学びと仕事を通して、人生を「最高の物語」にする。

×

転職する前に仕事を辞めるべき?大事なポイントを解説!

▼本記事について
本記事は、『たった1ヶ月で未来を変えられる』初心者向けプログラミングスクール「WebCamp(ウェブキャンプ)や、未経験者でも3ヶ月の学習でエンジニアに転職・就職ができる「WebCampPro(ウェブキャンププロ)」を運営してる株式会社インフラトップが提供しています。

「もう仕事を辞めたい」、「自分には向いていなかった…」と暗い気持ちになった経験はないでしょうか。

社会に出てから厳しさを知り、荒波に揉まれるように働き続けていると、仕事を辞めたいと思う波がやってくることがあります。

また、転職をすることで今の生活から抜け出して、心機一転やり直すことができるのでは?と淡い希望を抱く人もいるかもしれません。

しかし仕事を辞める前に、少しだけ考えておきたいことがあります。

今回は転職前に仕事を辞めた方がいいのか、解説していきます。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

人が転職をしたいと考える4つの理由

そもそもなぜ転職したいと思うのでしょうか。

その理由として挙げられるものをいくつかピックアップしてみましょう。

1.人間関係のこじれ

転職理由として頻繁に挙げられるものとして、人間関係に関する悩みがあります。

セクハラやパワハラなどの悪質なものから、些細なストレスが延々と積もりに積もった結果など多岐にわたり、自分1人では解決できないようなものになると辞めたくなりますよね。

人間関係が良好で、仕事の成果を健全に競い合う、もしくは協力して大きな成果を出せるような職場であれば最高ですが、企業選びはできても職場の人間選びはできないものです。

2.給料・福利厚生などの待遇が悪い

人間関係と並び頻繁に挙げられる理由として、給料が少ないという悩みや、福利厚生への不満など、待遇面の理由も多いです。

仕事への評価を比較的客観性をもって計れるものとして給料の多い・少ないがありますが、自分の想像していたものより少ないとモチベーションが下がります。

福利厚生も重要で、「遠くから出勤していても通勤手当がない」「資格が必須になったとしてもそれを取るための手当がない」「会社が保険料を負担してくれない」などの理由が代表的です。

給料・福利厚生は生活に直結する部分なので、誰もが不満を抱えている所です。

3.仕事内容がきつい

自分の想像していた仕事内容以上にきつかった、また募集要項に書かれていた以上の仕事をやらされたなど、仕事内容のきつさから仕事を辞めたくなる人も多いです。

仕事は生きるためにお金を稼ぐ手段だと割り切る人の中にも、仕事内容があまり好きになれず心苦しさを感じてくる人もいますし、仕事を始めてから性格や能力的に合わなかったことに気付く人もいます。

やりがいがないだけでなく、自分の生活の多くを占める仕事がきついとなると人生も楽しくなくなってしまいます。

4.労働時間が長い

毎日が終電帰りで休日は寝て過ごすような生活になってしまうと、もはや何のために生きているのかと思いつめてしまう人がいます。

せっかく残業をなくすためにテキパキと仕事を進めても更なる仕事を積まれ、ゆっくり雑な仕事をしていた同僚が先に帰っていく姿を見送ると怒りがわき立つと言う気持ちもわかります。

忙しく働いた分だけスキルも経験値も溜まっているとはいえ、達成感を感じる間もなく次の仕事へ移るような生活では、心を病むケースもあります。

連日会社で寝泊まりさせられるような無理な生活を送っていくうちに、体の方が異常をきたしてしまうという場合もあります。

このような扱いを受け続けていれば、今の仕事を辞めて新しい仕事を探したい人が増えます。

仕事を辞めてから転職活動するべき?それとも働きながら行うべき?

「現在の仕事を続けながら転職先を探すべき」なのか、それとも「仕事を辞めてから探すべき」なのか迷っている人も多いのではないでしょうか?

