WebCamp・WebCampProを運営する株式会社インフラトップのオウンドメディア【スキルマ】。プログラマー・エンジニア・Webデザイナーを目指す初心者の方に向けた記事や、就職・転職を考えている方向けの記事を発信しています。

Webデザイナーとして就職するための方法を解説!

▼本記事について
本記事は、『たった1ヶ月で未来を変えられる』初心者向けプログラミングスクール「WebCamp(ウェブキャンプ)や、未経験者でも3ヶ月の学習でエンジニアに転職・就職ができる「WebCampPro(ウェブキャンププロ)」を運営してる株式会社インフラトップが提供しています。

Webデザイナーの就職先は、クライアントからWebサイト制作を請け負うWebサイト製作会社やIT系のシステム会社がほとんどです。

Webデザイナーはフリーランスで活躍している人も多く、将来的に独立を考えている人は少なくありません。

今回は未経験や初心者の人でもWebデザイナーに就職するための方法を解説いたします。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

Webデザイナーは未経験でもなれる?

Webデザイナーの求人には「未経験者OK」の会社も増えていました。

しかし、これは実務経験がなくてもが大丈夫ですよ、ということです。

Webデザイナーを目指す人に間違いがちなのですが、HTMLとCSSといったコーディングや、Adobe社のPhotoshopやIllustratorの使い方から勉強する人が多いです。

まずはWebデザインの基礎から理解しよう

Webデザインには原理・原則があり、それに則ったデザインがされています。

コーディングやソフトの使い方を覚えるよりも、まずはWebデザインの基礎から理解するところから始めましょう。

デザインの基礎を覚えるなら「ノンデザイナーズ・デザインブック」

タイポグラフィ(デザインにおける活字構成および表現のこと。タイポグラフィを意識したWebページは読みやすくなる。)を学ぶなら「タイポグラフィの基本ルール -プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック-」

が分かりやすい内容でオススメです。

まずはデザインの基礎をしっかりとおさえることが大切です。

思い立ったら作品を作ってみる

Webデザイナーに就職するときに、作品やポートフォリオを求めてくる企業があります。

画像の加工や簡単なWebページでも構わないので、まずは何か作ってみることを始めてください。

「Portfoliobox」(https://www.portfoliobox.net/jp)のようなポートフォリオ作成サービスを利用して、自分の作りたいイメージを固めておくのも良いですね。

Webデザイナーに就職するために必要な方法は?

Webデザイナーの良い部分は、他の業種よりもワークスタイルが選べることが魅力です。

正社員だけではなく、派遣社員やアルバイト、フリーランスと自分に合った働き方ができます。

Webデザイナーに就職するためには以下の項目をおさせることが大切です。

Webデザイナーへの志望動機を明確にしよう

Webデザイナーの業務は忙しく、労働環境は良いとはいえません。

これは未経験者が就職できる会社は小さなところが多く、一人当たりの仕事量が増えてしまうことが原因です。

中途半端な理由でWebデザイナーに就職すると限界を超えてしまい、転職してしまう人が多いです。

Webデザイナーへの志望動機は明確に決めた上で、将来自分がどうなりたいか事前に検討しておきましょう。

コーディングを身につけよう

Webデザイナーはデザインだけが仕事ではありません。

自分でデザインをしてコーディングも担当することが多いです。

デザイン案を元にHTMLとCSSを用いてコーディングを行います。

独学で勉強する場合、ただ漠然と覚えるよりも完成形を決めて作成すると、勉強する順番と目的がはっきりとして継続しやすくなります。

JavaScriptは読めるようになろう

HTMLやCSSだけでなく、JavaScriptを覚えることで仕事の幅を広げることができます。

特にJavaScriptのライブラリである「JQuery」を理解できると、動きも含めたデザインが考えられるようになります。

実装はWebプログラマーが行うことが多く、WebプログラマーがJavaScriptをコーディングする機会は少ないかもしれません。

しかし、WebデザイナーがJavaScriptを理解していると、円滑に連携がとれてWebページ制作ができるようになります。

Adode社の製品を使えるようになろう

WebデザインにおいてAdobe社の「Photoshop」と「Illustrator」を使うことは、ほぼ必須となっています。

Photoshop(http://www.adobe.com/jp/products/photoshop.html)はデザインレイアウトの作成と画像の加工、

Illustrator(http://www.adobe.com/jp/products/illustrator.html)は画像のレイアウトを加工、といったように用途によって使い分けます。

まずはPhotoshopのほうを優先しよう

Photoshopは画像の加工だけでなく、デザインレイアウトで使うためPhotoshopを優先したほうがいいでしょう。

Photoshopだけなら、月額980円(税別)のフォロプランで、Photoshopを使うことができます。

自分のポートフォリオを作ってみよう

Webデザイナーの就職試験では、履歴書や職務経歴書だけでなく、ポートフォリオも出すことが多いです。

ポートフォリオはWebサイトと紙があり、まずはWebサイトを作ってから紙のポートフォリオを作ったほうが作りやすいです。

Webポートフォリオとは?

Webポートフォリオは最低でも以下の項目が必要です。

プロフィール

Webデザイナーのプロフィールには、まず使っているデザインソフトの明記が必要です。

単に「Photoshop」と記載するのではなく、バージョン情報も含めて「Photoshop CC(15.0)」のように記載をしてください。

各ソフトの経験期間も合わせて書くと◎です。

デザインに対する姿勢を書く

プロフィールの中に合わせて書いてもOKです。

ちょっと大げさですが「自分にしかできない」といえるくらい個性があると、アピールしてください。

デザインは人に何かを訴えかけるような「熱意」が必要です。

自分なりのデザインに対する考え方や、制作に対する思いも書きましょう。

自分のデザイン思考が伝わる作品を掲載する

Webデザイナーにとって作品とは「Webページ」と「画像」になるでしょう。

作品の数は人によって多かったり、少なかったりします。

作品が少ない場合は、作業時間やコンセプトなどを掘り下げて企業側に伝わるようにしましょう。

作品が多すぎる場合は、統一性のある作品にするか、多種多様な作品にするかで受ける印象が大きく変わります。

統一性のある作品集は明確なコンセプトを感じますし、多種多様な作品集は柔軟性のあるデザイナーだと感じるでしょう。

どちらの場合でも、デザインに対する姿勢に合った作品を選ぶことが大切です。

紙のポートフォリオとは?

紙のポートフォリオは必要ないと思う人もいらっしゃると思います。

紙のポートフォリオは、すぐに取り出して企業に読んでもらうことが可能です。

限られた面接時間で企業にアピールするためには、紙のポートフォリオは非常に効果的です。

基本的な内容はWebページに沿って作成すると、効率的に作ることができます。

ページ数は15ページから20ページくらいを目安にするといいでしょう。

まとめ

今回はWebデザイナーとして就職するための方法を解説させていただきました。

Webデザイナーは誰でも挑戦できますが、やる気がないと働き続けることが難しい職業です。

思い立ったらすぐに行動することが、Webデザイナーに就職するための一番の近道です。

せっかくWebデザイナーを目指すなら、しっかりとした目的意識を持って就職活動に備えましょう。

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職サポート付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

[CTABtn]

[CTABtn2]