• WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26
  • WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、テレビでも話題のIT企業に転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02

▼当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

金王冠Web Camp【業界最安値】1ヶ月集中してプログラミングスキルを身につけられるスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でWebサービス等作りたい方
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
銅王冠Tech Camp業界最大級!教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
びっくりマークWebCampPro転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアを3ヶ月で目指すプログラミングスクールです。
7月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
6月受入枠は満員となっております。7月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

プログラミングと英語、2つのスキルを身に着けることで、幅広い企業の中から自分に合う就職先を見つけることができます。

特に大手企業では社内公用語を英語にしているところもありますし、中には海外で働きたいということで、プログラミングと英語の両方を学びたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

プログラミングと英語を学ぶことで、2つのスキルを活かした働き方もできます。

今回はプログラミングと英語スキルを活かして就職する方法や学ぶ方法などをご紹介していきます。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

プログラミングと英語を学ぶメリット

まずはプログラミングと英語、2つのスキルを学ぶメリットから見ていきましょう。

最低限の英語スキルがあるとプログラミングを理解しやすくなる

プログラミングというのは基本的に英語から成り立っており、さらに専門用語も使われるため、英語は最低限覚えておくとプログラミングスキルを習得する際に便利です。

例えば「array」は配列という意味がありますが、パラメータの配列を返し、演算子によるインデックスを指定したりすることもできます。

配列という意味が分かっていれば、どんなところに使われる単語なのかもわかりやすくなるのです。

プログラミングの最新情報は英語で発信されることがほとんど

プログラミングは常に最新情報に目を配らせる必要があります。

しかし、そんなプログラミングの最新情報は英語で発信されることも多く、英語が理解できている人とできていない人では、最新情報を把握するまでの時間が異なるのです。

もちろん、時間が経てば最新情報も日本語に翻訳されます。

ただ、翻訳している間にもその情報は最新でなくなってしまう可能性もあるのです。

プログラミングと英語を学べば、海外でも働ける

近年「フリーランス」という働き方をする人が増えてきています。

フリーランスは会社に所属せず、依頼された案件をこなし報酬をもらう、会社勤めよりも自由度の高い働き方です。

こうした働き方に憧れを抱く方も多いかと思いますが、フリーランスであれば会社にとらわれないため、日本ではなく海外へ移住し仕事を請け負うこともできます。

今まで海外に移住するとなると現地で仕事を探さなくてはいけませんでしたが、フリーランスのプログラマーとして働く場合、海外の会社から案件を請け負うこともできますし、インターネットを通して日本の仕事も請け負うことができます。

プログラミングと英語を学ぶ方法

海外で働くためにも、やはりプログラミングと英語を習得しておくことが大切です。

では、プログラミングと英語を学ぶにはどうすれば良いのでしょう?

