8月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
7月受入枠は満員となっております。8月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

IT・WEB業界の発展に伴い、WEBプログラマーやITエンジニアの求人も増えているので未経験者でも入りやすい職種です。

独学や専門学校、プログラミングスクールでプログラマーのスキルと技術を習得する人も増えていますが、いざ就職するとなると不安を持つ方もいらっしゃるでしょう。

その不安を少しでも解消するために、今回はプログラマーとして就職する際の心構えをご紹介していきます。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

独学ならプログラミングスクールに通う

最近は初心者向けのプログラミング書籍やWEBサイト、動画講座などがあるので、独学でも基礎知識を身につけることができます。

独学なら好きなタイミングで勉強ができ、自分のペースで進めることが可能です。

しかし、分からない問題も自分で解決する必要があり、プログラミングスクールで学ぶよりスキル取得には時間がかかるでしょう。

就職したい企業によってはスキル不足として採用されない可能性もあります。

特にスキル不足に関しては就職の際に不安を持つ人は多いはずです。

正確なスキルを手に入れて就職や転職活動に挑みたいのであれば、プログラミングスクールに通ってみましょう。

スクールによっては短期集中型のコースや通信講座などがあるので、ニーズに応じて学ぶことが可能です。

スキルや技術がより磨かれれば、スキル不足の不安を解消することができるでしょう。

未経験ならまずはチャレンジをすること

プログラミングスクールに通って未経験でWEBプログラマーになる人もいますが、未経験であることが就職でネックに感じている人もいるでしょう。

プログラマーに限らず、未経験の仕事は未知なる不安がたくさんあります。

仕事内容も少し特殊なので、ただプログラミングスクールで知識を得たからと確実に就職できるとは限りません。

しかし、就職前にある程度実績があると有利になるかもしれません。

最近はアルバイトや契約社員の雇用形態でプログラマーを募集する求人があり、未経験者を歓迎する求人も多いです。

他にもインターンシップで現場経験を積むのも良いでしょう。

雇用形態を気にせず経験や実績を積むことで、縁が生まれることもあります。

実績があればアルバイト先やインターンシップ先で正社員として採用や登用される可能性もあるの、未経験でもまずはチャレンジする心構えが大切です。

応募する前に適性であるか確認をしよう

プログラマーとして就職できても仕事が上手くいかず、プログラマーを辞めたり、転職を繰り返したりしないかと不安を抱える人もいます。

どんなに知識や技術があってとしても、適性がなければ仕事が続かない可能性があるのです。

まず、IT・WEB業界は大きく分けると3つの仕事があります。

・システム開発

銀行など金融機関や一般企業などが扱うITシステムを企画や設計、プログラミングで作成し、システムの保守や運用を行う仕事です。

プログラマーはシステムエンジニアが設計した設計書どおりに納期までプログラミングを行います。

動作の確認などもあるので納期まで完璧に完成させることはとても難しく、長時間労働になることもあるでしょう。

・WEBサービスやアプリ開発

一般ユーザーが使うアプリやWEBサービス、ソーシャルゲームをはじめ、法人向けのアプリやWEBサービスの企画、設計、開発を行います。

仕事の流れがシステムエンジニアとほとんど変わりませんが、保守や運用はサービスの利用数を集計し、もっと利用してもらえるようにディレクターが施策をし、エンジニアやプログラマーが実装します。

サービスの改善などが多いので柔軟な適応力や幅広いプログラミング知識が必要でしょう。

・インフラの提供

WEBサービスを運営するにはサーバーなどインフラ環境が必要です。

そのインフラ環境をストップさせないように、メンテナンスやサーバーの構築などの仕事が行われます。

また、この他にもサービスを売り込むための営業も業務の一つです。

同じIT・WEB業界でも分野が異なるので、自分はどの分野で活躍したいのか、何が適性なのか見極めることが大切でしょう。

また、IT・WEB業界は多忙であり、スキルや情報のニーズも常に変化しているので勉強好きや向上意識があるかどうかも重要です。

夜勤や残業も多いので、スタミナやメンタルの強化も意識しましょう。

面接の不安は自己分析と職務経歴が重要

就職で最も難関なのが面接であり、面接前か受かるか受からないか不安を持つ人もいらっしゃるはずです。

緊張しやすい人は面接の際に緊張にあまり、用意してきた内容とは異なる回答をすることも多いでしょう。

上手く話せないと心配になったら、面接を仕事の打ち合わせと考えてみると良いです。

面接官の質問をしっかり聞き、相手はどんな情報が欲しいのか、どんな人を求めているかなど要望を理解することで、自分が適任であると上手く説明することができます。

上手く回答するためには、自己分析を正しく行うことも大切です。

職歴がある人は今までどのような働き方をしてきたのか、職務経歴書や面接でアピールすることが採用を近付けるポイントになります。

今までの職務経験を振り返ることで自分の強みや欠点、欠点の克服などを明確に自己分析でき、経歴と絡ませたスマートな回答ができるでしょう。

職務経歴書は企業側に見せる資料なので、丁寧に分かりやすく書くことが重要です。

選考に不安がある人は職務経歴者を見直し、正確な自己分析でどんな質問でもスムーズに回答できるように練習をしておきましょう。

エンジニア向け求人サイトや転職エージェントを活用

WEBプログラマーの求人が見つからない場合は、IT・WEBに特化した求人サイトやエンジニア向け求人サイト、もしくは転職エージェントで探してみましょう。

IT・WEB業界やエンジニアに特化したサイトであれば、不要な求人を省いて探すことが可能です。

転職エージェントなら今までの職歴やスキル、希望条件に合った企業を紹介してもらえますし、転職サポートも充実しているので不安を軽減しながら就職が可能です。

ミスマッチを防ぐためにも、自分のレベルや希望を明確にし、企業情報も収集して求人に応募しましょう。

プログラマーとしての就職は不安が多く、つい悩みがちです。

悩む内容も人それぞれですが、ご紹介した心構えを意識して就職活動の不安を少しでも解消していきましょう。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

8月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
7月受入枠は満員となっております。8月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
・フリーランスのように自由に働きたい
・会社の将来が不安だ
・給与や待遇に不満がある

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

おすすめの記事