未経験からWebデザイナーになれる年齢は何歳まで?徹底解説! | WEBCAMP NAVI
【10月の受講枠も残りわずか】

未経験からWebデザイナーになれる年齢は何歳まで?徹底解説!

Web関連の仕事の中でも、特に人気が高いのがWebデザイナーです。

Webデザイナーは、サイトで使用する画像を作ったりサイトのコーディングをしたりと、様々なスキルが求められる専門的な仕事です。

そんな人気の仕事であるWebデザイナーですが、そもそも何歳までWebデザイナーを目指せるものなのでしょうか?

若い人が活躍しているイメージが強い業界ですが、年齢による制限はあるのでしょうか?

そこでこの記事では、未経験の人がWebデザイナーに転身しようと考えたときに気になってくるであろう、『何歳までWebデザイナーを目指せるのか』ということについて詳しく解説していきます。

未経験でWebデザイナーを目指せる年齢は?

結論からいうと、Webデザイナーになるのに年齢による制限はありません。

目指そうと思えば、何歳からでもWebデザイナーを目指すことは可能です。

しかし、未経験から新しい業界に転身して活躍しようと思った場合、1日でも早く決断し、行動し始める必要があります。

当然といえば当然ですが、どの業界でも歳を重ねれば重ねるほど、未経験で挑戦するというのは難しくなります。

『1日も無駄にできない』ということですね。

年代別の、Webデザイナー志望者が知っておくべきこと

20代前半の人がWebデザイナーを目指すときに知っておくべきこと

未経験でも20代前半の方であれば、Webデザイナーには比較的簡単になれる可能性があります。

というのも、未経験であろうが若ければ研修をおこなう時間がたくさんありますし、簡単な業務から慣れさせて徐々に育てていくことも可能です。

また、研修や日々の業務を通して育てていき、将来的に重要なポストに配属するというところまでが想像しやすくなるので、会社としても採用しやすくなります。

『若い』ということはそれだけ強みになるということです。

20代前半の方は1日でも早くWebデザイナーを目指すべきだといえますね。

20代後半の人がWebデザイナーを目指すときに知っておきたいこと

20代後半になってくると『若さ』という部分が弱まってくるので、他の何かでアピールする必要があります。

例えば、Webデザイナーとして活躍するために最低限必要なスキルを身につけておいたり、魅力的な自己PRを考えておいたりといったことですね。

これらの準備を前もって進めておくことで未経験でもWebデザイナーになれる可能性が広がります。

30代の人がWebデザイナーを目指すときに知っておきたいこと

少し厳しい言い方になってしまいますが、30代で経験のない方がWebデザイナーになろうと思った場合、最低限のスキルを身につけておくことが必須になります。

最低限のスキルがなければWebデザイナーにはなれないと思っておいた方が良いでしょう。

それだけ年齢によるハンディは大きいということです。

30代で未経験の方がWebデザイナーを目指す場合、独学やスクールに通うなどしてWebデザイナーに必要な最低限のスキルを身につけることから始めるべきです。

何歳まででもWebデザイナーは目指せると言ってきましたが、年齢が上がれば上がるほど何か強みが必要になってくるということですね。

Webデザイナーのキャリア形成

次にWebデザイナーのキャリア形成についてもみていきましょう。

Webデザイナーになるのであれば、ずっとWebデザイナーのポジションにいるのではなく、将来のキャリアについても考えておくべきです。

当然会社としても、それを見据えて採用をおこないます。

Webデザイナーのキャリアにはどういったものがあり、何歳までにどのポジションを目指すべきかについても理解しておきましょう。

未経験はここからスタート!グラフィックデザイナーとコーダー

未経験の場合、スタートからいきなりWebデザイナーということはほぼありません。

肩書きはWebデザイナーだとしても、グラフィックデザイナーかコーダーからスタートすることがほとんどです。

グラフィックデザイナーはサイトで使用する画像やイラストの作成、コーダーはサイトのコーディングをおこなっていきます。

新卒で入社した場合や未経験者として入社した場合は、ほとんどここからスタートしていくことになります。

よりスキルが求められるWebデザイナー

Webデザイナーはグラフィックデザイナーとコーダーの次の段階です。

グラフィックデザイナーやコーダーとして何年かの業務経験を積んだあとで、やっとWebデザイナーとしてデビューできるわけですね。

会社によってバラつきはありますが、Webデザイナーはデザインとコーディングの両方を担当することになります。

そのため、グラフィックデザイナーやコーダーよりも高度で専門的なスキルが求められます。

まとめる立場に!ディレクター

Webデザイナーの次の段階には色々ありますが、そのなかでも代表的なものがディレクターです。

ディレクターはクライアントとコミュニケーションを重ねながらサイト作成の進行管理をおこなっていきます。

また、デザイナーやコーダーなど、実際に制作に関する作業をおこなう人をまとめるのもティレクターの大事な仕事の一つです。

何歳までにといった明確な決まりはありあませんが、『30歳までにはディレクターになりたい』と考える方が多いようです。

まとめ

Webデザイナーは何歳まで目指すことができるのかということについて詳しく解説してきました。

これまで解説してきたように何歳までという明確な年齢制限はありませんが、やはり若い方が有利です。

実務経験のない未経験者であればなおさらです。

未経験者は1日も無駄にできないということをしっかりと理解し、『年齢別の知っておくべきこと』の項目で紹介してきたことを参考に準備を進めていきましょう。

若さのアドバンテージがない方はとにかくスキルを身につけよう

20代前半であれば未経験でも若さで何とかなりますが、20代後半以上になってくるとそうもいきません。

『年齢制限無し!何歳でも応募可』とうたっている会社でも、同じ未経験者が応募してきた場合、確実に若い方を選びます。

若さのアドバンテージが弱まってきた方はとにかく最低限のスキルを身につけることを意識しましょう。

デザインやコーディングに関して最低限の知識やスキルを持っていれば採用してもらえる可能性は一気にアップします。

短期間で確実にスキルが身につくプログラミングスクールなどを有効に活用し、憧れのWebデザイナーの採用を勝ち取りましょう!

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率は98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点