◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

DMM WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
TECH::CAMP教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
DMM WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月生は満員となっております。1月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

日本国内だとプログラマーに対する労働条件はあまり良いとは言えませんが、海外ではプログラマーの待遇は非常に良いといえます。

具体的にどこが良いというのは各国によって特色がありますが、共通しているのは給料が高いこと、技術を評価してくれること、日本に比べて休暇がとりやすいことなどがあげられます。

では、海外でプログラミングを仕事として就職するなら、具体的にどの国の条件がいいのでしょうか。

今回はプログラマーとして海外就職するおすすめの国と方法を紹介していきます。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

最先端の国アメリカ

アメリカで働きたいなら就労ビザを取得しよう

今一番プログラミング技術の最先端を担っているのはアメリカだといわれています。

アメリカでのプログラマー待遇はとてもよく、多くのプログラマーがアメリカに渡って仕事をしています。

そんなアメリカで長期間働く場合、就労ビザという働くために必要な資格を得なければなりません。

アメリカでプログラマーとなり就職する場合、必要なのはH-1Bという専門職向けビザです。

ここが一番の難関と呼ばれるほど取得には多くの手間と費用、そして何より高いスキルを要求されます。

取得する方法はいくつかありますが、どの方法でも学歴や経験を問われ、英会話能力もハイレベルのスキルを要求されます。

アメリカの会社に内定できたり、日本から海外の支社へ転勤となった場合は企業側がビザの発行代を負担してくれますが、自身のスキルは自分で力を身につけなければなりません。

また、費用負担を自分で賄おうとするとビザ発行代、渡米代などがかかってきます。

具体的にアメリカで就労ビザを取得する方法

 

インターンシップと、各種トレーニングプログラムを利用しましょう。

インターンシップとは、一定の期間の間お試しで働いたり、仕事を手伝うなどして職場の雰囲気に触れたり具体的な仕事内容を把握したりする期間のことです。

その期間中に、インターン先として在籍している企業からオファーをもらうことで、ビザを取得する足がかりとするのです。

学生向けと既に働き始めている人向けのトレーニングプログラムがあるので、どちらかでビザをもらって働きつつ、H-1Bビザを取得できるようにがんばりましょう。

また、このようにインターン制度を利用しない方法もあります。

こちらの場合はスポンサーがいなければ成立しません。

また、あまりにも人気なため抽選が毎年行われており、それにあたる運も持っていなければ難しいともいえます。

このようにアメリカでのプログラマー就職は大きな壁があります。

しかしそれを乗り越え、仕事ができるようになれば最先端の技術を支えているという自負と素晴らしい高待遇が待っています。

自分の力を発揮したい、最先端の環境で働きたいという人は何とか持てる力を駆使してチャレンジしてみてください。

ヨーロッパ諸国ならドイツ

ヨーロッパ諸国も、プログラマーにとって理想に近い環境がそろっています。

就労ビザさえ取得できていれば、国境を越えて旅行するのも簡単ですし、ワーキング・ホリデー制度を利用すればイギリスやフランスなどでもプログラマーとしての仕事ができるのです。

中でもドイツはIT技術が進んでおり、プログラマーとしての成長も見込めます。

ドイツがオススメな理由は他にもあり、ワーキングホリデーの協定を結んでいること言語の壁が比較的低いこと休暇制度などが充実していることが挙げられます。

ワーキングホリデー協定を結んでいる国であれば、一定の条件を満たすことで最大12ヶ月の間働くことができるため、ドイツではそのまま12ヶ月間しっかりと働きながらスポンサー探しができます。

またドイツにはバイリンガルも多く、英語も話せる人が多くいるので、ドイツ語だけでなく英語でもある程度の会話が可能です。

働き続けるうちにドイツ語が必要になってくる場面も増えますが、その間に英語を交えつつ勉強していけば問題はないでしょう。

ワーキングホリデーの期間中にスポンサーを見つけ、無事に12ヶ月の間に就労ビザを発行することができれば、一度に2週間以上の休暇をとり、ヨーロッパ諸国へ旅行に出かけるなんていう休みの過ごし方もできてしまいます。

アメリカと比べても遜色ない高待遇がヨーロッパ諸国の魅力といえるかもしれません。

起業を視野に入れるなら東南アジア

東南アジアも、ビジネスの観点から見ると注目が集まっているといえます。

特に自分で起業しプログラマーとなる人が多く、就労ビザがアメリカやヨーロッパ諸国に比べて取りやすいことも特徴です。

現地で日本人のプログラマーは、細かい部分までよく見てくれると思ってくれていることが多く、企業からの期待も大きいことが多数です。

自分の持っているスキル、ノウハウを会社に提供し利益を上げられれば、頼りになる人材として一目置かれることでしょう。

アメリカやヨーロッパ諸国と違う点としては、国ごとに言語が違うためそれが壁になりやすい点、今の日本と文化が違う場面も多いため困りやすいという点です。

東南アジアで英語が通じないということは多く、円滑な意思疎通をするならやはり現地の言語を覚えていくことが必要不可欠です。

また最初に訪れた国があまり好きではなく、別の国に移動した場合また言葉や文化を覚えなおすことになるので、どの国へ行くかを慎重に考えたほうがいいかもしれません。

しかしそれを乗り越えれば、まだまだIT発展途上の東南アジア諸国で頼りにされ、自ら企業することも夢ではありません。

初心者にはあまり向きませんが、ある程度熟練した腕を持つなら、物価が安く独特な雰囲気を持つ東南アジアも良い選択肢だといえます。

世界中のどこであっても役に立つプログラミングスキル

上記で紹介した方法のほかに、海外の仕事を受けるという点をメインにすえるなら、日本でフリーランスとなり、海外の案件も請け負うという手もあります。

いずれにせよ、英語の力やプログラミングスキルはあって損はありません。

むしろ世界共通スキルとして強みにしていくことが可能です。

海外で働くには就労ビザの取得や言語文化の壁など様々なハードルが存在していますが、プログラミングスキルをより磨くという観点から考えても海外進出はステップアップになりうる行動です。

まだ決心がつかない、まずはスキルアップからはじめたいという方は、プログラミングスクールがオススメです。

そこで十分な力をつけてから、世界へと視野を向けても遅くはありません。

 

DMM WEWBCAMP/DMM WEBCAMP PROについて

DMM WEBCAMPは1ヶ月でプログラミング・WEBデザインを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。DMM WEBCAMP PROは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

 

 

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月受入枠は満員となっております。1月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!


▼ついに開講!オンラインでWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事