◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

DMM WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
TECH::CAMP教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
DMM WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月生は満員となっております。1月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

スキルも経験もない未経験の方がWebデザイナーになるのは難しそうだと諦めてしまっていませんか?

実は未経験の方がWebデザイナーになるのはそれほど難しいことではありません。

意外と知られていませんが、現役のWebデザイナーの中にはWebとは全く関係ない業界からの転職者がたくさんいます。

もちろんそれらの方は、スキルも経験もない状態でWeb業界に飛び込んできて、今も現役でバリバリ活躍中です。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

未経験者が経験者に勝つために必要なこと

未経験者がWebデザイナーになるのはそれほど難しくないといいましたが、やはり経験者には見劣りします。

経験者に負けないようにするためにはどうすれば良いのでしょうか?

スキルを身につけよう

未経験者が経験者に負けないためには『スキル』を身につける必要があります。

Webデザイナーとして働くためにはさまざまなスキルが必要です。

そして、Web会社は経験よりもスキルを評価します。

Webデザイナーとして働いた経験があるスキルの乏しい方より、未経験でも高いスキルをもった方をの方が重宝されるということです。

では、Webデザイナーとして身につけておくべきスキルにはどういったものがあるのでしょうか?

最低限みにつけておくべきスキルとは?(デザイン編)

まず、Webデザイナーとして身につけておくべきデザインスキルについてみていきましょう。

Photoshop(フォトショップ)

Photoshop(フォトショップ)はWebデザイナーが仕事をするうえで欠かすことのできないデザインツールです。

画像の修正や加工はもちろん、画像やテキストなどのパーツを自由に配置し、サイトに使用する画像やバナーを作ることができる非常に便利なツールです。

Photoshopは非常に使用頻度が高いツールなので、基本的な操作方法は確実に覚えておく必要があります。

Illustrator(イラストレーター)

Photoshopと並び、Webデザイナーの仕事に欠かすことができないのがIllustrator(イラストレーター)です。

Illustratorでは主にイラスト、ロゴ、レイアウトなどの作成などをおこなっていきます。

Webデザイナーとして活躍したいのであれば、PhotoshopやIllustratorどちらかではなく、どちらも使える必要があります。

デザインの基礎知識

Webデザイナーはデザインをする仕事なわけですから、当然デザインに関する知識も必要になってきます。

デザインに必要なのはセンスよりも正しい知識です。

色の組み合わせ、パーツの配置、フォントのサイズ、使用すべきフォントの種類など、様々な知識を覚える必要があります。

最低限みにつけておくべきスキルとは?(コーディング編)

Webデザイナーになるためにはデザインスキルだけでなく、コーディングに関するスキルも必要になります。

Webデザイナーが身につけておくべきコーディングスキルについてみていきましょう。

HTML

コーティングに欠かせないのがHTMLに関するスキルです。

HTMLはマークアップ言語と呼ばれており、Webサイトの骨組みを作るために必要な言語になります。

PhotoshopやIllustratorで作成したパーツやレイアウト情報を元に、HTMLを使ってWebサイトを制作していくわけですね。

CSS

Webサイトをコーティングし、作り上げていくうえでHTMLのスキルとあわせて必要になってくるのがCSSのスキルです。

CSSはHTMLで作った骨組みに装飾をほどこしていくために必要な言語です。

HTMLで作りあげたサイトとしての骨組みをCSSを使って装飾していくことではじめて、Webサイトらしいものが出来上がるというわけです。

スキルを身につける方法

Webデザイナーになるためにはデザインに関するスキルとコーディングに関するスキルが必要になってきますが、これらのスキルを実際に身につけるには、どうすれば良いのでしょうか?

Webデザイナーになるために必要なスキルの身につけ方として、代表的な3つの方法とその特徴について解説していきたいと思います。

独学

Webデザイナーに必要なスキルを身につけようと思ったとき、一番気軽に始められるのが独学でのスキルの習得です。

デザインやコーディングに関する本を購入して学んだり、ネットの情報をもとに勉強したりするのも良いでしょう。

パソコンさえあれば今すぐに始められるのが独学の最大のメリットになります。

一方、独学のデメリットは、トラブルや問題点を自分で解決する必要があるという点です。

ネットで調べれば答えが出てくることもありますが、それを正しく実装できなければ問題は解決しません。

そのため独学でのスキルの習得には、自分で問題を解決できる能力と根気が必要になってきます。

知り合いに習う

もし友人や知人にデザインやコーディングの知識がある方がいるのであれば、その方たちに教えてもらうというのも良いでしょう。

独学の場合とはことなり実際に知識とスキルを持っている人から教わることができるので、つまづいてしまうこともありません。

また、応用的なスキルも教えてもらうことができるので、より実践的なスキルを身につけることができます。

ですが、教えてもうらうにはスケジュールの調整が必要ですし、場合によっては謝礼も必要になるでしょう。

知り合いに習う場合は、相手のスケジュールに左右されてしまいいつまで経っても前に進まない可能性があるということを理解しておかなければいけません。

スクールに通う

本気で未経験からWebデザイナーを目指したいと思うのであれば、プログラミングスクールに通って学ぶという方法が一番おすすめです。

プログラミングスクールでは、Webデザイナーに必要なデザインのスキルやコーディングのスキルを、現役のWebデザイナーから学ぶことができます。

数ヶ月間みっちり取り組むことができるので、卒業するまでには一人でWebサイトを作ることができるようなレベルになります。

独学や知り合いに習う方法に比べるとお金はかかってしまいますが、最短で確実にスキルを身に着けたいのであれば、スクールが一番だといえます。

まとめ

未経験の方がWebデザイナーに必要なスキルを身につける方法について紹介してきました。

スキルを身につける方法をいくつか紹介してきましたが、本気でWebデザイナーを目指すのであれば、やはりスクールが一番です。

実践的なスキルを身につけることができるという点はもちろんですが、何より最短で必要なスキルを身につけることができるという点が魅力的です。

未経験からWebデザイナーを目指している方は、スクール探しからはじめてみましょう。

DMM WEWBCAMP/DMM WEBCAMP PROについて

DMM WEBCAMPは1ヶ月でプログラミング・WEBデザインを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。DMM WEBCAMP PROは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月受入枠は満員となっております。1月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!


▼ついに開講!オンラインでWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事