【9月枠も残りわずか】転職保証コース

Webエンジニアとして就職するのに学部は関係ある?徹底解説!

Webエンジニアとして就職を目指すときに気になる人が多いのが学部についてです。

Web関連の仕事をよく知らない人にとってWebエンジニアはかなり専門性が高い仕事に見えるので、今までWeb関連についての勉強をしてきた人でないと就職できないように感じる人が多いようですね。

そこでこの記事では、気になるという意見が多い『Webエンジニアへの就職と学部』について、徹底的に解説していきたいと思います。

Webエンジニアを目指していて学部選びで迷っている人はもちろん、Web系の知識は全くないけどWebエンジニアになりたいと考えている人も、ぜひ参考にしてください。

Webエンジニアへの就職と学部の関係

今から進学するのであれば情報系の学部を目指すべき

もしこれから大学や専門学校へ進学するのであれば、やはり情報系の学部を選ぶべきです。

情報系の学部では、コンピューターのことや情報処理についての知識を学ぶことができるので、就職のときのアドバンテージとなります。

大企業であれば新人研修などが充実しているので即戦力の人材を求める傾向は弱いのですが、中小企業になるとバリバリ活躍してくれる即戦力の人を欲しがる傾向にあります。

就職するときにより多くの選択肢を用意したいのであれば、情報系の学部を出ておく方が無難です。

文系がWebエンジニアになれないというわけではない

では文系の人がWebエンジニアになるのは無理なのかというと、実はそうでもありません。

実は現在Webエンジニアとして活躍している人の中にも、文系出身の人はたくさんいます。

これまでWeb系のことは一切勉強していなかったけど、Webエンジニアの道を目指した方は意外と多いということですね。

先ほども説明した通り、大手企業の場合、研修制度や教育制度が充実しているので新卒に総戦力を求める傾向は強くありません。

どちらかというと、時間をかけて一人前のWebエンジニアを育てあげていくというイメージです。

新卒の場合は、どの学部出身かはあまり関係ないということです。

・文系からエンジニアを目指したい方は、「文系でもWebエンジニアとして就職する方法を解説!」の記事を参考にしてください。

文系からWebエンジニアへ

新卒の場合は学部をそこまで気にする必要はないと説明してきました。

では、新卒ではなく中途採用の場合はどうなのでしょうか?

中途採用として就職を目指す場合でも、学部が重要視されることはあまりありません。

ですが、中途採用の場合はある程度の戦力として採用されることが多いので、新卒のようにイチから時間をかけて育ててもらえると思ってはいけません。

文系からWebエンジニアを目指すときに必要なこと

文系の学部出身の人が中途採用でWebエンジニアを目指すのであれば、最低限の知識とスキルが必要になってきます。

中には知識もスキルも全くない未経験の人をでも採用してくれる企業もありますが、やはり選択肢が少なくなってしまうので、最低限の知識とスキルは身につけておくべきです。

逆に最低限の知識とスキルさえあれば、未経験だろうが文系の学部の出身者であろうが、Webエンジニアとして採用してもらえる可能性は充分にあります。

・文系からエンジニアを目指したい方は、「文系でもWebエンジニアとして就職する方法を解説!」の記事を参考にしてください。

最短での就職を目指すなら

今現在、Webエンジニアとしての知識もスキルもない人がWebエンジニアとして就職したいのであれば、勉強して知識とスキルを身につけるしかありません。

Webエンジニアとして最低限のスキルを身につける方法には大きく分けて2つの方法があります。

それが、『独学で身につける方法』と『プログラミングスクールに通う方法』です。

独学には時間と根気が必要

独学でWebエンジニアとしての知識とスキルを身につける方法のメリットは、マイペースで学べる点と費用があまりかからないという点です。

しかし、独学で勉強するには時間と根気が必要になってきます。

自分のペースで進められる分、ある程度自分に厳しくなれる人でないと、いつまでたってもWebエンジニアとしての知識やスキルを身につけることはできないということですね。

最短でWebエンジニアを目指すならプログラミングスクールがおすすめ

もし、最短でWebエンジニアとして就職したいと考えているのであれば、プログラミングスクールで学んだ方が良いでしょう。

プログラミングスクールで学ぶにはそれなりの費用がかかりますが、その分『お金をかけたんだから頑張らないと』という心理が働き必死になって勉強に打ち込むので、知識もスキルも身につきやすくなります。

・将来はフリーランスのエンジニアを目指したい方は、「未経験でもフリーランスのエンジニアになる方法を解説!」の記事を参考にしてください。

なぜプログラミングスクールがおすすめなのか

Webエンジニアとしての最低限の知識とスキルを身につけるのに最適なプログラミングスクールですが、独学ではなくプログラミングスクールで学ぶメリットにはどういったものがあるのでしょうか?

詳しくみていきましょう。

つまずきによる時間のロスを最小限に抑えられる

何かを学んでいく場合、不明点が出てきてつまずいてしまうのは避けられないものです。

それが今まで全くふれてきたことのない分野であれば尚更ですね。

プログラミングスクールでは、その道のプロからWebエンジニアに必要な知識やスキルを学ぶことができます。

また、講師の方たちの中には実際にWebエンジニアとして就職し実務に携わったことのある方も多いので、より効率的な方法や現場のノウハウを教えてもらうことが可能です。

さらに、講師としての経験も豊富で初心者がつまずいてしまいやすい点も熟知しているので、万が一つまずいてしまった場合にも的確にアドバイスしてくれます。

そのため、つまずいてしまうことによる時間のロスを最小限に抑えることができるわけです。

実践的に学べる

また、プログラミングスクールではWebエンジニアに必要な知識とスキルを実践的に学ぶことができます。

プログラミングスクールでは目的別にいくつかコースが設定されています。

実際にホームページを制作してみたり、アプリやWebサービスを制作してみたりといった感じです。

このように、プログラミングスクールでは目的を達成するために必要な知識とスキルを総合的に学び、何かしらの成果物を作りあげることで、より実践的に学んでいけるということです。

・未経験からのゲームエンジニア就職方法を知りたい方は、「未経験からゲームエンジニアになるための方法を解説」の記事を参考にしてください。

まとめ

Webエンジニアの就職と学部の関係性について詳しく紹介してきました。

これから進学する予定の人がWebエンジニアを目指す場合は、情報系の学部に進学するのが最適です。

ただし、Webエンジニアの仕事には学部はそれほど関係ないので、そこまで気にする必要はないでしょう。

Webエンジニアに求められるのは知識とスキルです。

そのため、中途採用の場合に最も求められるのも知識とスキルになります。

知識とスキルさえあれば、文系の学部出身でも、中途採用でも、未経験でも採用してもらえる可能性は大いにあるので、プログラミングスクールなどで知識とスキルを身につけ、Webエンジニアとしての採用を勝ち取りましょう。

10月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きのプログラミングスクール

で未経験からエンジニアを目指そう!

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある