8月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
7月受入枠は満員となっております。8月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

この記事をご覧になっているということは、Webデザイナーとして海外就職に興味があることでしょう。

海外ですと、日本より待遇のいい企業や、働きやすい環境が揃っております。

ですがいきなり日本から海外へ活動の場を移すとなると色々心配がありますよね。

そもそも、自分のスキルで海外で通用するかも疑問に思う方もおり、その段階で諦めてしまう人が大勢います。

もし今現在その段階で諦めている人がいるのなら、本日この記事をご覧にいただいて海外で就職した方がいいのか判断して見てください。

今回ご紹介するこの記事は、「Webデザイナーとして海外で就職するためのスキルとは?」についてお話します。

Webデザイナーとして、海外就職を諦めていた方、これから考える方必見の内容です。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

アピールできる日本での成果が必要

海外でWebデザイナーとして働くには、その人が採用になる人物かどうかが重要です。

ここでいうアピールというのは、何も世間一般で知られている有名なWebデザインとかでは決してありません。

アピールというのは、「〇〇という企画をリーダーとしてマネジメントして来ました」や、「このデザインは全て私が行いました」等で十分です。

その中で少しでも光るものがあれば、それを感じた企業は採用をしてくれます。

アピールポイント、つまり成果物がなければ海外で就職するにも、決定打に欠けますのでアピールポイントを作っておきましょう。

海外就職先の言語を話せるかどうか

当然ではありますが、海外就職をするのであれば、その国の言語を話せるかどうかも重要です。

その国の言語を話せるに越したことはありませんが、英語を話せるだけでもかなり違います。

意外に母国語が英語でなくても、英語が通じる国もかなりあります。

何かしらの言語で意思疎通ができなければ、コミュニケーションが取れません。

ご存知だとは思いますが、Webに携わる仕事はコミュニケーション能力が非常に大事です。

流暢に喋れる必要はありませんが、受け答えをできるくらいには、言語能力は必要となります。

就職先の現地でのコネクションが大事

また日本では就職の際に、多少なりともコネクションを見られますが、どちらかといえばその人が有用なのかどうか、会社にとって有益かどうかを見られます。

しかし海外では、コネクションを見られることが多くあります。

コネクションといっても、何かのツテで就職に来ました等で構いません。

海外の方は赤の他人を取るよりも、何かしら繋がりがある人を取りたがります。

それがコネクションなのです。

海外の企業に何らかの繋がりがある人を作っておくことも、Webデザイナーとして海外就職するための有効な手段の1つです。

言語以上にスキルが必要となる

先ほど言語の話をしましたが、言語はある程度のレベルでも良いのですが、それ以上に大事なのは扱えるスキルの量です。

例えば、HTMLPHPJS等を扱えるのは非常に強みになりますし、それにデザインが加われば、自立して仕事も行えます。

そこにさらにプラスαとして、MySQLなどのデータベースの知識があればさらに活躍の場は広がります。

最低限のコミュニケーションが取れることは大事ですが、それ以上に海外の企業は先ほどあげたスキルを買って採用するところがほとんどです。

海外に就職をするのであれば、言語の勉強と合わせて、さらに自分の価値を高めるスキルを習得するよう頑張りましょう。

日本ならではのスキルもあるといい

自分の価値の幅を広げるのであれば、日本でのみ学べるような知識があれば良いでしょう。

なぜならそれが、企業側から見た採用するに当たるプラスアルファになるかもしれないのです。

基本的にどの国の企業も、地元の人を率先して採用をします。

これは我が国日本でも変わらないことです。

ならその地元の人との競争に勝つためには、何かプラスアルファがなければなりません。

それが、先ほど挙げたスキルかもしれませんし、日本語で通訳ができること、もしくは日本の料理を振る舞えること等、日本では当たり前のことも、時には武器になりますので、日本でしか学べないスキルを引き出しとして持っておいた方が良いでしょう。

 

インターンシップでまずは働いてみる

少し特殊にはなりますが、海外企業にインターンシップで働いてみるといいでしょう。

全ての企業がこれをやっているわけではありませんが、インターンシップを行ってその会社の業務内容と自分にあっているかどうか把握できます。

その経験を生かして、この海外企業へ面接をして入りやすくするか、もしくは別の会社にこのことをアピールして就職活動するかするといいでしょう。

海外の会社は基本的に即戦力の人材を望んでおります。

日本の企業と違って、新卒を採用して0から育てるという企業は少なく、インターンシップという形で経験を積ませて、ある程度戦力になったら雇うという企業が多いのです。

そのため、即戦力になれるよう、インターンシップにいけるのなら行くことをお勧めします。

インターンシップに行ったからといって確実に採用されるわけではない

インターンシップに行ったからといって、確実に雇ってくれるわけではありません。

インターンシップで自分がいかに有用なのかを、アピールできなければ意味がありません。

そのためにインターンシップ中には、早く企業の仕事に慣れるのは当然として、他の社員にはない特殊なスキルを披露できなければなりません。

先ほども話した通り、海外の企業は地元から優先して採用をして行きます。

そのため、地元の人よりも有用なことをアピールできなければなりません。

その時に、他の人が持っていないようなスキルをアピールできれば、大きな魅力になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以上で今回の記事である「Webデザイナーとして海外で就職するためのスキルとは?」の話になります。

Webデザイナーとして海外就職を考えるのであれば、地元の人より魅力的な存在にならなければなりません。

デザイナーとしてのスキルもそうですが、コーディングのスキルや日本独自のスキルであったり様々です。

海外で働きたいと思うのは自由ですが、それを結果に繋げる行動を起こさないといつまでたっても、海外で働くことはできませんので、本日の記事を参考にして見てください。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

8月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
7月受入枠は満員となっております。8月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
・フリーランスのように自由に働きたい
・会社の将来が不安だ
・給与や待遇に不満がある

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

おすすめの記事