3月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
2月生は満員となっております。3月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

Webデザイナーに限らず、未経験分野への転職における志望動機は書き方が難しいです。

履歴書に書くだけではなく、面接では必ず聞かれる内容であるため、事前にしっかりと考えておく必要があります。

今回は未経験からWebデザイナーを目指す時の志望動機の書き方を解説いたします。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

Webデザイナーの仕事とは?

志望動機を考える前に、まずはWebデザイナーの仕事がどのようなものか知るところから始めましょう。

コーディング

未経験者がWebデザイナーに就職した場合、最初に担当することの多いのがコーディングです。

デザイン案を基にHTMLとCSSを使ってWebページを作成します。

Webデザイナーもコーディングは担当する

Webデザイナーの業務は、デザインや画像を作るだけでなく、コーディングも担当することがほとんどです。

独学でも構わないので、最低限HTMLとCSSの基本構文については事前に勉強しておきましょう。

画像の作成・加工

Webページで使われるバナー画像や写真の加工といった業務もWebデザイナーの担当となっています。

画像関係はPhotoshopとIllustratorを使う

これらの作業にはAdobe社の「Photoshop」や「Illustrator」で作成します。

未経験者がWebデザイナーを目指すときに、取り組みやすい内容となっているため、コーディングが煮詰まっているときにPhotoshopやIllustratorの操作を覚えておきましょう。

PhotoshopやIllustratorは有償のソフトウェアですが、Webデザイナーを目指す上では必須スキルであるため、投資を惜しまず購入することが必要です。

デザインレイアウトの作成

未経験者がイメージしやすいWebデザイナーの仕事がデザインレイアウトの作成です。

Webページのヘッダーやフッター、画像などのコンテンツ配置を決めていきます。

Webデザインは打ち合せで決めていく

Webデザイナー個人で決めるのではなく、クライアントやWebディレクターとの打ち合わせでデザイン案を詰めていきます。

デザイン案を決める上で重要なのは「目的」と「ターゲット層」を見定めることです。

Webサイトを制作する上で最も重要な部分なので、明確にしておきましょう。

志望動機の書き方の10のポイント

志望動機は応募先の企業に合わせて書く必要があります。

未経験者の場合、アピールできる実績がないため「Webデザイナーとして働く意欲があるのか」をアピールすることが大切です。

①なぜその企業を選んだのか理由を明確にする

志望動機の中でも根幹となる部分です。

企業を選んだ動機はその会社ならではの明確な理由である必要があります。

「Webデザインの仕事で顧客と双方向のコミュニケーションがしたい」という理由は、どこのWeb制作会社でも当てはまる内容でアピールになりません。

応募先の企業のホームページに掲載されている事業内容や、社員のインタビューといった情報を調べて企業のニーズを見極めておきましょう。

②Webデザイナーの仕事についての考えを明確にする

Webデザインは個人の趣味で行っているものと仕事とでは大きな違いがあります。

趣味でWebデザインを行っている場合は、自分が作ってみて面白いものや楽しいもので構いません。

③価値のあるデザインとは集客力の高さ

仕事でWebデザインを行う場合は、デザインに価値や意味が必要です。

Webデザインにおいて最も分かりやすい価値は「集客力を上がる」デザインです。

Webデザインの集客力を上げるためには、人気のサイトを見てどのようなレイアウトや画面効果があるのか覚えることが大切です。

④有名なサイトを参考にしてみよう

海外のスポーツメーカーやECサイトはスタイリッシュなデザインのサイトを多く、集客力を上げるために参考になることが多いです。

面接で参考にしたサイトを聞かれることもあるので、自分が良いと思ったサイトをいくつかピックアップしておきましょう。

⑤Webデザイナーとして将来的な考えを明確にする

Webデザイナーの仕事は、クリエイティブな仕事です。

将来的に自分がどのようなWebデザイナーになりたいかを明確にしておく必要があります。

自分が目指すWebデザイナーと、応募した企業が求める人材像がマッチしていれば、合格率はグッと上がるでしょう。

⑥将来的を見据えたキャリアを積むことを話せると◎

将来的にWebディレクターを目指している人は、スキルだけでなくクライアントとの交渉やスケジュール管理といったマネージメント能力も必要となってきます。

逆にWebデザインに専念したい人は、コーディングやPhotoshopといったスキルに特化するといった方向性になるでしょう。

⑦Webデザインの成果物をアピールしよう

Webデザインの勉強をしていると、自然と成果物ができあがってきます。

HTMLやCSSの勉強ならWebページ、PhotoshopやIllustratorの勉強ならバナー作成や画像の加工などが成果物となります。

成果をアピールすると、企業側も作品へのこだわりや作成時に苦労した点など質問がしやすくなり、面接時に説得力のある受け答えができるようになります。

⑧Webデザイン以外の業務も取り組む積極性をアピールする

Web制作では役割分担して作業することは多いですが、Webデザイン以外にも積極的に取り組む姿勢を志望動機でアピールすることが重要です。

⑨クライアントのことを考えて業務にあたることをアピールする

デザインの仕事は、必ず成果物を受け取るクライアントがいます。

クライアントが満足するWebデザインは、誰がどんな目的でサイトを見に来るのか想像して、クライアントの要望や思いを理解して作成することが必要です。

⑩何でもやります!の意気込みでOK

Web制作会社は少ない人数で業務をしていることが多く、Webデザイン以外の業務も担当になることがあります。

SEO(*)対策やWebサイトの運用保守、Webサイト環境でよく見られる「WordPress」の操作方法など、「やれることは何でもやります!」くらいの意気込みでいましょう。

*SEO…Search Engine Optimization。検索エンジン最適化のこと。検索結果でWebサイトが上位に表示に表示させることをSEO対策と呼ぶ。

まとめ

今回は未経験からWebデザイナーを目指すための志望動機の書き方を紹介させていただきました。

Webデザイナーを目指す場合、まずはWebデザイナーの仕事内容を知り、応募先の企業に熱意をアピールすることが大切です。

応募先の企業について調べるのはもちろん大切ですが、独学で勉強した内容もしっかりとアピールをして、本気でWebデザイナーを目指していることをアピールしましょう。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

3月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
2月受入枠は満員となっております。3月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事