学びと仕事を通して、人生を「最高の物語」にする。

×

【学割で安い!】学生におすすめのプログラミングスクール5選

▼本記事について
本記事は、『たった1ヶ月で未来を変えられる』初心者向けプログラミングスクール「WebCamp(ウェブキャンプ)や、未経験者でも3ヶ月の学習でエンジニアに転職・就職ができる「WebCampPro(ウェブキャンププロ)」を運営してる株式会社インフラトップが提供しています。

近年、様々な企業でIT化が進みプログラマーやシステムエンジニアの重要性が非常に高まっています。

日本ではプログラマーの地位はそれほど高くありませんでしたが、海外ではプログラマーなどの社会的地位は非常に高く、日本でもエンジニアへの認識が海外に追いつきつつあります。

ここ数年でプログラマーに転職するために、独学で学習をしたりプログラミングスクールに通う社会人も増えてきています

また2020年から小学校でプログラミングの授業が取り入れられることが決定しており、社会人だけでなく幼児から大学生でもプログラミングスクールに通う学生も増えつつあります。

今回は学生にオススメのプログラミングスクールをご紹介していきます。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

学生がプログラミングスクールに通う3つのメリット

まずは学生がプログラミングスクールに通うメリットについて、ご紹介していきます。

学割

プログラミングスクールにもよりますが、一般の方よりも受講料が安くなる学割が採用されているところも少なくありません。

小学生はもちろんですが、自分で授業料を支払うことが多い大学生にとっては学割は非常に大きなメリットです。

ただし学割が採用されていなくても元々の授業料が安く設定されているプログラミングスクールもあるので、授業料を比較することは忘れないように注意が必要です。

就職・転職サポート

全てのプログラミングスクールではありませんが、プログラミングスクールの中には複数の企業とつながりがあり、プログラミング技術を習得することで就職・転職をサポートしてくれるところもあります。

また派遣会社やハローワークなどに公開されていない求人情報を先に教えてもらえることもあります。

紹介してもらった求人以外にもプログラミングスクールでプログラミング技術を身につけること自体就職に有利になります。

将来性

小学校の授業に導入されるだけあり、プログラミング技術を習得しておくことで、将来有利になる可能性が高いです。

これからIT化がさらに進んでいくことで、無くなる職業が存在する一方でプログラマーやシステムエンジニアといったプログラミング技術を使用する職業の需要は増えます。

場合によっては、将来エンジニア関係の職業でなくともプログラミングの基本が必須になっている可能性も十分考えられます。

学生におすすめのプログラミングスクール5選

それでは実際に学生におすすめのプログラミングスクールをご紹介していきます。

CodeCamp

https://codecamp.jp/gate

CodeCampは受講料は新卒学生の場合通常198,000円の授業料が98.000円で2ヶ月間で30回マンツーマンのレッスンと就職・転職サポートを受けることができます。

Javaなどの有名プログラミング言語はもちろん、近年需要があがっているPHPなどのプログラミング言語の受講も可能です。

学生にとって最大のメリットは就職成功で受講料が全額キャッシュバック(延長分は対象外)される点です。

CodeCampの新卒就職成功のキャッシュバックが適用された場合、0円でプログラミングスクールに通うことができたことになります。

学割以外にも第二新卒や社会人の転職の場合も、全額キャッシュバックのプランがあるので学生以外にもおすすめのプログラミングスクールです。

Rainbowapps

https://school.rainbowapps.com/

Rainbowappsはスマホアプリを作ることに特化したプログラミングスクールです。

受講料は一般の方が99,800円に対して学割が適用できる学生は49,800円で受講することができます。

受講方法も通学型とオンライン型両方に対応されています。

また親子で通う場合は、お子さんの受講料が無料になるので学生だけでなく転職を考えている保護者が通うのに合わせて、将来必要になる子供にプログラミングを学習させるのにもおすすめです。

TECHACADEMY

https://techacademy.jp/

TECHACADEMYは他のプログラミングスクールと比較しても、非常に多くのプログラミング言語に対応したスクールになります。

学生割はもちろん先割や友割と言った割引も準備されており、割引制度が充実しています。

またウケ放題プランなど時間のない方や一気にプログラミングスキルを身につけたい方におすすめのプランも準備されています。

中学生や高校生向けにはTECHACADEMYジュニアもあり、就職を控えた学生以外にもおすすめできるプログラミングスクールです。

WebCamp

http://web-camp.io/

WebCampは短期間でプログラミング技術を習得することをメインとしたプログラミングスクールです。

受講料は一般の方が一ヶ月118,000円に対して学割が適用できる学生は59,800円で受講することができます。

また学割以外にもご紹介割引やともだち割引などを適用することで、さらに受講料を抑えてプログラミングスクールに通うことができます。

また期間中であれば11:00~23:00の間は通い放題なので、短期間でプログラミングを習得したい方におすすめです。

ProEngineer

http://proengineer.internous.co.jp/lp_kiso3/

ProEngineerは学割のあるプログラミングスクールではありませんが、ProEngineerに協賛する企業のどこかに就職することを前提としており、就職することで受講料は0円になります。

就職活動に困っている大学生や第二新卒の方にもおすすめのプログラミングスクールです。

JavaやPHPのプログラミング技術以外にもWebデザインで必要になるHTMLやCSS、システムエンジニアとして必要なLinuxについても学ぶことができる点もおすすめの理由の1つです。

終わりに

今回は学生におすすめのプログラミングスクールについて、ご紹介してきましたがいかがでしたか?

プログラミング技術の重要性が高まって行き、プログラミングを身に着けようとしている人は増えていますが、プログラミングを独学で習得するのは簡単ではありません。

プログラミングスクールに通うのはおすすめの選択肢です。

プログラミングスクール選ぶ上で受講料は学生の方々にとって、重要な条件になりますが、プログラミングスクールによって受講コースや内容に違いがあるので、しっかりと調べて選ぶことが大事です。

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

【1ヶ月コース】無料説明会で話を聞いてみる 【転職コース】無料相談会に参加してみる