Webデザインの入門に最適なおすすめ本13選! | WEBCAMP NAVI
【7月枠も残りわずか】転職保証コース

Webデザインの入門に最適なおすすめ本13選!

パソコンで作業する男

Webデザインを勉強しようと思っても、一体何から勉強すれば良いか分からない人も多いでしょう。

WebデザインはHTMLやCSSでの実装だけでなく、デザインそのものの概念やルールの勉強も必要です。

今回はWebデザイン初心者向けに、Webデザインの入門に最適なおすすめの入門本13冊をご紹介いたします。

デザインの基礎の本

ノンデザイナーズ・デザインブック


Webデザインの入門書として、これ以上ふさわしい本はないでしょう。

タイトルどおり、本来はデザイナーではない人がデザインを学ぶための本です。

デザインの効果について実践的に書かれており、デザインによる人の視線の動きや、良いデザイン、悪いデザインの例とその理由が丁寧に解説されています。

私たちが「良いデザインだな」と直観的に思う理由を言語化しているので、良いデザインを作るときに意識する内容を実践することができます。

タイポグラフィの基本ルール -プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック-


タイポグラフィとは文字を使ったデザイン処理のことを指します。

書体、スペース、文字の大きさ、行間などを効果的に選ぶことで、可読性や注目度を変えることができる手法について書かれています。

この本を読んでタイポグラフィを意識するだけでも「プロっぽい」デザインにすることができます。

ウェブ配色 決める! チカラ – 問題を解決する色彩とコミュニケーション


Webデザインの中でも配色に焦点を当てた本です。

色を利用したユーザビリティの向上の内容は、Webデザインを決める上で大切な要素です。

配色の決め方や考え方を、コミュニケーションを通じて決めるという切り口は現場でよくあることなので、クライアントとコミュニケーションをするWebデザイナーの方は是非読んでみてください。

7日間でマスターする配色基礎講座


デザインの大事な要素である配色について、実例を沿って配色の効果と仕組みが解説されている本です。

配色の例が非常に豊富で、どちらが美味しそうか?どちらが楽しそうか?といった頭に入りやすい内容がメインなので、気軽に読める配色基礎の本となっています。

デザインのルール、レイアウトのセオリー。


デザインセンスを体系的なルールとして落とし込んだ内容として書かれている本です。

観念的なデザインの解説だけでなく、効果のある具体的な手法についても多数紹介されています。

Webサイトの可読性とデザインの両立といった、デザインをする上で難しい問題についても触れられているので、同じような悩みを抱えたときは読んでみるといいでしょう。

センスは知識からはじまる


デザインセンスを才能ではなく、知識を培うことで磨けるといった考え方を教えてくれる本です。

「自分はデザインセンスがないな…」と悲観している人にこそ読んでほしい内容となっています。

「知る」ことで、ものの良し悪しが分かるようになる、という考え方はデザイン以外にも応用できる考え方なので、参考にして欲しいと思います。

デザインの教室 手を動かして学ぶデザイントレーニング


デザインの基本的な考え方や、デザインの引き出しを増やすことを目的に書かれている本です。

デザインを構成している配置やグリッド、フォント、配色といったことを改めて教えてくれる内容となっています。

CD-ROMが付属しており、AdobeのIllustratorを使ったトレーニングは客観性のある美しいデザインが分かるようになります。

 

仕事に向けた本

デザイン入門教室[特別講義] 確かな力を身に付けられる ~学び、考え、作る授業~


Webデザインというよりも、人に見せる資料をより効果的なデザインにするといった内容の本です。

レイアウトや配色、図の使い方といった内容は、Webデザインにも応用できることなので、是非読んでみてください。

クライアントに提案するプレゼン資料や企画書の見せ方に悩んでいる人にオススメです。

ウェブデザインを仕事にする。 プロの考え方、ワークフロー、つくる楽しさ


Webデザイナーの仕事内容や心構えなどが書かれた内容です。

Webデザインのことよりも、Webデザインを取り巻く人間や業務フローが分かりやすく解説されているWebデザイナーの業務指南書のような内容となっています。

Webデザインの世界に興味はあるけど、Webデザイナーの仕事のイメージができない人にオススメです。

 

HTMLとCSSのデザイン本

いちばんよくわかるHTML5&CSS3デザインきちんと入門


HTML5とCSS3の書き方に焦点を当てたサンプルコード付きの教科書です。

現在のWebデザインに求められている内容を解説しつつ、一つのWebサイトを作れるようになることを最終的なゴール地点としています。

レスポンシブデザインやフレックスボックスといった実践的な内容も書かれているので、すぐに使えるテクニック集としても満足できる内容となっています。

HTML5&CSS3レッスンブック


HTML5とCSS3を使って、Webサイトを作る一連の流れが分かるようになる本です。

レッスンに使う画像はダウンロードできるので、コーディングをメインに学びたい人向けの本となっています。

作り込むときの応用テクニックは現場でも使える内容なので、身につけておくと役に立つでしょう。

HTML5&CSS3デザインブック


先ほど紹介した「HTML5&CSS3レッスンブック」と合わせて読むことでより分かりやすくなる、HTML5とCSS3のデザインについて解説をしている本です。

焦点を当てているボックスレイアウトとレスポンシブデザインについては、見栄えの良さだけでなく、使い勝手の向上についてもデザインで意識することを教えてくれます。

HTML5&CSS3標準デザイン講座


HTML5とCSS3の初歩的な文法の解説から始まり、本格的なWebサイト制作を通じて正しいマークアップの作法を身につけられる本です。

サンプルコードはダウンロードができるので、すぐに動作確認できるのも◎です。

CSSスプライトやclearfixといったCSSの使い方については、「これがやりたかった!」と思える内容が多く、手元に置いておきたい一冊です。

 

まとめ

今回はWebデザイン初心者向けに、Webデザインの入門に最適な13冊の本を紹介させていただきました。

Webデザインは奥深い世界で、これらの本を読むことでWebデザインの引き出しを増やすことができます。

自分がデザインしたものがいまいちしっくりこない人は、Webデザインの引き出しと視点を変えてもう一段上のWebデザインの世界に行きましょう!

また、本での独学に限界を感じた方は、プログラミングスクールを検討してみるのもいいでしょう。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率は98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 12019年4月時点