WebCamp・WebCampProを運営する株式会社インフラトップのオウンドメディア【スキルマ】。プログラマー・エンジニア・Webデザイナーを目指す初心者の方に向けた記事や、就職・転職を考えている方向けの記事を発信しています。

【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!

プログラミング教室・人気ランキング

順位 スクール名 こんな方におすすめ 公式サイト
   Web Camp 【業界最安値】1ヶ月通い放題/Webサービスなど作りたい方 公式サイト 
  TECH BOOST ブロックチェーン/AI/IoTコースあり/3ヶ月でエンジニアに! 公式サイト
Tech Camp Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方! 公式サイト

今回の記事では、WebCampで1ヶ月間Rubyを学習し、Webエンジニアとして転職した卒業生の田中さんにお話を伺いました。

<プロフィール>

田中 デニス 昭彦さん(33)
ブラジル生まれの日系ブラジル人。ブラジルで大学卒業後、マーケティングリサーチの会社や、投資銀行でC#やPythonなどを扱いエンジニアとして活躍。日本語を勉強するために来日し、その後WebCampを受講してRubyを学習して日本でWebエンジニアとして転職。現在はtoC向けのWebサービスの開発・運営に従事。

ブラジルでエンジニアとしてキャリアを積み、来日後にWeb系の事業会社を志望

– これまでのキャリアについて教えてください

田中さん:大学卒業後、1社目はマーケティングリサーチの会社で視聴率のデータ計測のシステムを作るエンジニアをしていました。2社目はITコンサルティング会社で、クライアント先の健康保険会社に常駐し、Web系の管理システムに携わっていました。3社目は兄の紹介で投資銀行に転職し、Pythonで金融商品の取引に関するワークフローを管理するシステムを開発していました。

その後、金銭的に余裕ができたので、来日して日本語学校で語学を学び、日本でも働いてみよう、と思いはじめました。

健康保険会社でWebを扱うことが楽しかったり、銀行でもUI周りが好きだったので、Web関係の仕事につきたいなと考えていました。

– なぜWebCampを選びましたか?

田中さん:日本の市場で強いRubyを学習できるスクールであったことと、期間がちょうどよかったこと、転職支援がある点です。

3ヶ月や6ヶ月のスクールもあって悩んだのですが、期間が長いと料金もかかりますし、自分は経験者なので、3ヶ月や6ヶ月も行く意味はあるのかな、と思っていました。

とりえず気軽に1ヶ月学習してみて、基礎となる大事な部分を学んだら、仕事を見つけるまでの期間で自分でも学習しようと考えていました。

また、転職支援して貰えるという点も決め手の一つでしたね!

– 実際にWebCampを受講してみていかがでしたか?

田中さん:受講開始時に「課題をこなし、オリジナルポートフォリオを作成する」という1ヶ月間の目標設定を講師の方と決めました。

1人で学習するよりも、自分がいる環境を変えることができたので、効率よく学習することができました。WebCampは学習の幅が広く、いろんなことを知ることができたり、毎日いつでも来れることも良かったです。

「目的が明確で、そのための行く場所がある」という環境が良かったです。

他の転職会社より圧倒的に丁寧なサポートがあった

– 1ヶ月学んで、その後すぐに転職活動をされましたね。

田中さん:そうですね。7月半ばに受講開始して、9月から転職活動を始めて下旬には転職が決まり、その1週間後に働き始めました。

– 内定までとても早いですね。会社はたくさん受けられたのですか?

田中さん:いえ、そんなに多くなく、5・6社ぐらいです。大手エージェント経由で複数社と、WebCampのエージェントの方から紹介してもらった会社ですね。

– その中で、今の会社に決めた理由はなんですか?

田中さん:やはり、自社サービスを扱っている会社であり、新しいサービスも増やしている印象があったからですね。エンジニアブログを提供していて、技術面で、いろいろ挑戦しているんだな、と。家から徒歩3分というのも大きな魅力でした(笑)

– 他のエージェントも活用していた中で、WebCampの転職支援はいかがでしたか?

田中さん:丁寧さが全然違いましたね!

