【9月枠も残りわずか】転職保証コース

【プログラミング入門ガイド】c++の基礎の基礎から応用まで解説!

木の机の上のパソコン

C++といえば比較的難しいプログラミング言語の代表格ですが、もちろんプログラミング初心者が学んではいけないという決まりはありません。

C++は、初心者が使いこなすには大変難しい言語ですが、使えるようになれば高速に動作するプログラムを書くことができるようになります。今回はC++の言語の概要や、基礎的な使い方などの情報をご紹介していきたいと思います。

C++とはどんなプログラミング言語か

C++の概要

C++とはC言語を拡張して作られた言語です。

オブジェクト指向プログラミングができるように機能追加されています。

どういう言語かというと、実行速度がとにかく速い言語というのが一番の特徴です。

CはPCのOSなども作れるくらいなので、ソフトと呼ばれるものならなんでも作ることができます。

そのCを拡張したC++も何でも作れます。

つまりC++が使えるようになれば何でも作れるようになるのです。

パソコンのソフトはもちろんOSも作れますし、PS4などのゲームのソフトも開発できます。大きな機械を動かすプログラムも作ることができます。

C++が習得できれば他の言語もすぐに習得できるようになるでしょう。

ただしC++は仕様が大変複雑なので、最初は学ぶのが難しく感じるかもしれません。

C++でできることは?

上でも少し書きましたが、何でもできます。

パソコンや機械制御など、プログラミングが必要となる部分のあらゆることが可能です。

C/C++の特徴のひとつとして、実行速度が速いというものがあり、実行速度を最も優先させたい場合はC/C++を使ってプログラミングします。

メモリが少ない環境でプログラムを実行しなくてはいけなかったり、とにかく処理を早くしたかったりといった場合、C++もしくはC言語はよく使われる言語です。

さらに、PS4のソフトも作ることができます。

VRやIoTのソフト、機械制御からパソコンのOSまで作ることができます。

LinuxやWindowsのOSはC言語で書かれていますし、Rubyというプログラミング言語もCで書かれています。

またSakuraエディタというフリーの高性能テキストエディタもCで書かれています。

 

とりあえずC++でHello World!

Windowsの場合はVisual Studioをインストールしよう

お使いの環境はWindowsでしょうか?

でしたらVisual Studioをインストールしましょう。

Windowsのページに行くと無料で配布していますので、インストールできます。

2017/12/11現在インストールできるVisual Studioは2017です。

個人の開発に利用する場合は無償でダウンロードできるVisual Studio Communityが利用できますので、そちらをインストールしてください。

Windowsの場合VisualStudioをインストールすれば、C++を実行する環境が丸ごと整います。

Visual Studioなんて大きいソフトはインストールしたくないんですが、という場合はMinGWというソフトをインストールしてください。

その中にgccというC++を使うために必要なコンパイラというツールが入っているはずです。

環境変数でgccのパスを設定しておくとコマンドプロンプトからgccを起動するとき便利なので設定しておきましょう。

MacやLinuxをお使いの方はgccが、あらかじめパソコンに入っているので何もしなくてもC++が動くはずです。

プログラミングできるテキストエディタをゲットする

プログラミングを勉強するのであれば、それに適したテキストエディタはあった方が便利です。

Windowsの場合はTeraPadやSakuraエディタ、Macの場合はmiエディタなどがおすすめです。

クラス名などの色分けや、インデントなどをしやすく、見やすいソースコードを書くことができて便利です。

統合開発環境という(Visual Studioもそうです)、本格的なプログラミングを作るときに使うツールでプログラムを組む方法もありますが、ひとまずはテキストエディタで簡単なプログラミング(Hello World!!とか)を作って実行してみる、という一連の流れがプログラミングを学ぶときに最初に通過すべき伝統行事となっています。

拡張子がcppのファイルを作る

先程用意したテキストエディタでもメモ帳でも構いませんが、C++のファイルを作る場合は拡張子を「cpp」にします。ひとまず適当な場所にtest.cppというファイルを作成してください。

Windowsの場合でしたら、Cドライブ直下にworkという名前のフォルダを作って、その中にtest.cppファイルを作成するとゴチャゴチャせずにすむかと思います。

Macの場合はホームあたりに保存するとわかりやすいでしょう。

以下のコードをコピペして保存してください。

#inclede<iostream>
int main()
{
//Hello World!!
std::cout << “Hello World!!” << std::endl;
}

cppファイルをコンパイル

Visual Studioを使って

Visual Studioを使っている場合は以下のコマンドをコマンドプロンプトで実行

cl /EHsc test.cpp

するとtest.exeというファイルができるのでそのままコマンドを入力して実行

test.exe

実行結果は以下になるはずです。

Hello World!!

ちなみにMinGWを使ってgccをインストールした場合は以下のコマンドでコンパイルします。

g++ test.cpp -o test

できたtest.exeを実行すると上記と同じ結果が表示されると思います。

Macを使って

Macの場合は以下のコマンドをコンソールで実行

c++ test.cpp

するとホームにa.outというファイルができるはずなので

/.a.out

と実行。実行結果は同じくHello World!!となるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

C++のプログラミングに興味を持っていただけましたでしょうか。

C++は仕様が大変複雑なので、プログラミングの初心者が最初に学ぶ言語としては敷居が高いかもしれません。

しかし、C++のスキルを習得できれば他の言語の習得も容易です。

何より高速でどこでも動くプログラムを組むことができるようになりますし、パソコンの基本的な動作、コンパイルやインストールなどの仕組みも理解できるようになります。

大変なことは多いですが、それだけ学ぶ価値のある言語とも言えるでしょう。

とはいえ、C++を独学で習得するのは大変です。一人で勉強するのが辛いと感じたら、プログラミングスクールで勉強するという方法も検討してみてはいかがでしょうか。

10月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きのプログラミングスクール

で未経験からエンジニアを目指そう!

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある