WebCamp・WebCampProを運営する株式会社インフラトップのオウンドメディア【スキルマ】。プログラマー・エンジニア・Webデザイナーを目指す初心者の方に向けた記事や、就職・転職を考えている方向けの記事を発信しています。

未経験でも可!Webデザインの求人が見つかるサイト7選!

▼本記事について
本記事は、『たった1ヶ月で未来を変えられる』初心者向けプログラミングスクール「WebCamp(ウェブキャンプ)や、未経験者でも3ヶ月の学習でエンジニアに転職・就職ができる「WebCampPro(ウェブキャンププロ)」を運営してる株式会社インフラトップが提供しています。

スマホとタブレットの普及によって、Webデザインの求人は多くなってきています。

その中でもWebデザインを担当する「Webデザイナー」は、IT業界の中でも人気の高い職業になっています。

しかし、未経験者でもやってみたい気持ちはあるけど、なかなか踏ん切りがつかない人はいらっしゃると思います。

今回は未経験者でもWebデザインの求人が見つかるサイトを7つご紹介いたします。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

①indeed

https://jp.indeed.com/

Webデザイナー未経験者OKの求人が多い

Webデザイナーの求人数が多く、未経験者でも求人が見つけやすいことがメリットです。

検索画面がシンプルで分かりやすく、検索条件からオススメをピックアップしてくれる機能も◎です。

幅広い雇用形態の求人がある

正社員の求人だけでなく、派遣社員やアルバイトの求人も見つけることができます。

Webデザイナーの就職は、未経験者よりも経験者のほうが有利です。

学生や主婦の方の場合、まずはアルバイトから始めてみて、Webデザインの仕事の感触を掴むことから始めてみるといいかもしれません。

②マイナビ転職

https://tenshoku.mynavi.jp/

就職でおなじみのマイナビ転職です。

未経験者でもOKなWebデザイナーの求人が多く、転職を考えている人は登録しておくといいでしょう。

転職エージェントのサポートが力強い

転職エージェントは、あなたの転職をサポートするために履歴書や職務経歴書の添削だけでなく、面接日時の調整も行ってくれる力強い味方です。

特に書き方の難しい職務経歴書について、転職エージェントがサポートしてくれることは初めて職務経歴書に書く人には助かると思います。

あなたの要望に合った求人の見つけ方もフォローしてくれるため、積極的に活用していきましょう。

検索条件が豊富に指定できる

勤務地や年収だけでなく、雇用形態や上場企業などの条件を指定して求人を絞り込むことができます。

最近チェックした求人も残るようになっているので、「やっぱりあの企業気になるな~」と思ったら見直せるのも◎です。

③リクナビNEXT

https://next.rikunabi.com/

業界最大手である転職サイトです。

求人数は業界で一番多い

全体的な求人数が多く、Webデザイナーも未経験者歓迎の企業が多く募集をかけています。

たくさんありすぎて、どれを選べばいいか悩んでしまうかもしれません。

求人条件を絞り込む機能を上手く使いこなすことで、自分にあった企業を見つけられるようになります。

大手ならではのノウハウを活かした転職サポート

リクナビNEXTは大手ならではの転職ノウハウを活かした、効率的なサポート体制が大きな強みです。

自分が働きながらWebデザインの勉強をしつつ、転職エージェントに求人を斡旋してもらう、といった、なかなか時間の取れない人には向いているでしょう。

スカウト機能で企業からの来るオファーも多く、良い企業を見つける機会を増やすことができます。

④Adecco

http://haken.adecco.co.jp/

Webデザイナーは派遣社員の求人が多く、Adeccoは派遣に特化した求人サイトです。

未経験者OK の求人が多い

AdeccoではWebデザイン未経験者OKの求人が多く、アルバイトよりも時給が高いため、Webデザイナーとしての実務経験を積むために派遣社員になるのも選択肢の一つとなります。

Webデザイナーは実力・実績主義の業界なので、まず派遣社員で実績を積んでWebデザイン能力を磨けば、自由なワークスタイルを選べるようになるのも大きな魅力です。

条件に合う派遣先をすぐに紹介してくれる

Adeccoでは営業担当者があなたの条件に合った派遣先を素早く紹介してくれます。

営業担当者やコーディネーターの満足度も高く、業務内容も明確であることが多いため、HTMLやCSSのコーディングや、Photoshopを使うといった特定のスキルを磨くためには最適にです。

⑤DODA

https://doda.jp/

リクルートグループに次ぐ求人数で、選択肢に困らない求人サイトです。

無料のイベントやセミナーが多数ある

登録者へのイベントやセミナーを積極的に開催しており、全て無料で参加することができます。

Webデザイン業界についても説明会を行っているので、興味のある方は積極的に参加してみるといいでしょう。

実践的なアドバイスがもらえる

履歴書や職務経歴書の書き方だけでなく、面接時の実践的なアドバイスは業界でも一番ではないか?と思うくらい手厚く感じます。

面接の時に未経験者がWebデザイナーを目指すときに重要視されるのは「志望動機」です。

志望動機を企業側に上手く伝える方法もアドバイスして貰えるので、積極的に活用しましょう。

⑥マイナビバイト

https://baito.mynavi.jp/shokushu/webdesign/

マイナビが提供しているアルバイト版の求人サイトです。

Webデザイナーに特化したアルバイト特集もあるため、自分にあった条件を探しやすいことが特徴です。

主婦の方や学生の場合、本格的にWebデザイナーを目指すなら、まずはアルバイトで実務経験を積むのが一番の近道です。

気軽に始められる

アルバイトなので、自分のライフスタイルに合った時間で気楽に始めることができます。

Webデザインって何だろう?と考えている人は空いた時間にアルバイトで実績を重ねると良いでしょう。

実績はアドバンテージになる

Webデザイナーはアルバイト経験でも、大きなアドバンテージとなります。

アルバイトで担当する業務は、コーティングか画像の加工がメインですが、正社員を目指すときにその実績はプラスとなります。

⑦エン派遣

https://haken.en-japan.com/

エンジャパンが運営している派遣に特化した求人サイトです。

Webデザイナーの案件も多く取り扱っており、未経験者でもOKの企業が多いのが特徴です。

トピックスが見やすい

新規登録会や新着お仕事といったトピックスが、ユーザーの用途によって見やすく別れているため、分かりやすくて見やすいです。

求人数が多いため、トピックスでピックアップしてくれるのは助かるでしょう。

首都圏の求人は特に強い

エン派遣のWebデザイナーの求人は、首都圏の求人が多いのが特徴です。

10時始業や週3日から始めるとなった、融通の効く職場が掲載されており、ライフスタイルに合った企業を探すことができます。

まとめ

今回は未経験者でもWebデザインの求人が見つかるサイトを7つご紹介させていただきました。

未経験者がWebデザイナーを目指す場合、始めから正社員を目指さなくても良いと考えています。

Webデザイナーは実力・成果主義の世界なので、まずはアルバイトや派遣社員で実績を積んでから正社員を目指しても遅くはありません。

いずれにしても、まずは求人サイトを登録するところから始めましょう。

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

 

 

[CTABtn]

[CTABtn2]