• WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、エンジニアとしてチームラボグループに転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26

◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

Web Camp【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でWebサービス等作りたい方
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WebCampPro転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアを3ヶ月で目指すプログラミングスクールです。
9月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
8月受入枠は満員となっております。9月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!
※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

世の中にいる女性で転職を考える人はたくさんいますが、女性は男性と違い結婚や出産、育児などがあるのでなかなか転職活動もスムーズにいかないものです。

ここでは、女性にとっても働きやすいITエンジニアの転職を成功させるための必勝ポイントについてご紹介していきます。

女性が転職を成功させるための最初のステップ

5年後の自分がどうなっていたいか考える

自分はこんな仕事をして、このくらいの年収で、こんな環境で働いていたいというイメージを強く持つことが大切です。

行き当たりバッタリで仕事探しをしてしまうと、転職を繰り返してしまう可能性があります。

より具体的なイメージを作りあげるには、自分の憧れの職種に就いている憧れの女性をリサーチしてみることです。

可能であれば、どこでどんな内容の仕事をしてきたか、どんなスキルや資格を持っているのかを聞けると良いでしょう。

妥協できないポイントを3つあげる

応募先企業を検索しやすくするために、「どうしてもこれだけは妥協したくない」という項目を3つに絞ってみましょう。

自分はなぜ働く必要があるのか、生活するためのお金が必要だからなのか、お金以外の要素も関係しているのか、この問いに対する答えは人それぞれ違ってくるはずです。

これから出会う企業に期待していることも併せて考えてみると、自分の本心が見えてきます。

年収アップにこだわりすぎない

転職したい20~30代の女性の多くは、年収アップが断トツでトップにあがっています。

今働いている職場の給与によほど不満があるのかもしれません。

しかし、年収アップに過度にこだわって転職先を探すと優良な企業に出会えない可能性があります。

労働内容が過酷だったり、休日が少なかったりなど、条件が厳しく設定してあるかもしれません。

また、ノルマ達成などの評価が当たり前で精神的に苦痛を伴う可能性もあります。

求人に出ている給与額はおおよその数字です。

入社してから変わることもあるのでそのことを十分念頭において企業を選ぶようにしてください。

就職活動における基本的3つのポイント!

求人媒体は3ヶ所以上見つける

求人媒体には、ハローワークや求人サイト、転職エージェントなど多数ありますができるだけ3ヵ所以上の媒体に積極的に登録するようにしましょう。

転職先に求める条件がある程度絞ることができたら、アタックする企業を探さなければなりません。

新聞や業界誌など自分が応募できそうな求人広告や自社サイトをチェックしておくことも大切です。

面倒がらずにできるだけ多くのアンテナを張っておくと、思わぬタイミングで朗報が入ってくるかもしれません。

履歴書は第三者に確認してもらう

転職活動において、履歴書や職務経歴書などの応募書類は完璧にできて当たり前というのはご存知でしょうか?

