう。

情報収集も欠かさず行い、準備が完了するまでどのくらい掛かるかを把握することでベストなタイミングが見えてきます。
次に、転職にベストなタイミングを見極めるポイントをご紹介しましょう。

勤続年数

働き出してから早い段階で転職をする場合には、「長続きしないのではないか」と企業が不安を抱くことになります。

また、同様に転職回数が多いことでも悪い印象を与えることに繋がります。

なので、最低でも同じ会社に2年以上は働き続けてから転職することで印象を変えることができるでしょう。
以上の事柄は転職時期を見極める際に大事なポイントとなります。

何も考えずに転職活動を行うことで、失敗する確率も上昇してしまうので注意しましょう

年齢

年齢によっては転職が難しくなる場合もあります。

特に未経験の場合には若い世代であるほど転職が有利となるでしょう。

職種によっても転職に有利となる年齢に違いがあるので、調べておくことが重要です。
そこで、年代別に見た転職のポイントをご紹介します。

20代

卒業をしてから就職し、2年や3年程度で転職活動を始めた場合には「第2新卒」というくくりにされる場合があります。

第2新卒であれば求人数も多くあるので、転職活動も無理なく始められるでしょう。

ですが、職歴がバイトや派遣だけであると「フリーター」と見なされてしまうので正社員としての転職活動が難しくなる場合もあります。

30代

30代の欠員募集では主に即戦力を求められているでしょう。

そのため、培ってきた能力やスキルが発揮される職種を選ぶことで転職も成功しやすくなります。

未経験の場合には転職が長引く可能性もアップします。

40代

転職が厳しくなる年代でもありますが、即戦力やマネジメント力に優れていることで有利に運ぶ場合があります。

専門家に相談することでタイミングを逃さず活動ができるでしょう。

様々なライフスタイルや仕事の中で転職に適した時期とは?

ライフスタイルや仕事によっては転職するタイミングに違いがあります。

様々な転職理由を想定してベストなタイミングを見極めてみましょう。

転職を繰り返している人の転職のタイミング

倒産や給与など様々な問題によって転職をしている人は多いかと思いますが、転職回数が多いことで転職が不利になってしまうことは多くあります。

そのため、すぐに転職に踏み切るのではなく転職回数が多い人は今の会社で何が不満であるのかをしっかりと考えてみましょう。

転職をしたことで改善される場合もあれば、転職をしたことでさらに状況が悪くなる場合もあります。

給料が安いことに不満を抱いているのであれば、アップさせるためにはどうしたら良いのか、不足しているものを補うことで解決できる場合もあります。

資格を取得したい場合の転職のタイミング

転職が有利になるため、資格を取得しようと考える人もいます。

ですが、資格を取得するためには思ったよりも多くの時間が必要になるのです。

そのため、退職をしてから取得することを考えるとブランクが長くなってしまうことも考えられるので、転職活動で不利になる可能性もあります。

なので、在職中に資格を取得してから転職活動を始めることで解決できるでしょう。

費用面でもトラブルがないので私生活での不安もないでしょう。

昇進が見えた時期の転職のタイミング

転職を考えていた際に昇進の話をされた場合、昇進する前の退職がベストなのか、してからの退職がベストなのか悩むことになるでしょう。

そういった場合には、まず管理職として働きたいのか現場で働き続けたいのかを考えましょう。

現場で働き続けたいのであれば、昇進後に退職をしてしまうと会社にも大きな迷惑をかけてしまうので、昇進前に退職をする方が良いでしょう。

ですが、管理職として働きたい場合には、昇進をして経験を積むことで転職が有利になる場合もあります。

実績を残すことで転職先の企業にとっては貢献してくれる人材となるので条件も良くなるでしょう。

出産を望んでいる場合の転職のタイミング

女性の場合、出産を望んでいるのであればどのタイミングで転職活動をすれば良いのかと悩む人も多いでしょう。

出産前に転職をすると、育児休暇を1年間は取れない可能性があります。

育児休暇の取得条件として1年以上働き続けた人材であることが挙げられるからです。

また、転職をせずに出産をした場合には現在働いている会社で育児休暇を取得することができますが、育児休暇明けにはそのまま働き続けなければいけません。

妊娠や出産をする時期について家族で話し合うことも大切となるでしょう。

また、子育て世代でも働きやすい企業に転職することで良い環境で働くことができますが、この場合もある程度は仕事に集中することが望ましいでしょう。

マイホームを建てようと考えている人の転職のタイミング

マイホームを建てるのならば、住宅ローンを組むことになります。

住宅ローンには必ず審査があるので転職後に申し込みを行うと審査に通らない場合があります。

安定した収入があることが条件として設定してある場合が多いので、勤続年数が長いことで震災にも通りやすくなるのです。

そのため、マイホームを建てるのであれば、住宅ローンを組んでから転職をする方が良いでしょう。

会社を辞める前に行っておきたい転職プラン

年齢やキャリアから転職が有利となるタイミングを見つけることも大切ですが、転職活動をするには必ず計画を立てることが大切となります。

転職を成功させるためにも自分に合った企業を探すための努力が必要なのです。
そこで、様々な職種について調べることが必要となるでしょう。

世の中には自分が知らないような職種の企業が多く存在しています。

名前を聞いたことがある、自分に合っていそうだからと安易に求人サイトから探すのではなく、プランをしっかりと考えてから転職をすることが望ましいでしょう。

世間に需要のある仕事に就くことで安定した収入を得ることができるので、まずは人気の企業を調べることから始めてみましょう。

2月や6月などは就職活動が活発となる時期なので、インターネットなどでは人気の企業ランキングが掲載され始めます。

時代とともに人気の企業や職種に違いがありますが、知らない企業を発見することにも繋がるので、どういった職種であるかなどを調べるキッカケとなるでしょう。

ランキングにある企業に転職できるかはわかりませんが、同業他社に就職することで、天職を見つけられる可能性も高まります。

10年前のランキングと比較すると、ランキングにある企業の業種にも大きな違いがあります。

安定して働き続けることを保証することはできませんが、希望の職種を見つけられる可能性が高まるので、様々な企業について調査をしてから、転職プランを考えていくことが大切です。

未経験でもOKな職場を探すなら?