ここからはプログラミングと英語の学び方をご紹介していきます。

それぞれのスクールに通う

プログラミングと英語を身に着けるためには、独学することもできますが、一番手っ取り早いのはスクールに通うことです。

スクールであれば講師がいるため、分からないところをすぐに教えてくれますし、勉強の仕方なども教えてくれます。

ただし、英会話スクールとプログラミングスクールはそれぞれに特化しているため、両方を一度に学ぶことはできません。

できれば2つのスクールに通う方法がオススメです。

WEBサービスを活用する

プログラミングが学べるWEBサイトというのはいくつも存在しますが、中にはプログラミングと英語を同時に身に着けることができるWEBサービスがあります。

英語でプログラミングを学ぶことになるので、最初は苦戦を強いられてしまいますが、慣れてくればいつの間にか英語スキルも習得できているのでおすすめです。

Code Academy

https://www.codecademy.com/

Code Academyはブラウザ上でコードを実行しながらプログラミングを学ぶことができる、環境構築がいらないWEBサービスです。

JavaScriptやHTML&CSS、Ruby、Pythonなど、様々なコースの中から自分が学びたいプログラミング言語を選び、英語で学んでいきます。

進捗状況がわかりやすく、ゲーム感覚で進められるので、プログラミングも英語も楽しく学べます。

Udacity

https://www.udacity.com/

Udacityは、プログラミングだけではなく、WEB開発やモバイル開発、データサイエンスなど、様々なテクノロジーを学べるWEBサービスとなっています。

これらは全て無料で学ぶことができ、しかも授業を行う先生も聞き取りやすい英語で話してくれるので、リスニング力も磨かれるのです。

中には初心者向けだけでなく上級者向けの講座もあるので、プログラミングのスキルアップにつなげたいという方も、Udacityを利用してみましょう。

エンジニア留学に行く

エンジニア留学では、英語圏の国へプログラミングと英語の両方を学びに行くという留学を指します。

海外で一定期間生活しながら、プログラミングと英語の2つのスキルを学んでいきます。

エンジニア留学をするためには、どこか学校に入学しなくてはいけないということはなく、エンジニア留学を斡旋してくれる会社がいくつも存在するので、そちらを活用すればわざわざ留学するために学校へ入学する必要もありません。

海外で働くには?

英語とプログラミングを学んだら、いよいよ海外への就職を検討してみましょう。

どうすれば海外へ就職することができるのでしょうか?

まずは求人サイトに登録する

求人サイトの中には海外就職を目指せる企業の求人を掲載しているところもあります。

気になったサイトがあれば、そちらを選んでみましょう。

他にもSNSを利用して直接企業の採用部署に連絡し、就職活動をすることも可能です。

履歴書を作成し応募する

受けたい企業が決まったら履歴書を書かないといけませんが、日本の履歴書を使ってしまうと採用されないケースが多いです。

なぜなら、その国ごとに応募書類のフォーマットが異なっているためです。

海外就職を目指すなら行きたい国の履歴書や応募書類のフォーマットで書くようにしましょう。

また、英語力がないと思われてしまう可能性があるので、英語のミスはないように気を付けてください。

面接

海外でも企業に就職する前に面接を行うことは一般的です。

言語のハンデはあるものの、面接内容に関しては日本と大きく異なる部分はほとんどありません。

ただ、やはり語学力はきちんと身に着けておく必要があります。

今まで英語を習っていた人も、「英語を使って会話する力」を身に着けるようにしておきましょう。

海外就職を目指すなら、プログラミングと英語力のスキルを身に着けた方が海外企業への就職はもちろん、フリーランスとして働くことも可能です。

海外でも通用する、確かなプログラミング力を学びたい方は、独学ではなくプログラミングスクールがおすすめです。

また、英語力も単語だけでなく会話力・リスニング力も必要となるため、できればスクールで英会話力を鍛えた方が良いです。

海外就職を目指す方は、プログラミングと英語、2つのスキルをしっかりと学んでいきましょう。

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職サポート付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

 

7月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
6月受入枠は満員となっております。7月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

関連キーワード
キャリアの関連記事
  • 【未経験からのエンジニア転職】おすすめのエージェント5選!
  • IT業界の向き・不向きを決める5個の基準を紹介
  • 全体を理解できる、IT業界の職種一覧紹介
  • 【IT業界】SEの仕事内容と就職・転職方法を紹介
  • IT業界への転職を実現させる6個のスキルを紹介
  • 【売り手市場?】IT業界の求人倍率の現状と今後

当サイトで人気のオススメ転職サービスTOP3

1位 マイナビエージェント×IT

おすすめポイント

・平日忙しい人も、土曜日開催の個別キャリア相談会に参加できる

・職種や仕事内容(要件定義、上流工程から携わる仕事など)の要望が細かくできる
・マイナビの規模を活かした豊富で幅広い求人数

マイナビエージェント×ITの登録はこちら

2位 レバテックキャリア

おすすめポイント

・求人登録数4,000件以上

・エンジニア未経験、経験者両方に対応

・有名企業の採用担当者インタビューがみれる

・一次面接NGからの内定実績もあるほど、内定率が高い

レバテックキャリアの登録はこちら

 3位 type転職エージェント

おすすめポイント

転職者の71%が年収アップ

・IT系企業、特にエンジニアに限らず営業職の求人も充実している

各職種専門の転職アドバイザーが援助

type転職エージェントの登録はこちら

おすすめの記事