他の会社のエージェントは、膨大な量の情報はくれたのですが、そんなにたくさんあってもどこが自分にあっているかあまりわかりません。

WebCampのエージェントは、自分の転職要件にあう求人をまとめて紹介してくれました。日本で転職初めてだったので、助かりました。書類・レジュメの作り方から丁寧に指導していただき、お世話になりました。

– 求人の紹介や転職サポートで気をつけてる点はありますか?

弊社エージェント:大手エージェントの場合、職務経歴書に書いてあるスキルに当てはまるだけの求人が機械的にメールで大量に送るなんてことも少なくないです。その中にはもちろん自分の希望に沿っていない求人も多くあり、求人の選定が大変です。

弊社では技術スキルはもちろんのこと、転職にあたってのご本人の思いや考え方を理解した上で、たくさんの求人の中から、希望に沿うものだけをエージェントが精査してからご提案することを心がけています。

サポートに関しては、転職活動への不安を払拭する為に色々なことをやっています。

履歴書や職務経歴書の添削から1社ごとの面接対策、中にはサポート開始前にご自分で応募した企業に関するアドバイスなどをすることもあります(笑)

田中さん:大手のサイトはたしかに情報をたくさん送ってくれて良いのですが、丁寧さはWebCampのエージェントの方がありました!

面接対策も1社ごとにしていただき、面接でも役に立ちました。大手さんは面接対策もシンプルでしたね。

弊社エージェント:軸が決まっていれば数ではなく質で勝負したほうがいいんですよ。経験が少ない方の場合は、幅広く受けるのも選択肢の一つですが、転職軸が決まっている経験者の方は企業数を絞って転職活動をされた方が良いと思います。

WebCampはWeb系の企業との繋がりが多く、コンサルティングやSIer以外にWeb系の転職に強いのも、田中さんにマッチしていたと思います。

田中さん:SIerやコンサル系などのBto Bとweb系Bto Cの自社サービスを持っている会社は大きな違いがあります。

大手エージェントだと過去の経験もあるのかコンサル系を紹介されましたが、行きたかったのが自社でコンテンツを持っている会社だったので、その点も良かったです。

好奇心を持って、新しいことを覚えてくのを楽しもう

– 日本でも事業会社を目指して転職する人は多いです。そういった方に向けて、成功体験として何か一言いただけますか。

田中さん:今の仕事をしていく中で感じるのは、基礎をしっかり学んでいくことの大事さですね。Webcampでは基礎をしっかり学べるので、その後に分からないことが出てきても、どこを調べればいいのか予想できるようになります。

すでにプログラミング経験があり、問題解決に慣れている方なら、新しい言語に挑戦する時は、知識のインプット方法を学べば何とかなるので、頑張ってWebCampで基礎を学ぶことがおすすめです。

他言語を勉強してもRubyに役立ちますし、またRubyの知識も他の言語で役立つという、シナジーがあります。ですので、色々勉強するのは大事です。

色々やれば、仕事をして足りない点がわかり、「ここはこれから勉強しないとな」と、何に焦点を絞って勉強すればいいか分かるようになります。

– 最後に、プログラミング未経験で、これから学ぼうか悩んでいる人に向けて、一言お願いします。

田中さん:とにかく、好奇心が大事です。

好奇心があれば新しいことを覚えることに抵抗がなくなるので、たくさん吸収することができます。

一個一個新しいことを覚えていくのが面白いと感じるはずなので、好奇心をもって頑張って下さい!

– 田中さん、本日はありがとうございました!

1ヶ月でプログラミングを学習する!WebCampについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。

「プログラミングを学習してみたい」
「将来性のある高いスキルを身に着けたい」
「未経験からIT業界に転職したい」

以上に当てはまる方は、ぜひこの機会に一緒に学んでみませんか?

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログライミングを学びたい方はこちら!

転職保証付き!WebCampProについて

WebCampProは、転職保証のある3ヶ月間のプログラミングスクールです。

即戦力になれるカリキュラムと圧倒的に丁寧なキャリアポートで、転職後の離職率は0%です!

「エンジニアとして転職したい」
「今の仕事に行き詰まりを感じている」
「手に職をつけたい」

以上に当てはまる方は、お気軽に無料の相談会にお越しください!

▼IT未経験からエンジニアに就職・転職したい方はこちら!