Startup Stock Photo

◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月生は満員となっております。12月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!
様々な分野でプログラマーは活躍していますが、未経験者の場合は、特にWEBプログラマーへの就職が人気のようです。

とはいっても、プログラミングをするためには言語など知識が必要ですが、知識ゼロでWEBプログラマーになれるのでしょうか?

今回は知識ゼロでもWEBプログラマーとして就職する方法をご紹介していきます。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

WEBプログラマーはどんな仕事?

WEBプログラマーの主な仕事は、WEBブラウザ上でWEBサービスを提供するためのアプリケーションを作成することです。

美容院やサロンなどのWEB予約のシステムや通販サイトなどWEBサイト作成がメインとなります。

他にもGoogleのスプレッドシートやソーシャルゲームなどもWEBプログラマーがプログラミングしています。

就職先はWEB制作会社への就職が一般的でしょう。

クライアントへ直接仕事を受けて自社で完結する会社だけではなく、下請け会社として仕事を依頼される会社もあります。

スマートフォンの普及により、毎日数百から数千単位のアプリが開発・リリースされており、WEBプログラマーはソーシャルゲーム界を中心に需要があります。

慢性的な人手不足なので、未経験者でも就職しやすい分野なのです。

WEBプログラマーとして必要な知識

働く上で必要となる知識は、データベースの扱いとプログラミングをするための言語です。

プログラミング言語は200種類以上あるとされており、働く分野によって使用する言語も異なります。

WEBサービスはWEBを映し出すクライアント(端末)の要求にインターネットを通じてデータベース(サーバー)で必要な情報取得と加工処理が行われ、クライアントに表示される仕組みです。

クライアント側とサーバー側では、主に使われる言語がことなります。

クライアント側ではHTML、CSS、JavaScriptが使われ、サーバー側ではJava、PHP、Pythonの言語が使われることが多いです。

他にもWEBサイトやサーバーが大量アクセスした時の処理に備え、負荷分散に関する知識やセキュリティ関連、WEBサーバーの設定などWEBに関するあらゆる知識も求められるでしょう。

必要となる知識は分野やプロジェクトによって異なるので、必要に応じて勉強することになります。

知識ゼロの未経験者でもWEBプログラマーに就職する方法

WEBプログラマーとして働くためにはプログラミング言語やWEBに関する知識が必要ですが、知識ゼロの人でも就職する方法はあります。

例えば、最近はで未経験のWEBプログラマーのアルバイトを募集しているWEB制作会社が増えています。

未経験で募集をかけている企業の場合、WEBプログラマーの基礎から学べる勉強会や研修など、教育サポートが充実していることが多いです。

勉強と実践がセットになっているので、知識ゼロの未経験者でも比較的働きやすいと言えます。

会社によっては登用制度があるので、アルバイトから実践を重ね、正社員になることもできるでしょう。

ただし、正社員に登用されるには会社から必要とされる実績を出すことが求められるので、日々勉強と実績を残す働きが必要です。

もし登用されなかったとしても、磨かれた知識と経験により有利に就職できる可能性があります。

行動しないとWEBプログラマーになることはできないので、まずは未経験求人を探し、教育体制が充実した企業で働いてみましょう。

就職する前にしっかり知識を身につける

知識ゼロでもWEBプログラマーへ就職することは可能ですが、膨大な知識を必要とするので知識ゼロよりも基礎知識を持っていた方がスムーズに就職できます。

WEBプログラミングの知識は独学もしくはプログラミングスクールのどちらかで身につけることが可能です。

・独学

初心者でも分かりやすく解説されているHTMLやCSS、Javaなどの参考書が販売されているので、それを参考に独学で言語を身につけることができます。

他にもプログラミングを実際に打ち込める模擬プログラミングのサイトやプログラミングを動画解説している学習サイトも増えているので、気軽に勉強しやすいです。

もっと本格的に知識や技術力を上げたいのであれば、無料サーバーか有料サーバーを用意し、コードを書いたらアップロードして正常に動作するか確認して模擬プログラミングで鍛える方法も良いでしょう。

自分のぺースで進められる一方、分からない部分の解決も独自で解決しないといけないので時間がかかり、参考書だけでは理解できない部分も出てくるので、挫折するリスクが高いです。

・プログラミングスクール

何から学ぶべきか分からない人はプログラミングスクールに通うと安心です。

初心者向けのカリキュラムがあるので、基礎部分から学べることができます。

スクールの形態も塾形式やマンツーマン形式、通信学習や短期集中型、夜間や休日のみ、自主学習制など様々です。

プログラマーとして活躍するプロが講師なので、分からない疑問もすぐに解決し、スムーズに学べることが魅力でしょう。

スクールコースが充実しているので、働きながら勉強したり、短期間で習得したりとニーズに応じて学ぶことが可能です。

WEBプログラマーに特化したスクールやコースなら、プログラミングだけではなくWEB関連の知識が身に付き、資格取得を目指すことができます。

就職の際にあると良い資格

資格があると企業側もレベルを判断できるので有利に就職活動を進められるので、おすすめの資格をご紹介します。

・情報処理技術試験

国家資格の一つで、IT業界で働く上で欠かせない知識やスキル、論理や思考などを証明する資格です。
試験は基本情報処理技術者と応用情報技術者の2つがあり、どちらも合格率が低いので取得していると大きなアピールポイントになるでしょう。

・PHP技術者認定試験

WEBプログラマーになるならPHPから学べと言われるほどであり、PHPに関する知識や技術力を証明する資格です。
初級、上級・準上級、ウィザードの3つに分類されており、初級なら独学でも合格を狙うことはできます。

・Ruby技術者認定試験

Ruby on Railsは需要がある言語なので、こちらの資格もおすすめです。
難易度はシルバー、ゴールド、プラチナがあり、PHP同様にシルバーなら独学でも合格できる可能性は十分にあります。

まとめ

知識ゼロでも未経験を歓迎しているWEBプログラマー求人であれば、働きながら知識を身につけることができます。

しかし、WEBプログラマーは膨大な知識を必要とするので、できれば知識をつけた状態で就職活動をした方が良いです。

独学もできますが、プログラミングスクールに通った方が効率良く学べるので、WEBプログラマーとして働きたい人はプログラミングスクールで知識を身に付けましょう。

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
11月受入枠は満員となっております。12月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

おすすめの記事