学びと仕事を通して、人生を「最高の物語」にする。

×

社会人なら知りたい!みんなの転職事情

▼本記事について
本記事は、『たった1ヶ月で未来を変えられる』初心者向けプログラミングスクール「WebCamp(ウェブキャンプ)や、未経験者でも3ヶ月の学習でエンジニアに転職・就職ができる「WebCampPro(ウェブキャンププロ)」を運営してる株式会社インフラトップが提供しています。

仕事や人間関係などの理由から転職を検討される方もいらっしゃるかと思います。

しかし、実際に転職をするとなった時に、どういったタイミングで行なった方が良いのか、入社してすぐでも転職をしていいのかなど、迷うところも多いでしょう。

そこで今回は、みんなの転職事情についてご紹介していきます。

こちらを参考にしながら、転職について改めて考えてみましょう。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

年代別にみる、みんなの転職事情

まずは転職している人を年代別に見てみましょう。

厚生労働省の調査で出た統計データによると、20代で転職を経験する人もいますが、男女で一番多く転職する人が見られるのが30代です。

30代を境に、転職を経験したと回答する人の数が増えています。

さらに女性の場合、転職を経験した人は30代以上になるとおよそ8割にも及び、男性よりも転職を経験した人が多くみられます。

なお、女性の場合40代後半までに2回以上転職を経験しているという人は、4割程度という結果が出ています。

20代でも転職をする人は多いですが、キャリアを積んだにも関わらずもっとキャリアアップに望める職場で働きたいという人が30代を中心に多く、そのため転職を経験する人も増えるということが考えられます。

また、女性の場合は結婚・出産の影響から職を離れざるを得ない状況になってしまい、多くの人が転職を経験することがわかります。

このように、年代別による違いはもちろんですが、男性・女性でも転職回数などに違いがあるのです。

転職はタイミングを見ることが大切!

年代別の転職事情が分かったところで、今度は転職のタイミングについて知っておきましょう。

実は転職のタイミングも年代によって様々です。

20代での転職のタイミング

まず、20代で転職を検討する場合のタイミングについてご紹介します。

基本的に転職活動を行うなら年代は早い方が良いと言われています。

その理由として、年代が若ければ体力的にも問題なく、しかも仕事も覚えやすいというイメージがあるためです。

ただし、前職を1年未満で辞めてしまっている場合は企業側も「嫌なことがあるとすぐに辞めてしまうのでは…?」と考え、採用まで至らない可能性が十分にあります。

ですから、20代で転職をするなら最低でも3~4年で転職を検討した方がベストなタイミングで転職ができると考えられるでしょう。
このタイミングで転職を行うなら、未経験の業界への転職も十分に可能です。

ただし、同じ業界内で転職を検討する場合は、3年程度だと若干評価が厳しくなる恐れがあります。

同じ業界ならできるだけ長く経験を積んでいた方が内定をもらえる可能性も高いため、5年以上は現在の職場で経験を積み、それ以降に転職活動を行えば需要の高い状態で転職することができるでしょう。

中にはこのタイミングで転職することにより、キャリアアップにつながったという方も少なくありません。

30代での転職のタイミング

30代で転職を検討する場合、どういったタイミングが適しているのでしょうか?

そもそも30代以降だと雇ってもらえないのでは?と考える方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、昔は転職をするなら35歳までに行わないと難しいと言われていました。

しかし、昨今では少子高齢化により新卒採用が減ってしまい、中途採用の割合が増えたことによって30代後半でも転職を行うことはもちろん可能です。

気を付けておきたいポイントとしては、35歳未満で求められるスキルと35歳以上で求められるスキルが異なるという点が挙げられます。

どういうことかというと、35歳未満は社会人としての経験はもちろん、これまでのスキルを活かせる職場であれば即戦力を求められます。

即戦力につながる人材は職場でも貴重な存在となるため、転職後でもチームのリーダーとして活躍される人はいらっしゃいます。

一方、35歳以上になると即戦力というよりも、マネジメント力が重要な鍵を握ることになります。

35歳以上は管理職候補として採用されるケースが多々みられるため、書類審査や面接の際にもマネジメント経験があるか、責任者としての経験はあるかといった部分を中心にみていきます。

ですから、35歳以降に転職を考えている方は、転職活動を行う前にマネジメントの実績も積んでおいた方が転職活動もしやすくなるのです。

このように、求められるスキルによって適したタイミングが異なるということを念頭に置いておきましょう。

転職のベストタイミングとは?

