未経験からフリーランスのWebデザイナーになる5つのステップ | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【12月枠も残りわずか】転職保証コース

未経験からフリーランスのWebデザイナーになる5つのステップ

木の机の上のパソコン

Webデザイナーはクリエイティブな職業の中でも、在宅勤務やフリーランスといった働き方を自由に選べることが人気の職業です。

しかし、Webデザイナーに興味があっても具体的にどうすればWebデザイナーとしてのスキルを身につくのか分からない人も多いと思います。

今回は未経験からフリーランスのWebデザイナーになる5つのステップを解説いたします。

1.     Webデザイナーの仕事を知る

Webデザイナーを目指すためには、まずはWebデザイナーの仕事内容を知ることが重要です。

仕事内容を知ることで、自分が勉強する内容が明確になります。

デザインレイアウトの作成

Webサイトのレイアウトを決める仕事です。

クライアントやWebディレクターとの打ち合わせで決まった内容からデザイン案を起こします。

Webページのヘッダーやフッター、メニューの配置や画像の大きさ、サイトのイメージカラーといった部分を作成します。

デザインレイアウトの作成にはAdobe社のPhotoshopが使われます。

HTMLとCSSでのコーディング

デザインレイアウトを基に実際にWebページを作り込みます。

HTMLとCSSで静的なページを作成して、JavaScriptでポップアップのような動的な仕組みを実装します。

コーディングはエディタを使って行います。

人によって使っているエディタは違いがあり、初心者の方なら「TeraPad」「サクラエディタ」「Notepad++」が日本語で分かりやすいエディタとなっています。

バナー作成や画像の加工・編集

Webページで使われるバナー画像や写真の加工も、Webデザイナーの仕事です。

これらの作業はAdobe社のPhotoshopIllustratorで作成します。

Photoshopは画像の加工や切り取り、Illustratorは文字や簡単なイラストの配置に使います。

 

2.     Webデザイナーに必要なスキルを身につける

Webデザイナーの仕事が分かったら、まずは必要なスキルを勉強してみましょう。

初心者向けに有用なサイトをご紹介いたします。

Webデザインスキル

WebデザインはWebデザイナーの作業の根幹となるスキルです。

Webデザインの解説は「Schoo」というサイトが分かりやすく解説されています。

Schoo

https://schoo.jp/

Webデザイナー全般の記事が掲載されており、初めてWebデザイナーの勉強をする人は是非活用してください。

コーディングスキル

コーディングスキルはWebページを作るために必要なスキルで、最低限HTMLとCSSの基本知識は身につけておきましょう。

フリーランスを目指す場合、将来的にはJavaScriptや、JavaScriptのライブラリであるJQueryも覚える必要になります。

コーディングスキルの解説は「ドットインストール」というサイトがプログラミング言語全般のサイトとなっており、HTMLとCSSの解説もされています。

ドットインストール

https://dotinstall.com/

Adobe製品の基本操作

Adobe製品であるPhotoshopとIllustratorの基本操作はWebデザイナーに必須のスキルとなっています。

Adobe社にそれぞれのチュートリアルサイトがあるので、まずは機能から覚えておきましょう。

Photoshop チュートリアル

https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/tutorials.html

Illustratorチュートリアル

https://helpx.adobe.com/jp/illustrator/tutorials.html

 

3.     フリーランスになるために必要な実績を積む

ある程度勉強したら、次はフリーランスになるための準備です。

Webデザイナーは実力主義の業界なので、必要なのはとにかく実績です。

アルバイトや派遣社員で実務経験

未経験者でもアルバイトや派遣の仕事なら、比較的簡単に携わることができます。

ほとんどの案件では実務経験1年以上が目安となっているので、まずは1年を下積みと割り切って頑張りましょう。

クライアントへの企画・提案

フリーランスを目指している場合、自分からクライアントに対して魅力的な提案ができないと仕事を受注することができません。

Webディレクターの業務に関われる機会があったら、積極的に参加してノウハウを吸収してください。

自分のWebサイトを作成

フリーランスのWebデザイナーのほとんどは、自分のWebサイトを運営しています。

Webデザイナーにとって、Webサイトとは自分の技術やデザインセンスをアピールする場所なので、実績を積みながら自分のWebサイトを作っておきましょう。

Webサイトはレンタルサーバーを借りることになります。

価格帯では「ロリポップ」の「ライトプラン」が、月額250円でWordPressを使えるためオススメです。

ロリポップ

https://lolipop.jp/pricing/

 

4.     クラウドソーシングサービスに登録する

Webデザイナーの実績を積みながら、クラウドソーシングサービスに登録しておきましょう。

Webデザイナーの場合はプロフィールだけでなく、実績の登録が必要です。

画像は著作権の兼ね合いもあるので、公開するときには注意してください。

ランサーズ

https://www.lancers.jp/

業界大手であるランサーズは、Webデザイナーの案件も多く掲載されています。

簡単なバナーやロゴ制作の仕事からスキルを求められる案件もあるので、自分のスキルに合った仕事から受注していきましょう。

クラウドワークス

https://crowdworks.jp/

クラウドワークスも業界で有名なクラウドソーシングサービスです。

在宅勤務や未経験者向けの扱っており、コーディング専用の案件やレスポンシブデザインの対応など、技術的な案件が多いのが特徴です。

 

5.     仕事を提案・受注する

クラウドソーシングサービスに登録をしたら、仕事を受注していきましょう。

フリーランスになってもWebデザイナーに必要なのはとにかく実績です。

簡単な仕事で実績を作る

まずはバナー制作やロゴ作成、コーディングといったシンプルな案件をコンスタントにこなしていきましょう。

実績をこなすことでプロフィールに実績と評価が付き、より単価の良い案件を受注しやすくなります。

ポートフォリオを作成する

Webデザイナーとして実績を積みつつ、ポートフォリオを作成しましょう。

ポートフォリオはWebデザイナーとしての自分をアピールするものです。

Webサイトを公開しているなら、自分の経歴や実績からデザインカンプを作り魅力的なポートフォリオに仕上げましょう。

SNSで自身の情報を発信する

TwitterやFacebookといったSNSはWebデザイナーにとって、大きな広告となります。

Webサイトを公開するだけでなく、SNSで自身の情報を積極的に発信しましょう。

思わぬところから仕事の話が来たりするので、チャンスを作るためにも是非活用してください。

 

まとめ

今回は未経験からフリーランスのWebデザイナーになる5つのステップを解説させていただきました。

未経験者でもしっかりと段取りを組むことで、フリーランスのWebデザイナーとして活躍するのも夢ではありません。

日々トレンドの変化するWeb業界では、フリーランスのようなフットワークの軽さも必要とされているので、頑張って目指しましょう!

 

12月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きプログラミングスクール

で未経験からエンジニア目指そう

 

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%