◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!

1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月生は満員となっております。12月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

IT業界やプログラミングに興味があっても、未経験で何をしたら良いのかわからない方必見!

今までプログラミングについて勉強したことのない人でも、プログラミングという職種に興味があれば、独学で仕事に活用することはできるのでしょうか?
未経験からプログラミングを学んで就職するためのステップをご紹介しますので参考にしてください。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

独学でプログラマーになれる?

そもそも、何もプログラミングについて勉強していないのに、きちんとした”プログラマー”という職種として働くことは可能なのでしょうか?

プログラマーと聞くと、きちんとした理系でないとダメだとか、専門の資格や知識がなければダメだとか、あれこれ考えたりすると思いますが、結論から言ってしまうと専門的な知識が無く、理系でなくても、プログラマーにはなれます。

プログラマーとはモノづくりの仕事になるので、「何を作ることができるのか」が重要なポイントになるでしょう。

また、プログラマーという存在そのものが人手不足の職種であるため、自分のやる気次第でどこまでものぼっていくチャンスがあるので、やりがいのある仕事でもあります。

プログラマーの仕事とは?

プログラマーとは、どのような仕事なのでしょうか?

プログラマーの仕事とは、何か「モノ」を作る仕事で、機械やモノを動かすための手順を組み合わせてプログラムしていくことが基本的な内容になります。
そのモノは、コンピューターやキーボードで作ることができ、内容は多業種に渡り、幅広い分野で活躍できる仕事でもあるのです。
主な部門をいくつかご紹介します。

・開発業務
企業ごとに開発する分野が異なりますが、未経験者でも関わることが多い、企業の専門的な開発業務になります。

・WEB関連
「Google Chrome」や「Internet Explorer」など、ブラウザで操作するシステムがWEB関連の開発業務になります。

・アプリ関連
最も身近なアプリ開発は、スマートフォンで利用されているアプリの開発で、目指している人も多い分野の開発です。

・オープン系関連
未経験者でも関わることの多いオープン系の分野は、コンビニの在庫管理や売り上げ管理などを支援するシステム開発の分野です。

・組み込み系システム関連
航空機や自動車関連の動作制御や家電製品のマイコンなどの組み込みのシステム開発が、この組み込み系になります。

・汎用系システム開発
銀行のATMや株式会社など莫大なデータをリアルタイムで処理する能力が求められる分野で、汎用機と呼ばれる高スペックなコンピューターに搭載されるシステム開発です。

このように、いくつかのシステムジャンルによってプログラマーの仕事内容も異なってきますが、全てにおいて、統一していえるのは、「何かを作れる」ことです。
以前の職場で少しプログラミングをしていたのであれば、自分が「何を作れるのか」を伝えることができますが、独学で仕事としてプログラミングの経験がない場合には、実用的なものを実際に作って持参したり、今学んでいることを伝えましょう。

独学でプログラマーになるステップ

独学でプログラマーになるなら、プログラマーとしての用語を覚えるなど基本的なことも大切ですが、業種によっても使う内容が異なってきます。
では、何から始めると良いのでしょうか?

①国家資格のITパスポートの勉強をしてみる

就職活動を行っているなら、まず国家資格のITパスポートの勉強をしてみると良いでしょう。
ITパスポートとは情報系の資格の入門編ですが、IT系で多く使われる言葉を学ぶことができるだけでなく、プログラミングをする中で必要なアルゴリズムなどの学習も可能です。

面接の際にWEBテストもしくはペーパーテストを実施する可能性もあるので、知っていて損はありません。
何から手をつけたら良いのかわからない場合には、これらのことを学んでみましょう。

②何かモノを作ってみる

学ぶだけでなく、自分が何を作ることができるのかも重要になるので、モノを作ることも同時に行ってみましょう。

また多くのモノを作ることができると、同じプログラマーという職種であっても分野を広くすることができます。簡単で身近なアプリなどから作ってみると良いでしょう。

最初はわからなくて当然ですが、どのようなモノが作れてどれだけ実用性が高いのかを知ることで勉強になる部分もあります。

③開発したものを実績としてまとめる

多くの開発したモノを自分の実績としてまとめると、それをそのまま面接時に提出することで、何が得意で経験があるのかなどをアピールすることもできます。

これによって企業も即戦力になる人材かどうかの判断もしやすいです。

④就職先の企業の分野は何か調べておく

就職先の企業がどのようなプログラマーを欲しがっていて、何について行っている企業かを調べておき、それに関して、自分作っている同じカテゴリーのものがあれば、それをまとめておくことで、即戦力として働くことができるとアピールすることができます。

開発実績だけでなく、得意分野やスキルがあれば同時にアピールすることもできます。

まとめ

プログラマーはきちんとした勉強や経験、実績がなければできないと思われがちですが、需要に対して供給が追い付いていない一面もあります。

身につけた技術とセンスも重要になってきますが、自分自身のスキルとしても身につけて損はないので、キャリアアップのためにもプログラマーの知識を身につけてみましょう。

プログラミングの楽しさは、自分の思い通りにプログラムしたことを動かしたり、誰かの役に立つことができるという経験もできたり、モノづくりの楽しさを味わえることです。
自分の思ったように作ることで、達成感や満足感を得ることもできます。
独学でも頑張れますが、プログラミングスクールに通い、短期間で効率的に学ぶこともできるので、自分にあった方法でプログラミングスキルを高めてみましょう。

何歳だから今さらプログラマーになることはできないという制限はありません。

いくつになってもスキルとして身につければ貴重な強みとなるので、興味があるうちに学んでみてはいかがでしょうか?

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月受入枠は満員となっております。12月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

おすすめの記事