応募書類に不備が見つかった時や、きちんとした印象を与えることができないと面接前につまずいてしまうことになります。

完璧な応募書類を完成させるためには、自分一人だけで判断せず他人に添削してもらうことが大切です。

転職エージェントでは、応募書類の添削サービスを無料で行っているので登録しておくことおすすめします。

自己分析や職務経歴の棚卸がうまくできない人も利用してみると良いでしょう。

面接用のスーツを用意する

面接を行う時着用していくスーツは、費用がそれなりにかかってしまいますが気持ちを引き締めるためにも新調してみると良いでしょう。

20代女性ならグレーや紺が無難な色ですが、インナーは白を着て顔色が良く見えるように気を配りましょう。

スカートの丈は、椅子に座った時のことを考え膝より少し長いくらいがベストです。

靴のヒールは5㎝以内を選ぶようにし、あまり高すぎないようにしてください。

スーツとのバランスを考え、黒や紺、ベージュの靴と合わせるとスッキリとした印象になります。

ビジネスマナーを再確認する

女性にとってのビジネスマナーは、美しく綺麗に見せるためのものでもあります。

電話の対応や服装、言葉使い、ヘアスタイルやメイクなど好印象を与えているか改めて確認してみましょう。

これらは全て短期間で、修復・レベルアップできることなので面接を行う前にしっかりとチェックしておくべき最低限のマナーです。

ビジネスマナーは男性だけでなく、同性からも厳しい目で見られることが多いものです。

女性ならではの綺麗さをアピールできるようにしましょう。

IT業界で働く女性の現状

人手不足が加速しているIT業界は、少し前までは男性を中心とするエンジニアが多かったのですか近年では女性もエンジニアとして働く人が増えてきました。

2015年の「労働力調査」では、女性で情報通信業に携わっている人は全体の213万人のうちたった54万人だったという結果が残されています。

さらにITエンジニアにジャンルを絞ると、21万人くらいになると推計されています。

全体的にエンジニアの女性は少ないのですが、求人数も増えプログラミングの知識を習得できる環境が整ってきたことで女性エンジニアも増えつつあるようです。

プログラミング知識を身に着ける

最近は、プログラミングの専門学校や通信教育、セミナー講座などを開講する環境が多くなってきました。

2020年には小学校でプログラミングを習う科目が必修化されるようになり、誰でも知識や技術を習得できるようになっていきます。

その結果、エンジニアへのハードルがどんどん下がっていくことが予想されます。

プログラミング知識を学ぶためのツールも開発されているので、女性にとってもITエンジニアとして働ける環境が多くなってきていることは確かです。

自由に働くことができる

ITエンジニアは、パソコンとネット環境が確保できれば基本的にどこでもできる仕事です。

時短勤務や、在宅勤務など場所や時間にとらわれない働き方ができるのでITエンジニアを目指す女性も増えてきています。

また、プログラマーやSEとして働く場合は必ずしも理系出身でなくても違う分野から転職してくる女性も多いので、自分の枠にとらわれず関与できるのが魅力です。

IT業界における女性にとっての7つのメリット

ITエンジニアと聞くとどうしても男性のイメージが強く残るのですが、強い意欲とある程度の知識があれば女性にとって優しい職種であることが言えます。

IT系は、機械いじりや理系を連想するので男性の方が多い職場であることは確かです。

将来的に考えると、人手不足が深刻化するにつれて実践的なスキルを身につけていれば男女問わず活躍できる分野になります。

海外にまで人材を求める企業もあるくらいなので、実力が伴っていれば性別は一切関係ないということが言えるでしょう。

では、女性ならではの具体的なメリットをご紹介します。

1.男性に比べてハードルが低い

女性だからという面で、どうしても男性よりも甘く見られてしまいがちです。

業務に求めるレベルも低いので同じ仕事を男性が行った時は当然と思われますが、女性の場合は高い評価につながるケースが多いでしょう。

また、少しのミスであれば大目に見てもらえることもあり、徹夜しないと終わらない作業も無理に押し付けられる心配がありません。

2.手に職をつけることができる

プログラミング初心者でも仕事の中で少しずつ知識を身につけていけば、結婚や出産、子育て中も働き方次第で自分のペースに合わせて仕事をすることができます。

人手不足に悩まされているIT業界ですから、仕事を選ばなければ働き口には困らないでしょう。

3.再スタートしやすい

結婚や出産を理由に以前の職場を退職し何年も休職していると、社会復帰するタイミングはとても勇気がいるものです。

ブランクがある=自信やスキルも失われていってしまうので、働く意欲も湧きにくくなります。

しかし、エンジニアのスキルを持っていれば一度離れた仕事でも社会復帰しやすくなり、即実践できる業種としてリスタートしやすくなるメリットがあります。

4.在宅フリーランスで働くことができる

IT業界では、アウトソージング化が進んでいることはご存知でしょうか?

