難波校OPEN記念入学金無料キャンペーン実施中!
DMM WEBCAMPは難波校の開校を記念して、通常100,000円(税抜)無料で入校できるキャンペーンを実施しています。
関西未経験からエンジニアになりたいプログラミングで人生を変えたい方はこの機会にぜひご検討ください!

突然ですが、皆さんは未経験でプログラマーになった時の年収をご存知ですか?

プログラマーはネット上では、IT土方と言われたりブラックだと言われたりしていて、収入が低いイメージを持たれている方も少なくありません。

今回はプログラマーの収入について、特に未経験のプログラマーの給料を詳しく解説していきます。

 

未経験プログラマーに就職・転職について

まずは未経験プログラマーの収入の前に、未経験の方がプログラマーになれるか気になっている方も多い思います。

選択できる求人は多くありませんが、未経験でもプログラマーになれる求人はあります。

しかし実務経験がゼロなのであって、プログラミングの知識については最低限の基礎知識がなければ求人に応募できても、採用される確率はかなり低くなってしまいます。

プログラマーになるには、プログラミングの知識を身に着ける必要があります。

未経験プログラマーの収入は?

それでは本題のプログラマーの収入ですが、残業を含む年収はかなり高くなっています。

具体的な金額で言えば、未経験の方でも年収500万以上になる場合も決して珍しくありません。

もちろん就職・転職を行う時の契約内容次第では、残業代込みで年収250万以下の場合もあります。

プログラマーの仕事は残業が多い職種になるので、残業代が出るか出ないかは年収に大きく影響しているのです。

契約内容をしっかりと確認して、就職活動を行うことが重要です。

契約内容に問題がなく、実力を付けていくことで、最終的には年収1,000万円以上になる方も決して少なくありません。

・SEへの就職・転職をお考えの方は、「未経験でもSEやプログラマーになれるの?」の記事を参考にしてください

注意するべき求人内容

それでは実際に求人に応募する前に注意する必要がある点ですが、基本給に残業代が含まれる、みなし残業の求人には注意が必要です。

残業時間が150時間で残業代がなくても、働きたくなるほどの基本給が設定される場合は検討しても良いですが、そうでなければ応募しない事をオススメします。

また残業時間全てが含まれているのではなく、40時間分という場合もあります。

一見普通に見えますが、これも企業によっては定時以降1時間毎に1時間休憩になっている場合があります。

もちろん労働法的には休憩して問題ありませんが、上記の様な企業はとても休憩が取りにくい雰囲気だったりで結果として80時間残業しても残業代がないことになってしまう場合もあります。

その結果基本給だけの給料になってしまい、年収としては300万以下になる場合もあります。

定時間後の休憩時間などもしっかりと確認をすることも忘れてはいけません。

条件の悪い求人に応募するメリットは?

残業代が出ないような求人は避けるべきかですが、必ずしもそうとは限りません。

プログラマーの業界は実力主義なので、収入よりも経験を得るために、未経験の方がまずは実務経験を積むために就職するのは選択肢の1つになります。

仕事が大変で給料が少ないのでは、肉体的にも精神的にも良くはありませんが、3年以上の実務経験があれば、多くの企業に転職することが可能になります。

結果として実務経験を得た後に、給料が良い企業に転職することで高額年収へのステップアップする方法としてはアリです。

 

未経験の方が給料をアップする方法は?

基本給や残業代の有無で、収入に差がでることは既にご紹介しましたが、入社後に収入をアップさせる方法について解説していきます。

まず未経験の方が給料アップを目指すには、プログラミングやSQLなど業務に使用するスキルを磨くことが大事です。

プログラマーにとって、実力が全てと言っても過言ではないので、スキルアップに集中することで収入に直結します。

しかし残念ながら日本はスキルアップだけでは、給料があまり上がらなくなってきています。

理由は、日本ではプログラマーを始め、IT関係のエンジニアの評価が海外より高くありません。

そのため、企業に正社員として所属している場合、マネージャーなどの管理職にならなければ企業内の役職が上がらず、収入が上がらなくなってしまうこともあります。

全ての企業という訳ではありませんが、大手有名企業であっても、いまだにエンジニアでは上位の役職に付けない所も多くあります。

未経験の方がプログラマーになるのはスクールに通うのがオススメ

既にご紹介した方法以外にも未経験の方がプログラマーになる方法はいくつかありますが、その中でも特に未経験の方がプログラマーになる近道は、プログラミングスクールに通う方法です。

未経験の方で、プログラミングの基礎知識も習得していない方が就職・転職するのが難しいのは少し触れましたが、プログラミングを独学で学習するのは簡単ではありません。

学習したことがある方は経験したことがあるかもしれませんが、プログラミングを独学で学習していると周りにプログラミングを習得している方がいない場合は、自分で解決する必要があります。

結果としてプログラミングを技術を習得するまでに数ヶ月から数年の時間がかかってしまったり、挫折してしまう可能性もあります。

しかしプログラミングスクールに通うことで、多くの問題を解決することができます。

 

プログラミングスクールに通うメリットは?

プログラミングスクールに通うメリットには、独学では学習時に詰まってしまうと時間がかかるのに対して、プロの講師に対面式の学習を行ってもらうことでスムーズにプログラミングを習得できることです。

また、プログラミングの学習に入る前に、数多くあるプログラミング言語の中でどのプログラミング言語を最初に習得するのが良いか相談したりすることもできます。

そして多くの方が気になる受講料ですが、受講料を安くするキャンペーンや満足がいかなかった時の全額返金保証キャンペーンなども実施しているプログラミングスクールもあり、それほどデメリットになりません。

確かに他のeラーニングや書籍を使用して独学で学習するのに比べると費用はかかりますが、短期間に集中して学習を行って就職・転職を行うことで結果としてプログラミングスクールに通うほうがお得になる場合も少なくありません。

全てのプログラミングスクールではありませんが、プログラミングスクールによっては、多くの企業とつながりがあり就職・転職をサポートしてくれるところもあります。

・未経験からプログラマーになるステップの全体像を確認したい方は【徹底解説】未経験からプログラマーになるためのすべてを伝授」の記事を参考にしてください。

終わりに

今回は未経験の方がプログラマーになった時の年収について、解説をしてきましたが、いかがでしたか?

未経験の方でも決して悪い給料ではないので、転職を考えている未経験の方は、是非プログラミングを習得して転職活動を行うことをオススメします。

5月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
4月受入枠は満員となっております。5月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!


▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

 プログラマー志望者への人気・おすすめ記事一覧

初心者必見記事 職種別解説記事 就職・転職活動対策記事
全体を理解したいプログラマー 未経験者向け 未経験から派遣プログラマーへ 未経験からのプログラマー資格
文系のプログラマー志望者向け 未経験からSEになるには 未経験からプログラマーを目指す本
第二新卒向けも未経験からプログラマー 未経験からWeb系プログラマーへ プログラマー未経験向けエージェント
未経験からのプログラマーは辛い? 未経験からフリーのプログラマーへ プログラマー未経験向け面接対策
おすすめの記事