仕事を辞めてから転職活動をする場合も、働きながら行う場合も、どちらにもメリット・デメリットが存在しています。

退職してから転職活動をする場合:時間を多く使える

先に今の職場を辞めてから探し出す場合、一番のメリットは転職活動に時間を多く割くことができる点です。

転職先を探す情報収集や面接日程の調整、転職に必要な資格を得るための勉強もでき、ゼロから再スタートを切るとなると時間が沢山あるというのは大きな利点でしょう。

その分、自分で時間の使い方を決められるからこそ自堕落な生活に陥りやすく、またその間無収入になりやすいため生活資金が底をつくという可能性も捨てきれません。

活動が長引き、憂鬱な気分のまま意欲がなくなり、無職としてブランクを空けてしまえばますます転職には不利になることもあります。

ただし、特定の手続きを踏むことで、失業手当や早期再就職支援金などの給付金を得ることもできます

時間を多く取れる利点を生かし、短期決戦で転職先を決められる場合に良い方法でしょう。

また、完全に違う業種を目指して勉強するので先に退職して時間を確保する、という人もいます。

仕事をしながら転職活動をする場合:長期戦に向いている

こちらの方法は先に辞めるより時間を取りにくく、面接日程の調整などで苦労することもありますが、収入はなくならないため長期戦に向いています

「絶対に妥協せずに入りたい会社がある」「社員寮に住んでいる」「退職時に引きとめられたくない」などの理由がある場合におすすめです。

今現在働いている場所があることは、その分不採用が続いてもまだ後ろ盾があるということでもあります。

日々が少し忙しくなることもありますが、上手く休日を作ったり趣味を楽しんだりすることでストレスを解消しつつ、妥協せずに良い転職先を探すことは成功の鍵です。

デメリットとして、近年は失業状態になることを避けるために働きながら転職先を探す人が増えている傾向にあり、激務と多忙に板挟みにされて体調を崩すケースもあります。

仕事を辞める前に考えておきたいこと

会社を辞めたいと一瞬でも考えたことのある人は多いのではないでしょうか?

「同窓会や結婚式で昔の友人の仕事の話を聞いた」時に転職を検討し始める人が多いそうです。

転職をする前に、まずはもう一度自分の働き方について見直してみることが大切です。

理想の働き方とは?

理想の働き方を考えるなら、まずはこれから先の人生について考えましょう。

結婚や妊娠、出産を考えているのであれば、福利厚生が充実している企業に勤めることが重要となります。

手に職をつけて老後も安定して収入が得られるようにしたいのであれば、資格を取ることも検討しましょう。

給料や労働条件についても考えていきましょう。どのくらいの収入が欲しいのかも大切ですが、残業が多く休日出勤ばかりでは自分の時間を持つことさえできません。

「仕事内容」「労働時間」「給料・福利厚生」の中で、自分の人生にとっての重要度の高いものは何か、しっかり考えましょう。

そして最後に、理想を掘り下げて考えてみます。

・仲間と協力して働きたい
・自宅でできる仕事を始めたい
・自分の時間は確保したい
・子どものために休みはしっかりと休み、残業もない会社で働きたい

このようなことを考えることで、自分に合う条件を探し出すことができます。

今の働き方は?

理想の働き方を見出したら、現在働いている会社について考えてみましょう。

まず、なぜ辞めたいのかを考えます。

・給料が少ない
・残業が多い
・上司からのパワハラ
・さらなる知識を身につけたい
・もっと上を目指したい
・夢を追いかけたい
・新しいことに挑戦したい

これらの項目は考えるだけでなく、紙に書き出しましょう。紙に書くことで整理されます。

そして、理想の働き方と現在の働き方を見比べて、どうやったら差が埋まるのかを考えましょう。

例えば自分が頑張れば給料が上がる環境であれば、現在の職場で結果を出すことを検討したり、また会社全体の雰囲気がどうしても嫌で改善が見込めない場合は別の職場を検討するなど、ひとつひとつ具体的に比較します。

すぐに仕事を辞めてしまうのではなく、しっかりと自分を見つめ直してみることが後悔しない働き方を導き出す結果となるでしょう。

まとめ

理想と現実には様々なギャップが生じてしまうこともありますが、その差をどう埋めていくかで転職活動が成功するか、そうでないかが変わってきます。

転職活動を行う前にまずはそういった部分から検討を始め、本当に転職の方がうまくいくということがわかった時点で転職活動を始めても遅くありません。

ぜひ、仕事を辞めてしまう前に今一度転職について考えてみましょう。

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職サポート付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

【1ヶ月コース】無料説明会で話を聞いてみる 【転職コース】無料相談会に参加してみる