◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

DMM WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
TECH::CAMP教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
DMM WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月生は満員となっております。1月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!
今、IT業界を中心にプログラマの人材不足が問題になっています。
そんな中で大学を卒業し、プログラマーとして働く人材のニーズは高まってきています。
では、どうすれば新卒のプログラマとして就職活動を成功させることはできるのでしょうか?

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

まずは自分の経験・実績を分析してみる

プログラマーとして就職活動する方法として、まず一つ目に自己分析が挙げられます。
自分は今までどんなことをしてきて、どんな実績を持っているのかを整理し、経験・実績がどのくらいあるのかを調べる作業です。
プログラミングに関連することはもちろん、特に関係ないものまでしっかり書き出してみましょう。
こうすることで、自分の持つ経験や実績を見つめ直すことができ、何がプログラマとして活用できるのかを判断することができます。
一見関係なさそうな経験・実績も、プログラミングスキルと関連付けることができることもあります。
履歴書に記載する内容にも反映することができますし、自分を見つめ直すことで履歴書や面接時でのアピールにもつながるでしょう。
例えば、プログラミングとは関係なくても、「仮説」と「検証」をして結果を出した経験は、大いにアピールになります。

実際に企業の選考を受ける

① 企業を選ぶ時のポイント

プログラマーとして企業を選ぶ時のポイントとしては、自社製品の開発を行っている企業もしくは受託開発を行っている企業を対象に選ぶようにすると良いです。
なぜなら、自社製品の開発や受託開発を行っている企業は、自社自体が高い技術力を持っている可能性が高いと考えられるからです。
しかし、それ以外の企業は自社製品の開発・受託開発すら出来ない、派遣することしか出来ない企業ということになってしまうため、将来性はかなり低いです。
就職後のスキルアップを目標としているならば、なるべく自社製品の開発・受託開発を行っている企業を選ぶようにしましょう

② 就職サイトを活用する

就職活動する方法として、就職サイトを活用すると良いです。
就職活動の際にこうしたサイトを利用されている方は多いかと思いますが、プログラマーを目指す人にとっても効率的に企業が探せるので登録して損はないでしょう。
上記で紹介した企業を選ぶ時のポイントに注目しながら、プログラマ募集の企業を探してみましょう。

就職サイトと言っても、数多くのサイトがあるのでどこを活用していいのかわからないという方も多いかと思います。
例えばリクナビやマイナビのような大手就職サイトから中小の就職サイト、その地域に特化した就職サイトなど、様々です。
これらはどれか一つに絞るのではなく、いくつか登録しておくと良いでしょう。
大手就職サイトには豊富な求人情報が掲載されていますし、中小の就職サイトにもそこにしか手に入れられない求人が見つかるかもしれません。
大手は情報が多く、中小は独自の採用ルートを持っていたりします。
地域に特化した就職サイトも同じような理由で登録しておくべきです。
また、就職サイトの中にはプログラマーやエンジニアの求人情報を専門としているサイトもあります。
就職サイトをいくつか使い分けることで、自分に合った企業を見つけることができるでしょう。

参考リンク

ITエンジニア志望の学生用の就活サイト paiza新卒

https://paiza.jp/student

paiza新卒は、プログラミングのスキルを就活で活かせるサービスです。自分の書いたコードで自己PRができたり、ESをスキップして選考に進むことができます。

エンジニア学生なら、まずは登録してみましょう!

エンジニア就活

https://engineer-shukatu.jp/

エンジニア就活は、エンジニア職での新卒募集をしている会社を検索できるサイトです。

会社で扱っている言語や・フレームワーク・ツールなどで検索できるので、自分の得意なスキルや、伸ばしたいスキルがある人は活用してみてください!

③ 面接官は新卒プログラマに対してどこを見ているのか?

就職活動の中で特に重要なのは、やはり面接と言えます。
面接官は新卒プログラマーのどんなところを見ているのでしょう?
求められていることが分かれば、アピールすべきポイントも自然と見えてきます。

・身だしなみ
まず、第一印象として身だしなみはとても重要な要素となります。
例えば髪の毛がボサボサ、スーツもシワだらけな人が面接会場に現れたら、面接官はどう感じるでしょう?
パッと見で悪い印象を与えてしまいかねません。
つまり、面接で様々な質問をする前から不利になってしまうのです。
そんな不利な状況から脱するためにも、身だしなみを整えてから面接を受けるようにしましょう。

・健康かどうか
プログラマーの仕事はとても忙しく、ストレスもかかってきます。
納期間近になれば何日も残業してしまうこともあるでしょう。
プログラマの仕事をしていく上で、健康かどうかという部分はかなり重要になってきます。
体力的な健康はもちろんですが、心も健康かどうかも面接官は見ていることが多いです。
例えば、趣味を持っていたり、日頃からスポーツに取り組んだりしていると、心と体の健康さがアピールしやすいでしょう。

・コミュニケーション能力
プログラマーの仕事は常にパソコンで作業し、他の人とはあまり言葉のやり取りをすることはないと思われがちですが、実はコミュニケーション能力も重要です。
例えば、クライアントとの打ち合わせで実際にプログラマーが加わって打ち合わせすることは多く、クライアントに対しる不明点があれば質問しておかないと、クライアントが望むものを仕上げることはできません。
また、SE(システムエンジニア)について働く時も、SEと普段からやり取りを行うことで意思疎通を図り、求められているものを共有することができます。
こうしたことから、コミュニケーション能力も面接官は見ているのです。

・プログラミング技術
プログラミング技術を見ることで、即戦力になるかどうかがわかります。
初めにご紹介した経験・実績の分析についてご紹介しましたが、そこで得たスキルが企業側にとってメリットのあるものなのかどうかを判断します。
ただし、企業によっては未経験でも入社可能なところはあります。
特に新卒プログラマーに対して研修制度を設け、自社で使っている言語を中心にプログラミング言語並びに技術を学んでから現場に入るというケースも少なくありません。
しかし、そうは言っても面接ではプログラミング技術が最低限あるかどうか見ているわけですから、なるべく経験や実績はアピールできた方が良いでしょう。

プログラミング技術を磨くならプログラミングスクールへ

プログラミング技術は、面接試験でも見られる能力ですから、できるだけ経験を積んだ状態で面接に挑みたいものです。
しかし、独学ではプログラミングスキルの習得は時間と手間がかかってしまい、就職活動と並行して行うことは難しいと言えるでしょう。
一人でプログラミングスキルの強化につなげるなら、独学ではなく、思い切って時間とお金をかけ、プログラミングスクールを利用するのも一つの手段です。

まとめ

新卒でプログラマーを目指す場合、①まずは自分の経歴を分析し、②行きたい会社を調査した上で、内定獲得に必要なプログラミング能力があるなら、③独学か、プログラミングスクールで学ぶのが良いです。どちらの選択が正しいかは、みなさんの今の生活の空き時間や予算で判断してください。みなさんの就職活動の成功を願っています。

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月受入枠は満員となっております。1月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!


▼ついに開講!オンラインでWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事