◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

DMM WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
TECH::CAMP教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
DMM WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月生は満員となっております。1月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

Webエンジニアやプログラマーになるためには事前準備として面接対策を行っておく必要があります。

採用面接ではどのようなことを聞かれるのか、どのように答えればよいのかなど注意すべき点について確認しておきましょう。

ここでは、面接の採用担当者が見ているポイントについてご紹介していきます。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

採用担当者が見ているポイントは?

Webエンジニアやプログラマー採用担当者は、職種への適正を確認するためにどのくらいの専門性を持っているかをチェックします。

また、健康状態や性格、コミュニケーション能力などを見極めるために様々な質問を投げかけてきます。

具体的にどのような部分を見ているのかを解説していきましょう。

1.身だしなみ

男性であればスーツの着こなし方は必ずチェックが入るポイントです。

ネクタイの柄やシャツ・靴下の色までは見ませんが、ビジネスマナーとしてあまりに派手すぎるデザインや柄のものは避けましょう。

Webエンジニアやプログラマーの面接は、私服でもOKと言われることが多いのですが、実際に私服をビジネスシーンで着こなすのは難しいのでやはり面接ではスーツで臨んだ方が無難です。

服装で個性をアピールした方がメリットになると思う方もいるかもしれませんが、あくまでも面接は服装ではなく中身重視で取り組むことが基本と言えます。

2.健康状態

Webエンジニアやプログラマーの仕事は、肉体労働ではありませんが体力勝負といってもよいのではないでしょうか。

特に入社1年目くらいまでは覚えることや対応力などが求められますから精神的にもストレスを感じることも多いはずです。

納期までに業務が完了されるまで残業を強いられることもあるので、プログラミング自体がストレスになる状況もあるでしょう。

そこで最も重要になるのが体力や精神の健康状態になります。

顔色はよいか、声がしっかり出せるか、痩せすぎていないか・太りすぎていないか、目立った持病はないかなどが問われます。

3.質問に対する対応力

対応力というのは簡単にいうとコミュニケーション能力です。

Webエンジニアやプログラマーというのは基本的に単独ではなくチームやグループ単位で仕事をするものなので、メンバーとの意志疎通を効率的にはかるためには高度なコミュニケーション力が求められます。

プログラミングにおいては、どこか一文字でも間違っていればプログラムが正常に動くことはありえません。

他の条件が揃っていても、コミュニケーション能力が欠けていることで落とされることもあるので、採用担当者にはわかりやすい言葉や丁寧な言葉で伝えるように心がけましょう。

4.性格

ここでいう性格とは、素直であるか謙虚であるかという部分です。

当然と言えることかもしれませんが、誰でも性格の悪い人と一緒に仕事がしたいとはずはありません。

企業にとって仕事は個人プレーではなく、チームプレーです。

全体の雰囲気を壊してしまうような空気の読めない人と仕事をするのは企業にとってデメリットでしかありません。

面接の場だけ取り繕っても、採用担当者は面接のプロですから見抜かれる可能性が高いでしょう。

日頃から人当たりのよい行動を心がけたり、積極的に色々な人と意志疎通する環境に馴染んでおく事をおすすめします。

5.技術

新卒者であれば技術がなくても問題ありませんが、専門学校やスクール、職場実績がある人はどれだけの能力があるのかを必ず聞かれます。

特に中途採用の場合は、企業にとって即戦力となる人材を採用する目的があるので、成果物を実際に紹介しながら説明すると良いでしょう。

企業の基幹システムに携わっていた場合は、どのようなプログラミングを行ってきたのか手順を踏みながら考えておくと良いです。

6.資格

採用担当者に資格を持っていることをアピールするのは、一定のスキルが身についている証なので面接では非常に有効になります。

企業によって求めるプログラムの技術は異なりますが、Oracle認定Javaプログラムマイクロソフト認定資格基本情報・応用情報技術者の資格はかなり有利になります。

特にマイクロソフトオフィスはプログラム未経験でも比較的簡単に取れる資格なので、プログラマーの仕事をする上で有利になることでしょう。

7.専門性

Webプログラマーの面接を受けるのに、Webの知識やノウハウが全くないというのはあまり好ましくありません。

ゲーム企業のプログラマー面接であるのにゲームを一度もしたことがない、自動車メーカー企業のプログラマー面接であるのに、自動車のどの部分にプログラムが使用されているのか把握していないということになってしまうと、企業自体に興味がない、働く意欲がないという風に見られてしまいます。

面接の中で、IT業界内で研究が盛んに行われている技術や仕組みなどについて世間話ができる程度の知識は持っておくべきです。

よくある質問で注意すること

質問の意味がよくわからずに曖昧な返答をしてしまう経験がある方もいるのではないでしょうか?

質問された内容がよく理解できなかった時は、適当な言葉で返すのではなくもう一度聞き返すかもしくは「わかりません」と正直に答えるのが正解です。

採用担当者は、あえて回答に困るような質問をしてどのように対応するのかを見極めている場合もあるのです。

その場をしのごうと曖昧な返答をしてしまうとマイナスポイントとして受け取られてしまうかもしれません。

また、Webエンジニアやプログラマー面接であれば開発実績について質問されることもあるでしょう。

実際に作品やプログラマーの実績があれば、回答に苦労することはないと思いますが、言いたいことを簡潔にまとめておいた方が落ち着いて対応できます。

面接は普段の会話と違い、採用担当者との距離をとってあえて緊張させる環境を作っています。

口下手な人や、緊迫した空気に弱い人は事前にどのように成果発表をするか考えておきましょう。

中途採用の場合は、初歩的なプログラミングについて質問されることが多いので聞かれそうな内容は前もって整理しておくようにしてください

まとめ

Webエンジニアやプログラマーの面接は、新卒であれば努力や向上心があるか、中途使用であれば実績に比重が置かれますがどちらもコミュニケーション能力は重要な採用基準となります。

事前に面接対策を行っておく必要がありますが、独学では不安という方はプログラミングスクールに通うのがおすすめです。

DMM WEWBCAMP/DMM WEBCAMP PROについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職サポート付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月受入枠は満員となっております。1月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!


▼ついに開講!オンラインでWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事