今まで年代別に見る転職のタイミングを紹介してきましたが、全体的な転職のベストタイミングというものもあります。

例えば、転職活動のしやすさは毎月同じというわけではありません。

求人が出やすい時期として、2月・3月・9月に集中しています。

期末はボーナスのタイミング的に退職者の数が増えるため、その分求人数も多くなるのです。

かえって求人数が少ない時期は、4月から8月の間となります。

この時期は新人教育が盛んな時期であり、中途採用を控える企業が多いです。

また、厚生労働省から発表されている「一般職業紹介状況」の有効求人倍率を見ることで、どの業界が転職しやすいのかを把握することができます。

有効求人倍率は中途採用者一人に対し、何件求人があるのかを示しており、高倍率の場合は中途採用者に対して求人数が多いということになるので転職がしやすいと言えます。

こちらもチェックしてみて転職のベストライミングを図りましょう。

この他、それぞれの業界でも求人の出やすい時期等が異なるので注意しましょう。

例えばデパートなどの販売業であれば年末商戦に向けて秋頃から求人が目立ちますし、観光業であればゴールデンウィークや夏休みなど、繁忙期前で中途採用の求人が多く出ることもあります。

繁忙期が分かる業界であれば、そういった部分でタイミングを図ってみるのも良いでしょう。

入社間もないけど転職したい…その理由とメリット・デメリット

何年も働いてからキャリアアップや年収アップなどを目的に転職する人がいる一方、入社してすぐに転職をしたいと考える人がいます。

転職をする理由は人それぞれですが、入社間もなくの転職にはメリット・デメリットのどちらもあるのです。

それでは、入社して転職を検討する理由やメリット・デメリットをみていきましょう。

入社後、1~2年で転職する理由

入社後にすぐ退職をする理由で最も多いのが、仕事のミスマッチです。

自分のやりたい仕事ではなかった、希望した仕事でも理想と現実にギャップが生じて転職を検討するケースがみられます。

また、人間関係の悪化を理由に早期退職することも多いようです。

人間関係の悪化に関しては年代問わず多い退職理由ですが、新しい環境に馴染むまで時間がかかる新社会人にとって、より大きなストレスになる要素と言えるでしょう。

『入社後にブラック企業と発覚』

『給与の差や休日が少ない』『有給休暇が取れない』『福利厚生が不十分』『残業が多い』

など労働条件を理由に辞めて転職を検討する人もいます。

自分の成長につながらないという考えや将来の不安などから、これらの理由の悩みを持つ人は早いうちに退職を検討する傾向にあるのです。

では、入社間もなく転職するメリットとデメリットをみていきましょう。

メリット

入社後1~2年間での転職は忍耐力がないなど良いイメージが少ないと思う人も多いはずです。

しかし、早期退職にも需要がないわけでもありません。

一般的に仕事が慣れてくる3年は働くという概念がありますが、無理して働き続けて入ればその恩恵を受けることはないでしょう。

我慢も必要ですが、我慢のしすぎで体調不良やメンタルに影響が出ては危険です。

近年はエンジニアなど人手不足の業界・職種は求人も多く出しているので、早い段階での転職でもメリットがあります。

やや難易度は上がりますが、社会人経験があれば異業界・異職種も入りやすくなっているのです。

また、退職金は長く務めた分、増えていきます。

中途半端な年齢で退職しては老後の退職金も減ってしまうので、早く転職して長く務めた方が得とも言えるでしょう。

我慢の生活で仕事や私生活の質が落ちるのであれば、早期に転職を決断することも大切です。

デメリット

デメリットは転職後に後悔してしまうことです。

退職して状況が良くなる一方、むしろ前職よりも悪くなったケースも珍しくはありません。

社会経験が少ない状態なので自分では見えない部分も多く、本来であれば適している仕事だった転職後に気付き、今の職場に不満を感じて転職を繰り返すケースもあります。

早期の転職の決断は大切ですが、本当に転職するべきか見極める冷静さも必要でしょう。

仕事をしながら転職活動しよう!