妊娠や子育てで働ける時間が限られてしまっても、フリーランスとして仕事ができる環境が整いつつあるのです。

もちろん正社員でも在宅勤務で業務をこなすことも可能です。

日本は介護や子育てに関しては女性が負担する場面が多く考え方も偏りがちですが、在宅フリーランスであれば仕事をすることをあきらめる必要はありません。

家事や育児で忙しい合間をぬって短時間でも仕事ができれば、少しずつ自信や経験につながっていくことでしょう。

また本格的に仕事を始動させる場面で、必ずプラスになる効果が期待できます。

5.IT業界は若い人や女性向け

老舗企業や伝統ある企業では、「男性優位の思想」からなかなか切り抜けることができません。

性別が理由で昇進が遅れたり、結婚・出産で差別を受けたりすることがあります。

その点、IT業界で働く人たちは若い世代を占めているケースが圧倒的に多く、男性も女性も性別関係なく「夫婦共に働く」という意識を持っています。

IT業界の世界的大手アメリカは、実力主義でライフスタイルを認めながら働くという空気が当たり前です。

日本のIT企業も少なからずその影響を受けており、フレックスタイム制や在宅勤務など柔軟な働き方を推奨しています。

一昔前までの世代差や、意識の違いを取っ払ってやりがいを感じながら働くことができる職場に近づいてきています。

6.ファッションを自由に楽しめる

大手企業や大規模な工場などでは、社員は当然のように制服や作業服を着用するように義務づけられています。

しかし、ITエンジニアは新人でも自分の好きなファッションを取り入れられる職場が非常に多いです。

もちろん、社会人に相応しい最低限のマナーは必要ですが自分の気持ちを高めるためにファッションを楽しみながら仕事に打ち込めるのは嬉しいことかもしれません。

男性の場合はスーツが多く、女性に比べて自由度が低くなっています。

7.勤務環境が緩い

IT業界は、会議中や接客中以外はお菓子やコーヒーなどを自由に飲める職場が多いでしょう。

在宅勤務になれば、当然自分のペースで仕事をしたり食事をとったりするので自由な時間に気分転換することができます。

眠くて仕事に集中できない時や、お腹が空いて仕方がない時も我慢する必要がなく、お菓子や飲み物が自由に食べられる職場は、ストレスが少なく気軽に働けることが出来るのは大きなメリットになることです。

未経験でもIT業界で働けるのか?

女性は結婚や出産などのライフイベントに直面する可能性が高いので、IT業界で働くためにはどのようなキャリアを積んでおくべきか悩む人も多いでしょう。

IT業界の未経験者でもWebエンジニアやマークアップエンジニア、Webデザイナーは比較的転身しやすい職種です。

事前にある程度のIT関連知識を身につけてからの方が働きやすくなるでしょう。

例えば、プログラミングを題材とした書籍を活用してみるのも一つの方法です。

サンプルを使って文法を理解できれば短時間でWebアプリケーションや言語、プログラミングセンスを習得することができるでしょう。

実践的なスキルを身に着けたいという人は、書籍に頼らずスクールに通うこともおすすめです。

未経験者を対象とした短期集中型のプログラミングスクールもありますし、オンラインでインストラクターにいつでも質疑応答できるので時間に余裕がない女性にはピッタリです。

さらに資格を取得できるスクールもあるので、新たなスキルとしてチャレンジすることもできます。

未経験者は、基礎からマスターしていくことが必須なのでマンツーマンで直接指導してもらえるスクールは安心材料になるかもしれません。

色々なイプのスクールがありますが、あくまでも自分にあった指導方法を展開しているスクールを選ぶようにしてください。

まとめ

女性がIT業界で活躍していくためには、未経験でも活用できるスキルを事前に身につけておくことが大切になります。

仕事や家事、育児などで忙しい女性だからこそ、効率的に働けるIT業界に挑んでいくべきです。

IT業界は、全体的に女性への待遇改善に取り組む姿勢もあるので、今後はより一層社会に求められていく存在になるでしょう。

女性にとって働きやすいITエンジニアを目指してみませんか。

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

8月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
7月受入枠は満員となっております。8月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

関連キーワード
キャリアの関連記事
  • 未経験でもエンジニアになれる!国内最大級のインターネットサービスの商店街を持つ「みんなのマーケット」にインタビューしました!
  • プログラミングは才能がないとできない職業か?徹底検証
  • 【未経験からのエンジニア転職】おすすめのエージェント5選!
  • IT業界の向き・不向きを決める5個の基準を紹介
  • 全体を理解できる、IT業界の職種一覧紹介
  • 【IT業界】SEの仕事内容と就職・転職方法を紹介

当サイトで人気のオススメ転職サービスTOP3

1位 マイナビエージェント×IT

おすすめポイント

・平日忙しい人も、土曜日開催の個別キャリア相談会に参加できる

・職種や仕事内容(要件定義、上流工程から携わる仕事など)の要望が細かくできる
・マイナビの規模を活かした豊富で幅広い求人数

マイナビエージェント×ITの登録はこちら

2位 レバテックキャリア

おすすめポイント

・求人登録数4,000件以上

・エンジニア未経験、経験者両方に対応

・有名企業の採用担当者インタビューがみれる

・一次面接NGからの内定実績もあるほど、内定率が高い

レバテックキャリアの登録はこちら

 3位 type転職エージェント

おすすめポイント

転職者の71%が年収アップ

・IT系企業、特にエンジニアに限らず営業職の求人も充実している

各職種専門の転職アドバイザーが援助

type転職エージェントの登録はこちら

おすすめの記事