• WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、エンジニアとしてチームラボグループに転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15

◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
Tech Camp教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
今回の記事では、株式会社Gemini Tech 代表取締役で、会社経営をしていくうちにプログラミングの重要性を知りWebCampを受講された宮坂さんへのインタビューです。
<プロフィール>
宮坂 憲典 さん(23)株式会社Gemini Tech 代表取締役
YJキャピタルとEast Venturesが共同で行うアクセラレータプログラム「CODEREPUBLIC」の選考を通過し、現在はリリースに向けてプロダクトを開発中。

現代の経営者はプログラミングの知識がマスト

 - 起業をしようと思ったきっかけを教えてください。

小さい頃から経営者になりたいと思っていて、卒業文集にも経営者になりたいと書いていました。まずはお金を稼ぐ経験を積もうと思い、大学に入り1年生からインターンを始めました。3年生になると、金融志望だったので、銀行・生命保険・カードなどのインターンに多く参加するようになりました。内内定を複数いただき、一度サラリーマンを経て起業しようと思っていたので、そのまま会社に入ることも検討していたのですが、一度立ち止まって「これって本当に自分のやりたかったことだったかな?」と思い、「ここで攻めの姿勢を出さないと守りに入ってしまうのではないか、やるなら今しかない」というフィーリングから、内定をすべて辞退し、大学も中退し、そのまま起業の準備を開始しました。

- プログラミングを学習したきっかけを教えてください。

大学を辞めた後の起業の準備期間中に、プログラミングを学習する必要性を感じて学習を始めました。実際にサービスを開発していく中で、「プログラミングの知識がないと、エンジニアとのコミュニケーションがうまくとれない」という点に課題を感じていたからです。もちろん、経営者としてビジネスサイドは引っ張っていかないといけないのですが、開発側を引っ張るためには技術を知らないと引っ張ることができません。

そんな中、起業志望の学生向けのイベントでWebCampを運営するインフラトップの大島社長と知り合ったのをきっかけに、プログラミングの学習をはじめました。

今となっては、「経営者はプログラミングの知識はマスト」だと思います。CEOだからといって、プログラミングができなくていいという時代は終わりました。

- 会社を始めていく中で課題感があって、はじめられたんですね。

WebCampに通う前からサービス開発は始めていて、でも僕が全然わからないので、漠然と「こうしてほしい」とエンジニアに伝えるだけだったんですね。ちょっと本で読んだりしたんですけど、限界があって。実際に手を動かしながらやっていくのがいいなと思い、共同創業のエンジニアの相方に相談して受講することを決めました。

CEOがプログラミングを理解しているとエンジニアが集まる

- 実際、プログラミングを学んでみて、コミュニケーションは改善されましたか?

そうですね!コミュニケーションはもちろん、今では自分が開発に入るくらいになりました

会社のメンバーはほとんどエンジニアで、開発チームに僕が設計から開発まで指示を出してサービス開発をしています。弊社は実はCTOがいなくて、僕がビジネスチームも開発チームも統括しています。まずはビジネス視点から実装したい機能を考えて、次は開発側としてペーパープロトタイプを作って、理想とするUI/UXをロジックを含めて検討し、その後エンジニアに依頼をするフローをとっています。

- エンジニアが多い会社なんですね。エンジニアの採用に苦戦している企業も多い中、御社で採用がうまく行っている要因はなんですか?

実はそこもプログラミングを学んだことが大きいんですよ。エンジニアを口説く時に、将来の会社のビジョンを伝えるのはCEOとして当然ですが、「サービスにこういう実装をしていきたい、だから君の技術が必要なんだよ」と口説けるのは、プログラミングを学んでないと出来ないですね。

自分達のチームにいるエンジニアは優秀で、本当に日本・世界を狙っていこうと考えています。誰にでも自慢ができるメンバーです。「なんでうちの会社に決めてくれたの?」とエンジニアに聞くと「CEOがプログラミングを理解しているから」と答えてくれます。

メンバーはいくつかの会社を経て自社に来ているのですが、過去の会社ではCEOがプログラミングを理解していないので、開発の際のコミュニケーションがうまくいかず、それがすごく嫌だったそうです。「でもGemini Techの宮坂は、プログラミングの知識があり、開発していて楽しい」と言ってくれます。プログラミングをやって本当によかったと思います。

また、採用だけでなく、サービス開発のスピードがすごく早くなりました。目標から逆算して「この実装はこのぐらい」と僕自身が工数を正確に見積もれるようになったので、漠然としたロードマップを作成しなくなりました。今では日数単位で切ってロードマップを作成しています。ビジネスの基本となるKGIやKPIは指標なしでは立てることができませんが、開発も同じだと思っていて、それができるようになってよかったです。

エンジニアチームが評価され、高倍率のアクセラレータプログラムを通過!