転職は働きながら、それとも退職してからかと悩む方も多いでしょう。

働きながらでは時間に制限があり効率が悪そうに思いますが、退職後は収入が途絶えてしまうので転職にはリスクが生じます。

退職後にすぐ見つかれば問題ありませんが、転職活動は長期化することが多いので、収入を確保しながら活動する必要があるのです。

それでは、在職中でも効率良く転職できるポイントをご紹介していきます。

有給休暇を活用しよう

働きながらだと休日が限られ、転職活動は厳しいと言えるでしょう。

しかし、働いている人には有給休暇を使う権利があります。

土日・祝日休みの企業であれば面接も平日となるので、平日休みが取れない人は有給休暇を活用すれば平日でも面接が可能です。

退職前に全て消化したいと思う人も多いでしょうが、会社の中にはそれを認めないケースもあります。

それにも考慮して、転職活動で少しずつ消化していくのも有効な手段でしょう。

毎回有給休暇は取りにくいという場合は、半日休暇で面接へ行ける時間だけ確保して、残りは仕事で働くなど業務に支障が出ない工夫をすることも大切です。

事実だとしても転職を回りの人に話してしまうと信頼を失い、仕事が回ってこなかったり、円満退職といかなかったりすることもあります。

有給や半休を取る場合は転職以外の内容で申請しましょう。

転職エージェント

転職サイトで求人を探す方法が一般的ですが、なかなか自分の希望や職種に合わないことも多いでしょう。

また、初めての転職となるとなかなか内定が取れず、結局転職を断念するケースもみられます。

転職エージェントは経歴やスキル、条件に応じて適した求人を紹介してくれるので、なかなか求人が見つからないと悩む人におすすめです。

紹介してくれる求人の中には優良企業や条件の求人も多く、高収入や好条件を望む人にも良いでしょう。

ただ求人を紹介してくれるだけではなく、面接対策の指導や書類の添削などもしてくれるので、働いていても万全な状態で転職活動ができます。

効率良くスムーズに転職をしたいなら、転職エージェントの利用も良いでしょう。

プログラミングスクールに通う

ITの技術進歩やものづくりの需要などからエンジニアが必要とされています。

そのため、異業界・異業種であってもエンジニアとして働ける求人が多く、中には未経験の求人も増加しているのです。

ITやWEB、ものづくりに興味がありチャレンジしてみたい人は、エンジニアになる選択肢もおすすめです。

しかし、エンジニアとして働くためにはプログラミングなどの知識や技術が必要となります。

近年は独学でエンジニアを学べる方法も充実していますが、効率良くエンジニアの知識を学び、資格を取得するならプログラミングスクールに通うと良いでしょう。

働いていても塾のように学べるスクールや土日限定のスクール、短期取得コースがあるスクール、通信制スクールなど様々なプログラミングスクールがあるので、社会人も学びやすい環境となっています。

転職サポートがあるスクールもあるので、すぐに転職をしたい人はそのようなサポートが充実したスクールが良いでしょう。

未経験求人を出している企業は研修や教育体制も整っている企業が多いので、スクールで得た最低限の知識があれば転職可能なことも多いです。

エンジニアに興味がある人はプログラミングスクールの見学や体験に参加し、自分に合ったスクールや興味のあるカリキュラムが用意されたスクールを選びましょう。

まとめ

誰しも今の職場で働くことが嫌になり、転職を考える時はあります。

しかし、冷静な判断ができない状態で転職活動を始めてしまうと、失敗してしまう恐れもあるので気を付けなくてはなりません。

今回、様々な転職事情などをご紹介してきましたが、こちらの情報を参考に自身の仕事について、そして転職について、見直してみてはいかがでしょうか?

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。

WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

 

【1ヶ月コース】無料説明会で話を聞いてみる 【転職コース】無料相談会に参加してみる