【9月枠も残りわずか】転職保証コース

プログラマーの就職は厳しい?実態を紹介!

PCを触る手

プログラマーの仕事は未経験者でも就職できるといったとらえ方をしている方は多いのではないでしょうか?

プログラミングは簡単ではありませんが、企業によって扱うプログラミングも違いますし、覚えなければならない文法も変わってきます。

プログラミング経験があっても実際に働く企業で活用する場面があれば、新たな知識を習得しなければなりません。

こういった点を踏まえると、プログラマーへの就職の道は決して難しいとは言いきれませんが、実態はどのようになっているのでしょうか?

プログラミングしやすい環境になりつつある

プログラマーという職種は、IT業界の中でも比較的安定した需要を持っています。

今後、完全自動でプログラミングできるツールやソフト、言語が開発されない限りプログラマーとしての働き口が少なくなることはありません。

しかし、以前に比べると絶え間ない勢いでプログラミングしやすい環境が整ってきています。

これはどういうことかというと、プログラマーとしての知識が乏しくても安定したプログラミングを行えるようになりつつあるということです。

アプリケーション開発部門では、必須ソフトと言われている「.NET」系の環境がいい例ではないでしょうか。

今後もさらなる環境の変化が期待されているため、プログラマーになるためのハードルも低くなっていくことでしょう。

 

ベテランプログラマーが不利になる

プログラマーとしてのハードルが低くなるということは、ベテランのレベルに達した人の高い人件費を雇うよりも、多少知識が少なくても若くて元気な人材を雇いたいという企業が増えていくことにつながります。

プログラマー未経験であれば、人件費も安い状態で雇うことができるので企業にとってメリットになることは間違いありません。

十数年前までは、プログラミングできる人材が貴重とされていた人達も、経験を積むにつれ生き残る道が狭くなってきてしまうのです。

派遣社員や特定派遣で働く人は特に給与の単価が上がってしまうため、厳しい状況になってしまうことが目に見えています。

 

企業の意識が変わっていく

一昔前までは、経験豊富でスキルのあるプログラマーを求めるスタイルが企業の中では主流でした。

もちろん、今もこの思考が残っている傾向にありますが、企業がプログラマーという人材を育てあげる意識へと変わりつつあるようです。

技術の高い人を雇うと、中途採用であっても高時給からスタートすることになるため、人件費が大きくなってしまいます。

それならば、未経験や若手を自社で採用して実務経験を積み上げていきながら業務をこなしていく方が効率的だと考える企業が増えてきているのです。

ですから、これからプログラマ―として就職活動する人にとっては、チャンスになるとも言えるでしょう。

 

未経験からでも挑戦できるプログラマー

優秀な人材が揃っている企業であれば、わざわざ中途採用で未経験者を採用してコストや時間を費やすことはしないでしょう。

大手優良企業では、基本的に未経験者を採用させるのは新卒採用のタイミングだけです。

だからといって、どこの企業でも有能な人材が足りているという訳ではありません。

中小企業では、このような人材が不足しているから育て上げるという考え方もあるのです。

簡単にいうと未経験者を積極的に採用している企業ということになります。

ITエンジニアは需要が最も高いのですが、決して楽な仕事ではありません。

新卒採用でプログラマーになっても、身につかずに数年足らずで辞めてしまう人もたくさんいます。

プログラマーという職種は、適当で正当なことが仕事に対する重要なポイントになるのかもしれません。

プログラマーは未経験でも積極的に採用している企業も多い分、まだ枠が余っていると前向きにとらえることができるでしょう。

 

研修制度のある求人は安心?

プログラマーの求人の中には、「3ヵ月間の研修期間あり」と謳っているものがあります。

未経験でもいきなり現場に放りだされてしまう企業がある中、こういった研修制度付きの企業は、採用される側にとってはとても良心的と言えます。

研修期間の間でしっかりスキルを身につけることができれば、安心して現場に入ることも可能です。

しかし、研修期間とは言い方を変えれば「試用期間」でもあります。

給与も低めに設定されていることも多いので、生活が維持できるかどうかシュミレーションしておく必要があります。

 

未経験でプログラマーになったらどうなるか

「未経験歓迎」と求人に書かれて採用した場合は、当然あなたが未経験であることを前提に雇用したと言えます。

ですから、いきなり高度な仕事を任されることはありませんし、最初の3ヵ月程度は直接プログラミングを実行する場面も少ないはずです。

仕事に関わるような内容の課題を出して、それに対応できる技術があるかどうかを見極めた上で仕事を任せてもらえるようになります。

いかなる仕事にも納期があり、プログラマーもそのうちの一つです。

納期が迫っているタイミングにテスターの仕事を任されることはありますが、それほど高度な仕事ではないので安心してください。

このテスターをしている間に、しっかり成果が出せることによって上司や先輩からプログラミングのアドバイスをしてもらえるなど、小さな仕事を任されるきっかけにつながるので、テストをしっかりこなすことの貢献度はかなり大きいでしょう。

 

向上心のない人は厳しい

これはプログラマー業界に限った話ではありませんが、自身でスキルアップしようとしない人は、プログラマーとしての道は厳しいと言えます。

企業内の教育システムばかりあてにしているような人はあまりおすすめできません。

企業で人材育成を行っていくことは確かに必要なのですが、プログラマーとしてスキルアップしていく姿勢も必要不可欠です。

プログラマーは特に新しい言語やスキルがどんどん登場してくるので、常に学習し続けていくということが当たり前の世界となります。

全く自ら学ぼうとしないプログラマーもいますが、そういう人は数年前の能力のままストップしています。

「プログラマーは35歳で定年」という説があるように、向上しない人は35歳くらいを目処に使い物にならなくなってしまう傾向があるようです。

自分だけならまだしも、他のチームメンバーにも迷惑をかけてしまうだけの存在になってしまうでしょう。

 

10月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きのプログラミングスクール

で未経験からエンジニアを目指そう!

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある