WebCamp・WebCampProを運営する株式会社インフラトップのオウンドメディア【スキルマ】。プログラマー・エンジニア・Webデザイナーを目指す初心者の方に向けた記事や、就職・転職を考えている方向けの記事を発信しています。

独学でWebデザイナーとして就職する方法を解説!

▼本記事について
本記事は、『たった1ヶ月で未来を変えられる』初心者向けプログラミングスクール「WebCamp(ウェブキャンプ)や、未経験者でも3ヶ月の学習でエンジニアに転職・就職ができる「WebCampPro(ウェブキャンププロ)」を運営してる株式会社インフラトップが提供しています。

インターネット上には動画サイトやネットショッピングなど様々なホームページがあります。

そのホームページを作成しているWEBデザイナーは、近年人気を上げており、未経験でもWEBデザイナーとして働くために、様々な勉強をして就職をしている人もいるのです。

ですが、未経験であるためにWEBデザイナーとして就職するためには、何から始めれば良いのかわからない人も多くいます。

そこで、WEBデザイナーになるための方法やステップについて解説していくので、参考にしてみてください。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

WEBデザイナーの仕事を知る

WEBデザイナーの仕事はクライアントから依頼を受けてWEBサイトなどを作成していきます。

デザインを決めるだけではなく、どういった配置にすればユーザーに良い印象を与えられるかを考察し、構成を決めてレイアウトしていくのです。

なので、必要なのはセンスだけではありません。

画像やイラストなどを選択し、コーティングする部分まで行うデザイナーもいますが、デザイン部分のみ専門にして作成をするWEBデザイナーもいます。

必要なスキルとは?

WEBデザイナーとして活躍するためには、様々なスキルが必要になるので確認しておきましょう。

・デザインのスキル

デザイナーとしてなくてはならないスキルでしょう。

タイポグラフィや色彩、デザインセオリーなど知識を増やしておくことでWEBデザイナーとして有利になるでしょう。

・デザインツールのスキル

PhotoshopやDreamweaver、Fireworksなどデザインで使用する様々なツールを使えないと仕事を効率的に進めることができません。

・HTML

「ハイパーテキスト・メイクアップ・ランゲージ」の略でWEBデザインに必要な言語となります。

枠を作成したり文字を書く際に必要でWEBサイトでもベースとなり、文字の大きさを変更したり動画や画像を表示させることが可能になるのです。

・CSS

「カスケーディング・スタイル・シート」の略で、コーティングスキルとなり、HTMLと組み合わせて使用できるのです。

・Webマーケティング

マーケティングの基礎知識だけではなく、SEOやSEM、アクセス解析などのスキルを持っていることでWEBデザイナーの就職は有利となります。

WEBサイトは作成すれば終わりではなく、改善することも必要です。

そのため、上記の知識があることでよりターゲットを絞ったWEBサイトが作成できるのです。

・JavaScript

WEBデザイナーもプログラミングスキルを持っていることで就職を有利に進めることが可能です。

JavaScriptはWEBサイトに動きを付けることができるので、より精度の高いWEBサイトを作成できるのです。

プログラミングのスキルがあることで、プログラマーとも仕事がしやすくなるので、他の人とも差を付けることができるでしょう。

・トレンドを見極める力

トレンドは常に変動します。

SNSの動向や新しいサービスの情報など様々なことにアンテナを張っていることで、より興味を持ってもらえるWEBサイトの作成ができるでしょう。

・コミュニケーションスキル

WEBデザイナーはパソコンに向かっているだけが仕事ではありません。

クライアントが望んでいるサイトを作成するためにも、クライアントとのコミュニケーションが必要なほか、チームで作成していくためにはまわりとの協調性も持ち合わせていなければいけません。

・提案力

クライアントの信頼を得るためにも、提案力を持っていることが重要です。

利益に繋がるような提案を見せることで、信頼感を得ることにも繋がります。

そして、提案を実現させる力も必要となります。

独学での勉強法とは?

WEBデザイナーとしての知識を得るために独学で勉強する場合には、書籍の活用をオススメします。

本屋に足を運ぶことも良いのですが、ネットショッピングを活用すると便利です。

その理由としては、ランキングや口コミを見ることができるからです。

ランキングでも上位のものであれば、使用している人も多くいるので活用しやすいことがわかり、口コミでは実際に独学を

する際に使用した人たちの声を聞くことができるので、自分に合った書籍を見つけやすくなるのです。

未経験であれば、HTMLやCSSの基本から学べる書籍を選び、難しくなく簡単なものを購入するようにしましょう。

間違った勉強法に注意

独学であると自分1人で勉強していくので、やり方を間違ってしまうと必要な知識を得ることができない可能性もあります。

とくに「丸暗記」は避けた方が無難です。

学生時代にはテスト勉強で丸暗記をすることもあるでしょうが、大人が勉強する場合には暗記はオススメできないのです。

タグに使用する英語の意味から知ることで、理解することが容易となるので論理立てて勉強をするようにしましょう。

情報収集にはSNSがオススメ

WEBデザインにはトレンドを察知するためにも情報収集が必要です。

デザインに必要なツールも何年か後には変化を見せることも多いので、これまで培った知識だけではデザインを施せない場合もあるのです。

TwitterやfacebookなどSNSを活用することでより多くの情報を収集でき、刺激にもなるのでSNSを活用してアンテナを張るようにしましょう。

また、WEBデザイナーにオススメの勉強会やセミナーの告知などもされるので、フォローしておくとスキルアップにも繋がります。

就職活動の方法について

スキルを身につけたらWEBデザイナーとして働くためにも就職活動を行う必要があります。

求人情報を収集するためには、ハローワークや求人誌だけではなく、インターネットを使用して求人情報サイトを活用していきましょう。

未経験であれば、アルバイトや派遣から始めてみることもオススメです。

在宅で仕事をしたい人にオススメのサイトなどもあるので、自分が望んでいる雇用形態や企業を探せるよう様々なサイトを確認して、自分に合った求人サイトを探すことが重要です。

WEBデザイナーになるためには、様々な知識を身につけなければいけません。

書籍やインターネットなど独学で勉強するには強い意志が何よりも重要となります。

ですが、理解することが難しい場合には無理をせずスクールに通うことをオススメします。

講師に直接質問できるので、納得するまで学ぶことができ、オンラインスクールもあるので自宅に居ながらでも学ぶことができるので活用してみるのも良いでしょう。

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

 

 

[CTABtn]

[CTABtn2]