WebCamp・WebCampProを運営する株式会社インフラトップのオウンドメディア【スキルマ】。プログラマー・エンジニア・Webデザイナーを目指す初心者の方に向けた記事や、就職・転職を考えている方向けの記事を発信しています。

【親子で参加できる】夏休みはプログラミング教室へ通おう!

プログラミング教室・人気ランキング

順位 スクール名 こんな方におすすめ 公式サイト
   TechAcademy ★雪でも大丈夫★自宅でプログラミング・デザイン・アプリ開発を学びたい方  公式サイト
  Web Camp 【業界最安値】1ヶ月通い放題/Webサービスなど作りたい方 公式サイト
Tech Camp Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方! 公式サイト
▼本記事について
本記事は、『たった1ヶ月で未来を変えられる』初心者向けプログラミングスクール「WebCamp(ウェブキャンプ)や、未経験者でも3ヶ月の学習でエンジニアに転職・就職ができる「WebCampPro(ウェブキャンププロ)」を運営してる株式会社インフラトップが提供しています。

最近では子供達にプログラミングを学ばせる親御さんも増えてきました。

小学校でも2020年よりプログラミングの科目を必修にする予定となり、プログラミングに注目が集まりつつあります。

習い事の中でも変化があり、プログラミングが上位に位置するようになり、プログラミングの認知度が上昇しております。

しかし、なかなか他の習い事もあり、プログラミング教室に通わせられない人や、別の事情があって通わせられない人もいるかと思います。

期間限定なら通わせてもいいかも?

こう考える人はいるはずです。

そこで今回この記事では、親子で参加ができる夏休みのプログラミング教室についてお話をします。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

夏休みにプログラミングレッスンができる所を探そう

てっとり早く夏休みに、プログラミングレッスンを行なっている所を探すには、グーグル等の検索エンジンを使うといいでしょう。

検索エンジンで検索をかければ、全国のあらゆる場所で行われているプログラミングのイベントを調べることができます。

今回は夏休みに限ったことではありますが、それ以外にも冬休みであったり春休み等のイベントを調べられます。

検索の際は開催地域を入力すると良い

単純に「プログラミングレッスン 夏休み」と検索エンジンで検索してもいいのですが、ある程度行いたい地域や場所が決まっているのであれば、そこにプラスして「東京」やさらに詳しい地名を入力すると、より知りたい検索結果を知ることができます。

検索してみるとわかりますが、このような期間限定のプログラミングレッスンを頻繁に行っているのは、都市部に集中しております。

普段の連休ではなかなか行けないですが、夏休みという長期休暇を使えば行くことも可能なので、是非夏休みに参加してみるのがいいでしょう。

期間限定のプログラミングスクールは2時間前後が多い

夏休みのような期間限定のプログラミングスクールでは、子供達の負担を考えて、行ったとしても授業時間が大体2時間前後がほとんどです。

通常のプログラミングスクールでも1時間か1時間30分くらいなので、2時間が授業でできる限界くらいです。

少人数制のプログラミング教室がほとんど

夏休みのような期間限定なプログラミング教室では、少人数での場合が多いです。

そのため、先生がそれぞれの親子ペアに充分時間を割いて見てくれますので、プログラミングにしっかりと触れることができます。

また、少人数なので些細な質問等を、気軽に聞くこともできるので、授業に置いていかれることがありません。

短い時間でプログラミングができるようになるのか?

疑問に思われる方もいると思いますが、子供向けプログラミングスクールでは視覚的に捉えるプログラミング教材を使うので、2時間でも十分プログラミングを行えます。

夏休みプログラミングスクールの費用相場

夏休みにプログラミングスクールに通わせるとしても、気になるのは費用の面ですよね。

安心していただきたいのは、意外に無料で行なっているところもあるのです。

費用がかかったとしても、1時間あたり1,000円がほとんどで、それ以上のところはあまり多くはありません。

高いもので5,000円ほどのプログラミングスクールはありますが、大抵そのようなプログラミングスクールはロボットを使ったスクールであり、それらを持って帰ったりできるため高くなっていることが多いのです。

親子で参加のプログラミング例(スクラッチ)

多くの子供向けプログラミング教室で導入している、「スクラッチ」というプログラミング学習用の教材があります。

夏休みのプログラミングレッスンでは、このスクラッチを使ったレッスンが多くあります。

スクラッチとは、、ビジュアル的にプログラミングを認識できる教材になります。

スクラッチの使い方は、プログラミング上でキャラクターを動かすために、それらの指示をコンピュータに簡易的に実行させるプログラムになります。

ビジュアル的に捉えることができるので、小さい子供でも楽しみながらプログラミングをできるのが魅力です。

スクラッチの基本的な使い方を知る

毎週プログラミング教室に通う人であれば、時間がたくさんあるので、スクラッチの細かいところまでレクチャーを受けることができますが、夏休み限定のプログラミング教室ではそうは行きません。

そのため、最初はスクラッチを動かすための、本当に基本的な操作方法だけをレクチャーされます。

その日にスクラッチで作って欲しいものを作成できる方法だけなので、ちょっと物足りなくはなりますが、時間の関係上仕方がありません。

スクラッチのサンプルをいじって動作チェックを行う

スクラッチの基本的な操作方法を教えてもらっても、いきなり使えるようになるわけではありません。

初めは、サンプルをいじって教えられたことがどのように動作するのかをチェックして行きます。

もちろん子供だけではなく、親と一緒に操作を行うので、親子で楽しみながら操作することができます。

親子でオリジナルのプログラミングを作ってみる

サンプルの動作チェックを行なったら、最後には親子でオリジナルのプログラミングを作ってみます。

短い時間にわずかな説明しか受けていなくても、スクラッチは視覚的にプログラミングを行えるので、楽しみながらプログラミングに触れることができます。

オリジナルのプログラムが完成したら、次は全体での発表会を行って、プログラミングスクールは終了となります。

スクラッチは、プログラミングを使ったことない人でも、視覚的にプログラムを組めるので、プログラムの概念を楽しみながら学びたい人には非常におすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以上が、「親子で参加ができる夏休みはプログラミング教室」の話になります。

比較的時間もかからずに、リーズナブルにプログラミングに触れられるところがいいですよね。

今回は夏休みの話をしましたが、通常の土日や祝日などの休日、そして冬休みや春休みでも場所によってはプログラミング教室が開催されております。

プログラミングを習わせようか検討中の方は、ぜひ試しに夏休み限定のプログラミング教室に行って見てはどうでしょうか。

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログライミングを学びたい方はこちら!

▼IT未経験からエンジニアに就職・転職したい方はこちら!