転職先を探している際に、未経験の職種に興味を抱く場合があります。

特にクリエイティブ職は人気なので、転職先として考える人も多くいますこれからの社会でも大きく活躍できる職種を3つ紹介していきしょう。

Webエンジニア

Webサイトやモバイルサイトで使うアプリなどを開発する仕事で、プログラミングスキルが必要となります。

・Ruby
・HTML
・CSS
・JavaScript

これらのプログラミングスキルが必要となり、資格が必要となる場合もあります。

企業で働くほか、在宅勤務ができる場合もあるので様々な働き方があるのです。

生活には欠かせなくなった身近なものの技術に携わることができるので、働くことで様々な人たちのためになることができます。
大きな充実感や達成感を得られる職種でしょう。

Webライター

クライアントから依頼された様々な記事を書く仕事で、ニュースサイトに掲載する記事やネット広告、コラムやメールマガジンの文章だけではなく、運営者から依頼された企業などのブログの記事を代筆する仕事などもあります。

専門的な知識が必要な記事もありますが、旅行やグルメなど趣味に関する記事もあるので幅広い内容となっています。

主婦層にも人気の仕事となっており、未経験でも働きやすいので家事や育児と両立しながらできるとあって、人気が上がってきています。

読みやすい文章を考える国語力が必要となるでしょう。

Webデザイナー

Webサイトの見やすさや美しさを決めるWebデザイナーは、企業や個人から依頼されたWebサイトのデザインをする仕事です。
構成やレイアウトを考えて、ユーザーが見やすいサイトを表現するのです。

デザインが関係しているのでセンスが問われる職種となっていますが、様々な経験を多く積むことでWebディレクターやWebプロデューザーへ転身することも可能です。

仕事内容や収入にも大きな変化が与えられるでしょう。

Web関係の仕事が注目されている理由とは?

未経験でも働ける

前述したように、エンジニアなどは未経験でも需要があります。

求人でも未経験で募集している企業が多くあり、企業によっては様々な研修を行うことでスキルアップを図っているのです。

人材不足

IT人材不足はニュースにも取り立たされているように、深刻な問題です。

2030年には78.9万人の人材不足と経済産業省が発表しているように、転職しやすいであろうと考えて転職を希望する人が多くなってきているのです。
このような理由からWeb関係の仕事が注目されているのですが、未経験であるとやはり苦労も考えられます。

様々なスキルが必要になり、学ぶことも多くなります。

企業が開催するセミナーや勉強会に参加をしても、未経験であることで話についていけない場合もあります。

独学で学ぶには難しい点も多いので、そういった場合にはエンジニアを育成するための「スクール」に通うことが有効的でしょう。

人気プログラミングスクール紹介

WebCamp

WebCamp

毎日プログラミングのスペシャリストによるきめ細やかな「コーチング」がつき、スキルを習得完了(卒業)までマンツーマンで手厚い対応をしてくれます。

また教室が毎日11:00〜23:00まで解放されており、その間いつでも講師に質問できます。また、オンラインでも質問が可能のため、ライフスタイルに合わせた受講スタイルを取ることが出来ます。

キャリアサポートも充実していて、おすすめのインターン先や転職先をご紹介してくれます。

さらに卒業後いつでもサポートを受けることが可能です。

またWebCampProという受講者全員の転職保障のプログラミングコースもあります。
システムアーキテクチャナレッジ

システムアーキテクチュアナレッジ

講師は全て現役のエンジニアなので信頼性のある授業が人気です。

平日の夜や土日など仕事と両立しながら学ぶことができるので、転職前のスキルアップにも最適でしょう。

また、1クラスは最大でも12人なので質問もしやすいです。

自習室ラボには講師も在籍しているので、わからない箇所は教えてもらうということも可能です。

転職するための面接やカウンセリングなどサポートも充実しているので、未経験者でも安心して通うことができます。

CREATOR’S HIVE

CREATOR’S HIVE

事業を成長させる力を持ったクリエイターを目指す180日間の対面式スクールです。

プログラミングとデザインに特化したフロントエンドコースと、Fintechコース、 機械学習を学ぶPythonコースがあります。

実践的にベンチャー企業等で活躍するためのカリキュラムとなっています。

 

まとめ

転職に最適なタイミングを知るには、まずは自分の能力やスキルを知ることが大切です。

企業についてしっかりと調査をして、自分に合った転職先を探すことで転職の成功率がアップします。

そして、未経験でも働ける企業を探す場合にはスキルアップをするための努力も必要です。

タイミングを逃さないためにも、スケジュール管理をしっかりして転職活動に挑みましょう。

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職サポート付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

11月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
10月受入枠は満員となっております。11月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

関連キーワード
キャリアの関連記事
  • 【転職希望者必見】話題のエンジニアの種類を徹底解説
  • 2018年最新のエンジニア転職を成功させる方法
  • 未経験でもエンジニアになれる!国内最大級のインターネットサービスの商店街を持つ「みんなのマーケット」にインタビューしました!
  • プログラミングは才能がないとできない職業か?徹底検証
  • 【未経験からのエンジニア転職】おすすめのエージェント5選!
  • IT業界の向き・不向きを決める5個の基準を紹介
おすすめの記事