• WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、テレビでも話題のIT企業に転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26
  • WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01

▼当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

金王冠WEBCAMP ONLINE【業界最安値】1ヶ月集中/オンラインで学べるWebデザインコース
オンラインでWebデザインが学べるスクールです。教室通い放題のコースはこちら
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
銅王冠Tech Camp業界最大級!教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
びっくりマークWebCampPro転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアを3ヶ月で目指すプログラミングスクールです。
7月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
6月受入枠は満員となっております。7月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

Webデザイナーはクリエイティブ系でも人気の高い職業であり、未経験者OKの求人も増えてきました。

就職活動で一番力を入れる場面が面接ですが、面接で何に気をつけたら良いか分からない人も多いと思います。

今回は未経験からWebデザイナーの面接を受ける時の14のポイントを解説いたします。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

面接前に準備しておくこと

面接を受ける前に事前に下準備が必要です。

まずは以下の5つについてはしっかりと準備しておきましょう。

1.Webデザイナーの志望理由は明確にする

未経験分野からWebデザイナーを目指すからには、必ず理由があるはずです。

面接でも質問されるだけでなく、就職活動をする上での軸となります。

志望理由は明確にして、履歴書や職務経歴書、面接での受け答えも志望理由をベースに考えてください。

2.転職ストーリーは練っておく

転職する理由を明確にしたら、転職ストーリーを作成します。

転職ストーリーは1分程度で話せる内容に収めて、文字で書き起こしましょう。

文字で書くことで客観的にストーリーを見ることができ、加筆修正が容易になります。

Webデザイナーを目指したきっかけなど、盛り込んでおくと作りやすいでしょう。

3.自分のWebサイトを用意する

Webデザイナーは自分のWebサイトを持っている人がほとんどです。

実務未経験であっても、ポートフォリオや企業や飲食店などのサンプルサイト程度は用意しておきましょう。

これは面接時に質問される「Webデザイナーとしてどれくらい勉強したのか?」という質問に対して説得力を与えるためと、積極性をアピールするために必要です。

4.自己分析をする

自己分析は、自分が良い部分と悪い部分を客観的に分析することです。

面接の質問では自分の強みや弱みを教えてほしいと質問されることが多く、自己分析を行っていないと、答えづらい質問となっています。

自分の得意不得意や好き嫌いを箇条書きにしておくだけでも、思考はスッキリするのでまずは書き出してみましょう。

5.企業の情報を収集する

自分の準備が終わったら応募する企業の情報を集めましょう。

会社概要や沿革、企業の求人に書かれている内容や社風といった内容から、会社のブログやSNSサイトなどチェックできる情報は多いに越したことはないです。

自分の志望理由と応募した企業が求めている人材がマッチしているかを、しっかりと確認しましょう。

 

面接中の聞かれる質問シリーズ

面接準備が終わったら、いよいよ面接です。

以下の9つは面接時にほぼ必ず聞かれる内容となっていますので、スムーズに回答できるようにしておきましょう。

6.Webデザイナーを目指した理由とは?

この質問の意図としては、未経験分野のWebデザイナーにどうして苦労してまでなるのか?というものです。

面接準備で用意した志望理由と転職ストーリーを伝えましょう。

ここで言い淀んでしまうようだと、面接はかなり苦しいものとなります。

7.前職ではどのような仕事と役職であったか?

未経験者の場合、前職と全く異なることが多いと思います。

この質問はありのまま事実を伝えて構いません。

マネージメント経験があるなら、アピールしても良いですね。

8.Webデザイナーとしてどのような勉強をしてきたか?

