Webデザイナーの就職先って実際どんなところが多いの? | WEBCAMP NAVI
【7月枠も残りわずか】転職保証コース

Webデザイナーの就職先って実際どんなところが多いの?

Webデザイナーとして就職できる現場にはどんなものがあるのでしょうか。

Webページの作成を専門としている事務所にデザイナーとして所属するイメージが一般的かもしれません。

もちろん専門事務所への就職は多いのですが、最近では業界・職種に関わらず、多くの企業がWebを利用した事業を展開しています。

一見Webデザインとは無関係に見える会社でも、デザイン部署があってデザイナーを採用しているという場合があるのです。

Webデザイナーの主な就職先をまとめてみました。

Webデザイナーの主な就職先

・Webデザインを専門とする事務所

Webデザイナーの就職先としてもっとも多いのが、Webサイト、Webページの作成・運営を専門とする事務所です。

最近はどんな会社、業界でもWebサイトを持っていますし、ネット上で会員登録・契約ができるという場合も多くなっています。

また、一般企業だけでなく官公庁から仕事を請けることもあるでしょう。

そのため、Webページを制作する事務所の需要は高まっているのです。

Webデザインの知識があれば比較的就職しやすく、多くの案件をこなしていくことで能力を磨くことができるなどのメリットがあります。

しかし、クライアントによっては納期が厳しい場合やスケジュールの調整が上手くいかないこともあり、多忙な職場が多いと言われています。

・一般企業のデザイン部署

近年では、企業の中にデザイン部署を設立し、社内でWebサイトを制作する会社も増加傾向にあります。

社内にデザイン部署を作ることのメリットとしては、外注によるコストを削減できる、外注先との煩雑なやり取りがないなどが挙げられるでしょう。

デザイナー側も、自社サイトの管理や更新が主になるので、比較的余裕を持って作業を行うことができます。

また、大企業や社員の多い会社である場合が多いので、福利厚生がしっかりしているなどのメリットもあります。

しかし、デザインを専門とする事務所に比べると仕事内容に多様性がないため、Webデザインスキルの向上はあまり見込めないかもしれません。

・Webサービス系の企業

スマートフォン向けのアプリや、オンラインゲーム、情報サイトなどを制作している会社です。

一般企業のデザイン部署と似た形態ですが、アプリ・ゲームや情報サイトなど、新しい企画を立ち上げることが業務内容に加わる場合があります。

Webサービスやスマートフォン向けのアプリ・ゲームの需要はとても高く、現在注目されている業界の1つと言えるでしょう。

・フリーランス

Webデザイナーとして十分な技量を備えていれば、フリーランスのデザイナーとして活動することもできます。

Webデザイン専門事務所やデザイン部署に所属して経験を積んだ後フリーランスになる場合がほとんどです。

フリーランスのWebデザイナーには、好きな場所、好きな時間に作業ができる、自分で仕事を選べるなどのメリットがあります。

しかし、収入が不安定な上、仕事を請けるのも簡単なことではありません。

安定した収入を得るためには、クライアントを獲得し、納得してもらえる仕事を行わなければなりません。

広い人脈と高いスキルが要求されるでしょう。

 

Webデザイナーとして就職するには?

フリーランスのWebデザイナーも多いですが、ほとんどの人がまずはWebデザイン専門事務所、一般企業のデザイン部署などに就職します。

Webデザイン業界では、実際にWebデザイナーとして働いたことのない未経験者であってもある程度の知識・技術が必要とされます。

そのため、情報系の学部や専門学校を卒業してWebデザインに携わる仕事に就職する人が多いのです。

大学や専門学校でWebデザインを学ぶメリットとしては

・コンピューターの基礎的な知識から、段階を踏んで教えてくれる

・Webデザイン・プログラミングに関わる様々な資格を取れる

・就職活動をサポートしてくれる

などが挙げられます。

Webデザインの専門学校は、Webデザイン専門事務所を始め多くの就職先とコネクションを持っている場合も多く、就職に有利です。

このような大学、専門学校に通っていない場合も、Webデザイン講座を受講したり、本を読むなどして知識を付けておく必要があります。

Webデザインの知識だけでなく、著作権や肖像権についての知識も必要です。

Webサイトを作成する中でフォントや素材、写真を利用することは多いでしょう。

無料で配布されているものであっても、利用方法や著作権の表記に細かい規約がある場合もあります。

トラブルを起こさないためにも、これらの知識を身に付けておかなければなりません。

また、プログラミングの知識を付けておけば、機能的なデザインを考える助けになります。

最近ではプログラマーとデザイナーを兼任する人もおり、プログラミングの知識のあるデザイナーの需要は高まっています。

就職活動に利用するポートフォリオの作成などにも必要になってくる知識なので、最低限のHTMLCSSなどの知識は身に付けておきましょう。

 

Webデザイナーとして就職したら?

Webデザイナーとして就職したら、最初はコーディングやデザインの修正など簡単な仕事を任されます。

少しずつWebデザインの腕を磨いていき、徐々に難易度の高い仕事に取り組んでいくことになるでしょう。

大手企業でしっかり研修が行われ、その中でデザインの知識やプログラミングについて教えてくれるという場合もあるかもしれませんが、大抵は即戦力としての働きが期待されているので、研修にはあまり期待できないでしょう。

デザイナーとしての経験を積むと、アートディレクターやプロデューサーへ昇格していくことができます。

現代では、ブログサービスやホームページ作成を簡単に行えるソフトウェアを利用して、個人でも簡単にWebサイトを作成・運営することができるようになっています。

Web業界は今後もさらなる発展が見込まれている業界なので、Webデザイナーとして仕事をするためには、常に新しい技術を取り入れる努力が必要です。

また、デザインの能力だけでなく、クライアントと円滑なやり取りをしたり、クライアントが想像しているデザインを上手く読み取る能力も必要でしょう。

Webデザイナーに求められる能力は少なくないので、全くの初心者からWebデザイナーを目指す場合は、Webデザイン講座、プログラミングスクールなどの活用がおすすめです。

必要な知識・技能を身につけて、Webデザイン業界への就職を目指しましょう。

 

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率は98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 12019年4月時点