 - 起業家輩出プログラムのCODEREPUBLICに参加されていますが、参加された経緯を教えてください。

起業準備を進めてベンチャーキャピタルを回っている時に、海外のYコンビネーターなどの起業家を育てるアクセラレータプログラムの存在を知りました。もちろん将来的には自分で意思決定するのは前提なんですけど、起業家を育てるプログラムに自分も参加したいと思い、日本で探してるうちにCODEREPUBLICを知りました。

起業に関して大島さんに相談していく中で、East Venturesの方を紹介していただき、CODEREPUBLICに応募し、数回の選考を経て参加することになりました。

-  CODEREPUBLICに参加されていかがですか?

僕のような学生起業家にすごくおすすめですね。YJキャピタル代表の堀さんとEast Ventures代表のバタラさんから毎週メンタリングしていただいています。事業の進捗や今後の動きを呈示し、両代表からフィードバックを受け、僕達が落とし込み、事業に反映させています。学生あがりで起業したので、ビジネスへの理解の薄い部分を、アクセラレータプログラムでガッツリ学んでいこうと思ったのですが、とてもよかったです!CODEREPUBLICに入って僕自身本当に成長したなと思います。

CODEREPUBLICの選考の際にもエンジニアが中心のチームであることを評価していただけました!


ビジネスサイドも開発サイドも統括される宮坂さん。エンジニアとしてバックエンドサーバーのコードを書くことも。

※CODEREPUBLICはWebCampもパートナーとして協賛しています。

関連記事:WebCampがパートナーを務めるスタートアップ支援プログラム「CODEREPUBLIC」とは?

テクノロジーで人間の根源的ニーズを追っていきたい

- 今後の会社の展望を教えてください。

自分のビジョンとして「人間の根源的ニーズを追う」というものがあります。根源的なニーズを追わないと、日本でいったら47都道府県全部の人に届かず、首都圏だけで終わってしまうと思うんですよね。それは根源的なニーズを追えていないからであり、そこができれば、日本だけでなく世界を取れると思っています。「人間の根源的なニーズを追う」は会社のキーワードとなっています。

会社としては「消費者にさらなる選択肢を与えて、生活をより豊かにする」がビジョンです。「めんどくさい」を解決したいです。結局、人間は怠け者で、楽をしたいからテクノロジーが発達しています。すると人間はどんどんなまけていく。それは良いことだと思っています。それが人間の根源的ニーズだからです。エコシステムを引いて、なまけてもらうのが、テクノロジーの価値です。いままで1時間かかっていたことが、テクノロジーの力で15分になったら、残りの45分は違うことができるようになります。それは生活が豊かになっていると定義できます。

経営的な目標だと、最短でのIPOを目指しています。時価総額1000億を狙っていきたいです。 これから難しい技術をさらに使っていくので、エンジニアをより積極的に採用していきます。

- 最後に、これから学習するか迷っている人にアドバイスをお願いします。

今後、絶対にプログラミングはどんな職種、業界に行くとしてもマストな知識だと僕は思っています。プログラミングの前は何がマストだと言われていたかというと、英語です。英語の次はプログラミングが大事になる時代がきています。

英語とプログラミングは今後ずっと生きていく上で必要な知識だと思うので、迷っているなら僕や大島さんに相談したり自分で考えたりして、必要だと思ったら、すぐに行動してやるべきだと思います!

- 宮坂さん、本日はありがとうございました!サービスのリリースも楽しみにしています。

WebCampについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。

プログラミング知識ゼロでも、自分でサービスを開発できるスキルを身に着けることができます。

「自分のサービスをつくって起業したい」
「何か新しいことにチャレンジしてみたい」
「将来性の高い自分の武器になるスキルが欲しい」

以上にあてはまる大学生や起業志望の方は、プログラミングを学ぶことをおすすめします!

大学生は学割で受講料が半額です。

この機会に、ぜひWebCampでプログラミングへの第一歩を踏み出してみてくださいね!

関連キーワード
  • 「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
  • コツコツ独学×スクールで実践。未経験からエンジニアに転職!【WebCamp卒業生インタビュー】
  • 時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
  • 【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
  • 【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
  • 【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
おすすめの記事