未経験者には実績はありません。

そのため、面接官はあなたがどのような勉強をしてきたのかを質問してきます。

この質問は、あなたがWebデザイナーとして積極的に成長する気があるのかを確認しています。

面接準備でWebサイトを作っていればその内容を話しつつ、自分が勉強した具体的な内容を面接官に伝えましょう。

9.あなたの強みを教えてください

質問の中でも回答の難しい質問です。

事前に自己分析を行いつつ、企業の求める人材像にマッチするような回答が必要です。

平たく言ってしまうと「私にはこんな良い部分があるので、御社にはこんなメリットがあります」といった内容を提示できれば◎です。

10.弊社に応募した理由を教えてください

志望動機を確認する質問です。

面接準備で調べておいた企業の情報から、その企業でないとできない理由を回答しましょう。

自分が目指すWebデザイナー像と企業の業務内容やコンセプトがマッチしているだけなく、それをはっきりと言葉にして回答できることが大切です。

11.将来的にどのような目標がありますか?

Webデザイナーを目指す人は将来的にWebディレクターやフリーランスでの目指している人もいるでしょう。

しかし、そこまで正直に話す必要はありません。

Webデザイナーとして「クライアントの要望に応えつつ、それを表現できるデザインを提案できるWebデザイナーになりたい」といった、自分よりも会社やお客様目線での回答をするように心掛けてください。

12.仮に採用させていただく場合入社後は何をやりたいですか?

未経験者が採用させてもらう場合、自分の希望よりも意欲的にWebデザイナーの経験を積ませてほしいことを伝えましょう。

デザインの仕事がしたい、コーディングがしたいといった具体的な内容を伝えてもよいですが、前提として未経験者は「とにかく何でも勉強としてやらせてもらいたい」という謙虚な姿勢を持ってください。

13.残業はどれくらいできますか?

Web制作会社で残業のない会社はほとんどないでしょう。

特に繁忙期は深夜まで残業することは少なくありません。

この質問には「大丈夫です」と答えるようにしてください。

残業時間がどれくらいか質問するときには「仮に内定をいただけた場合、引っ越し先を決めかねているため、差し支えなければどの程度残業するのか教えてください」と聞けば心象は悪くなりません。

超重要!逆質問について

14.何か質問はありますか?

面接の最後になると必ず聞かれる質問です。

ここで絶対にやってはいけないことは質問をしないことです。

面接官にうちの会社に関心がないのでは?と思われてしまいます。

また、企業のホームページや求人に書かれている内容を質問するのは、こちらの調査不足と見られてしまうため、これも避けましょう。

企業の取り扱っている案件の開発環境など、業務に関係があって具体的な回答がしやすい質問だと良いでしょう。

まとめ

今回は未経験からWebデザイナーの面接を受ける時の14のポイントを解説させていただきました。

未経験分野への転職の場合、最初に決める大切なものは志望理由です。

Webデザイナーでもそれは変わりませんので、志望理由をしっかりと決めて面接を受けるポイントを押さえつつ面接に臨みましょう。

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

7月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
6月受入枠は満員となっております。7月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

関連キーワード
キャリアの関連記事
  • 【未経験からのエンジニア転職】おすすめのエージェント5選!
  • IT業界の向き・不向きを決める5個の基準を紹介
  • 全体を理解できる、IT業界の職種一覧紹介
  • 【IT業界】SEの仕事内容と就職・転職方法を紹介
  • IT業界への転職を実現させる6個のスキルを紹介
  • 【売り手市場?】IT業界の求人倍率の現状と今後

当サイトで人気のオススメ転職サービスTOP3

1位 マイナビエージェント×IT

おすすめポイント

・平日忙しい人も、土曜日開催の個別キャリア相談会に参加できる

・職種や仕事内容(要件定義、上流工程から携わる仕事など)の要望が細かくできる
・マイナビの規模を活かした豊富で幅広い求人数

マイナビエージェント×ITの登録はこちら

2位 レバテックキャリア

おすすめポイント

・求人登録数4,000件以上

・エンジニア未経験、経験者両方に対応

・有名企業の採用担当者インタビューがみれる

・一次面接NGからの内定実績もあるほど、内定率が高い

レバテックキャリアの登録はこちら

 3位 type転職エージェント

おすすめポイント

転職者の71%が年収アップ

・IT系企業、特にエンジニアに限らず営業職の求人も充実している

各職種専門の転職アドバイザーが援助

type転職エージェントの登録はこちら

おすすめの記事